水 本 ゆかり エロ。 着エロ情報交換所

【中井ゆかり】リアル中学生のTバックと極小ビキニにポロリのハプニング【画像】

水 本 ゆかり エロ

ど、どうしましょう……」 凛「ど、どうしようって聞かれても……。 お、男の人がこういうのを読むのは普通らしいし、見なかったことにして、元の場所に戻して来たら?」 ゆかり「そ、そうですよね。 Pさんも男の人ですもんね……。 ちょっと待って」 ゆかり「ナースものとか、スチュワーデスもの、アナウンサーもの、婦人警官ものに、保母さんもの。 弓道少女に陶芸家、漫画家、文学少女、ゲーマー、アスリート、ダンサー、バレリーナまでありますね」 凛「多過ぎでしょ!」 ゆかり「その他にも、方言っ娘、眼鏡っ娘、ヤンキー系、ガテン系に、スピリチュアル系、ホラー系、時代劇系、神話系、セカイ系、 さらには、パン屋、パティシエ、チャイナ服、ロシアっ娘をはじめとした異国美少女、あと眼鏡系やサンタクロースなんかもあります」 凛「普通に内容が気になるのもあるんだけど!? どんなジャンルっ? ていうか眼鏡っ娘と眼鏡系が別枠にあったのは、ただのミスだよね? 無機物はさすがにないよね?」 ゆかり「少しジャンルに偏りが見られる気がしたので、お嬢様モノを用意してみました」 凛「偏ってない。 全く偏ってないよ。 その物量とバラエティー豊かな品揃えの理由が分かった気がするよ」 ゆかり「凛さんも何か足しますか?」 凛「当然のように聞いてくるこの娘が怖い。 ナチュラルに怖い。 すっげ。 随分溜まったなー。 ていうか、いつの間にか、また増えてるよ」 森久保乃々「ベッドの下、パンパンじゃないですか……。 いい加減処分した方がいいと思うんですけど……」 P「まぁなー。 バラエティーに富んでるのはいいけど、さすがにニッチ過ぎてなー。 逆に実用性に欠けるっていうか」 乃々「じ、実用って……」 乃々「あ。 け、けど、これなんてもりくぼオススメですよ。 縄の扱い方についても詳しく解説されていますし……」 P「却下」 乃々「えーっ……」 P「却下」 乃々「……なるほど、ハウツー本なんかには頼らない。 実践派というわけですね。 レスなんですけど」 P「レスゆーなや。 人聞きの悪い」 乃々「美味しそうなもりくぼがすぐ近くにいるのに、えっちな本にばかり鼻の下を伸ばす……Pさんは不健全なんですけど……」 P「伸ばしてねーよ。 このお魚大図鑑かなぁ?」 乃々「七海さんとは縁を切って下さい。 今すぐに。 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします• 2016年10月26日 12:16• 昨夜素人もの 花屋の看板娘編 見た俺にはタイムリーなSS• 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします• 2016年10月26日 12:17• ワロタw• 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします• 2016年10月26日 12:21• 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします• 2016年10月26日 12:22• セカイ系はさすがに草、内容が気になるから誰か作ってください!• 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします• 2016年10月26日 12:27• ちょくちょく複数人共通で置いていきそうなのもあるから困るw• 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします• 2016年10月26日 12:46• 逆にデレマスアイドルと被らないジャンルのエロ本ってなんだ?• 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします• 2016年10月26日 12:49• 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします• 2016年10月26日 13:25• 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします• 2016年10月26日 13:26• うどん職人モノが入ってないやん!• 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします• 2016年10月26日 13:33• 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします• 2016年10月26日 13:36• 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします• 2016年10月26日 13:39• 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします• 2016年10月26日 14:06• バレーボールが居ない気がする。 誰かいたっけ?• 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします• 2016年10月26日 14:09• バレーはかな子のイメージ• 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします• 2016年10月26日 15:01• 銀髪の魔王と主従契約を結ぶ本なんか良いと思います。 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします• 2016年10月26日 15:10• 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします• 2016年10月26日 15:21• 属性で選んでるなんて真実の愛じゃないですよね やっぱり普通が一番です!• 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします• 2016年10月26日 15:24• スポーツ種目別に分けてったら まだまだ未開拓娘は居そう• 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします• 2016年10月26日 15:31• 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします• 2016年10月26日 15:55• レイープされる本田はいなかったんだね• 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします• 2016年10月26日 16:13• 褐色ロリ物を所望します• 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします• 2016年10月26日 16:25• 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします• 2016年10月26日 16:31• 月刊「いぬのきもち」の内容が気にかかります• 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします• 2016年10月26日 16:57• 藤田茜さんだったか 人気出てくれるとええのお• 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします• 2016年10月26日 17:18• いつもムスコが世話になってます。 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします• 2016年10月26日 17:25• SSは面白かったけど、それよりも卯月が気になるw 「笑顔なんて誰でも出来るもん!」とか言いそうなぐらい、肩身が狭そう……。 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします• 2016年10月26日 17:39• 加奈ちゃんの義妹ものとか無いん?• 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします• 2016年10月26日 18:13• アルトPの動画だとゆかりが発見した血恵理のウエディング写真に加えて割った花瓶とモツ出しぴにゃという三種の神器が災厄を呼び寄せたからな~ ちなみに被害者は緒方さんだった• 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします• 2016年10月26日 18:14• ギャルものがないあたり、美嘉ねぇは最後の良心• 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします• 2016年10月26日 18:34• 俺の大好きな、ふとん圧縮真空袋系が入っていない。 やり直し• 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします• 2016年10月26日 18:36• 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします• 2016年10月26日 19:24• 机の下から始まってちゃっかり同棲「愛してる」と言質までとった嫁久保ェ… しかし魚か…死ぬほど頑張ればいけなくもない…?• 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします• 2016年10月26日 19:48• てっきりこの間のライブで次の5人が発表されて その中にゆかりがいると思っていたのに…… あと森久保と拓海とかも• 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします• 2016年10月26日 20:01• デレマスは壁尻が今のとこないんだよな。 壁尻で並べさせられて誰か当てたら顔見せお持ち帰り出来るとかってのないかな?• 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします• 2016年10月26日 20:02• 「漁師の皆さんはエイさんと仲良しれすよ~」• 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします• 2016年10月26日 20:06• 幼妻系は誰が仕込んだんですかね 千枝ちゃんか千佳ちゃんか?• 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします• 2016年10月26日 20:27• 性欲の権化系アイドルっていないよなそういえば• 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします• 2016年10月26日 20:29• 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします• 2016年10月26日 21:46• キノコ図鑑を購入する音• 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします• 2016年10月26日 23:15• 本当に犬のきもちだった?犬のきもちいいじゃなかった?• 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします• 2016年10月26日 23:22• ゆかりの中の人はエロマンガ先生だったか。 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします• 2016年10月27日 00:05• 俺妹は越えられないかもしれないけど、原作結構面白いし、大役だろうから頑張ってもらいたいねー• 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします• 2016年10月27日 02:54• アイドルではないが、渋とかには腐女子御用達のバネタケものとかあるのを見たから、大西さんも満足だね! 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします• 2016年10月27日 03:14• バネがタケの見た目に最初はビビるけど、一緒に缶コーヒー飲んで仲良くなる感じのイラスト好き ホモじゃないけど• 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします• 2016年10月27日 11:01• 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします• 2016年10月27日 14:45• 職業体験的なものまで入れたらほとんど網羅できてるだろうからな〜 理容師とか交通整備とかマッサージ師とかマフィアとか庭師 林業? なんかまで 女医は姉ヶ崎がエロくて良かった.

