サクラ チェッカー 楽天。 Amazonの不正レビューを見抜く!サクラチェッカーが便利すぎる

【Amazon】サクラチェッカーはあまり参考にならない。マケプレを除外した方がまし

サクラ チェッカー 楽天

amazonで商品を選ぶ際に、レビューを参考にすることは多いと思います。 まだ買っていない商品の気になるところを的確にチェックしてくれていることなどもあって非常に有用なのですが、それが必ずしも公正な評価でなく、(恐らくは販売業者によって)実際にはそれほど良くもない製品に対して過大ともいえる高評価を大量につけているケースがあります。 いわゆる「サクラ」というやつで、どうやっているのか知りませんが、400~500、物によっては1000にも届くほどの数の高評価レビューを組織的に捏造するということが頻繁に行われています。 それでも初期のころは、名前は日本人っぽいのに日本語がおかしいなど、見ればわかる程度のものでしたが、ここ最近はかなり巧妙になってきており、ぱっと見では判別がつきにくいようなものが多くなっています。 ここでは、そういった「サクラ」によって書かれたレビューを高精度で見分けてくれる「」をご紹介します。 Contents• サクラチェッカーとは サクラチェッカーは、ブラウザで「」にアクセスするだけで使える、無料のサービスです。 作者の方は、複数の不正レビューグループに潜入したこともあるという剛の者で、その時の経験をもとにやらせのレビューを見極めるための「見抜くべき特徴」をつかみ、それをシステム化したのが「サクラチェッカー」なのだそうです。 現在はamazonのレビューチェックのみですが、いずれは楽天やyahoo! ショッピング等にも対応予定とのことです。 サクラチェッカーの使い方 サクラチェッカーの使い方は非常に簡単です。 これは、サクラがほとんどいない商品の例です。 amazonの評価と、サクラチェッカーによる「本物の」レビューのポイントがほとんど同じなのが分かります。 こちらは逆に、レビューのほとんどがサクラである商品の例です。 89しかありません。 サクラの割合と商品の良し悪しとは直接的な因果関係はありませんが、やはりサクラの比率が高い商品の品質はそれなりであることが多いようです。

次の

【amazon】やらせレビューを見抜くサクラチェッカー!使い方をわかりやすく図解!

