杉並 産婦人科。 東京都杉並区周辺の口コミでおすすめ産婦人科15選!女医がいる産婦人科、土曜や日曜日、夜間に診療している産婦人科はどこ?

東京都杉並区周辺の口コミでおすすめ産婦人科15選!女医がいる産婦人科、土曜や日曜日、夜間に診療している産婦人科はどこ?

杉並 産婦人科

家から近い総合病院を探し、口コミを見て決めました。 待ち時間含めて1時間〜2時間ほどかかります。 (総合病院はどこもそのくらいかと思いますが) 9時台が比較的空いているので、行ける方は早めの時間を予約するといいと思います。 とても不安でしたが、術前から術中もずっと助産師さんたちが声かけをしてくれたのでとても心強かったです。 赤ちゃんが出るまでは15分くらい、トータル1時間くらいでした。 母乳についても母乳育児を強いることはなく、完母でも混合でもママたちの希望に沿った方法を一緒に考えてくれます。 完母といっても、母乳があまり出ないうちはミルクで保管して、だんだん完母にしましょう、という流れで教えてくれるので、最初から完母希望の人は合わないかもしれません。 声かけも多くしていただいてとても嬉しかったです。 時に雑談もしたりして、入院生活が楽しく過ごせました。 また、先生やスタッフの皆さんがとても仲が良さそうなのも雰囲気が良い理由かなと思いました。 病室、シャワー室やトイレもとても綺麗です。 また、他の口コミにもありますが、食事が本当に豪華で美味しいです!毎回お祝い膳なのではと思うほど。 毎日毎日食事がとても楽しみでした。 初産でお世話になり、とても満足できました。 出産費用は自己負担が約20万円でした 入院7日間、吸引分娩。 妊婦健診はいつも混んでいましたが、待合室の椅子に座れないということはありませんでした。 朝イチの予約が待ち時間がなくおすすめです。 後の方はどうしても診察が押すので待ち時間が長くなります。 先生やスタッフの方は皆話しやすい感じで良かったです。 入院時はアメニティが充実していて、自分で用意するのはスキンケア用品と下着くらいだったので入院準備がとても楽でした。 トコちゃんベルトももらえます。 病棟は4人部屋3室、個室たしか2室、LDR3室あり、妊婦さんと産後のママの部屋は分けられていました。 大部屋では各自、常にカーテンを閉めているため無理して会話する必要もなく、赤ちゃんの夜泣きなども皆あったので思ったほど気にせずに済みました。 スタッフと患者の距離が近く、困っていないか声をかけてくれたり、授乳室でも様子を見てアドバイスをしてくれて助かりました。 授乳は母乳の後にミルクを足していましたが、希望に応じて対応してくれます。 また、完全母子同室ですが、ゆっくり休みたいときは時間を問わず預かってくれます。 眠れてますか?ちょっと預かりましょうか?などと声をかけてくれますし、赤ちゃんが泣き止まず困ったときも助けてくれて嬉しかったです。 設備面では、食事は美味しかったですし、シャワー室は2室あり、空いていれば使えます。 入院中に膝下のオイルマッサージが1回無料で受けられます。 家からの利便性で決めました。 2人目の出産でお世話になりました。 1人目の病院と比べると、どちらも総合病院なのですが、荻窪病院の方が断然良かった! 出産費用から食事、入院時の生活や助産師さん達の対応すべて満足する内容でした。 まず、経産婦ってこともありましたが18万円ほどで済みました。 病院食に関しては、総合病院でありながらまぁまぁおいしかったです。 入院時の生活では、シャワーは使用していい時間帯が決まってますが、(9時〜18時)二箇所あり、空いていれば使えます。 1人目の病院では、予約制でしたので、毎日予約を取らなくちゃいけなかったのが面倒くさかった。 それから、入院時のアメニティー(産褥ショーツやトコちゃんベルトやシャンプーリンスハミガキコップなどなど)が大満足でした!赤ちゃんの退院時の洋服ぐらいを用意すればいいほどの充実ぶりでした。 私の中での1番嬉しかったことは、入院中の助産師さん達の私達へのケア(気遣い)がものすごく良くて、どの助産師さんもフレンドリーに優しくいつも声をかけてくれて、すごく頼もしかったです。 経産婦の私が言うくらいだから、初産婦さんにとってもどれほど心強いことかと思います。 