ご丁寧にご連絡いただきまして。 【敬語】「ご確認」の正しい使い方と例文|「ご査収」との違い

「連絡する」の敬語と謙譲語は?メールでの使い方も解説します

ご丁寧にご連絡いただきまして

日常でも、ビジネスでも、電話にかわって頻度が高いのはメールの使用です。 メールは、送る相手の状況を細かく配慮することなく、自分のタイミングで送ることができるので、社内社外に向けて、頻繁にメールを送る機会があるでしょう。 ビジネスの場面でのメールの文書作成は、注意することがいくつかあります。 具体例をあげながら、考えてみましょう。 気をつけること ビジネスのメールを送信するときに、気をつけたい点をピックアップしてみました。 ・件名(タイトル)は分かりやすく簡潔にする。 ・誰からのメールなのか、わかるようにする。 ・会社名・所属部署名、氏名(ふりがな)、会社の住所、電話、FAX番号、メールアドレス、会社のホームページアドレスの入った「署名」をつける。 ・1件のメールには、1つの用件のみにする。 ・ファイルをメール添付する場合は、容量に気をつける。 メールフォーム 上の注意点を含めて、お問い合わせのメールフォームを作ってみましたので、ご参考になさってください。 本文(用件) このたびは貴社新商品展示会にご招待いただきまして、誠にありがとうございます。 お手数ですが、ご一読のうえご返信をお願いいたします。 メールや電話で問合せをするときに、よく使いそうな丁寧語をピックアップしました。 ・お問い合わせいたします。 ・質問がございます。 ・ご返答いただけますか。 ・ご返信いただけますか。 ・ご連絡いただけますか。 ・教えていただけますか。 ・お待ちしています。 ・どうすればいいでしょうか。 ・お手数をおかします。 お問い合わせ まず最初に、「お問い合わせ」の「お」は、美化語といい、名詞に「お」や「ご」をつけて使い、丁寧語の意味合いがあります。 次に、相手を敬う意味合いの丁寧語、尊敬語を使うときに「問い合わせする」がどのように変化するか、具体例をあげてみます。 例えば、「お問い合わせください」の「ください」は、「もらう」の丁寧語です。 そして、謙譲語は、丁寧語や尊敬語と意味合いが違い、自分の行動をへりくだってあらす言葉です。 自分が問い合わせる場合は、「問い合わせさせていただきます」「お問い合わせいたします」と謙譲語を使います。 例文 先日は商品カタログをお送りいただきありがとうございました。 合わせて、分析資料を見せていただけると、たいへん助かります。 発注の期限が近いため、本日中にお返事ただければ幸いです。 お手数をおかけしますが、ご回答をお待ちしております。 よろしくお願いいたします。 問い合わせありがとうございます 「お問い合わせありがとうございます」は、問い合わせを受ける立場のときに使います。 ビジネスの場面で、例えばカスタマーサービスやコールセンターなど、お客さまからの電話やメールを受ける場所では、頻繁につかうでしょう。 問い合わせをしてくれた相手に、感謝を伝える意味合いで使います。 以下に例文をあげましたので、ご参考になさってください。 ご質問などございましたら、ご遠慮なくお問い合わせください。 ご検討のほどよろしくお願い申し上げます。 「問い合わせ」と「連絡」の意味の違い ビジネスの場面で、頻繁に使う言葉に「連絡」もあります。 例えば、電話の会話で「折り返しご連絡いただけますか」と使い、メールの文章の最後には「それでは、ご連絡お待ちしています。 」などと書きます。 辞書によると「連絡」とは、関係の人に情報などを知らせるいう意味です。 それでは、「問い合わせ」と「連絡」の意味の違いはどういうところか、以下に、具体的に解説します。 連絡 「連絡」という言葉の意味について、使い方と合わせて考えてみましょう。 「連絡」する場合、相手に知らせる内容は、指示、報告、伝言、返答、質問など、さまざまなことに使えます。 例えば、報告の意味は、与えられた任務の結果などについて述べることで、答えは必要としていません。 「問い合わせ」に対しては、相手からの答えをのぞみますが、「連絡」は知らせるまででのことで、連絡後の結果は限定されず、さまざまででしょう。 「問い合わせ」の意味の類語 「問い合わせ」と似た意味の類語を辞書で調べると、うかがい、質問、問いかけ、発問 、借問 などがあります。 これら類語を「問い合わせ」に置き換えて、意味がとおる場合もありますが、微妙にニュアンスが変わります。 」などと、ピンポイントの回答を望まれているような印象を受けます。 一方、「問い合わせ」という言葉を使うときは、聞く内容を1つだけに絞り込まないイメージなので、答える側も、やや余裕も持たせた、包括的な回答ができるでしょう。 問い合わせという言葉のメリット さまざまに「問い合わせ」の意味を考えてみましたが、「問い合わせ」とは、間接的に電話や、手紙、メールなどの方法を使って、相手に聞きたいこと、知りたいことを尋ねる意味合いと言えるでしょう。 問い合わせるときも、問い合わせを受けるときも、丁寧語や謙譲語を正しく使い、相手に丁寧な印象を与える配慮が必要です。 また、「問い合わせ」と似た意味合いの類語と比べて、回答する側に、ゆとりを与えます。 つまり、ビジネス上の質問をする場合に、「問い合わせ」という言葉を選んで使うことで、必要以上に相手を追い詰めない、円滑なコミュニケーションが期待できるでしょう。 ドライバーの仕事情報を探す 現在転職先にトラックドライバーを考えている方は豊富なドライバー求人を案件を持つドライバーワークスへ!.

