スーモ 引越し。 電話なしでメールのみ!SUUMO(スーモ)の引越し一括見積もりがおすすめ

SUUMO(スーモ)の引越しなら、電話なしで一括見積できる

スーモ 引越し

引越しの準備は、家探しから始めて、引越し業者選び、住民票や電気・ガス・水道などのライフラインの変更手続きなど抜かりなくする必要があります。 また、引越しの準備には新居のこと等で時間が無い中でもやることが多くあります。 あらかじめいつのタイミングで何を行うのかチェックしておきましょう。 特に引越し業者の選択は『良いサービスの業者を安く』依頼するために遅くとも引越し予定日の2週間前には依頼をしましょう。 その理由は、引越し業者の選定と見積もり依頼、訪問見積もりで1週間は必要です。 また不要な家具家電、ゴミの処理もあるので、それらの手配で1週間必要です。 ゴミを捨てるタイミングは可燃でも多くて週2回です。 また不用品を近くの市などの処理場へ運ぶ場合も運送する時間が必要です。 また、旧居と新居での移転手続きや家の中の小物や食器の梱包、洋服の整理などですぐに2週間が経ちます。 こちらでは引越しの準備・やること、実施タイミングを時系列でまとめています。 何から手を付ければ良いかわからない方はぜひご覧ください。 初めて引越しをする場合、「やることがわからない」「何から始めたらよいか分からない」という方も多いのではないでしょうか。 準備ができていない状態で当日を迎えてしまうと、引越し業者や手伝いに来てくれる方に迷惑をかけてしまうことにも。 備えあれば憂いなしという言葉通り、きちんと準備ができていれば引越し初心者でも無事完了させることができます。 当コンテンツで段取りよく準備をし、最低限の労力でスムーズな引越しをしましょう!• 【STEP1】引越し先と引越し日・時間を決めよう どうやって家を決める? 賃貸住宅を借りる場合、自分で物件を決めるまでに時間がかかります。 家賃の目安は月収の30%程度にとどめておくと生活に無理がでません。 立地条件、間取り、住まいの設備や使用、ペット可否など条件と払える家賃のバランスを考えて部屋を選びましょう。 最近ではインターネットから全国の物件を検索できるようになっています。 希望の物件の候補をいくつかピックアップしたら不動産会社に問い合わせます。 内見をしていよいよ住むところを決めたら、不動産会社と契約をします。 契約に必要な書類は以下の通りです。 なかには用意するのに時間がかかる書類もあるので余裕をもって手続きをはじめましょう。 身分証明書 免許証や保険証のコピー• 住民票• 入居者全員のもの• 印鑑、印鑑証明書• 事前に自治体で印鑑登録を済ませておく必要があります。 時間がかかることもあるので余裕をもって手続きしましょう。 連帯保証人の書類• 不動会社に何が必要か確認します。 場合によっては連帯保証人の収入証明が求められることも• 連帯保証人の承諾書• 保証人になってくれる方に記入と署名、捺印をお願いしておきましょう 最近はUR賃貸住宅のように保証人が必要ない物件もあります。 また、少子高齢化にともなって保証人を頼めない人が増えていることから、保証会社を利用するように求められるところも増えています。 契約時に必要なお金っていくら? 契約時に必要な、いわゆる初期費用と呼ばれる費用には以下のようなものがあります。 【STEP3】身の回りを整理し、引越しに備えよう 転居にともなう手続き一覧 -忘れがちな諸手続きはお早めに- 転出届等の各種の窓口での手続きは平日でしかできないことが多いので、仕事がある方はうまく休めるよう手配することも重要です。 午前休など事前に調整し、段取りよく手続きを進めましょう。 インターネット• プロバイダに連絡して解約 継続して同じプロバイダ使用する場合は移転工事費が必要となります。 NTTが提供しているフレッツ光やフレッツADSLを使用している場合、回線業者であるNTTとプロバイダの両方を解約する必要があります。 OCN光やJ:comなどは回線の提供とプロバイダ業務をまとめて行っているため、解約手続きは1か所ですみます。 引っ越しの3~4日前までに済ませておきましょう。 インターネットなら24時間手続き可能。 引っ越し日を指定して止めてもらうことができます。 最終使用日が決まったらなるべく早めに電力会社に連絡します。 使用停止、解約の手続きをしインターネットからも手続きが可能。 もちろん、旧居で使用停止をして新居で利用を開始する『同時手続き』もできます。 使用停止と使用開始の日がずれてもOK。 この機会に電気料金プランの見直しをしてもよいでしょう。 ガス供給会社に連絡して停止の手続きをします。 最終使用日が決まったら早めに連絡を入れてください。 ガスは供給会社から委託を受けた係員が訪問し、メーターガス栓を締める作業が必要となるため、立ち合いが必要です。 インターネットからも手続き可能です。 なお、を利用すると、ガス・電気・水道の引越し手続きをまとめて行うことができます。 郵便局で郵便物の転送サービス• 旧居に届く郵便物を1年間、新居に転送してもらえるサービスの手続きをしておきましょう。 