オータムジャンボ 2016。 2016年 オータムジャンボ宝くじ 当選番号

超絶吉日・2016!天赦日と一粒万倍日、宝くじ買うならいつ!?今でしょ!!

オータムジャンボ 2016

その前後賞が1億円ずつとなり「1等+前後賞合わせて5億円」といった設定となっています。 他の等級と当選金額、本数は次の表のようになっています。 今年もハロウィン賞として5万円が当たるといった等級があります。 この3週間となっています。 販売価格も同じで1枚300円となっており、基本的な部分は変わっていません。 ハロウィンジャンボミニで違うのは当選金額とその本数ですね。 ハロウィンジャンボミニの1等当選金額は3千万円の当選金額となっています。 その前後賞が1千万円ずつとなり「1等+前後賞合わせて5千万円」といった設定となっています。 宝くじと聞くと真っ先に思い浮かぶ 「ジャンボ宝くじ」 そんな宝くじで毎回高額当選がでて、常にニュースなどでも話題に上るのが 西銀座チャンスセンター ここで購入されている方も多いのではないでしょうか。 でも、西銀座チャンスセンターで購入してみたいけど、いろんな理由で購入できない人もたくさんいると思います。 例えば、• 大安とかの日に買いたいけど時間が合わない。 東京が遠すぎて、地方に住む自分には関係ない事だと思っていた。 並んで買う気にならないからあきらめていた。 こういう人って多いと思うんですよね。 でも、こんな 面倒なことをあなたの代わりに全部引き受けてくれる 「宝くじ購入代行サービス」というものがあります。 もし「西銀座チャンスセンター」で一攫千金を狙ってみたかったけど、いろんな理由で断念していた人はこちらのページをぜひご覧になって下さい。

次の

ジャンボ宝くじ

オータムジャンボ 2016

スポンサードリンク オータムジャンボは何枚買う? 皆さん、大体オータムジャンボは何枚ぐらい買うものでしょうか? 1枚300円で、1枚から購入できます。 連番は、一等前後賞の5億円を狙う買い方。 バラは、一等だけでなく、二等や三等も狙う買い方。 連番かバラのどちらかを10枚購入(三千円)。 連番とバラそれぞれ10枚購入、合わせて20枚購入(六千円)。 予算が一万円以内の場合は、 連番を10枚、バラを20枚で、合わせて30枚購入(九千円)。 連番を20枚、バラを10枚で、合わせて30枚購入(九千円)。 だいたい、1万円以内でどのような組み合わせにするかを考えて購入する人が多いです。 もちろん、たくさん購入する人は、300枚、500枚、1000枚と購入する人もいます。 たくさん購入したら当たる確率は高くなりますが、必ず当たるものではありません。 一枚しか買わなくても当たる人はいます。 オータムジャンボは売り切れアリですよね? オータムジャンボは、最終日を待たずに売り切れることはありますか? 売り切れは、お店ごとの売り切れとなります。 他店に行けば、残っていることもありますが、望みは薄いです。 なぜなら、オータムジャンボはサマージャンボや年末ジャンボと違い、発行できる枚数が限られているからです。 枚数限定販売で、過去発売以来、毎年売り切れています。 なので、最終日を待たずに、早々に売り切れてしまうことも予想されるので、購入の予定があれば、早めに購入することをお勧めします。 忙しい時は、代行購入をおすすめします! 確実に宝くじを開運日に購入できます。 まとめ オータムジャンボ宝くじを購入する縁起の良い日は、大安、一粒万倍日、寅の日の開運日になります。 何枚買うかは、予算一万円で10枚(三千円)から30枚(九千円)を連番とバラの組み合わせで購入する人が多いです。 オータムジャンボは、枚数限定販売なので、売り切れることがあります。 毎年完売しています。

次の

ジャンボ宝くじ

オータムジャンボ 2016

スポンサードリンク オータムジャンボは何枚買う? 皆さん、大体オータムジャンボは何枚ぐらい買うものでしょうか? 1枚300円で、1枚から購入できます。 連番は、一等前後賞の5億円を狙う買い方。 バラは、一等だけでなく、二等や三等も狙う買い方。 連番かバラのどちらかを10枚購入(三千円)。 連番とバラそれぞれ10枚購入、合わせて20枚購入(六千円)。 予算が一万円以内の場合は、 連番を10枚、バラを20枚で、合わせて30枚購入(九千円)。 連番を20枚、バラを10枚で、合わせて30枚購入(九千円)。 だいたい、1万円以内でどのような組み合わせにするかを考えて購入する人が多いです。 もちろん、たくさん購入する人は、300枚、500枚、1000枚と購入する人もいます。 たくさん購入したら当たる確率は高くなりますが、必ず当たるものではありません。 一枚しか買わなくても当たる人はいます。 オータムジャンボは売り切れアリですよね? オータムジャンボは、最終日を待たずに売り切れることはありますか? 売り切れは、お店ごとの売り切れとなります。 他店に行けば、残っていることもありますが、望みは薄いです。 なぜなら、オータムジャンボはサマージャンボや年末ジャンボと違い、発行できる枚数が限られているからです。 枚数限定販売で、過去発売以来、毎年売り切れています。 なので、最終日を待たずに、早々に売り切れてしまうことも予想されるので、購入の予定があれば、早めに購入することをお勧めします。 忙しい時は、代行購入をおすすめします! 確実に宝くじを開運日に購入できます。 まとめ オータムジャンボ宝くじを購入する縁起の良い日は、大安、一粒万倍日、寅の日の開運日になります。 何枚買うかは、予算一万円で10枚(三千円)から30枚(九千円)を連番とバラの組み合わせで購入する人が多いです。 オータムジャンボは、枚数限定販売なので、売り切れることがあります。 毎年完売しています。

次の