モルアナ オセロニア。 オセロニア: スマホゲーム評論館

【PR】逆転オセロニア【攻略】: オーバーロードを重ねて大ダメージ! バステト/進化モルジアナデッキを紹介

モルアナ オセロニア

キャラ駒 レア 特徴 S アンデッド:盤面で表になっている4ターンの間、自分の受ける回復は毒ダメージになり、毒ダメージは回復になる。 A アンデッド:盤面で表になっている3ターンの間、自分の受ける回復は毒ダメージになり、毒ダメージは回復になる。 A アンデッド:盤面で表になっている3ターンの間、自分の受ける回復は毒ダメージになり、毒ダメージは回復になる。 A アンデッド:盤面で表になっている3ターンの間、自分の受ける回復は毒ダメージになり、毒ダメージは回復になる。 B アンデッド:盤面で表になっている1ターンの間、自分の受ける回復は毒ダメージになり、毒ダメージは回復になる。 B アンデッド:盤面で表になっている1ターンの間、自分の受ける回復は毒ダメージになり、毒ダメージは回復になる。 キャラ駒 レア 特徴 S [貫通]攻撃力アップ:このキャラも含む盤面の自分の竜駒1枚につき、通常攻撃が1. 3倍になり、最大で1. 8倍になる。 S [貫通]攻撃力アップ:ターン開始時の盤面の自分の駒の総数が12枚以下のときに発動できる。 通常攻撃が1. 9倍になる。 S この駒をおいたとき、2000ダメージを受ける。 [貫通]攻撃力アップ:通常攻撃が1. 9倍になる。 S [貫通]攻撃力アップ:2枚以上ひっくり返せるマスで発動できる。 通常攻撃が1. 7倍になる。 A [貫通]攻撃力アップ:通常攻撃が1. 5倍になる。 A [貫通]攻撃力アップ:ターン開始時の盤面の駒の総数が10枚以下のときに発動できる。 通常攻撃が1. 1倍になる。