本人確認書類と旧住所が確認できる運転免許証や住民票の写し、パスポートなどが必要となります• 新聞購読の解約• 販売店、配送スタッフ、ホームページなどから解約手続きをします。 引越の前月までには知らせておく必要があります。 新居で同じ新聞を購読したい場合は継続して手続きをすることもできます• その他各種配達サービスの解約• 新聞以外にも定期購入をしている宅食便やサプリメントなどの住所変更手続きや、配達を終了する場合は解約をします ゴミ捨ては曜日に注意! 引越しの準備は、家探しから始めて、引越し業者選び、住民票や電気・ガス・水道などのライフラインの変更手続きなど抜かりなくする必要があります。 手続きと並行して掃除やゴミの処分などの部屋の片づけを行いましょう。 不用品の回収や買取サービスを利用することで運ぶ荷物が減り、場合によってはお金も手 に入ります。 また、粗大ごみ等は捨てたいと思ってすぐ捨てられるわけではなく、業者に回収依頼をするなどの手順を踏む必要があるので事前にきちんと調べましょう。 また、新居で新しいものに買い替える家具・家電があれば、引越し日に新居へ届くように購入時にお店へ依頼しておきましょう。 現在利用しているものも不用品として処分しておく必要があります。 家の中の掃除 いざ引越しを始めると、ガムテープやダンボールなどの用意や住民票や印鑑証明の移動など、やることがたくさんあります。 そのため、何が終わっていて残り何をしなければいけないのかが繁雑になり、やることが漏れてしまい当日困ったという声をよく聞きます。 そこで、必須項目をまとめた便利な3つのチェックリストをご用意しましたので、ご活用ください。 現住まいの管理会社に退去の連絡 駐車場を借りている場合は解約の連絡も忘れずに 引越し方法・引越し日を決める 2月・3月・4月の繁忙期や、土日祝日の休日割増、深夜や早朝に合わせた引っ越しの場合は深夜・早朝割増などの割増料金があります。 この他にも雪が多い地帯では冬季割増が発生する場合があります。 料金相場確認、見積もり・予約をする 引越し料金相場を確認し、引越し業者に依頼する 自分で引越す場合。 立ち合いが必要。 必要な情報:契約者の氏名、契約種類、お客様番号、旧住所、引越日 手続き先:電力会社のHPもしくは電話で手続き。 立ち合いは不要。 必要な情報:契約者の氏名、契約種類、お客様番号、旧住所、引越日 手続き先:契約中の水道局会社HPもしくは電話で手続き。 立ち合いは必要。 必要な個数をあらかじめ確認しておく 当日持っていく貴重品類(現金を含む)をまとめる 掃除用具、ハサミやガムテープなどの梱包用具は出しておくとよい 新居へ入居する前の荷物が無い状態で除菌や抗菌対策をしておく 旧居で荷物の運び忘れチェック 意外にトラブルになりやすいのが、荷物の運び忘れ。 自分でうっかり忘れてしまうものと、引越し業者のミスで旧居に置いてきてしまった…ということも 現住まいの明け渡し 伴(スペアキーも忘れずに)を用意 管理会社の立ち会いが必要 新居で搬入した荷物の確認 新居に到着したら、番号を振ったダンボールがすべてあるかどうか確認 トラックの中を確認 荷物が全て搬入されているか確認。 年金や住民票からインターネットまで、様々な必要な事務処理を一覧にしてあります。 これらは業者が代行して くれるものではありませんので、自分できちんと完了させる必要があります。 転入届は、引越ししてから14日以内の届出が必要です。 国民健康保険・国民年金 に加入の場合はこちらも14日以内ですので一緒に行いましょう。 また、転校手続き、印鑑登録なども忘れずに。 自動車を所有している場合には、新車庫もしくは駐車場が確定したら、転入届手続き後、管轄の警察署に申告します。 必要書類は、車庫の見取り図・配置図・印鑑など。 地域によって違う場合がありますので、事前に確認をしておきましょう。 車庫証明が取れたら、陸運支局にて自動車の登録変更を行います。 引越してから15日以内となります。 同じ陸運支局管轄内かどうかによって必要書類も変わり ますので気をつけて。 違う管轄に引っ越す時は、当然ナンバープレートも変更となりますので、車で出向く方が良いでしょう。 バイクを所持している場合には、 同時にこちらも必要になります。 一覧に含まれていないものがある場合は、一覧に書き出すことによって、自分が何を完了しており、何から始めたらいいのかがわかりやすくなりますので、チェックリストを活用して無理のない引越しを行いましょう。 家具・家財道具チェックリスト 所有している家具を把握するためのチェックリストです。 大きな荷物の運送ができるかどうかは事前に確認する必要があります。 個人の引越しなら、個々で使う車と相談ですが、業者によっては、何mを超えるものはNGということもあります。 家具・家財道具チェックリスト タンス 個数を確認 和タンス 個数を確認 ドレッサー 個数を確認 その他収納家具 ローボード、チェストや食器棚など確認 ソファ 個数と何人用か確認 テーブル・椅子 個数を確認 机 個数と平机、勉強机なども確認 本棚 大が何個、小が何個か確認 エアコン 基数と取り外し、取り付け依頼をするか確認。 