ご足労いただきありがとうございます。 「ご足労」とは?意味と使い方!類義語や読み方、目上の人に使えるのかまで!

「ご足労いただきありがとうございました」の意味と例文!ビジネスで目上に出すメール

ご足労いただきありがとうございます

「ご足労」の意味と類語 「ご足労」は出向いてもらったことへのお礼を意味する 「ご足労」とは、自分のために出向いてもらったことへの感謝を意味する言葉です。 「足を使い移動する労力」という意味がある「足労」に、接頭語である「御(ご)」を加えた敬語表現で、目上の相手へ敬意を表すのに適した言葉となります。 例えば目上の相手に、出向いてもらったことへの感謝を伝える際は、「ご足労いただきありがとうございます」となります。 出向いてもらう前日・当日・後日で言い回し方が異なるため、状況によって使い分けてください。 「ご足労」の読み方は「ごそくろう」 「ご足労」は「ごそくろう」と読みます。 メールや手紙の書き言葉だけでなく、話し言葉としても使われるため、読み間違えないよう注意してください。 類語の「お越し」や「お手数」に言い換える 「ご足労」は「お越し」や「お手数」が類語となり、状況によって言い換えることができます。 例えば、来てもらったことへの感謝を伝える際、「お越し」を使うと「お越しいただきありがとうございます」となります。 一方で、「お手数」という言葉自体には「出向いてもらう」という意味はありませんが、わざわざ出向いてもらうという行為は相手に面倒をかけていることとなるため、「面倒をおかけして」という意味で「お手数」が使えます。 出向いてもらったことへの感謝を伝えるのではなく、申し訳ない気持ちを表す際に「お手数をおかけして申し訳ございません」と使ってください。 目上への「ご足労」の使い方 メールや手紙で使われることも多い 「ご足労」は対話シーンだけでなくメールや手紙など書き言葉としても多く使われます。 訪問してもらう前日のメールや訪問後のお礼のメールで、「ご足労」を使って相手をねぎらうことで丁寧な印象を与えることができるでしょう。 社内の上司と目下の人へは使わない 「ご足労」は社外の人にわざわざ「来てもらう」際に使われる言葉ですので、上司へはあまり使うことのない物言いとなります。 例えば、取引先の人も居合わせているイベントの場で自分の上司に対し「ご足労いただきありがとうございます」と言うとします。 相手からすれば自分の上司と取引先の担当者が同じ対応なのかと疑問を抱いてしまうのではないでしょうか? 考え方や状況にもよりますが、少なくとも社外の人も居合わせている場では必要以上に上司を労うのは適切ではないといえます。 また、「ご足労」は接頭語のついた敬語表現であるため、目下の部下や対等な立場の同僚へは使わないでください。 「ご足労願えますでしょうか?」は失礼 一見すると適した使い方に見える「ご足労願えますでしょうか?」ですが、目上の人に対しわざわざ来てもらうことを願う物言いは相手に失礼となります。 「ご足労」は既に来ることが決まっている際や、来てもらった後に感謝や謝罪の意味を込めて使われます。 「ご足労願えますでしょうか?」の他にも「ご足労ください」は相手の訪問を望んだ物言いとなるため、使わないでおきましょう。 相手に来てほしいことを伝える際は「お越し」を使って、「大変恐縮ではございますが、弊社までお越しいただけますでしょうか?」と申し訳ない気持ちを加えた言い回しが丁寧で適切と言えます。 タイミング別メールで使える「ご足労」の例文 訪問前に使える「ご足労おかけしてすみません」の例文 相手からの訪問が決まった際、わざわざ出向いてもらうことへの謝罪を込めて「ご足労おかけしてすみません」が使えます。 例えば、「イベント当日はご足労おかけしてすみませんが、よろしくお願い致します」となります。 上記の例文を更に丁寧にすると「イベント当日はご足労おかけして申し訳ないのですが、何卒よろしくお願い致します」となります。 メールでは声色や表情が分からないため、できるだけ丁寧な言葉使いを心掛けてください。 訪問後に使える「ご足労いただきありがとう」の例文 メールでわざわざ出向いてくれたことへの感謝を伝えるのに「ご足労いただき」が使えます。 例えば、遠い所から来てもらった人へ対してだと「遠方にも関わらずご足労いただき、誠にありがとうございました」となります。 訪問を断る際に使える「ご足労いただくのも恐縮ですので」の例文 相手の訪問を断る際に「ご足労いただくのも恐縮ですので」が使えます。 「お伺いしてもよろしいでしょうか?」に対して「すみません」だけでは無礼な対応となってしまいます。 相手からの申し出を「わざわざ来てもらうのは申し訳ない」と丁寧に断ることは、相手の気持ちが考えられた断り方と言えるでしょう。 まとめ 「ご足労」とは相手が出向いてくれることへの感謝を表した言葉です。 目上の人へ使うことで労いや感謝を伝えることができますが、上司への使用や「ご足労」を願った言い回し方には注意しましょう。 場合によっては類語に言い換えて正しく使ってください。

