エス エム エス 株価。 エス・エム・エス株価・株式情報|無料アナリストレポートの証券リサーチセンター

(株)エス・エム・エス【2175】:株主優待

エス エム エス 株価

QUICKレーティング QUICKレーティングは、証券会社や調査機関のアナリストなどが付与した投資判断の平均値です。 「買い」や「売り」といった投資判断をマイナス2からプラス2までの数値に変換し、平均を集計しています。 プラスが大きいほど、アナリストなどが強気にみているということを意味します。 五つ星はプラス2、星ゼロはマイナス2を意味しています。 五つ星の下にある矢印は、直近1カ月以内に星の増減があったがどうかを示しています。 アナリストは業績成長を予想しているからといって、必ずしも「買い」の投資判断(レーティング)をつけるわけではありません。 業績の成長が見込めたとしても、すでに株価がその成長を織り込み、割高な水準まで上昇していれば「売り」をつけるでしょう。 一方、業績が低迷していても、その低迷を織り込んで割安と思える水準まで株価が下がれば、逆に「買い」の判断を掲げることもあります。 調査担当のアナリストがいない場合は算出対象ではありません。 算出には直近6カ月以内のデータを採用しています。 QUICKコンセンサス QUICKコンセンサスは、証券会社や調査機関のアナリストなどによる上場企業の業績予想の平均値(コンセンサス)です。 QUICKが独自に算出しています。 QUICKレーティングは、証券会社や調査機関のアナリストなどが付与した投資判断の平均値です。 「買い」や「売り」といった投資判断をマイナス2からプラス2までの数値に変換し、平均を集計しています。 プラスが大きいほど、アナリストなどが強気にみているということを意味します。 調査担当のアナリストがいない場合は、コンセンサスは算出対象ではありません。 企業が業績予想を修正した際、新たなアナリスト予想が収録されるまでは、参考値として業績予想修正前の値が表示されます。 日本経済新聞の記者や会社側の予想値ではありません。 なお、コンセンサス予想の算出には直近6カ月以内のデータを採用しています。 QUICKコンセンサスと会社側の会計基準は必ずしも一致しない場合があります。 また、決算期変更などのケースを含めて更新タイミングがずれる可能性があります。