その時ここの病院で産めてよかったって思いました。 もし、また出産することがこの先あるのならば、荻窪病院で出産がいいなぁって思ってます。 自宅と勤務先の間にあり、母子同室の総合病院を検索して、こちらの病院に決めました。 逆子が元に戻らず帝王切開でしたが、担当の産科の先生はもちろんのこと、麻酔科の先生や手術室の看護師さんたちもとても親切でした。 赤ちゃんが小さかったため、私は叶いませんでしたが、条件を満たせば、帝王切開の場合も術後の母子触れ合いなどバースプランを聞いてもらえます。 大部屋の場合、経膣分娩の方と同部屋なので、その点は少し辛かったです。 後陣痛の痛みもきつかったですが、看護師さんや薬剤師さんが小まめに様子を聞いてくれたので、助かりました。 食事はとても豪華で美味しかったです。 また1回無料で受けられる膝下のマッサージがとても気持ちよく、浮腫んでいた足が一気にもとに戻って大変感激しました。 母乳指導も昼夜問わず行って頂けますが、産後すぐは母乳+ミルクを足すスタイルが基本なので、出生直後から完全母乳を希望する方には向かないと思います。 また大部屋に中学生未満のお子さんは入室出来ず、母親とはデイルーム(狭いです)での面会になること、また赤ちゃんとは新生児室での窓越し面会になってしまうため、上のお子さんがいらっしゃる方は要注意かなと思いました。 それ以外はとてもいい病院だと思います。 9年前に1人目出産がこちらの病院でした。 今回2人目を授かり、自宅からも近く上の子と同じ病院で出産をしたかったので、今回もお世話になりました。 9年前とはガラリと変わっていて、別館が出来ていて産科はそちらになっていました。 とても綺麗で、設備も最新?になっており感動しました。 先生や看護師さんや受付の方、皆様とても感じが良かったです。 出産の際にもLDRが出来ており、前回は陣痛室ですぐ隣に人がいると思うと気が気でなく、いよいよ分娩の時には、分娩室に移動しなければならなかったのがしんどかったのですが、今回は陣痛からお産まで個室で移動する必要がなく、気持ちも体もとても楽でした。 陣痛のときにも、助産師さんがアロマを焚いてくださったり、腰や足をマッサージして下さったり、励ましてくださったりと、前回のお産とは比べ物にならないほどよかったです。 産後も、色々とアドバイスを下さったり、母乳・授乳の事など相談しやすく、基本母子同室ですがしんどい時には赤ちゃんを預かってくれました。 食事も美味しくなってました。 自宅から1番近い産院だったのでここに決めました。 LDRという広い個室が3室あり、陣痛から分娩までを同じ場所で行なえます。 一人目を別の産院で産んだ時は大部屋の陣痛室で過ごしていましたが、個室はリラックス出来るのでとても居心地が良かったです。 今回は出産のタイミング的に家族は立ち会いが出来ず、一人で臨んだお産でした。 陣痛がピークになってきた時から助産師さんがそばに付いててくれ、いきみ逃しをやってくれました。 それが本当に心強くて無事にお産を終えられました。 産後も辛いときには赤ちゃんを預かってくれたり、授乳のアドバイスをしてくれたりとスタッフの皆さんは親近感があって相談しやすい雰囲気です。 シャワールーム等も新しいのでとてもキレイです。 入院中にフットマッサージを一回受ける事が出来ます。 総合病院の中にある産婦人科です。 産科は予約制で曜日で先生が固定されており、毎回同じ先生に診てもらうシステムです。 女医さんが2名ほどいて、その曜日を選択すれば女医さんに診てもらえます。 だだし人気が高いので混んでいる可能性が高いです。 先生やスタッフの方々は感じの良い話しやすい方たちだと思います。 健診代については妊娠中に必要な検査が毎回のようにあるため、初期から中期にかけては区の補助券使用で1万・2万円とかなり払いました…。 分娩費用は大部屋 7人部屋・狭い で普通分娩約53万円・帝王切開約50万円です。 最近では病院の方針で、「病院スタッフと妊婦さんの信頼やコミュニケーションを高めるため、当院で出産しない方は受診をお断りさせていただきます。 12週までに分娩手続きをお願いします。 」となりました。 里帰り出産予定で妊婦健診のみで通院はできなくなったようですので注意してください。

