コロナ 終息 収束。 コロナが終息(収束)するにはあと何年位かかりそうでしょうか?

コロナの収束見込み、スピリチュアル予測・予言まとめ!いつ終息か占いで分かる?

コロナ 終息 収束

【新型コロナウイルス】ニュースで終息と収束が使われている! ニュースでは以下のように、2種類の「しゅうそく」が使われています。 「新型コロナ収束後を見据える」 「コロナ終息と安全願い船下り祈願祭」 コロナ「終息」とコロナ「収束」はほとんど同じ意味のように思うかもしれません。 しかし、厳密には意味が異なり、ニュースの内容を理解する際にも勘違いが生じるでしょう。 早速、「終息」と「収束」の意味と使い方について説明しますね。 終息の意味と使い方 終息の意味 デジタル大辞泉では、「終息」の意味を以下のように説明しています。 物事が終わって、やむこと。 出典:デジタル大辞泉 つまり、 終結する、完全に停止する、という意味です。 「やむ」は漢字で「止(已)む」と書き、「途切れて続かなくなる」という意味になります。 終息の使い方 「終息」は以下のような文脈で使われるのが一般的です。 終息は、戦争や感染症といった事柄や、戦争などで生じる困難に対して使うようです。 ニュースでは、 感染症や自然現象、国際的な敵対関係に対して使われていました。 物が製造されなくなる、特定の生物の生存が確認されない時にも使用されています。 「新型コロナの終息」という場合、ウイルスが完全に消え、危険が去ったということです。 adsense スポンサーリンク 収束の意味と使い方 収束の意味 デジタル大辞泉において、「収束」の意味は以下のように説明されています。 1 分裂・混乱していたものが、まとまって収まりがつくこと。 また、収まりをつけること。 「事態の収束を図る」「争議が収束する」 2 数学で、ある値に限りなく近づくこと。 収斂 しゅうれん。 ㋐ある無限数列が、ある値にいくらでも近づくこと。 ㋑数列の項が、ある値に限りなく近づくこと。 ㋒級数の途中までの和が、ある値にいくらでも近い値をとること。 3 多くの光線が一点に集まること。 4 海洋学で、流線が周囲から一点に向かって集まること。 出典:デジタル大辞泉 「終息」の意味と比べると、全く違うことが分かります。 「終息」は物事の終わりで、続きはありません。 風船で例えると、膨らんだ風船が割れることです。 その後、膨らませることができなくなるのです。 対して、「収束」は 物事が落ち着くことで、その後も続いていきます。 風船で例えると、膨らみすぎた風船から空気が抜けて、元の大きさに戻ることです。 更に 小さくさせることもできますし、また膨らませることも出来る状態になります。 収束の使い方 「収束」は一般的に次のように使われます。 ・ヒノキ花粉が収束へ(=ヒノキ花粉が減り、被害が少なくなる方向へ) ・貿易戦争が収束に向かう(=貿易における争いが落ち着く方向に向かう) ・脳梗塞の炎症が収束するメカニズム(=脳梗塞による炎症を抑えるメカニズム) 被害が落ち着く、 混乱が収まる、荒れた状況が落ち着いてまとまるといった意味合いです。 戦争や感染症、被害、議論などについて使用され、使う場面は「終息」と似ています。 しかし、「収束」は物事による混乱や影響に対して使われるため、「終息」とは異なるのです。 「新型コロナの収束」とは、 コロナによる混乱や影響が落ち着く、という意味です。 コロナ自体が消滅して、混乱や影響が落ち着くことが最初に思いつくかもしれません。 しかし、コロナが消滅しなくとも、対処法が見つかり、世間的に落ち着く場合もあるのです。 つまり、「収束」が使われた場合は「コロナが消滅する」と同じ意味にはなりません。 「収束」と「終息」では意味が異なりますが、使い方を間違えることはあります。 1つの記事だけでなく、複数の記事、公的機関の情報を参考にして状況を精査しましょう。