次の

田村ゆかりちゃんで自慰行為【1日10ゆかにー】 | ラブチカ速報

水 本 ゆかり エロ

いつも楽しみにしながら拝見さしてもらっています。 tokyomotion. 大好きですw (葉山みおり=宮崎知里) 2016-03-11 12:51:39 ななし 赤嶺寧音 高画質 HD 初裸 virgin nude レビュー Part2 大西りんかですかね? 2016-03-10 14:48:45 ななし 高画質 HD 初裸 virgin nude 晴翔華 レビュー Part2 4月デビューの紗々原ゆりでは?、 2016-03-10 20:12:52 はふ 美東澪 4月サンプル動画と5月仮ジャケ。 デジプラン系列というより、デジプランもhalf moonも同じ心交社系列です。 ほかにsujiccoやグラビジョン、イメージクリエーターあたりが同系列です。 ヌードレーベルからジュニアまで幅広いですね。 メガヒットは同系列の運営する通販サイトなので、系列作品の情報や発送が早いわけですよね。 業界の人間でないので正確でないかもしれませんが、だいたいそんな感じだと思います。 2016-03-07 08:27:14 ちんき 3月ピックアップ Part3 恐らくですが「大杉すみれ」は、元芸能プロ原宿H所属で、 隆行通信などに出演していた「林みすず」のような気がします。 それだけなら、まだ良いのですが、彼女は恐らく無臭AV嬢です。 AV女優名 変換君では 『大杉すみれ=林みすず=日南りょう=相川真琴=りょう(女体のしんぴ)』 と出てきます。 ご注意あれ。 (エクスプロイダーさんからも情報あり).