ベッド 台数とシングル、セミダブル、クイーンなどサイズも確認 布団 組数を確認 こたつ 組数を確認 ステレオ類 台数と大きさを確認 テレビ 台数とインチ数を確認 パソコン 台数と新居でのセッティング依頼を確認 冷蔵庫 台数と高さ、ドア数を確認 乾燥機 有無を確認 仏壇 有無を確認 自転車 台数を確認 バイク 台数と引越し先に移動依頼をするか確認 植木 個数と高さを確認 その他大きなもの ベランダや庭など有無を確認 荷造り資材チェックリスト 荷造り資材リストガムテープやはさみなど、荷造りをする際に必要なもののチェックリストです。 業者に頼む際、ダンボールをいくつか用意してくれるところが殆どですが、当日のギリギリになってダンボールが足りない、等にはくれぐれもならないようにたくさん用意しておいて損はありません。 荷造り資材チェックリスト ダンボール 荷物に応じて用意し、家族1人につき15~20箱目安 ガムテープ できれば布製のものを用意 ヒモ 雑誌等をしばる 軍手 荷物を運ぶ時に利用 古タオル・布など ほこりや汚れを拭く用で多めに用意 新聞紙 食器などを梱包 油性マジック ダンボールに配置場所や内容を記載 はさみ ヒモやテープを切るのに利用 カッター ヒモやテープを切るのに利用 雑巾 大きな家具の移動時に利用 ほうき 掃除機も引越しで収納が必要なため 工具類 組み立て式の家具などに利用 紙袋 小さな雑貨やカード類をまとめるため ゴミ袋 大小用意 ビニール袋 乾電池や充電器など小さな道具をまとめるため 諸手続きの管理をするための、手続きリストです。 引越しをする際には、様々な手続きが発生するため大変です。 リストにないものがある場合は追記するなど、諸手続きチェックリストを活用して無理のない引越しを行いましょう。 その他にも、家財の廃棄などは各市区町村で捨てるか、業者に頼むか、きちんと決めておきましょう。 その際に値段も調べたり、業者に頼んだりしてある程度見積もっておくことも大事です。 でご確認ください。 やること一つ一つをチェックリストに記載するだけでも、その後の作業がスムーズに完了するかどうかは手順や段取りでまるで変わります。 当日は段取りに気を付け、スムーズな引越しになるように少しでも準備を欠かさないようにしましょう。 引越し準備をスムーズに!引越し先の新居が決まってから引越し完了までのスケジュール管理はこちらで解決! 荷造りや手続きなど、引越しの準備は想像以上に時間と労力がかかります。 はじめての方などは何をやればよいのか?いつまでにやればよいのか?などわからないことだらけ。 また、引越しのスケジュールを立てたものの、なかなか思うように進まないなどで苦労するケースもけっこうあるようです。 そこで、引越しのスケジュールをわかりやすくまとめたカレンダーをご用意しました!是非ご活用ください。 引越しで気をつけたい荷造り・ゴミの処分・退去時のポイント• 荷造りを始めると、新たなゴミが出る• 荷造り途中で、予期せぬ衣類や食器など出てくる• 不用品の処分は時間がかかる 荷造りのポイントは、荷物は使用頻度の低いものから新居の部屋ごとに梱包していきます。 間取り図を見ながら新居の部屋ごとに梱包しましょう。 事前の荷造りが不要な『専用ボックスに入れられるもの(タンスの中身をそのまま入れられる衣装ケースなど)』、『ダンボールを使わないで運べるもの』を引越し業者に確認しておきましょう。 最近は引越し業者のリユースできる梱包資材も増えているようです。 さらにダンボールや衝撃を吸収するための緩衝材、ガムテープやはさみといった梱包資材、マジックなどの小物類など事前の梱包から当日までに必要な小物類をチェックして、ひとまとめに保管しておくと便利です。 また、引越し当日に利用するマスクやスリッパ、ゴミ袋は運ぶ荷物とは分けてすぐに利用できる場所に置いておきましょう。 詳しくはをご覧ください。 ゴミ・不用品の処分 引越しの際に大量に出るゴミ。 とはいえ、引越しは断捨離の絶好のチャンスでもあります。 ごみを出せば、それだけ荷造りする荷物も減ることに。 引越し先に運ぶ荷物を減らすと引越し料金も安くなるため、賢くごみを処理しましょう。 ゴミは通常の可燃ごみや不燃ごみ、資源ごみ、回収の依頼が必要な粗大ごみに分別します。 収集日が決まっていたり、大量に出せなかったりするゴミもあるので、自治体のHPやマンションで定められた引越し時のゴミ出しのルールを確認しておきましょう。 一度に大量にごみを廃棄する場合は事前の連絡が必要な自治体もあります。 注意したいのはエアコン、テレビ、冷蔵庫、洗濯機といった家電を処分するときです。 家電リサイクル法に基づいて処分しなければならないため、その分時間がかかることに。 購入した販売店や自治体を通して処分を依頼すると指定の業者が回収に来ますが、これらの家電リサイクル協力店には夏期休業や年末年始など長期間、受付をしない日もあります。 