次の

「ご足労おかけしますが、ご足労いただき」は目上の人に使える?意味と使い方を紹介

ご足労いただきありがとうございます

「ご足労おかけしますが」の意味は「わざわざ足をお運びいただき申し訳ありませんが」 「ご足労おかけしますが」は、「 わざわざ足をお運びいただき申し訳ありませんが」というような意味合いで使用される言葉です。 「ご足労おかけしますが」は、「ご足労」という言葉と「かける」という言葉が使用されています。 「ご足労」の意味は、「 相手にわざわざ足を運んでもらう」という意味のある言葉です。 「おかけします」は、「 時間・費用・労力などをそのために使うこと」を意味しています。 「ご足労」に使用されている「労」には「 ねぎらう」という意味があるので、「 労力や時間を割いてもらうことへの申し訳無さ」を表現した言葉になります。 つまり、「わざわざ足を運んでいただき申し訳ありませんが」というような意味合いになります。 主に、すでに足を運んでもらうことが決定している場面で足を運んでもらう前に使うに「 面倒をおかけして申し訳ありませんが」というニュアンスで使われる表現です。 「ご足労おかけしますが」の使い方と例文 「ご足労おかけしますが」は足を運んでもらうときに使う 「ご足労おかけしますが」は、 足を運んでもらうときに使用する感謝の言葉です。 「足労(そくろう)」は、「 足を疲れさせること・足を運ばせること 」という意味がある言葉で 「足を運んでもらう時」つまり、「来てもらう」というような場面で使用します。 相手に足を運んでもらうことが決定しているような場面で「わざわざ足を運んでいただきもうしわけありませんが〜」という意味で「ご足労おかけしますが〜」と使用されます。 例えば、「ご足労おかけしますが、よろしくお願いいたします」というような使い方です。 「ご足労おかけしますが」は目上の相手にも使う 「ご足労おかけしますが」は敬意を示した表現であるため 目上の相手にも使用することができます。 目上の相手にお願いをしたりする場面で、「お忙しいところ〜」というような言葉の前に添えて使用する クッション言葉で「ご足労おかけしますが」と使用することができます。 足を運ぶという行為以外の目上の人が行う行為に対して使用することもありますので頭に入れておくといいでしょう。 しかし、目上の人に対してであっても、取引先で同席している社内の上司に「ご足労をおかえしますが」と使用することはできません。 社外の人も前で社内の人を敬うような言い回しを使用することは誤用なので注意しましょう。 例えば、自分が担当する商談に上司に一緒に来てもらうといった場合に、社内やメールで「ご足労おかけしますがよろしくお願いいたします」というように伝えることはできますが、取引先相手のいるすの場で自分の上司に対して「ご足労おかけしますが」と使用するができないということです。 「ご足労おかけしますが」の言い回しと例文 「ご足労おかけしますが」の後は「よろしくお願いいたします」 「ご足労おかけしますが」の後は、「よろしくお願いいたします」を使用することがほとんどです。 「ご足労おかけしますが」は、 相手に来てもらう前に使用する言い回しなので、後のは「よろしくお願いします」というように続け、「 足を運んでいただき申し訳ありませんがよろしくお願いします」という気持ちを伝えます。 相手が来てくれるということが決定たタイミングで「よろしくお願いします」と伝えるのに使用し、 結婚式などでも、遠方から来られる人に対して使用することができますので覚えておきましょう。 ご足労をおかけしますが、何卒よろしくお願いいたします」 「当日は、弊社のエントランスにてお待ちしておしります、ご足労をおかけしますがよろしくお願いいたします」 「この度は私達の結婚式にご出席いただけるということで誠にありがとうございます。 お忙しい中ご足労をおかけしますがどうぞよろしくお願いいたします」 「ご足労おかけしますが」より丁寧な「ご足労おかけし恐縮ですが」 「ご足労おかけしますが」より丁寧な言い回しは、 「ご足労おかけし恐縮ですが」となります。 