次の

【デレマスSS】水本ゆかり「エ〇マンガ令嬢」渋谷凛「ちょっと」|エレファント速報:SSまとめブログ

水 本 ゆかり エロ

会社の可愛い子に男を紹介する前に味見したら相性抜群で不倫関係に発展した体験談 会社の取引先の女の子と話した。 ちょくちょく会うんだけどまともに話すらしたことなくて、ちなみに気にも止めてなかったんだけど・・・。 ちょうどその時会社内で結婚適齢期の話になった。 「結婚は早くした方がいいよー。 だってさ、年取って子供育てるのって大変ジャン」 「そうですよね、私も早くしたいんですけどね。 奥さんいくつなんですか?」 「26歳。 今2人目生まれたばっかだよ」 「ええー。 じゃあ、私の年でもう出産してたんですか!」 「あれ?何歳なの?」 「今25です」 「嫁さんの1個したかぁー」 そんな会話をしているうちに彼氏いないの?なんていう会話になっていった。 「一応はいるんですけど遠距離だし、出身も学校も他所だから友達もいなくて・・・」 「じゃあ、男でも女でも友達紹介してあげるよ」 それがきっかけで会う度に会話するようになった。 話しているうちに結構いい女かもと思っていった。 背は150くらいで顔もかわいい。 こんな子誰かに紹介してヤらせるのももったいないなぁ。 と思った結果、その前に味見してみようと計画を立ててみた。 まず、どんな子か分からないと紹介もしにくいから、1回一緒に飲みにでも行こうよと誘ってみた。 その子(ゆかり)は何の疑いもなく、ひとつ返事で誘いに乗った。 おれはネットで液体の媚薬を購入。 Xデーのために準備をした。 Xデー当日、午後7時待ち合わせをしてごくごく普通のバーで飲みながら彼氏との様子愚痴などや仕事の話など、いかにもふつうな会話をした。 「彼氏は大学院に進み、司法試験のため勉強中。 遠距離だから年に数回しか会えない」 「連絡もあまりしないし、付き合っている感覚はあまりない」そんな話を聞き、 (最近してないんだ。 ムラムラしてるんだね)と心の中で返事しながら「そっかー」なんて答えてた。 カクテルは飲みやすいものを中心に教えたり、おれのオリジナルカクテルなんかも飲ませてみたり極力酔いやすく、飲みやすく仕向けた。 そろそろほろ酔いになったかな?という頃、ゆかりがトイレに立った時、最終の媚薬攻撃をしかけた。 この媚薬は無色透明の液体。 飲み物に混ぜれば絶対気づかない。 それを一本入れてゆかりの帰りを待った。 しっかり飲み干すのを見守ってから、その後甘いカクテルを飲ませその店を出た。 薬を飲んでからはゆかりの様子がおかしかった。 飲んで10分した頃なんだかそわそわし出して、落ち着きがなくなった。 でも、おれはくだらない話を長々と続けた。 「なんかすっごく酔ってきたみたい」 ゆかりのその言葉で、「おれもだ、じゃあ出ようか?」と切り出したのだが、ここからが本番。 おれはタクシーをつかまえ、ゆかりの家まで送った。 酔ったふりしてゆかりにもたれかかったり太ももに手を乗せたり、いかにも誘っている風に演じた。 当然ゆかりはモジモジするが嫌がらない。 家に着き、タクシーから降りるともうまともに立っていられなくなっていた。 「そんなに酔ったの?しょうがないなぁ部屋まで送るよ」そう言ってゆかりの部屋に入り、ベッドまで連れて行った。 「はあー」とゆかりはため息をついて横になる。 おれはキッチンへ行って水を持ってくる。 媚薬をもう一本入れた水。 それをゆかりに飲ませると、「じゃあね、帰るから。 またゆっくり話そうね」 そう言って部屋を後にした。 外で待つこと30分。 おれはそっとゆかりの部屋に戻り、 「ごめん、もう寝てる??忘れ物しちゃった」と入っていった。 そこにあったゆかりの姿は・・・・下着を脱ぎ捨て自らの手で股間を慰めている予想通りの姿だった。 ゆかりは「えっ?!」というと布団の中にもぐりこむ。 ごめんね。 財布をベッドの下に忘れたみたいで・・・」 気まずそうなふりをしてベッドの下を探す。 