また、引取りを依頼してから、実際に引取りに来てもらうまで1週間から10日かかる場合もありますので、確実に処分できるように引っ越し日から逆算して依頼をするようにしましょう。 不要なものはリサイクルショップに買取してもらったり、オークションで人に譲ったりすることもできます。 時間に余裕をもって始めるのがコツです。 ごみの収集や廃棄にかかる費用もチェックしておきましょう。 自治体の資源循環局に依頼する場合、冷蔵庫、扇風機、コンロなど数百円から2,000円程度。 リサイクルショップに引き取ってもらえば、こうした費用を節約することもできます。 その他に、不用品やごみの処理を引越し業者や不用品回収業者に依頼することもできます。 不用品回収業者に依頼すれば、ごみ収集日のスケジュールに合わせる必要がないので時間がない引越しにオススメ。 いずれも事前に見積もりを取って、どちらがお得か判断するようにします。 詳しくはをご覧ください。 退去時のポイント 退去時のポイントとなるのが『引越し時の掃除』『原状回復をどこまですべきか』という2つの点です。 これらの状況により、気になる『敷金』の返金額が変わります。 敷金の返金額=初回に支払った敷金-原状回復費 掃除はキッチンやお風呂場、トイレといった汚れが目立ちやすい場所はもちろんのこと、床や畳、窓ガラスなどの細かい部分もチェックしましょう。 普段あまり意識して掃除することのない壁や天井、ベランダもキレイにする必要があります。 退去時の掃除は荷物を運び出してからでないとできない箇所も。 必要な掃除用具をすべて荷物の中に入れないように注意しましょう。 新聞紙や古い歯ブラシのようにそのまま捨てられるハウスクリーニングのための便利グッズをまとめておくのもオススメです。 原状回復をどこまでするか?は退去時にトラブルになりやすいポイント。 本来、大家が負担すべき費用を請求されたり、不動産管理会社から高額な修繕費用を請求されたりするケースなどが後を絶ちません。 原状回復といっても、借主が借りた当時と全く同じ状態に戻さなければならないというわけではないのです。 国土交通省から出されている『原状回復をめぐるトラブルとガイドライン』などを参考にし、貸主と借主どちらが負担すべき費用なのか理解しておくようにしましょう。 また、トラブルを防ぐために『退去時にどこまで原状回復する必要があるか』『入居時にすでに傷や汚れがないか』など、入居時に明確にしておくべき点もあるので、新居に入居する際の参考にしてください。 詳しくは、をご覧ください。 引越し時の不用品回収や処分ならLIFULL引越し 旧HOME'S引越し。 引き取りやリサイクル可能な家具や処理・処分に困る家電・日用品などの特集です。 便利な不用品回収サービスでの買取相場などお役立ち情報も満載。 引越しの際、最も大変な作業の一つに荷造りがあります。 特に家具や家電などの大型のものには注意が必要です。 一筋縄でいかない要注意の家具・家電の引越しポイントについてご紹介いたします。 ここでは家賃を少しでも安くするための交渉方法とそのポイントについて詳しく説明します。 ここでは賃貸物件を安く借りられる時期について詳しく説明していきます。 ここでは新型コロナの影響によって収入が減少した人が受けられる家賃補助をはじめとしたさまざまな給付金・支援制度の最新情報を紹介していきます ここでは引っ越しをする前に知っておきたいロフト付き物件のメリットとデメリットや引越しするときに注意したいポイントについてまとめています。 新型コロナウイルス感染拡大が広まるなか、引越し作業や引越し前後の役所での手続きなどにどんな影響が出ているのかまとめました。 ここでは学生の皆さんにおすすめの引越サービスや安くするための方法、見積もりのコツなどについて詳しく紹介していきます。 ここではそんな便利な見積もりアプリをいくつか紹介します。 ここではルームシェアを決める前に知っておきたいトラブルの例や決めておくべきルールについて、くわしく紹介していきます。 ここでは2020年の引っ越し難民予測とその対策について詳しくご説明します。 ここでは、ルームシェアをするとき住民票届け出の仕方や税金、家賃補助、住宅手当などについて知っておきたいことについてまとめました。 ここではルームシェア物件の探し方について詳しくご説明します。 一人暮らしをはじめる前に覚えておきたいマナーや準備の方法をご紹介します。 引っ越し先に食洗機を持って行くときの注意点や設置や撤去に困らない無線機の選び方などにについてまとめています。 ここでは赤ちゃんや子連れで引越しをする際に注意したいことや事前に準備しておくべきことについてまとめています。 ロフトベッドや二段ベッドの引っ越しにかかる費用や注意点などについて詳しく説明していきます。 ぬいぐるみを引っ越し先に持っていきたいとき、不要になったぬいぐるみを処分する方法について紹介します。 プリンターやスキャナーを引っ越しで運ぶ際注意点、また新居でプリンターの印刷ができないときの対応策について説明していきます。 引っ越しする際のウォーターサーバーの扱い方についてご説明します。 