次の

「ご連絡させていただきました」は正しい敬語?電話やメールの類語は?

ご丁寧にご連絡いただきまして

上記では、相手から自分に対して連絡してきた場合に、相手の動作を敬う敬語として、「ご連絡」と表現することをご紹介しました。 では、反対に自分から相手に連絡をする場合は、どのような敬語を使えば良いのでしょうか? 自分が行う動作を敬語を使って敬う必要はないので、一見すると「連絡」が正しいように感じます。 ところが、敬語にはまた別のルールがあるのです。 自分から相手に連絡を入れる場合は、確かに連絡は自分が行う動作なのですが、その連絡を受け取るのは相手になります。 敬語には、相手に対して及ぼすものに関しては、「お」「ご」を付けることもあり、自分から相手に連絡を入れる場合も、「ご連絡致します」などと表現することが正しいと言われています。 「連絡有難うございます」は間違い? 結論から言えば、自分から連絡をする際も、相手から連絡を受け取った場合も、「ご連絡」と表現することが、敬語として正しいということになります。 では、「ご連絡」の後は、どのように言葉を続けていけば良いのでしょうか?今回は、相手から連絡を受け取った際の、お礼の伝え方についてご紹介していきます。 ・ご連絡有難うございました。 ・ご連絡を頂き、有難うございます。 ・早速のご連絡、有難うございます。 ・早々のご連絡、有難うございます。 ポイントとしては、「有難うございます」などの感謝の気持ちと共に用いることです。 返信や連絡の時間帯などによっては、「早速の」「早々の」といった言葉を付け加えることで、敬語としてより丁寧な印象を与えることができます。