ゆかりは当然、身動きすらできない。 静かな部屋の中ではゆかりの息遣いだけが聞こえる。 「ねぇ・・・見たよね?」ゆかりの問いに 「うん・・・見ちゃった。 でも・・・きれいだったよ」 「えっ・・・」 「もう、おれ我慢できない。 いいよね?」 そう言うとゆかりの返事も待たずにベッドの下から潜り込んだ。 「え、え。 」 そんな言葉だけの抵抗はあったものの、目の前にある足を触っただけでHな声に変わっていった。 足から太ももを伝い、へそへ行き服を徐々に脱がせながら胸へと責めあがる。 布団の中は汗と愛液で甘酸っぱい香りが充満していた。 ゆかりはただただそれに耐えるだけ。 服を脱がせ、ブラだけにさせるとおれは布団から顔を出し 「ゆかりちゃんが、Hだったから我慢できなくなっちゃった。 今日だけいい?」 「でも、奥さんが・・・」 「今日だけ」そう言って首筋に吸い付いてやった。 風呂に入っていない。 歯も磨いていない。 そんな状況でのH。 行き当たりばったりのふりしたH。 媚薬でHしたいばっかりになっているゆかりには、おれを受け入れるしかなかった。 首筋やうなじを攻めながら、胸に手をやりブラの上から刺激する。 体の割には胸は大きい。 ゆかりはそれだけで今にも逝きそうな反応をする。 2回の媚薬ですでに体は出来上がっているだろう。 しかも、自分でもしていた。 前戯なんて必要なかった。 ブラを取りながら「いつもしてるの?遠距離だからさみしいの?」といじめてみる。 「ちが・・。 今日はおかしかったの・・・してないよ。 信じて・・・」 おれはふくれあがった胸の先端を指ではじく。 「ああぁん」 布団を剥ぎ取り、全裸になったゆかりをまじまじと見つめた。 「かわいいよ」 「やだ・・・はずかしい」 おれは服とズボンを脱ぎ捨ててゆかりに抱きつく。 肌のぬくもりとその感触だけでゆかりは声を出す。 胸を執拗に攻めるおれ。 舌と指とで両方を愛撫する。 少し攻めただけで、ゆかりは逝ってしまった。 声も大きいwきっと隣に丸聞こえだろうなと思いながら、次に下を攻めることにした。 もうそこは大洪水だった。 シーツまで濡れてた。 ぬるぬるしてて穴がどこか分からないくらいだった。 クリに触れただけで、「はうぅ」という。 「もう。 おねがい。 欲しいの」 もう、最初の媚薬投入から4時間が経っている。 これだけムラムラし続けたらおかしくもなるな。 でも、「だめwまだ、おれのに挨拶してないじゃん」 我慢汁でしみだらけになった最後のパンツを脱ぎ、ゆかりの目の前に持っていく。 ゆかりはそれを両手で受けると、何も言っていないのにパクッと咥えた。 「おおー、かわいい顔してよくわかってんじゃん」ゆかりのフェラは上手だった。 口いっぱいにほおばって、舌が中でまとわりつく。 嫁よりも上級技だ。 恋人でもないかわいい女にフェラさせる満足感に浸ると、 「じゃあ、入れてあげる」 おれは仰向けになったゆかりの両足を抱き上げると、あふれた愛液に覆われている入り口にあてがった。 しかし、まだ入れない。 入り口の周りを先っぽでこする。 「ああん。 じらさないでおねがい」 「だってさ、おれ奥さんも子供もいるんだよ?入れたらまずくない?ゆかりちゃんがどうしてもって言うなら、しょうがないけどさ・・・」 「ええー。 おねがい。 お願いだから欲しいの・・・入れてください」 「しょうがないなぁ・・・じゃあ、入れるよ?」 「うん」 おれは、照準を合わせると勢いよく・・・抜いてクリめがけて滑らせた。 「ああああーーん。 」 不意をつかれてクリに刺激がいったゆかりはまたまた逝ってしまった。 「はぁはぁ。 もーー。 お願いだから入れて?」 「ホントに欲しいの?じゃあさ、自分で入れなよ。 おれが横になるから。 」 そう言って場所を替わる。 上を向いたおれのチンコにゆかりはまたがり、右手に持って自分のマンコにあてがった。 