自転車を引っ越しのときにどうやって運べばいいのか詳しく説明していきます。 ごみ屋敷状態の家から引越しするときの手順や注意点について詳しく説明していきます。 自力で引っ越しする際の注意点をまとめました。 引越しのゴミ回収や廃品処分の注意点や方法ならLIFULL引越し 旧HOME'S引越し。 種類ごとのゴミの廃棄や廃品回収の注意点や処分にかかる費用など引越し時の廃棄に関するお役立ち情報が盛り沢山。 引っ越し先の立地条件や周辺環境として必ずチェックしておきたいポイントを詳しく紹介していきます。 引っ越し先の立地条件や周辺環境として必ずチェックしておきたいポイントを詳しく紹介していきます。 一斉入居について詳しく説明していきます。 無職や転職直後のタイミングでも引越しはできるのかについて詳しく紹介していきます。 引っ越しの際、できるだけ犬にストレスがかからないようにするために注意するべい点や新居到着後に気をつけてあげたいポイントなどをまとめてご紹介します。 うさぎやハムスターといった小動物を連れた物件探しの注意点や引っ越しの際の注意したいポイントについてお話ししていきます。 引っ越しをきっかけにミニマリストを目指すための荷物の減らし方や最低限残しておきたいものについてまとめています。 シングルマザーの皆さんが引越しをする負担を軽くする方法について説明していきます。

次の

【知らなきゃ危ない】口コミ・評判からわかる「スーモ(Suumo)」の正体

スーモ 引越し

引越しをするとき、必ず行うべきものとしてネット上からの一括見積があります。 つまり、何社もの引越し業者へ見積もりを出させることで、値段を比較するのです。 引越し価格には相場がありません。 そのため、複数社に料金を出してもらうことで、ようやく適正価格になります。 ただ、このとき嫌がる人が多いものとして一括見積の後にかかってくるしつこい電話があります。 多くの電話がかかってくるのです。 一括見積のとき、電話での業者とのやり取りを不要にすることは可能なのでしょうか。 電話番号の個人情報を知らせることなく一括見積できれば、メールのみのやり取りで訪問見積もりを依頼することができます。 ネット上の一括見積サイトによっては、電話なしを実現することができます。 そこで、どのように一括見積サイトを利用すれば電話がかかってこないようにできるのでしょうか。 それには、SUUMO(スーモ)の一括見積を利用すれば問題ありません。 電話なしでも問題ないため、評判や口コミで優れている一括見積サイトが「SUUMO引越し見積もり」です。 ここではSUUMO引越し見積もりを活用することで、電話不要の場合によるしつこい迷惑電話の回避法について解説していきます。 もくじ• 引越し侍などでは電話番号入力が必須 世の中には、いくつかの一括見積サイトが存在します。 引越し侍、引越し達人、ズバット引越しなどは有名です。 これらの一括見積サイトであると、一般的にはどのサイトも電話番号の入力が必要になっています。 例えば、以下は引越し侍の入力フォームですが、ここでは個人情報として電話番号の入力が必須になっています。 そのため、引越し侍などの一括見積サービスを利用すると、すぐ後に必ず多くの電話がかかってくるようになります。 私も引越しをするとき、ネット上からの一括見積を利用したことが何度もあります。 このとき、以下のように携帯電話にいくつもの業者から電話が来るようになるのです。 「0120」の電話番号はすべて、引越し業者からの電話になります。 このように、1日に何度もしつこい電話がくるようになります。 申し込み後、1日に1~3件は電話があります。 引越し業者にとってみれば、いち早くアポイントを取って訪問見積もりを実施したいため、これについては仕方ありません。 ちなみに一括見積サービスを利用する場合、申し込み直後は深夜でも電話がかかってくるようになります。 もちろん、申し込み直後ではなく、申し込みをして一日後などであれば昼や夕方の時間になります。 ただ、申し込み後はすぐ電話が鳴り響くようになります。 一括見積をしないという選択はやめるべき 特に電話が苦手な人だと、迷惑電話のようなしつこい電話が来るのを嫌がります。 そのため、一社だけに依頼しようとしたり、複数業者による訪問見積もりなしを考えたりするようになります。 しかし、「一括見積をしない」という選択だけはしないようにしましょう。 見積比較をしないと、単純に引越し価格が非常に高くなってしまうからです。 少なくとも、2社以上は見積もりが必要です。 できれば3~4社に見積もり費用を出させるのが適切です。 例えば、以下は4月頭の繁忙期に行った引越しです。 4人家族で荷物が多く、繁忙期だったので料金相場は高額になってしまいました。 しかし、値引きが非常に難しい繁忙期にも関わらず、2つを比べると 25,000円ほども値段が違っていました。 引越し金額が大きく異なるのは普通なので、こうしたことから一括見積は必須だといえます。 訪問見積もりをしてもらうとはいっても、時間は10~20分ほどです。 わずかな時間、営業マンに家に来てもらって荷物を確認してもらうだけになります。 