次の

「わざわざ」「ご丁寧に」

ご丁寧にご連絡いただきまして

そんな識見はございませんが感じたままでよろしいでしょうか。 わざわざするといえば、本来はしなくてもよい事を特別するとか、 親切な行為への返礼があると思います。。 この辺では売ってないからわざわざOOデパートまで行った。 忘れ物をしてわざわざ家まで取りに戻った。 わざわざ家まで送っていただき有難うございました。 良くない意味では故意に、わざと、ことさらに わざわざ人の嫌がることを云わなくてもいいのにね。 御丁寧には、ご親切にの意味で使われているのかもしれませんが、 必要以上の事をやっていると云う風にも受け取れます。 そうなるといやみにかんじます。 質問者さんはそこに質問があると言う事は回答を要請されているのだから、 出来るだけの事をするのは当然と言う感覚でなさっているのだと思います。 わざわざしているわけでもなければ、ごが付くほど丁寧にやっている訳でもない。 とお感じになるのでしょう。 わざわざが回答全体にかかれば間違っていると思いますが、 URL等が添えられてあれば、わざわざお手間をかけまして、申し訳ない等の 気持ちが含まれているのかもしれません。 御丁寧にも、こんなに丁寧に回答していただき恐縮です。 と云う意味があるのかもしれません。 質問者さんと回答者さんの気持ちのずれもあり一概に言えない様な気がします。 回答になってなくてすみません。 今度はこの前と逆の立場で、回答をいただく番になりました ^^ >>>回答になってなくてすみません。 かなり参考になりました。 「わざわざURLまで貼っていただきありがとうございます。 」 という謝辞をいただくこともあります。 これは、謝意を適切に表現していると考えるべきなのかなと、今思い始めました。 >>>わざわざしているわけでもなければ、ごが付くほど丁寧にやっている訳でもない。 とお感じになるのでしょう。 私に関しては、確かにそれは言えます。 そのとおりです。 よくぞ見抜いてくださりました。 そこそこ丁寧には書いていても、「わざわざ」「ご丁寧」と言われるほどでもない、と何となく思っています。 もう一つ気づいたのは、口で言うのと、文字で書くのとの違いです。 ご回答の前半部分のおかげで気づきました。 口で言う場合、抑揚によって、謝意も表せるし、嫌味も表せますよね。 文字を見たとき、嫌味な抑揚に(先入観として)感じる癖が私自身にあるからなのかもしれません。 お二方が殆んど言い尽くしておられますが・・。 たまに、回答したこと自体に対して「わざわざご回答いただき~」というお礼がありますが、あれはおっしゃるとおり誤用でしょうね。 このような質問に・・という謙りの意図があるのかもしれませんが、どうも蛇足の感があります。 やはり、#2さんがおっしゃるように、不必要なことをしたという意味に受け取られてしまう。 「ご丁寧に」はおっしゃるように感謝の強調表現とお考えになって良いのではないでしょうか。 ただ、これも同様に、「回答したこと自体」に対して懸かるようだと、おっしゃるように不自然になりますよね。 あくまで「回答してもらった、その内容が丁寧である」という意図であることが前提になるのだと思います。 「ご丁寧に回答していただき~」の場合、「ご丁寧な内容にて回答していただき~」のように私は解釈しています。 Q 「わざわざ」は目上の方に失礼ですか? 先日、会社で電話を受けたときに、得意先から私の上司へのお礼の電話だったのですが、 その上司が会議中だったため、その旨伝えると、「先日お世話になったので、ありがとうございました、とお伝えください。 」と言われました。 そこで、つい「かしこまりました。 わざわざお電話いただきありがとうございます。 」 と言ってしまったのですが、これって間違いですか?? あと、普段も自分が取りに行くべきものを、目上の方が持ってきてくれたりすると、 「わざわざありがとうございます。 」と言ってしまいます。 これもおかしいですか? 電話の例だと、「ご丁寧にありがとうございました」などと言うべきなのでしょうか? 初歩的な質問でお恥ずかしいのですが、教えていただければと思います。 よろしくお願いします。 ですから、「ご丁寧に」との違いを考えたときは、「相手に対し不快感や迷惑な感情を持っていることを暗に強調したいときに使われる表現」だと言えます。 また、「ご丁寧なことに」を他の言葉で言い換えるなら、「慇懃無礼にも」とか「悪丁寧にも」と表現できます。 題目のそれぞれの用例ですが、 1)「あなた見て。 お孫さんの写真付きよ。 先日、お中元まで頂いたのに こちらは、いただくばかりで気が利かずに申し訳ないわ。 お孫さんの写真付きよ。 先日、お中元まで頂いたのに わざわざ写真なんか、孫の自慢がしたいのね。 」 1,2それぞれ で言葉を補いましたが、「ご丁寧に」と「ご丁寧なことに」では、同じ文章でも、そのぐらい印象が違います。 ご丁寧な「こと」とすると「余計なこと」といういう悪いイメージが付加されてしまいますので、使わない方が良いです。 他にも注意点があります。 そういった点からも、「ご丁寧に」にも、「ご丁寧なことに」ほどではないけれど、場合によっては悪いイメージを相手に持たれることがあるので、使うときは注意が必要です。 「ご丁寧に、ありがとうございます」と、省略せずに言った方が、誤解無く感謝の気持ちが伝わります。 ですから、「ご丁寧に」との違いを考えたときは、「相手に対し不快感や迷惑な感情を持っていることを... Q こんにちは。 ある方にお礼状を書きます。 