サクラ チェッカー 楽天

今話題のAmazonのレビューが本物かどうかをチェックできる「 サクラチェッカー」なるサービスを知っていますか? 最近Amazonの商品レビューは、何かと怪しいレビューが増えて「 レビュー読んで買ったのに失敗した」という話もネットで話題になっていました。 キンブレ購入して初日。 マークもついていなくて、新品電池をいれて発光させたらこれでした。 レビューも多くて安心してたら結果これです。 返品メール送ってもよくわからない返信しかこないし、これは騙されたってことでよろしたですか?Amazonさん。 クリライまでにどうにかしてほしいです。 サクラチェッカーが開発された経緯 2019年7月10日に開設された「 」。 すでにご存知の方もいらっしゃると思います。 開発者だというユウさんは、40代の男性でIT企業の採用担当者もしているといい、その経験を生かした転職サイト「」も運営している。 ツイッター上などの説明によると、今回のサクラ発見サイトは、PCパーツの購入でだまされることも多くなったため、自己防衛も兼ねて開発を思い立ったという。 「高評価のワイヤレス充電器を購入したら、全然充電しなくて困ったり、高評価のUSBディスプレイアダプタを購入したら3日で壊れたりとAmazonレビューが信じられなくなったのでサクラチェッカーを開発しました。 レビューが1000件あったりすると読むのも面倒で、Amazon側の製品ページではデフォルトで低いレビューがあまり目立つような表示ではなく今までは合計点数だけみて購入して失敗していました」 引用: ネット通販大手のAmazonに特化したレビューチェックサービスで、Amazonの商品ページURLをサービスの入力欄で検索をかけると「 サクラ度の分析結果」がわかるという 今までになかった一般消費者である私たちにとっては嬉しいサービスです。 分析結果では 「最も信頼できるレビュー」も知ることができるので 「この商品買って大丈夫かな!?」と思っている場合には非常に参考になります。 サクラチェッカーは仕組みと信頼性 サクラチェッカーは、様々な項目から分析しているという。 具体的には、価格やショップの地域、レビューの日付、レビュー本文の日本語の怪しさなどだとした。 ユウさんは、「かなりの精度で見抜きます」とツイッター上でPRしながらも、検索のスピードが遅いので、改良していきたいとしている。 今後は、楽天、Yahooショッピングなどの通販サイトにも対応できるようにしたいそうだ。 発見器への対策を取られ、イタチごっこになる可能性については、こう言う。 「あまり詳しくは言えないですが、対策は出来ないと思います。 理由は色々ありますが、一例としては例えサクラレビューアーを雇っている業者でも低いレビューを削除することが出来ないからです。 サクラレビューアーのFacebook非公開グループなどでサクラバイトを雇っている販売者側の苦労も確認しているので、彼らの痛いところをつくことは出来ていると思います。 潜入調査して良かった点の一つですね」 引用: サクラチェッカーの使い方 ここからは初めてサクラチェッカーを使う人へ直感的にわかる操作ですが使い方を紹介。 1アマゾンで購入したい商品ページを開きURLをコピー 赤くなっている部分がURL部分でここをコピーします。 2サクラチェッカーのサイトへ のサイトのURL入力欄にURLをペースト ペーストしたら「Go」をクリックします。 3AmazonのURLをコピーした商品の分析結果が表示される こちらは「サクラ度が40%」であることがわかりました。 Amazonでは星4つだったのがチェッカーで分析すると実際は「3. 2」という結果に! もちろんサクラ度が0%の商品もあります 別でサクラチェッカーで分析したこちらの商品はサクラ度が0になりました。 サクラチェッカーが重い・開かない・つながらない サクラチェッカーを開発したユウさんという方もおっしゃっていましたが、サービスをリリース直後から一気に話題となりました。 現在多い日では1日で1万人も訪れ分析するそうで動作はまだまだ不安定です。 2019年10月現在では知名度も上がりさらに多くの人が利用しています。 ですので利用する際は時間帯によってはかなり重い状況となりつながらないことが多いと思います。 私自身もアクセスが一番多そうな夜のゴールデンタイムに利用しましたがすぐに分析結果が出ることなくつながらない状況が続きかなり時間がかかりました。 注意点 まだまだリリースされたばかりのサービスなので、アクセスが多い時間に使うと不安定。 サクラチェッカーを使う場合は夜中や早朝などの方がすぐに分析結果も出やすい傾向があります。 サクラチェッカーの利用時に重い・開かない・つながらない時の解決策 2019年10月現在は、最初にサクラチェッカーがリリースされた頃と比べつながりやすくなっているような気がします。 ですが、どうしても重いや開かない、つながらないという状況なのであれば時間帯をずらして利用してみましょう! 夜中の時間帯や朝早い時間帯であれば利用者も少ないと予想されるのでそのような問題も解決することができるかもしれませんよ! ちなみに今後はスマホのアプリ版なども検討されているようです。 【Android端末限定】サクラチェッカーと同じ機能を持つ他のサービス「レビュー探偵」 >> Androidの端末を私自身持っていないので経験談をお話しすることはできません。 しかし、レビューがあり高評価なのでそのレビューを一部紹介しておきます。 惜しむらくは調査時間が少々長いこと、その間他アプリの起動ができないこと。 そのうち対応していただければ嬉しいかも?別の方が言ってる調査時間に広告は私も賛成…ですが、モンスターユーザーのクレームの元になりそうですからもう少しブラッシュアップしてから実装して頂きたいかなと思います。 個々の調査結果を簡単にで構わないので「どうしてこの信頼度なのか」という説明してくれるコメントがあるとすごく嬉しい…と思ったら、ロジック解析対策に非公開だったのですね!納得しました。 魔境と化してるAmazonのコンパスとなっていただきたく、今後に超期待。 Amazonはよく使いますが、口コミの信頼性は残念ながら低く、かといって完全に当てにしないわけにもいかないので、何が信用できる口コミか自分で判定する必要があります。 判定要素としては明らかにレビュー数が少ないレビュワーだったり、名前や文章が日本語として不自然だったりなのですが、やっぱりすべてを自力でチェックするのはかなりの手間。 こちらのアプリの判断も万能ではないでしょうが、明らかな偽レビューを排除するには良さそうです。 とはいえ、まだいちいちアプリにURLを貼り付けて調査する手間がかかるので、共有から一発検索かけられるようにしたり、chromeの拡張版を作っていただけると非常に助かります。 もうちょっと使い勝手が改善すれば、有料でも購入させていただきたいと思います。 まだまだこちらもリリースさればかりのアプリなので信頼性の部分では絶対ではありません。 しかし、アマゾンで商品を購入する際にはレビューでもあるように、レビューを全て自力でチェックするには手間がかかります。 完全な偽レビューを排除するためのツールとしては非常に便利と言えそうです。 Amazonのレビューが本物かチェックできる「サクラチェッカー」まとめ いかがだったでしょうか? サクラチェッカー是非使ってみてください!! もちろん信用できるの?と思う方もいると思いますが使わないよりは使った方がAmazonの商品購入で後悔することは少なからず減るはずです。 絶対的な信用はせずとも、買い物をより良くするための参考として使ってみてはいかがでしょうか? 本日も最後まで読んでいただきありがとうございました^^.