次の

赤川クリニックのご紹介 | 杉並区荻窪の産婦人科 赤川クリニック

杉並 産婦人科

治療方針 診療スタッフは慈恵医大ならびに杏林大学から常勤医7名と杏林大を中心とした非常勤医師で対応しており、地域の中核病院として広く産婦人科全般の疾患の診断・治療、良性腫瘍に対する開腹ならびに腹腔鏡手術ならびに婦人科悪性腫瘍手術(子宮頚癌・子宮体癌・卵巣癌など)・化学療法に至るまで最良の医療を提供できるように診療にあたっております。 臨床研修指定病院でもあり、研修医の教育、看護学校生の受入れ、教育にも重点を置いております。 診療疾患 婦人科 悪性腫瘍 当院はJGOG(NPO日本婦人科悪性腫瘍研究機構)登録認定施設であり、とくに悪性腫瘍の治療を積極的に行っております。 臨床腫瘍ならびに婦人科腫瘍専門医である木村英三・鈴木 淳を中心に各種診療ガイドラインに沿い、手術療法、化学療法など病期に応じて適切な標準治療法を施行しております。 再発癌に対しても積極的に手術療法、化学療法を行っております。 国内外の婦人科腫瘍グループと常に交信をとり、最新のエビデンスに基づいた治療法を取り入れております。 手術待ち期間は約一か月で大学病院などに比べると早期に根治手術が可能です。 また臨床試験治療(一般の治療とは異なりJGOGなどのプロトコール(試験治療計画)に沿って全国、時には世界共通の治療)に参加することも可能です。 化学療法に関しては入院治療はもちろんですが外来化学療法も積極的に行っております。 セカンドオピニオンを含め悪性腫瘍の治療法でご不明な点は是非、ご相談ください。 腹腔鏡手術及び膣式手術を積極的に行っています 良性疾患 子宮筋腫、子宮内膜症、卵巣嚢腫、子宮外妊娠、卵巣出血、卵巣嚢腫茎捻転などの良性疾患に対しては保存的治療はもちろんですが手術療法を積極的に行っております。 腹腔鏡手術は卵巣嚢腫、子宮内膜症、子宮外妊娠、不妊症検査などに関して、手術までの待ち期間も短く早期に行えます(臍部の術創一つだけの単孔式腹腔鏡手術も行っております)。 開腹手術は横切開法も実施しており、お腹の下のほうを横に切開するので術創が目立たず好評です。 また、子宮下垂、子宮脱など症例により腟式手術も行っており、患者さんの希望に沿った負担を少なく根治する手術方法を選択しております。 女性健康外来について 女性特有の症状で悩んでいる方のための、女性の心と体の健康サポートのための外来です。 例えば・・・ *思春期の月経異常や月経痛で悩んでいる女性(思春期外来) *更年期特有の症状で悩んでいる女性(更年期外来) *避妊相談、低用量ピルについてしりたい女性(ピル外来)など 対象者・・・ 15歳以上であればどなたでも診療いたします (希望でのがん検診は健診センターでのご予約をお願いいたします) 当院で対応困難な専門的な治療を必要とする場合や、将来的にお住まいや職場お近くの医療機関の受診を希望される場合は紹介状を作成いたします。 何科に相談したらよいかわからない、といった場合などもお気軽にご相談ください。 お一人お一人よりじっくりお話を聞くために、受診は完全予約制とさせていただきます。 その他 婦人科疾患全般(膣炎・不正性器出血・月経不順・月経困難症(生理痛)・帯下(おりもの)・更年期障害・ヘルペス感染症・カンジダ感染症など)には専門知識をもって適切に対応いたします。 また、当院健診センターに出向し、婦人科人間ドッグならびに公的な区(中野区・杉並区・新宿区等)の子宮癌検診などについても診療を行っております。 産科 新型コロナウィルスの対応:里帰り分娩について 現在、新型コロナウィルスが蔓延している状況もあり、移動は感染のリスクをともないます。 里帰り分娩をご希望の方は、早めに紹介元医療機関より下記の手順で手続きをお願いいたします。 1.紹介元医療機関より当院の医療連携室宛てに電話連絡をいただく 2.下記の情報提供書をダウンロードし紹介元医療機関が記入する。 保険証のコピーと一緒に郵送またはFAXをしていただく 注:必ず患者氏名・旧姓・ふりがな・連絡のつく電話番号2か所と紹介元医療機関のFAX番号記入をお願いいたします 可否について後日当院より紹介元医療機関にご連絡いたします。 