こうした作業をするだけで、引越し料金を何万円も浮かせられるようになります。 そのため、一括見積をしないというだけで何万円も損をします。 「SUUMO引越し見積もり」は電話不要 しかし、ほとんどの一括見積サイトは個人情報として電話番号の入力が必要です。 そのため、迷惑電話とも思えるようなしつこい電話が後でかかってくるようになります。 そうしたとき唯一、 電話番号の入力が不要になっている一括見積サイトとして「SUUMO引越し見積もり」があります。 リクルート社が展開している不動産関係のサービスにSUUMO(スーモ)がありますが、これの引越サービスだと考えてください。 賃貸不動産の比較サービスで有名なのがSUUMOです。 ただ、賃貸不動産だけでなく引越しの見積もり比較サービスも行っているのです。 SUUMO引越し見積もりでは、以下のような入力画面になっています。 このように、電話番号の入力欄が「任意」です。 そのため電話でのやり取り不要の人の場合、ここに電話番号を記載しなければ電話がこない状態(メールだけのやり取り)で引越し業者と訪問見積もりの日時を決められるようになります。 口コミランキングの高い業者リストから選ぶ また一般的な一括見積サービスの場合、いろんな業者からランダムに電話がかかってきます。 あなたの知らない中小企業からも電話が来ることが頻繁にあり、また大手よりも中小業者の方が値段は安い傾向にあるため、これについては優れているといえます。 しかし、非常に多くの業者から何社もしつこい電話がかかってくるのが嫌な場合、こうした仕組みはデメリットにもなります。 一方でSUUMO引越し見積もりを利用する場合、手続きの一つに「 引越し業者のリストから、好きな業者を選ぶ」というものがあります。 以下のように業者リストがあり、その中から好きな業者だけ選択することができるのです。 引越し侍などのように、一般的な一括見積であれば10社などへ一気に依頼することも可能です。 この中には中小の引越し業者も含まれています。 一方で SUUMO引越し見積もりになると、基本的に見積もりを依頼できるのは大手引越し業者ばかりになります。 もちろん、大手の引越し業者であっても値段を比較することで大幅な値引きが可能なので問題はありません。 大手業者のリストが表示されるため、そこから選ぶことになります。 引越しではどうしても、大手業者で口コミランキングが高くなるため、そうした評判や口コミでのランキングが高くなりやすい大手業者を集めているのです。 このときは3~6社の引越し業者が表示されるようになるため、その中から訪問見積もりを依頼したい業者を選び、申し込みを行えば手続きが完了します。 その後、以下のように引越し業者からメールが届くようになるため、メール内容に従って返信を行い、訪問見積もりの予約をするだけで問題ありません。 引越し業者をこちらから指定できるため、例えば3社からの見積もりを考えているのであれば、業者リストの中から3社だけを選ぶことにより、問題なく引越し業者へ訪問見積もりを頼めるようになります。 10社など非常に多くの業者からメールが来ることはなく、 メールについても必要最低限の業者からの連絡になります。 フリーメールだと匿名性が高まる なお、たとえ業者リストの中から選ぶことになるとしても、あなたが普段利用しているメールアドレスを使いたくないという人も多いです。 そうしたとき、フリーメールを利用するようにしましょう。 引越し業者とのやり取りをするためだけにフリーメールを活用するのです。 そうすれば、より匿名性が高まるようになります。 要は、捨てアドレスを活用します。 無料で利用できるフリーメールとして有名なものとしては、以下のようなものがあります。 Gmail• Yahoo! メール• Outlook. com(Hotmailの後継サービス)• エキサイトメール• AOLメール 他にもたくさんありますが、この中で普段あなたが利用しないフリーメールサービスを活用し、SUUMO引越し見積もりのメールアドレスに利用するといいです。 さすがに名前や現住所を含め、個人情報を一切渡さずに匿名で見積もりを出してくれる業者はいません。 ただ、 メインで利用しているメールアドレスや電話番号なしに依頼できるため、匿名性はかなり保たれるようになります。 電話番号不要で依頼できる一括見積が可能なSUUMO引越し見積もりは非常に珍しいですが、匿名での利用を考えている場合、SUUMO引越し見積もりの一択になります。 フリーメールの取得など、やることは増えますが個人情報を気にする人にとっては優れています。 キャンペーンも問題なく受け取れる なお、引越し業者では頻繁にキャンペーンを行っていますが、SUUMOの引越し見積もりについても問題なくこれらのキャンペーンを受け取れるようになります。 例えば、以下はSUUMO引越し見積もりで利用することのできる、サカイ引越センターでのキャンペーン内容です。 引越し業者では、ダンボールを無料で贈呈してくれたり、訪問見積もりのときに粗品をくれたりすることがあります。 