次の

新型コロナ1年で収束せず 専門家は厳しい見方、五輪にも影響|医療ニュース トピックス|時事メディカル

コロナ 終息 収束

COVID-19の流行は暖かくなると収束する? 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)はインフルエンザと違って、暖かくなっても収束に向かう可能性は低いことが、復旦大学(中国)のYe Yao氏が主導した研究で示された。 詳細は「European Respiratory Journal」4月9日オンライン版に発表された。 米国科学アカデミー(NAS)の専門家らも、同団体のプレスリリースで「気候的には夏を迎えているオーストラリアやイランといった国々でも感染が急速に広がっていることを考慮すると、気温や湿度が上昇しても感染者数が減ることはないだろう」との予測を示している。 NASの専門家らは、「実験室での研究では、気温と湿度の上昇に伴い新型コロナウイルスの生存期間が短縮することが示されている」と述べる一方で、気温や湿度以外にも、ヒトからヒトへの新型コロナウイルス感染に影響を与え得るさまざまな要因があることを強調している。 Yao氏らは、COVID-19が流行した中国224都市における1月上旬~3月上旬のデータに基づき、毎日の気温と紫外線量、湿度の変化と新型コロナウイルス感染との関連について調べる研究を実施。 湿度と紫外線レベルを調整して解析した結果、気温が上昇しても、新型コロナウイルスの感染拡大能力は変化しないことが分かった。 また、気温と湿度で調整して解析した場合も、紫外線の量により感染率が変わることはなかった。 Yao氏は「われわれの研究では、高い気温や紫外線量がCOVID-19の感染拡大を抑え得るとする仮説を支持する結果は得られなかった。 現時点では、暖かくなればCOVID-19の感染者数が減ると考えるべきではないだろう」と説明している。 こうした特徴は、2012~2013年に流行した中東呼吸器症候群(MERS)に類似していると、同氏らは指摘する。 流行当時、アラビア半島では、気温が華氏113度(摂氏45度)まで上昇したにもかかわらず、MERSの感染拡大は続いていた。 ただし、Yao氏らは、今回の研究結果が確定的なものではないことを強調しており、「今後、より長期の追跡期間で、より幅広い範囲の気温との関係を調べる研究を行う必要がある」としている。 しかし、希望も残されている。 Yao氏らも説明しているが、寒い季節には上気道感染症の患者が増えるが、暖かくなるにつれて感染者数は減る。 その明確な理由は不明だが、複数の要因が考えられるという。 例えば、夏になって日照時間が増えると人々のビタミンDレベルが上昇し、免疫システムが活性化する可能性があること、また、日光の紫外線がインフルエンザや一般的な風邪の原因となるウイルスを死滅させる可能性があることなどだ。 さらに、夏には学校が休みになる国が多く、小児の間で感染が広がりにくくなることも感染の抑制に寄与している可能性があるという。 この報告を受けて、米ロング・アイランド・ジューイッシュ・フォレスト・ヒルズの感染症専門医Miriam Smith氏は、COVID-19の感染拡大の勢いを最終的に弱めるのは、気候以外の要因だろうとするYao氏らの見解に同意を示している。 その上で、「集団免疫の獲得や科学的根拠に基づく有効な治療法の導入、ワクチンの開発が実現するまでは、引き続きソーシャル・ディスタンシング(社会的距離の確保)が感染拡大を阻止するための重要な戦略になるだろう」と話している。 All rights reserved.

次の

収束と終息の違い!新型コロナウイルスにはどっち?使い分けを例文でご紹介

コロナ 終息 収束

新型コロナウイルスの感染が中国で初めて確認されてから3カ月あまりが経過した。 この間、各国が防疫措置を講じてきたが感染拡大は止まらず、世界の感染者は17日時点で17万5000人に達し、死者は7000人を超えた。 発生源とされる中国では新規の感染者は減少傾向にあるが、欧州ではイタリアやスペイン、フランスなど一部の国で感染者が飛躍的に増加しており、収束はまだ見通せない。 では、新型コロナはいつ収束するのか。 政府専門家会議のメンバーで、日本感染症学会の舘田一博理事長(東邦大学教授)は、「(日本は)4月以降は気温や湿度が上昇し、ウイルスが生き延びにくい環境になる」と、ウイルスの弱点を説明する。 収束時期は「集団免疫などさまざまな要素が絡むので、正確には分からない」としながらも、気候が温暖になる夏前をめどに、ウイルスは一定程度減る方向に向くと見る。 同じコロナウイルスに分類され、02年末に流行が始まった重症急性呼吸器症候群(SARS)は、03年7月に世界保健機関(WHO)が「終息宣言」を出した。 SARSの流行は発生源の中国のほか、シンガポール、カナダなど北半球の国が中心で、終息宣言が出されたタイミングはこれらの国・地域の夏に当たる。 ここで注目したいのは、新型コロナは遺伝子的にSARSに類似しているとの報告がある点だ。 新型コロナはSARS同様に冬に流行しており、収束までSARSと同様の経路をたどると仮定すれば、北半球の感染者の増加は今年の夏前には頭打ちになるとの見方が成り立つ。 舘田理事長は「SARSは症状が出やすく、囲い込んで対処できた」と解説する。 一方、新型コロナは感染しても症状が出ない人が一定数いることが確認されており、この「無症状病原体保有者」が、ウイルスの封じ込めを難しくするとの指摘は多い。 舘田理事長は、南半球の国で感染者が出ていることに警戒感を示す。 北半球の気候が温暖になりウイルスの広がりがいったん収束しても、これから冬を迎える南半球で感染拡大が続けば、北半球に再度ウイルスが移り、「感染のサイクル」が作られる恐れがあるからだ。 人の移動によってこのサイクルが形成されれば、収束までに長期間を要することになる。 その上で、舘田理事長は感染拡大の防止に向け、不特定多数の人が一堂に集まる状況を作らず、集団感染を抑える必要があると改めて強調する。 日本では「クラスター」と呼ばれる感染者の小規模集団が各地で形成されており、感染拡大に拍車を掛けている。 個人では睡眠や栄養を十分取り、マスク着用や「咳エチケット」、手洗いなどの予防策を心掛けることが重要だ。

次の