次の

ヤラセレビュー発見ツール「サクラチェッカー」

サクラ チェッカー 楽天

月額8万円で、店側に優位な評価を月150件ずつ投稿 楽天が訴えたのは、大阪市北区でホームページの制作やサイトの運営・保守などを主な業務とする「ディーシーエイト」。 2015年3月20日に第1回口頭弁論が開かれ、同社側は争う姿勢を示しているという。 楽天では、「楽天市場」で買い物した人が商品を5段階で評価してコメントを投稿できる「みんなのレビュー」を提供。 また、売れ筋商品をランキングで表示しており、利用者が商品を購入する際の判断材料にしてもらっている。 ディーシーエイトは、ランキングの上位表示を狙った出店者の依頼を受けて、「やらせ」の口コミや架空の注文を繰り返し、わかっているだけで11万4327件も投稿していた。 同社の行為はステルスマーケティング、いわゆる「ステマ」だ。 契約した出店者の商品を称賛する、好意的な口コミをいくつも投稿。 それによって、その商品はランキングの上位に表示され、商品が売れて出店者は儲かる。 楽天市場のような集客力の高いサイトになると、多くの人が検索の1ページ目に表示された、上位人気の商品を選ぶ傾向にあるからだ。 複数のメディアによると、2014年1月に楽天は調査で121の出店者がディーシーエイトに依頼して、月額8万円で店側に優位な評価を月150件ずつ投稿する契約を結んでいたことを把握。 もともと楽天は利用規約で出店者による「自作自演」の投稿を禁じている。 各出店者に中止を求めたが、これに応じなかった数十店とは出店契約を解いたという。 楽天は「サクラ行為で公正なサービスを妨害された」と主張しており、それらによる損害賠償を求めた。 「おべっかとかばっかり」「やっぱりサクラ業者いるのか」 楽天の訴えに、インターネットには、 「(楽天が)言いたいのはレビューの中立性、信頼性を毀損されてサイトの価値が下がるってこと?」 「送料無料とかの条件付きレビューとかは、おべっかとかばっかり」 「やっぱ、まだサクラ業者っておるんだ。 レビューと実物の商品があまりにも違うのあるもんな。 お米とか、食べ物とか」 「苦言ぽく書いたら削除されたわ。 口コミは当てにならんよ」 「ネット通販の口コミとかレビューなんて胡散臭いものばかり。 こういう業者は徹底的に排除すべきだ」 といった声が寄せられている。 インターネットでは検索の上位や口コミ評価の高い商品が消費者に選ばれる傾向が強いといわれ、これまで「ステマ」はたびたび問題視されてきた。 2012年にはグルメ情報サイト「食べログ」で、飲食店に好意的な口コミを投稿する「やらせ業者」が多数存在すると報じられ、運営会社のカカクコムがサイト内の監視を強めるなど対策強化に乗り出したことがある。 当時、総合PR会社のベクトルが実施した「ステルスマーケティングに関する意識調査」によると、インターネットの口コミ情報を見て商品やサービスの利用を決めた、もしくはやめた経験がある人は65. 2%いた。 一方、「(サクラの口コミについて)想像通りのことが単に明るみに出ただけと感じた」と答えた人は男性で42. 9%、女性で39. 3%おり、楽天の件を機にさらに不信感が広がる懸念もありそうだ。

次の