家族の引越しに限らず、料金相場の低い単身引越しであってもこうしたキャンペーンを受け取ることができます。 SUUMO引越し見積もりの口コミや評判が優れているのは、通常の見積もりと同じように引越し業者からのキャンペーンを受け取れることも関係しているのです。 当日までに段取りを取り、準備をする そうして、実際に訪問見積もりの予約を複数社に依頼した後は、一般の引越しと流れは同じです。 見積もりを提示してもらい、引越し価格を比較したうえで依頼する業者を決めるようにしましょう。 その後は荷造りや梱包など、引越し日の当日までに完了しておくことが存在します。 それまでに段取りを考えて、しっかりと準備をするようにしましょう。 引越し業者への依頼は誰もが行いますが、ダンボールへの箱詰めなど必要な準備をしていれば、引越し当日は作業を見ているだけで引越しが進んでいきます。 特に難しい手続きはありません。 口コミ・評判に優れたSUUMO引越し見積もり 単身でも家族でも、引越しのときに何社もの業者に見積もりを依頼するだけで引越での料金相場を大幅に下げることができます。 たとえ単身引越しでも、1~2万円の値引きがあるのは普通です。 そのため、見積もり比較は必須です。 ただ、このとき電話不要を希望する人は多いです。 特に一括見積であると、何社からもしつこい電話がかかってくるようになります。 人によっては迷惑電話のように考えてしまいます。 そうしたとき、SUUMO(スーモ)が提供している見積もり比較サービスを利用しましょう。 電話番号の入力が任意になっているため、電話なしでのやり取りを実現することができます。 フリーメールを利用すれば、さらに匿名性が高まります。 依頼できるリストから、訪問見積もりを依頼する業者を選ぶことも可能であるため、必要な業者からのみ連絡が入るというメリットもあります。 そのため、SUUMO引越し見積もりの口コミや評判は優れています。 そうして引越し業者に見積もりを依頼した後は、やることや段取りを把握したうえで、引越し当日までの準備を完了するようにしましょう。 必要な手続きを済ませることにより、問題なく引越しできるようになります。 引越しのとき、必須となるのが「複数社から見積もりを取ること」です。 引越し価格には定価がなく、引越し業者によって見積もり額はバラバラです。 そのため複数の業者から見積もりを取るだけで、何万円も節約できます。 例えば、以下は5人家族の長距離引越しで見積もりを取ったとき、4社に見積もりを依頼しました。 このとき、最高額は438,264円でした。 一方、 最も安い業者は198,720円であり、半額以下の料金になりました。 複数業者へ依頼しないだけで、大きな損をすることになります。 ただ、自ら業者を探して電話をかけるのは大変です。 そこで、必要な情報を入力するだけで完了する一括見積もりを利用しましょう。 一般的に引越しの一括見積もりでは登録直後、たくさんの電話がかかってきます。 こうした電話が嫌でメールだけで完結したい場合、SUUMO引越し見積もりを利用しましょう。 SUUMO引越し見積もりでは 「電話番号の登録が任意」なので、メールだけで見積もりの日程調節が可能です。 電話が嫌な場合、リクルート社が運営するSUUMO引越し見積もりが最適です。 引越し侍ではアート、サカイ、日通、アリさんなどの大手が登録しており、入力作業は 30秒で終わります。 無料で利用できるサービスなので気軽に利用できます。 さらに大手だけでなく、中小の引越し業者も登録しているので低価格な引越しが可能になります。 最大15社まで見積依頼でき、できるだけ複数の業者の見積もりを取り、最安値で引越しをしたい人に適しています。 おすすめの人気記事 ・引越し料金を値切り、最安値の引越しを実現する時期や価格交渉術 引越し価格を安くするためには、適切な方法が存在します。 見積もりを比較するのは当然として、 例えば休日ではなく平日の引越しにするだけで、1万円以上の値引きは簡単です。 また、同じ日であっても 午前の引越しを午後にするだけでも値引きが可能です。 こうした価格交渉術について解説しています。 ただ、残念ながらこうした割引はまったく意味がありません。 引越しには定価が存在しないからです。 この事実を認識すると、なぜ引越しで何社もの見積もりを取らなければいけないのか理解できるようになります。 格安引越しをするためにも、知識をつけなければいけません。 追加料金が必要になり、非常に高額な引越しになるのです。 ただ、訪問見積もりではどのような流れになるのでしょうか。 またどう接すればいいのでしょうか。 引越し業者の営業マンが訪問に来たときの対処法について確認していきます。 そこで、 ほとんどの人が一括見積サイトを利用します。 ただ、そのような見積もり比較サイトが適切なのでしょうか。 利用方法に違いはあるのでしょうか。 これらを明らかにしていきながら、おすすめの見積もり比較サイトを紹介していきます。

次の

衝撃!SUUMO(スーモ)引越し見積もりを使ってみた結果、85,000円→?