【受付時間】 ・医療機関からのみの受付 ・受付時間:平日 月〜金 9:00〜17:00/土曜日 9:00〜14:00 ・電話 03-5340-5104 連携室直通 FAX 03-6382-4460 連携室直通 新型コロナウィルスの対応:分娩について 2020年3月以降、新型コロナウィルス感染症の蔓延のため、分娩の立会い、面会を一切中止しております。 緊急帝王切開になる場合はご家族に連絡し、来院して頂きます。 ご不明点やご不安なことがありましたら、妊婦健診や助産師外来時に医師、または助産師までご相談下さい。 当院への里帰り分娩ご希望の方は、妊娠16週までに前医の紹介状・検査結果をご持参のうえ、来院してください。 (海外から来院する方も同様にお願いいたします)当院で妊婦健診を行っていて他院へ里帰りする方は、土曜日の妊婦健診では診察できません。 平日の妊婦健診の枠でご予約ください。 産科では妊娠の成立から出産にいたるまで、医師のみでなく、看護師,助産師によるきめ細かい相談、指導を行い、医療スタッフ全員でサポートをいたします。 マタニティクラスの年間予定表は当科外来にございますのでお申し付けください。 受講は随時受け付けており、受講料は1,100円です。 新型コロナウィルス感染症の拡大予防のため、定員数・時間・内容の一部を変更、開催日を第一木曜日、第三木曜日と増やして行っていきます。 【マタニティクラスの注意事項】 ・受講の前に体温測定を実施しております。 発熱などの症状がある場合は受講をお控えください。 ・各自マスク着用、手指消毒、密での歓談を避ける等、感染予防対策にご協力ください。 ・当日受付時、ご連絡先を確認させていただきます。 妊娠前半期(おおよそ妊娠14週まで)は、超音波検査を基本として、婦人科で診察を行います。 妊娠中期・後期は、産科健診ブースで診察を行い、超音波検査、胎児心拍数検査を適時行い、出産準備クラスとあわせて、妊娠中の母体と胎児の健康管理、合併症の予防と治療を行っています。 妊婦健診は完全予約制です。 分娩方法は自然分娩(経腟分娩)を基本としていますが、既往に帝王切開・子宮筋腫核出術等、子宮の手術をされている方、骨盤位(逆子)の場合は原則、帝王切開での分娩となります。 また、微弱陣痛あるいは40週(予定日)を超えた場合は分娩誘発による分娩の促進を考慮いたします。 当院では36週以降2000g以上の新生児でないと管理できません。 それ以前の破水や早産になりそうで、早くからの管理が必要な妊婦さんは管理可能な病院へ紹介または母体搬送となりますのでご了承ください。 また、胎児の異常が疑われる場合や、母体の合併症 内科、精神科など 、前置胎盤、双胎妊娠などリスクがある方も状況により管理可能な病院へ紹介となります。 出生前診断としてクアトロ検査(採血)ならびに羊水染色体検査を行っております。 詳しくは産婦人科窓口までお問い合わせください。 無痛分娩は行っておりません。 当院で健診を受けられる方は、より安心して妊娠生活をお送りいただけるよう、また出生後間もなく治療を必要とする疾患がないかを調べ、適切な管理を行っていくために、妊娠20週および30週前後で通常健診より細かく超音波検査でスクリーニングを行っております。 詳細な評価が必要と判断した場合は、胎児超音波外来で精査をお受けいただく場合がございます。 祝い膳 新しいご家族の誕生を祝福して「お祝い膳」をご用意しております。 お産の疲れを少しでも癒していただけたらと季節感を大切にし、バランスを考えたお食事を夕食としてお出ししています。 個室限定プレゼント 産科有料個室をご利用になる方に、ささやかですが、プレゼントをご用意させていただきました。 育児関連• お産後のお母さんを対象に母乳や育児についてのご相談をお受けする、母乳育児相談室を開設しております。 母乳や育児のことで困ったことや不安なことがありましたら、是非 お気軽にご利用下さい。 当院以外で出産された方のご相談も受け付けております。 詳しくは 下記の母乳育児相談室のご案内をご覧ください。