その中で、連絡が迅速だったことに対しての御礼の一文を入れたいです。 」 です。 でも違和感が…。 「ご連絡をする」は謙譲表現ですよね。 そこにプラス「いただく」とするのはおかしいような気がします。 どうでしょうか? 他に候補として思い浮かんだのは 「迅速にご連絡いただき」 「迅速な(に)ご連絡をいただき」 「迅速にご連絡くださり」 「迅速な(に)ご連絡をくださり」 です。 過去ログで「くださる」と「いただく」の違いも見たのですが、いまいちわかりません。 どう書けばいいでしょうか? A ベストアンサー 二重敬語という言葉をご存知でしょうか? 一つの文の中で、一つの対象物に対して用いる敬語は一つでよい、というものです。 」の場合ですと、『ご連絡』と『いただき』が敬語に当たります。 ここはどちらか一つで良いのです。 で、次にどちらの敬語を残すか?が問題となってきます。 名詞の頭に「お」や「ご」は付けないのが、本来の敬語の在り方です。 」とするのが、作法にかなった敬語表現となります。 」くらいの簡潔な表現が好みです。 ただし、すでにテレビのアナウンサーや新聞、雑誌でさえ、二重敬語が当たり前のように使われるようになってきました。 (特に皇室報道では、三重敬語、四重敬語が頻出しています) 正しい敬語がすでに死語となりつつありますので、使うのは今のうちかもしれません。 Q 目上の方へのメールでの文章で、以下の中に問題点はありますでしょうか? また、より良いものはありますでしょうか? 質問をし、返答をいただき、それに対する返信という状況でのことです。 1 「在庫確認に時間がかかりますが、よろしいでしょうか?」と聞かれたので「在庫確認の件、承知いたしました。 」と返す 2 「お手数をお掛けしますが」という「お」が2連続する言い回し 3 相手の方から頂いたメールに対して、こちらからの返信の文章量が圧倒的に少ない 4 質問への返答に対し「~とのことで嬉しいです」または「~とのことで安心しました」(何かをしてほしいわけではないので「幸いです」も違う気がしています) 5 「残念ながら~です」と言う返答に対し「~は残念ですが、致し方ありません。 」または「~は残念ですが、承知いたしました。 」と返す 6 「お手数お掛けしますが」や「承知いたしました」といった表現が短いメールの中に繰り返し出てくる 敬語がどうにも苦手なので、書いているとどれも問題がある気がしてくるのですが、何処がどう違うと分かるわけでもないので教えていただけると幸いです。 目上の方へのメールでの文章で、以下の中に問題点はありますでしょうか? また、より良いものはありますでしょうか? 質問をし、返答をいただき、それに対する返信という状況でのことです。 1 「在庫確認に時間がかかりますが、よろしいでしょうか?」と聞かれたので「在庫確認の件、承知いたしました。 」と返す 2 「お手数をお掛けしますが」という「お」が2連続する言い回し 3 相手の方から頂いたメールに対して、こちらからの返信の文章量が圧倒的に少ない 4 質問への返答に対し「~とのことで嬉しいです... A ベストアンサー メールでの文章の考え方は、私の経験でも人によって色々有りますので、それを承知の上で、私の意見を述べさせて頂きます。 > 1 「在庫確認に時間がかかりますが、よろしいでしょうか?」 「在庫確認の件、承知致しました。 宜しくお願い申し上げます。 」 > 2 「お手数をお掛けしますが」 「お手数とは存じますが」 > 3 相手の方から頂いたメールに対して、こちらからの返信の文章量が圧倒的に少ない 必要な事がカバーされていれば、簡潔な方が望ましいです。 > 4 質問への返答に対し「~とのことで嬉しいです」または「~とのことで安心しました」(何かをしてほしいわけではないので「幸いです」も違う気がしています) なぜこの文章が必要なのか分かりません。 > 5 「残念ながら~です」と言う返答に対し「~は残念ですが、致し方ありません。 」または「~は残念ですが、承知いたしました。 」と返す これは内容にも拠りますが、「~は残念ですが、次の機会には宜しくお願い申し上げます」 > 6 「お手数お掛けしますが」や「承知いたしました」といった表現が短いメールの中に繰り返し出てくる それでは、機械的に返事を書いているような感じを受けます。 これを避けるには、返事を箇条書き煮にした方が良いでしょう。 ------例------ 挨拶文 XXXXXの件について、下記の通りご連絡申し上げます。 1.在庫確認の件、承知致しました。 宜しくお願い申し上げます。 2.お手数では御座いますが、XXXXXについて、YYYYYをお願い申し上げます。 3.~は残念ですが、次の機会には宜しくお願い申し上げます。 以上 ------------- 相手からの返信文章の状態が分かりませんが、ビジネス文書では、丁寧ながらも簡潔に表現する事が重要です。 長々、文章を書かれては、幾ら丁寧でも、要点が把握し難くなります。 メールでの文章の考え方は、私の経験でも人によって色々有りますので、それを承知の上で、私の意見を述べさせて頂きます。 > 1 「在庫確認に時間がかかりますが、よろしいでしょうか?」 「在庫確認の件、承知致しました。 宜しくお願い申し上げます。 」 > 2 「お手数をお掛けしますが」 「お手数とは存じますが」 > 3 相手の方から頂いたメールに対して、こちらからの返信の文章量が圧倒的に少ない 必要な事がカバーされていれば、簡潔な方が望ましいです。 > 4 質問への返答に対し「~とのことで嬉しいです」...

次の