「恐縮」は「 相手の厚意を受け入れて恐れ入る」という意味なので、感謝やお礼を伝える場合に使用することで、「 相手の好意をありがたく思っている」という意味合いを強めます。 また、「恐縮ですが.... 」と依頼することによって、「迷惑をおかけしますが... 」などと謙遜した気持ちを表すことができ、 「申し訳なく思う」という相手への配慮も示すことができます。 例文 「何度もご足労をおかけし恐縮ですが、何卒よろしくお願いいたします」 「ご足労おかけし恐縮ですが、3日は弊社3階にあります会議室までお越しいただきますようよろしくお願いいたします」 「ご足労おかけし恐縮ですが、今月中までご来店いただくようお願い申し上げます」 より丁寧な「ご足労おかけし恐縮ですが、何卒よろしくお願い申し上げます」 さらに、より丁寧な言い回しは「ご足労おかけし恐縮ですが、「 何卒よろしくお願い申し上げます」となります。 「恐縮」については上述の「ご足労をおかけし恐縮ですが」を参考にしてください。 「何卒よろしくお願い申し上げます」の 「何卒」は、「どうぞ」をより固く表現した言い回しとなります。 「 期待する」というニュアンスが含まれていて、 相手に何かを強くお願いする場合に用いる表現となり、依頼の強調表現になります。 「何卒よろしくお願い申し上げます」の「よろしく」は 希望の実現のために相手になすべき配慮を期待していう語になります。 従って、「ご足労おかけし恐縮ですが、何卒よろしくお願いもうしあげます」はかなり丁寧な労いの言葉であり、さらに丁寧によろしくお願いしますという気持ちを伝えられる言い回しであることがわかります。 例文 「何度もご足労をおかけし恐縮ですが、何卒よろしくお願い申し上げます」 「ご足労おかけし恐縮ですが、直接受付までお越しくださいますよう何卒よろしくお願い申し上げます」 「ご足労おかけし恐縮ですが、今月中までご来店いただきますよう何卒よろしくお願い申し上げます」 「ご足労いただき」の使い方 「ご足労いただき」は主に足を運んでもらった後に使う 「ご足労いただき」は、主に 足を運んでもらった後に使用する言葉です。 「いただき〜」という言葉は「〜をしてもらう」という意味のある言葉で、 何かをしてもらった後に「〜をしていただき」と使用することが基本です。 例えば、「〜をしていただきありがとうございます」というような使い方です。 よって、「ご足労おかけしますが〜」は、「足を運んでもらう前」に使用する言葉であり「ご足労いただき」は「足を運んでもらった後」に使用する言葉であることを頭に入れておきましょう。 「ご足労いただき」は目上の相手にも使う 「ご足労いただき」は 目上に相手にも使用できる言葉です。 「いただく」という言葉は、 「〜してもらう」という言葉の謙譲語なので、目上の人に対して敬意を示すことができる表現です。 よって、「ご足労いただき」を目上の相手に使用しても問題はないといくことになります。 ただし、「ご足労おかけしますが」と同様に、 社外の人が居合わせている場合に同じ社内の人間を「ご足労いただき」という言葉をかけるのは不適切ですので注意が必要です。 「ご足労いただき」は感謝の気持ちを表す 「ご足労いただき」は、 「感謝の気持ちを表す言葉」です。 「ご足労いただき」の「〜いただき」は、何かをしてもらった後に使用することが基本であるということを先程も説明しましたが、何かをしてもらった後には、してもらったことに対するお礼の気持ちを述べるのが自然な流れだと思います。 つまり、「ご足労いただき」は 「足を運んでもらったことに対する感謝の気持ち」が込められている言葉だということです。 「ご足労いただき」の言い回しと例文 「ご足労いただき」の後は「ありがとうございます」が基本 「ご足労いただき」の後は「ありがとうございます」が基本です。 