次の

荻窪病院(東京都杉並区)の産婦人科の口コミ・評判|ベビーカレンダー

杉並 産婦人科

先生お一人で診察されているということと、自然な出産を推進されていること、食事が美味しいという口コミを見てこちらの産院に決めました。 先生は寡黙な方でしたが、毎回診察の度に『何か聞いておきたいことは?』と確認して下さり診察もゆっくりとした気持ちで受けられました。 お産を通して感じたことは、先生と助産師さん達が本当にお産に対して真摯に向き合っているクリニックだなぁということ。 陣痛促進の為によもぎ蒸しを使ったりあの手この手でお産を進めて行く過程は恐らく総合病院では出来ない事かと思います。 助産師さん一人一人考え方の違いを感じましたが、こちらが大きな混乱をすることもない程度でした。 もしまた赤ちゃんを授かる事が出来れば、こちらにお世話になりたいと思っています。 雰囲気と先生が信頼できたので。 総合病院はもともと考えておらず、助産院では万一の時不安だったので個人病院で探して、自然なお産を推進していて、それでも無理をしない(何かあれば医術も使う)という考え方が自分にあっていると思い決めました。 先生は寡黙な方ですが、こちらが心配になるような余計なことを言わないでいてくれるので、ゆったりとしたマタニティライフを過ごせました。 助産師の皆さんはお忙しそうで、ゆっくりお話をしたりはできませんでしたし、一人一人なかなか考え方が違うようにお見受けしました。 入院中夜間の当直の助産師さんは非常勤の方もいて、お産でその方に当たると、病院ではなかなか会えないので、助産師さんとも信頼関係を築きたい方は一考の余地有りかもしれません。 食事がとにかくびっくりするほど美味しくて、産後貧血で吐き気がしてたのにもりもり食べられました。 前評判は聞いていたのにここまでおいしいとは!という美味しさです。 お部屋はかなり広くゆったりですが、基本家族だけで過ごす、という方針なのでお見舞いの方が座ったりできる椅子などはないです。 家族の宿泊もオッケーなので父母子供で川の字で寝られたのはいい思い出です。 この病院で上の子も下の子も産みました。 この病院にしたきっかけは、母子同室の個室で、先生お一人でやってらっしゃるので総合病院みたいにお産のとき担当の先生じゃないって可能性がなく、HPで入院中の食事が美味しそうっていう点でした。 人気がある産院で、妊婦健診の時間予約がないので待ち時間も長いですが、ネットで自分は何番目の診察か、今何番の人が診察中かがわかるので、自分の番が近くなってから行けばいいという形です。 1人目のとき、先生が厳しくて無愛想な感じが気になりましたが、産院で行なっている母親学級を受けたときの先生からのお話で厳しいのはお腹の赤ちゃんのためで、無愛想なのもご自分で理解していて直そうとしているっていう意外とお茶目な部分もあるのを知ってから、先生に質問もしやすくなりました。 お産のバースプランもいろんな要望を聞いてくれますし、入院中の食事は毎回楽しみになるくらい美味しい食事です。 個室で母子同室なので、退院後も赤ちゃんとの生活に適応しやすかったです。 助産師さんは何人もいらっしゃいますので、人によって合う合わないがあるかと思いますが、基本的に質問は何でもどうぞって感じですし、入院中に様々なおっぱいのあげ方を教わったので役に立ちました。 母乳相談も退院後行なっているので母乳トラブルがあっても対応してくれます。 1人目の入院中が大変良かったので、2人目も産むときにはこちらにお世話になろうと決めてました。 今回2人目を出産しましたが、赤川クリニックにお世話になってやはり良かったなって思いました。 先生は妊娠中はとても厳しく素っ気なく感じてしまいますが、出産後は人が変わったかのように優しいです。 今まではなかった暖かい言葉、とびきりの笑顔にビックリしてしまう程一緒に出産を喜んでくれて、産んでからあの時のキツイ言葉は自分と赤ちゃんの為だったんだなと思いました。 とても信頼できる先生です。 しかし、助産師さんは当たり外れがかなりあります。 産むタイミングでどの助産師さんが担当になるかなのかもしれませんが、私が産んだときの助産師のおばさんは最悪でした。 