次の

【オセロニア】モルジアナ|評価・闘化・ステータス・スキル

モルアナ オセロニア

スキル 「鉄壁の舞」は通常攻撃ダメージを減少できる 防御。 発動条件はあるものの、そこまで厳しくはない。 コンボスキル 「癒しの舞」は神デッキに編成することが発動条件となっており、 回復耐久デッキに編成すれば、相手からは厄介な存在となりそうだ。 【[歓楽の舞姫]モルジアナ(闘化)】 進化時とは違い、スキル・コンボスキルともに 攻撃的な能力。 スキル 「剣の舞」は自傷ダメージを受けるものの、安定したダメージを与えることができる 特殊ダメージ。 コンボスキルには自身のHP依存のバフを持っており、スキルを 上手く使えば試合展開を早めることができそうだ。 【[風呼ぶ船乗り]シンドバッド(進化)】 スキル 「風蛇の牙」は5ターンの間、大きな 毒ダメージを継続して与えられる。 その為、 毒ダメージを底上げする駒との相性が良い。 コンボスキル 「まだ見ぬ航海」は、共有の ダメージBマスを生成する能力となっている。 駒の周囲に発生させることができるので、 毒を囮に使い、あえて相手にダメージマスを踏ませやすい状況に持っていくのも有り。 【[七海の風]シンドバッド(闘化)】 スキル・コンボスキルともに、強力な 特殊ダメージを相手に与える能力を所持。 フィニッシャーとしてもコンボ要員としても非常に優秀だが、どちらも中盤以降でないと効果を発動できない為、 序盤に手駒に来てしまうと邪魔になってしまうので注意。 デッキ編成時のバランスは気を付けたいところ。 【[千夜を巡る逃走劇]アリババ(進化)】 スキル 「コソ泥の大魔法」は、非常に大きな自傷ダメージを受けてしまうものの、火力は ゲーム内トップクラスの バフを持つ。 コンボスキル 「盗人の魔人従者」は、自分用封印マスを適用ダメージBマスに上書きできる能力を所持。 しかしながら、現環境では封印マスがあまり多様されない為、 対人戦での使い道は少なそうだ。 【[開けごま!]アリババ(闘化)】 スキル・コンボスキルともに竜デッキでの活躍が期待できる バフ。 変わった特徴はないものの、非常に 安定感のある能力となっており、決まった時の爆発力も魅力。 古き良き竜属性らしい攻撃的なキャラクターといった感じ。 Aキャラ 【[歌と踊りの美]シーラーザード(進化)】 神染めデッキで使いたい 回復力が優れている神駒。 スキル 「舞い歌う輝き」は、盤面の自分の駒数に応じて、回復量が変化する使いやすい能力。 コンボスキル 「美しき音色」は、逆転コインから獲得できる 「[砂漠の姫君]シーラーザード」と相性の良い、 自身の 最大HP値を上昇させる能力を持つ。 【[安寧の舞姫]シーラーザード(闘化)】 スキル 「千夜一夜の物語」は、1ターンの間効果を発揮する デバフ。 デバフは非常に強力なものの、相手依存の能力なので、 使いたい時にタイミング良く使えない場合もあるのは注意しておきたいところ。 コンボスキル 「魅惑の舞踊」は、HP依存の特殊ダメージになっており、発動できれば安定したダメージソースになる。 【[魔窟の略奪者]ゾライク(進化)】 スキル・コンボスキルともに 適用ダメージBマスのマス変換を所持。 しかしながら、スキル 「リバイブスペル」は、自分用封印マスがないと発動しない能力になっており、 対人戦での需要はあまりない。 コンボスキルも盤面に自分用ダメージBマスがないと発動しない為、これらのマスが盤面に出てくると分かっている イベントステージ攻略向きのキャラクター。 【[斬奪する鬼賊]ゾライク(闘化)】 通常使いなら進化よりもこちらの 闘化がおすすめ。 どちらも使いやすい特殊ダメージ能力になっており、スキル 「キラースラッシュ」は、最大で1350の 特殊ダメージを相手に与える。 これは ジルドレの罠が発動しない数値なので、盤面の 罠駒への牽制としても優秀。 コンボスキル 「デッドリースラッシュ」は、安定感のある 魔デッキで生かしやすいHP依存の能力。 【[驚愕の出会]アラジンとランプ(進化)】 スキル・コンボスキルともに味方のATKを上昇させる バフを所持。 スキル 「願いを叶えるランプ」は、竜デッキで生かしやすい時限バフになっており、2ターン後に効果を発揮する。 他のコンボルートと合わせることで さらなる相乗効果を狙うのがおすすめ。 コンボスキル 「ランプオブサニア」は、HP依存の バフで、中盤以降のコンボ要員として使いたい。 【[タッグ結成]アラジンとランプ(闘化)】 竜染めデッキで使いたい竜駒。 スキル 「奇跡を呼ぶランプ」は、 「[ランプの竜精]サニア」を召喚できる スキルLv. Max時。 味方の竜駒のATKを底上げできる他、新たなコンボルートも加わることになる。 コンボスキルも竜染めデッキ時、2枚以上ひっくり返せるなら簡単に発動できる。 竜染めデッキを作るなら、ぜひ組み込みたいキャラクターの1つ。 【ルゥルゥ】 神属性では貴重なスキル・コンボスキルともに バフを所持。 また、 どちらも発動条件がないうえに属性依存もないので、どんなタイプのデッキにも組み込みやすく、B駒としては非常に優秀な能力。 【バハシュ】 毎ターン相手に 毒ダメージを与えるオーラを持つ。 コンボスキルも所持している為、 盤面に出しても使い道があるのが魅力。 毒デッキと相性が良いが、属性依存がないので、比較的どんなタイプのデッキにも組み込みやすい。 【タンナーズ】 スキル 「威嚇する眼光」は、自分用封印マスをランダムで自分用竜強化マスに上書きする。 対人戦では使いにくく、自分用封印マスが多く登場する イベントステージの攻略に役立てていこう。

次の

【オセロニア】モルアナ(超級)の攻略とおすすめキャラ駒を解説

モルアナ オセロニア

結論:金色モルジアナの評価は7. HP ATK 印 金色モルジアナ 2622 1090 獣使印 金色モルジアナの強い点・他キャラとの比較【特殊カット無しがネック】 今年に入って登場したフォース持ちキャラです。 比較対象として、フォース持ちの S キャラをリストにしました。 ターン数 通常 カット率 特殊 カット率 特殊ダメ 総特殊 総ダメージ ATK込み HP ATK 金色モルジアナ 2 50% 0% 1000 2000 3140 2672 1140 ヴィーナス【闘化】 1 50% 50% 2500 2500 3653 2770 1153 ガブリエル 2 75% 75% 1200 2400 3756 2622 1356 4周年アンドロメダ 3 84% 84% 800 2400 3605 2665 1205 正月ダーシェ 4 85% 85% 700 2800 4140 2635 1340 この中では、 金色モルジアナだけ特殊カットはありません。 まず、 総ダメージ ATK込み をご覧ください。 金色モルジアナは3140。 ヴィーナスやガブリエル、正月ダーシェよりも総ダメージは劣っています。 また、コンボスキルも盤面に神駒2枚以上の時に発動できるので、神デッキでは条件は問題となりません。 相手の キャラ駒一枚につき600の特殊ダメージを与えるため、最大ダメージの4500を与えるためには、8枚キャラ駒が必要となります。 終盤で発動させても、3000~4200ぐらいで、最大ダメージを出すには難しいのではないかと思います。 ステータスは普通ぐらいですね。 少しATKが低いかなと感じます。 しかし、イラストは10点です 笑.

次の