もん げ ーバナナ 通販。 【激レア】皮まで食べられるバナナ「もんげーバナナ」を食べてみた → 1本648円、週に10本程度しか流通しない幻のバナナ

もんげーバナナの価格に驚き!無農薬で皮ごと食べれる秘密とは?

もん げ ーバナナ 通販

A post shared by taroooookichi on May 2, 2017 at 8:57pm PDT 「もんげーバナナ」を開発したキッカケは、田中節三所長が子供の頃のバナナ(台湾バナナ)は贅沢品でお腹いっぱいバナナを食べたいという想いがあった為です。 そして、趣味で30年程前から栽培を始め本格的に研究を始め量産に成功し、 奇跡のバナナの名でテレビ東京の「未来世紀ジパング」で紹介されました。 凍結解凍覚醒法とは? 温かい地域でしか育たないイメージのバナナを穏やかな瀬戸内の岡山県で栽培す為に考案されたのが「凍結解凍覚醒法」です。 この生産方法は、交配や遺伝子操作と違った第3の品種改良手法と評されています。 冷凍する理由は、「氷河期の再現」の為です。 「もんげーバナナ」のOEMと言えば分かりやすいでしょうか? 他にも「日本・国産バナナ」(神明ファーム)、「奇跡のバナナ」などが有り、「もんげーバナナ」のブランド名が決まる前はテレビ東京の「未来世紀ジパング」で岡山の国産バナナとして紹介されていました。 つまり、どのバナナも、 元は同じ苗で凍結解凍覚醒法により育った岡山県の国産バナナで、 育てる農園が違うだけでブランド名と販売所の違いしかありません。 ですので、 どれも同じ岡山産の皮まで食べられる国産バナナなのです。 生です旅サラダ」でも「若狭ぐじ」が紹介されました。

次の

楽天ブックス: 奇跡のバナナ

もん げ ーバナナ 通販

A post shared by taroooookichi on May 2, 2017 at 8:57pm PDT 「もんげーバナナ」を開発したキッカケは、田中節三所長が子供の頃のバナナ(台湾バナナ)は贅沢品でお腹いっぱいバナナを食べたいという想いがあった為です。 そして、趣味で30年程前から栽培を始め本格的に研究を始め量産に成功し、 奇跡のバナナの名でテレビ東京の「未来世紀ジパング」で紹介されました。 凍結解凍覚醒法とは? 温かい地域でしか育たないイメージのバナナを穏やかな瀬戸内の岡山県で栽培す為に考案されたのが「凍結解凍覚醒法」です。 この生産方法は、交配や遺伝子操作と違った第3の品種改良手法と評されています。 冷凍する理由は、「氷河期の再現」の為です。 「もんげーバナナ」のOEMと言えば分かりやすいでしょうか? 他にも「日本・国産バナナ」(神明ファーム)、「奇跡のバナナ」などが有り、「もんげーバナナ」のブランド名が決まる前はテレビ東京の「未来世紀ジパング」で岡山の国産バナナとして紹介されていました。 つまり、どのバナナも、 元は同じ苗で凍結解凍覚醒法により育った岡山県の国産バナナで、 育てる農園が違うだけでブランド名と販売所の違いしかありません。 ですので、 どれも同じ岡山産の皮まで食べられる国産バナナなのです。 生です旅サラダ」でも「若狭ぐじ」が紹介されました。

次の

【青空レストラン】もんげーバナナ(岡山県)の通販・お取り寄せと直売所情報

もん げ ーバナナ 通販

【内容情報】(出版社より) 新パナマ病の蔓延で今、次々に世界中のバナナが枯れており、近い将来、収穫できなくなるという予想もある。 そんななか、ついに画期的なバナナが誕生した!! 熱帯ではない日本の岡山県でのバナナ栽培に成功したのだ。 気温が低いと、新パナマ病を引き起こす病原菌が繁殖できないため、無農薬で育てることができる。 無農薬なので、なんと皮まで食べられる。 しかも、放っておいても、黒く変色しない。 糖度はもちろん、栄養価も高い。 子供から年配の方まで、安心して食べられると大評判のバナナ。 その名も「もんげーバナナ/ともいきバナナ」。 岡山で1本600円、通販で1000円で、飛ぶように売れ、今巷では、テレビや雑誌、ネットニュースなどで話題沸騰中!! 日本で初めて純国産の無農薬でバナナ栽培に成功した秘密は、前代未聞の画期的な栽培方法「凍結解凍覚醒法」にある。 ひと言でいえば、バナナに氷河期を生き抜いたときの記憶を甦らせるという技術だ。 具体的に、細胞を一度、零下60度に凍らせた後に解凍すると、驚異的に寒さに強く、しかも急激に成長する株となり、11月の岡山でバナナの実が収穫できるのだ。 今、日本では食の安全が叫ばれている。 様々な外国産の農産物も大量に輸入され、市場を席巻している。 TPPによって、日本の農業は打撃を受けるという予測もある。 しかし、そうした不安を払しょくするのが、凍結解凍覚醒法なのだ。 バナナだけではない。 マンゴーやコーヒー、パパイヤなど、さまざまな作物に応用が可能で、実際に大きな成果を上げている。 まさに今、「奇跡のバナナ」から日本の農業革命が始まるのである!! 【内容情報】(「BOOK」データベースより) 岡山県の冬は、瀬戸内とはいえ意外に厳しい。 だが、その寒空の下で、「もんげーバナナ」は青々と葉を茂らせる。 そのありえない風景は、40年以上にわたる研究の賜だ。 糖度25という驚きの甘さ、皮までおいしく食べられる安全性、ねっとりとして、冷蔵庫に入れても白さを保つ実ー。 これまでの常識をくつがえすバナナが生まれた背景には、氷河期を生き延びた植物が教えてくれた「凍結解凍覚醒法」があった! 【目次】(「BOOK」データベースより) 1 真冬の岡山で熱帯のバナナができた!!(冬の岡山で青々と茂るバナナ/「もんげーバナナ」は桁外れの高級品/糖度25度!皮ごと食べてもおいしい ほか)/2 氷河期の記憶を呼び覚ます奇跡の技術!!(1万3000年前の世界とバナナ/氷河期を生き延びたバナナを再現する!/日本の冬に耐えるバナナが10年がかりで誕生 ほか)/3 物いわぬ植物の心を読み取る!!(植物にも痛みや苦しみ、喜びがある/植物は香りと根でコミュニケーションする!/栗の木の「親」が「わが子」を育てる ほか) 【著者情報】(「BOOK」データベースより) 田中節三(タナカセツゾウ) 1949年、岡山県生まれ。 農業法人株式会社「D&Tファーム」取締役技術責任者。 中学卒業後、古紙回収業・中古船販売業などで成功を収める。 植物栽培が趣味であったことから、バナナの栽培法を研究。 40年以上という年月をかけて「凍結解凍覚醒法」を開発し、冬は氷点下を記録する岡山県で、日本産バナナを栽培することに初めて成功。 その技術が、国内外から大きな注目を集めている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです).

次の