「ご足労いただき」の 「〜いただき」は、何かをしてもらった後に使用することが基本であり、お礼の言葉が辞込められているということを前述しました。 「ご足労おかけしますが」は、足を運んでもらう前に「足を運んでいただき申し訳ありません」といったように「申し訳ないという」という気持ちが込められていますが、「ご足労いただき」は その逆で、足を運んでもらった後の「感謝の気持ち」が表現されています。 従って、「ご足労いただき申し訳ありません」というような使い方をするよりも「ありがとうございます」というようなお礼の気持ち使用すことが基本となります。 例文 「本日は、我が社にご足労いただき誠にありがとうございます」 「先般はお忙しい中、ご足労いただきましてありがとうございました」 「ご足労いただきありがとうございます。 ただいま担当の者が参りますので少々お待ち下さいませ」 「本日は遠路からわざわざご足労いただき誠に感謝申し上げます」 結婚式などでも使う「お足元の悪い中、ご足労いただきありがとうございます」 結婚式などでも使う「 お足元に悪い中、ご足労いただきありがとうございます」という言い回しを紹介します。 「お足元」というのは、「足がついている地面」を意味しています。 「お足元が悪い」というのは「地面がぬかるんでいる」といような 「歩きにくい」という状況を言い表しています。 つまり、来てもらった日に雨が降っていたというような 悪天候な日に足を運んでいただいた場合に「お足元に悪い中、ご足労いただきありがとうございます」というような良い回しを使用します。 例文 「本日はお足元に悪い中、私達二人のためにご足労いただきありがとうございます」 「お足者と悪い中ご足労いおただき誠にありがとうございました。 どうぞ気をつけてお帰りくださいませ」 「先日はお足元が悪い中ご足労いただきましてありがとうございました」 「ご足労いただき恐縮ですが、〜」と来る前に使うこともある 「おご足労いただき恐縮ですが、〜」は、来る前に使うこともある言い回しです。 「恐縮」という言葉は先程も説明したように「相手の厚意を受け入れて恐れ入る」という意味があり「申し訳ない」という気持ちが込められている表現となります。 この場合は、「いただき」を使用している言葉ではありますが、 「わざわざ足を運んでもらうことになり大変申し訳ないのですが〜」というように、相手が来る前に使用することもありますので覚えておきましょう。 「ご足労いただきますようお願いいたします」は、 相手に来てもらわなければならないときに使用する言い回しです。 「いただきますようお願いします」は、「〜してもらうようお願いします」というように、丁寧で柔らかいニュアンスのお願いの仕方になります。 さらに、「ご足労賜りますようお願い申し上げますという言い回しをすると、よりかしこまった表現となり、取引先相手やお客様に出向いてもらうような場面にふさわしいです。 「大変恐縮ですが」や、「お忙しいところ申し訳ありませんが」というような、クッション言葉を前につけると印象が良くなります。 例文 「お忙しいところ大変恐縮ですが、ご足労いただきますようお願いいたします」 「実物を見ていただければと思いますので、恐縮ですがご足労お願い申し上げます」 「申し訳ありませんが、事務所までご足労賜りますようお願いいたします」 「ご足労おかけしますが」の英語 Thank you for coming all the way to visit us. 「ご足労おかけしますが」のようにクッション言葉的に使う英語表現はありませんが、来てくれたことに対する感謝をいう表現はもちろん存在します。 「Thank you for coming all the way to visit us. 」などと言えばよいでしょう。 「all the way」で「はるばる」という意味で、相手がわざわざ来てくれている、というニュアンスを出すことができます。 文法的に正しい敬語でも、言い回しや場面によっては相手に不快感を与えてしまう場合があります。