次の

会社情報

エス エム エス 株価

エス・エム・エスとはどんな会社? エスエムエスは高齢化社会に特化した総合情報サイトを主力で運営している企業です。 東証一部上場企業で従業員数は2,000名を超えており、近年急成長しています。 エス・エム・エスのホームページには下記のように事業内容の説明があります。 エス・エム・エスは、企業理念に基づいてさまざまな事業を展開しています。 高齢社会を介護、医療、キャリア、ヘルスケア、シニアライフ、海外と捉え、情報が価値を生み出すサービスを多数開発、育成、運営しています。 その結果、2003年の創業以来、40を超えるサービスを開発・運営しています。 ますます加速する高齢社会に対して、皆さまに役立つサービスを多数開発、育成、運営していくことで、大きな価値を創造し、社会に貢献し続けていきたいと考えています。 参照:エス・エム・エス より 主にWEBサービスやアプリを中心に事業を展開しています。 主力は人材派遣ですが、他にも• 住宅情報• 経営情報• 経営支援• コミュニティ運営 など多様なサービスを展開しています。 日本の社会問題として大きい 「少子高齢化」という問題を解決していこう!という企業ですね。 東証一部企業でありながら、積極的なサービス展開を次々と実施しているので、どちらかというとリクルートのようなメガベンチャーという性質を持ちます。 それでは具体的に株価の推移をみていきましょう。 株価は上場以来右肩上がり!業績を確認してみる 株価は上場以来右肩上がりで伸びています。 具体的に株価チャートを見てみましょう。 ・1年間株価チャート ・10年間株価チャート 株価が右肩上がりで順調に伸びていることがわかります。 これは業績が好調であることが主な要因です。 業績を具体的に見てみましょう。 36 27. 93 33. 75 38. 72 48. 51 【貸借対照表】 百万円 2015年3月期 2016年3月期 2017年3月期 2018年3月期 2019年3月期 総資産合計 11,421 41,689 43,231 46,087 47,467 流動資産 7,363 12,175 15,235 17,759 20,123 固定資産 4,058 29,514 27,996 28,328 27,344 負債合計 4,497 28,532 21,648 22,446 31,928 流動負債 4,394 25,914 8,910 10,400 11,891 固定負債 103 2,617 12,737 12,046 20,037 純資産合計 6,923 13,157 21,583 23,641 15,539 1株当たり純資産(円) 84. 02 105. 52 197. 38 221. 72 176. 55 ITサービスを主体としている企業なので、 売上原価が低く、利益率が高いという特徴があります。 売上高利益率・・88. 経常利益率・・19. この成長性が株式市場では高く評価されています。 PERは 連 49. 72倍、PBRは 連 15. 32倍 となっており、かなり割高です。 しかしながら、業績は順調に伸びているので、個人的には納得できる数値かなぁと思います。 配当や株主優待はどうなっている? エス・エム・エスの配当は利益水準からみるとやや少なめです。 現在は海外事業や新規事業展開など多角的に事業を展開しているため、先に成長への投資に回そうという意図です。 業績も拡大しているため、この選択肢は正しいものでしょう。 しばらくは事業への投資を優先にして配当は後回しでも問題なさそうです。 そういった事情もあり 、株主優待は贈呈していません。 今後もしばらくは株主優待の導入は考えにくいですね。 エス・エム・エスの株価は今後も期待できる! エス・エム・エスの株価は 伸びしろ大きく、今後も期待ができます。 理由は下記の3つです。 市場規模が大きく、今後も伸びていく分野である• 事業のベースがITサービスなので、在庫を持たず利益率が高い• 新規事業や海外展開で成長余地が大きい 具体的に見てみましょう。 市場規模が大きく、今後も伸びていく分野である エス・エム・エスが取り扱うヘルスケアという分野は市場規模が大きい分野です。 下記の表をご覧ください <国立社会保障・人口問題研究所「日本の地域別将来推計人口(平成30年推計)」より これは日本の人口比率の表です。 この表を見てわかる通り 今後介護・ヘルスケア部門の需要が大きくなっていきます。 福祉施設の人材確保• ITソリューションによる効率化• 介護施設の経営統合による効率化 などは必須であり、そこに対するソリューションを提供しているエス・エム・エスは今後も業績が拡大していくと考えられます。 事業のベースがITサービスで利益率が高い エス・エム・エスは事業のベースが ITサービスなので、利益率が高いです。 さらにストック性が高く、今後も順調に利益が伸びていく可能性が高いです。 在庫をほぼ持たないビジネスモデルのため、リスクが低く、今後も高い成長性が見込まれます。 新規事業や海外展開を積極的に展開しているため、成長余地が大きい エス・エム・エスは新規事業や海外展開を積極的に展開しています。 40以上のサービスを展開していることもあり、「ヘルスケア業界のリクルート」のような立ち位置にあります。 今後も• 新規ITサービス SaaSなど• 海外ヘルスケア部門の開拓 などを展開してく予定のため 成長余地が大きいです。 確実に需要がある分野のため、今後も期待できる銘柄になるのは間違いなしでしょう。

次の

エス・エム・エス(2175)の株価チャート/業種・事業の概要

エス エム エス 株価

みんかぶ予想株価は「2,645円で【買い】と評価されています。 みんかぶ予想株価は、プロの証券アナリスト、個人投資家予想、株価診断(業績診断)それぞれから総合的に算出している予想株価です 【ご注意】『みんなの株式』における「買い」「売り」の情報はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。 また、東京証券取引所、名古屋証券取引所、China Investment Information Services、NASDAQ OMX、CME Group Inc. 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 『みんなの株式』に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。 これらの情報には将来的な業績や出来事に関する予想が含まれていることがありますが、それらの記述はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。 これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。 投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 個別の投稿が金融商品取引法等に違反しているとご判断される場合には「」から、同委員会へ情報の提供を行ってください。 また、『みんなの株式』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。

次の