そして、自ら照準を合わせ腰を下ろした瞬間、 おれは腰を大きく上に上げてゆかりのマンコに迎え撃った。 両方からの力が加わり、勢いよくそしてゆかりの奥深くに突き刺さった。 「ああああああ」 普通に入れても逝ったであろう状況なのに、不意をつかれて突き上げられたゆかりは身動きすらできずおれの胸に倒れこんだ。 ちいさいゆかりにとって子宮口もそんなに奥には存在しない。 深く突き立てれば、ゆかりの膣に余裕はないはずだ。 「あーあ、入れちゃった。 もう、戻れないよ?」 そう言って腰を振るおれ。 倒れたゆかりの腰を持って上下前後に振り動かす。 「あああ。 あああ」あしか言えないゆかり。 ゆかりは小さい女だったから当然軽かった。 腰に乗せたまま、起き上がると駅弁スタイルになれた。 おれの首に手を回しぶら下がったゆかり。 全体重は結合部分にのしかかる。 おれが動くたびにゆかりの奥深くを刺激する。 「あふぅ。 いくーいくー」と叫ぶことしかできず、 淫乱になってしまったゆかりは手にも力が入らない。 すぐに手を離し、そのままベッドに倒れこんだ。 結合したまま、仰向けのゆかりをうつ伏せに回転させると バックスタイルの体勢でゆっくりねっとり攻め立てた。 ゆかりはすでに何度も逝って意識朦朧としている。 「あ」とか「う」しか口にしていなかった。 話しかけても会話にならない。 おれはゆかりのマンコから出て、べっとりとまとわりついている 白い本気汁を指に取るとゆかりの肛門に塗りつけた。 さらにもう一回指にとり、肛門に人差し指を押し入れる。 ゆっくりゆっくり奥まで入れると、薄皮越しにおれのチンコの感触がわかる。 チンコを抜くと指を奥に。 指を抜くとチンコを奥に。 交互のピストン運動にゆかりは獣のような声を上げる。 常に逝きっぱなしの状態のようだ。 「生理いつごろ?」 「え・・・?」 「生理」 おれはいよいよ来るであろう排泄場所の確認をした。 「生理は・・・そろそろ・・・くる頃だと思う・・・よ」 ぼーっとしながらもゆかりはやっと答える。 「じゃあいいね。 一緒に気持ちよくなれるよ」 そう言うと一旦マンコから抜き体勢を変える。 ベッドの中心にゆかりを横向きに寝かせると、片足を持ち上げ側位の姿勢で再挿入した。 側位はおれが一番得意な体位。 自由が利くし、奥深くまで侵入できる。 その姿勢でゆかりの奥を衝き立てる。 チンコの先が奥の子宮口に当たっている。 またすでにゆかりの意識はない。 首を振りながらはげしい息遣いでおれの攻めを受けている。 マンコから完全に抜き、そして一気に行き止まりまで押し進む。 時には半分まで、時には入り口までしかいかない。 じらしながら攻めると、子宮口に届く度にゆかりは逝っている。 「あーいぐー。 あーあー。 いぐー」 もうすでにいつものゆかりではない。 理性のない本能だけのオンナ。 おれは完全に堕としたことに満足した。 「じゃあ、そろそろ本気になるね」 そう言って、体勢を整える。 充分逝かせたおれは、後は自分がイクためだけのSEXをする。 何度も逝ったオンナは必ずこの最後の攻めで本当の自分を知る。 おれはゆかりの片足を片腕に抱くと、ゆっくりそして次第にスピードを上げ、今までにない速さと勢いで子宮を突き、ゆかりを悶絶に導く。 「ひあ、ひーん。 あぐ、ぐうぅー、ひふ、ぅーう」 ゆかりの声と、体がぶつかる音、ベッドがきしむ音が同じタイミングで部屋中に響く。 「あー。 いきそ。 いくよ?中で出すからね」 「ひぃっ、ひふぅ、う、んっ」 その返事にさらに勢いが増す。 「ひっ。 ひ、ひ、ひ」 「いくぞーっ!」 「ひーーーーーぅ」 ゆかりの奥で放出するため腰が自然と前に突き出される。 と同時に、今まで以上に子宮口が強く押され、ゆかりは叫びながら意識を失った。 全ての精液がゆかりの膣に搾り出されるとおれはそのまま倒れこんだ。 その後ゆかりは遠距離の彼氏と別れ、友達紹介の企画は流れた。 おれとのSEXが気に入ったらしく、密かな不倫関係が始まった。

次の