次の

目上の人に使える?「ご足労おかけします」の意味と使い方

ご足労いただきありがとうございます

「ご足労」のそもそもの意味は? 「ご足労」という言葉の本来の意味は、目上の人に 「わざわざ来てもらう」という意味です。 「足を労する」と書くため、歩いてきたり、遠くから来たりと移動を伴うのが基本です。 本来は 自分が足を運ぶべきところを、目上の人がわざわざ出向いてくれたことに対する感謝の表現です。 似たような表現に「ご苦労様」というものがありますが、「ご足労様」という表現はしません。 できなくはありませんが、偉そうな態度だと思われるため使わないように気を付けてください。 また、「弊社のためにご足労くださいましてありがとうございます」というように、広い使い方では相手の行動全般に対して感謝やねぎらいの意をもった敬意表現として使われることもあります。 「ご足労」はタイミングによって使い方が変わる 「ご足労」の基本的な使い方は2通りあります。 それが、 「ご足労おかけしますが」「ご足労おかけしまして」の2つです。 これは読んですぐにわかると思いますが、タイミングが違います。 「ご足労おかけしますが」というのは、未来に生じるご足労に敬意や感謝を示したものです。 「ご足労おかけしまして」というのは、すでに「ご足労」を「してもらった」場合に使います。 「ご足労いただきますが」「ご足労をお願いしますが」も未来表現であり、「ご足労いただきまして」はすでに完了した過去の表現となります。 改めて聞いてみると当然のことではあるのですが、いざ使うシーンになると、「ご足労をおかけしまして申し訳ないのですが、今度サンプルを持ってきていただいてよろしいでしょうか?」「ご足労おかけしますが、さあご着席になってください」というような誤用も多く見られるので注意しましょう。 「ご足労」は相手に強要できない言葉 就活生にありがちな間違いとして、「ご足労をお願いします」という表現を見ることがあります。 ご足労というのは、先述の通り「自分が行くべきところをわざわざ来てもらう(ことへの感謝)」という意味を持っています。 そのため、積極的に相手が自分のところに来るように促すのは矛盾した使い方となります。 「来る」の敬語表現とは少しニュアンスが違いますので注意してください。 「ご足労、お待ちしております」「ご足労、よろしくお願いします」というような使い方も、相手の「ご足労」を促す表現になりますのでよくありません。 この場合は 「ご足労をおかけいたしますが、よろしくお願いします」という使い方が正解となります。 また、相手が行くとも言ってないうちから「ご足労をおかけしますが」と言うのは押しつけがましく印象が悪くなるため注意してください。 「ご足労」の使用にふさわしいシーン では、「ご足労」はどういったシーンで使われるのでしょうか。 例文を通して確認してみましょう。 感謝の例文 お世話になっております。 先日は雨の中、弊社までご足労いただきましてありがとうございました。 スタッフ一同、士気も高まり、今後に向けて意欲的にプロジェクトに取り組めそうです。 4 クッション言葉としての「ご足労」 「クッション言葉」というのは、言いにくい内容をやや柔らかく聞こえるようにするために入れる言葉のことを言います。 「あれを取ってください」よりも「お手数ですが、あれを取ってください」の「お手数ですが」のようなものを言います。 「 ご足労ではございますが、一度弊社までお越しいただいてよろしいでしょうか?」 上記のような形で、外部の人に連絡をする場合などに使います。 一言加えるだけで印象が丁寧になることがわかると思います。 中には「ご足労」がふさわしくない場面もある 様々なシーンで活躍する「ご足労」の敬語ですが、「ご足労」がふさわしくない場合もいくつかありますので覚えておきましょう。 1 自社の上司や先輩に対しての「ご足労」• 「部長、ご足労いただきありがとうございます」• 「先輩にご足労いただけて助かりました」 これは使えなくはありませんが、注意が必要な使い方です。 ご足労には「わざわざ」というニュアンスがありますから、あまりにも「ご足労」という表現が大げさに感じる距離やシチュエーションの場合には使えません。 そのため、自社内で部長のデスクから自分のデスクまで書類を持ってきたような場合に「ご足労」を使うのはふさわしくありません。 社内の身内に関しては、たとえ目上の人だとしても 「当然そうするべき範囲」「たいした距離ではない移動」であれば使わないようにしましょう。 逆に、普段一緒に仕事をすることがない他部署の役職者などが、打ち合わせのためなどに、わざわざ出向いてきた場合には「ご足労」を使うのが正しい対応となります。 2 立場上、不自然なケースの「ご足労」 企業の人事担当者などが就職活動の応募で集まった学生たちに対して「本日はご足労いただきましてありがとうございます」という言い方をするのも不自然な表現にあたります。 「当然行くべき立場」ですし、社会人の先輩と学生という立場の違いを考慮しても敬意表現をするのは不自然にあたります。 この場合は 「本日はお集まりいただきましてありがとうございます」くらいが適当です。 中途の求人広告などでは「ご足労ですが弊社オフィスにて面接を行います」というような表現がある場合もありますが、新卒採用ではあまり見られません。 「ご足労いただきありがとうございます」と自分が言われた時はどう返す? 自分が取引先などを訪問した際や後日になってから「ご足労いただきありがとうございます」と言われる場合もあります。 特別なことではなく、社会人の仕事の中で当然のことをしたまでであっても、返事に困ってしまわないよう、以下のような返し方も覚えておくと便利です。 「いえいえ、こちらこそ貴重なお時間をありがとうございます」• 「こちらこそ、その節は大変お世話になりました」 こういったシチュエーションでは、 相手が時間を出してくれたことや応対してくれたことに対して感謝の意を示すのがマナーです。 「それほどでもありません」という返し方もできそうですが、これは謙遜しているようで、相手がせっかくねぎらってくれたことを受け取らないマナー違反の返事のため、うっかり口にしないよう注意してください。 「ご足労」の敬語を正しくやりとりできてこそ一人前のビジネスパーソン 「ご足労」というフレーズは使いどころがほぼ限られているため、それほど難しい表現ではありません。 しかし、だからこそ失敗した時には目立つものです。 きちんと本来の意味を理解しておけば自然と間違った使い方は減るでしょう。 ビジネスシーンでは互いの行き来によって仕事が進んでいきます。 「ご足労」を使うシーンというのは非常に多いもので、自分がそのように言ってもらえるシーンも少なくありません。 適切に返せるように返し方についても確認しましょう。 この「ご足労」を使ったやり取りが正しくできてこそ、一人前のビジネスパーソンです。 ぜひ正しい用法をマスターして活用してください。

次の