天然ボケなのかなんなのか空気が全く読めない人で、話が全く通じない為会話が成立せず、質問しても質問した内容と全く違うことを返され、さらに仕事が全く出来ず相手にするだけでかなり疲れました。 陣痛中にこっちが必死になってるのに全く関係ない自分のどうでもいい話をしてきたりでイライラはMAX。 さすがに陣痛が1分間隔になってきての「私の友達が飼ってる犬がね〜…」と言われた時には「ちょっと黙ってて下さい!」と言ってしまいました。 他にも愛想がなく感じの悪い人数名、ベラベラおしゃべりでしゃしゃりがちでうるさい人などあまり助産師さんに好感を持てる方はいませんでした。 全体的に混んでて忙しい病院だけあって助産師さんは皆忙しさからか対応が義務的な感じで素っ気ないです。 次産む時も先生にはお願いしたいのですが、妊婦健診、出産、入院とお世話になる時間が多いのは助産師さんの方で…その事を考えると悩ましいです。 友人の紹介でこちらでお産をしたいなと旦那と話し合ったうえでこちらに決めさせていただきました。 予め医院へ電話をし、予定日の空き状況を確認したうえで紹介状を持って初診で訪れました。 人気医院のようで院内はすごく混んでおり、やっと呼ばれたのは2. 5h後。 もちろんそのことに関しては仕方がないことだと思います。 しかし、その後助産師さんがいらっしゃり、一言「予定日は予約が埋まっているのでお産はできません」とのことでした。 電話で伺ったときはあいているとのことでしたが?と聞きましたが「その時は空いていましたが今はいっぱいですので」と・・。 そうゆうことなら仕方ないです。 でも2. 5h待たなくても紹介状を渡した時点で確認してくれればよかったんじゃないか、予約の確認をして教えてくれてもよかったのでは?と思い、そのことを助産師さんに伝えると 「ばたばたしていてそれどころではなかった。 2h程度の待ち時間でイライラされるなら大きい病院へ行かれたほうがいいですよ」とのことでした。 おっしゃることはわかりますがまずは謝罪じゃないでしょうか・・・ 2. 5h待たされたことよりも彼女の態度が本当に悲しく、期待していたばかりに泣いてしまいました。 人気の医院なのできっといい病院なのだと思います。 ただちょっと対応に疑問を感じたので書かせて頂きました。 参考までに とても人気の個人病院です。 ゆえにいつも大変混雑していますが、最近携帯で予約をして混雑状況を確認することができるようになったので、体調がつらいときに長時間待合室にいなくてすむようになっています。 わたしは病院が苦手で、いわゆる大病院で管理されて出産するというスタイルに抵抗があり、こちらを選びました。 ナチュラルなお産がしたいけど、助産院では不安だったりする方にちょうどいいところではないでしょうか。 先生は淡々とした調子の、こだわりがあるちょっと変わり者?ですが、とても真摯に妊婦と赤ちゃんのことを考えてくれている、志の高い方です。 検診では4Dのエコーを見せてくれて、写真もくれます。 夫と一緒に妊娠中から支えあうことを推進していて、ほとんどの人が立会い出産だと思います。 母親学級も義務ではないのに、夫の参加率100%でした。 出産はフリースタイルです。 当日色々試して、好きな姿勢をとれます。 わたしはバースツールという木の椅子に座るのが一番いきみやすかったので、ぎりぎりまでそこでいきみ、最終的には分娩台の上で、お医者さんたちが見えやすい姿勢で生みました(わたしは仰向けでしたが、ほかの姿勢でも可だと思います)。 入院は4泊5日で、母子同室です。 母乳推奨です。 食事がものすごくおいしくて、退院したくありませんでした。 入院中にオイルのマッサージもあります。 入院の部屋はすべて個室で6部屋だけなので、タイミングによっては、いっぱいで診察の部屋にとりあえず入院させられることもあるとか…。 分娩が重なると、入院する部屋で生むこともあるそうです。 検診も出産入院も、混んでいるからといって邪険にされることはありませんが、やはり気を使います。 人気に人手や設備がおいついていない感じをうけました。 すいていればもっといいのにと思いますが、こればかりは仕方ありません。 全体的に満足のいくお産ができてよかったです。 おすすめです。

次の