スーモ 引越し

あなたがスーモ(Suumo)のウェブサイトにアクセス。 希望する条件で物件を検索。 気になる物件を取り扱う不動産仲介会社へ連絡。 不動産仲介会社へ出かけて物件を見学。 物件に納得できたら申込・契約。 引越し手続きを進める。 ポイントは、 スーモ(Suumo)が不動産仲介を行っているわけではありません。 ポータルサイトなので、スーモ(Suumo)は全国の不動産・住宅に関する情報を整理・あなたに提供しているだけです。 あなたと大家さんの仲介は不動産仲介会社が行います。 ここで「ではスーモを使う必要ないのでは?」と思う人おもいるでしょう。 ただ全国の不動産や賃貸、住宅の情報をわかりやすく探すことができるのがポータルサイトであり、 正直スーモ(Suumo)のようなサイトを活用しない限り、全国の中からあなたにあった良い物件を探すことは難しいと言えるでしょう。 どのようなサービスなのか• どのような会社が運営しているのか• 他のサービスと比べた場合どうか を説明してきました。 スーモ(Suumo)は全国の賃貸情報を簡単にさがすことのできるポータルサイトで、運営している会社はあのリクルートなので信頼できるサービスと言えます。 顧客満足度も3年連続1位で、詳細カテゴリにおいても全て1位なので、 賃貸ポータルサイトを利用するならスーモ Suumo が一番おすすめです。 ここで「なら?スーモ(Suumo)で部屋探ししてみようかな?」と考える人も多いでしょう。 決めつけるのは早すぎます。 注意してください。 実はスーモ(Suumo)にも注意しなければいけない点があり、知っておかないとあなたの時間一日無駄に過ごすことになります。 それはスーモ(Suumo)だけではなく他の賃貸ポータルサイトに同じことが言えます。 ではここからが本題であるスーモ(Suumo)を実際に使った人の口コミ・評判と、そこからわかる注意点を紹介していきます。 「スーモ(Suumo)」の口コミと評判 このサイトでは利用者の"生の声"を参考にするため、良い口コミのみを抜選している可能性が高い「スーモ(Suumo)」のホームページの情報は参考にしません。 ここでは「Twitter」の口コミを良い評判と悪評に分けて紹介します。 「スーモ(Suumo)」の良い評判・口コミ:アプリが使いやすい お家探し中、、! 仕事しててもプライベートでも、 やっぱりSUUMOが1番使いやすいと思う!🔎🏠 — いづみん izmmmmmm この3人が全く役に立たなかったのでしょうがないから自分で探した。 ユーザー目線で開発されていると考えられるので、スマホで手軽にお部屋を探したい方にお勧めのサービスといえるでしょう。 2件目の口コミのように、スーモ(Suumo)で理想の部屋を見つけた方もいます。 理想の部屋を見つけやすい理由は、登録物件数が多いから。 大手サービスならではのメリットといえそうです。 ではみなさん気になるデメリットもみてみましょう。 「スーモ(Suumo)」の悪評・クレーム:おとり物件が多い SUUMOで散々調べて、良い物件が見つかったから、内見の申し込みをした。 そしたら「現在、オーナー様と連絡が取れず空室の確認ができません。 明日は私が休みなので、明後日連絡します」と。 3日待って来たメール「既に決まっておりました」ホンマ、いい加減にしてくれ。 会社都合の結果に怒り新党。 — 西村 拓朗 starttakuro スーモで出てんのに、その部屋ないんですよね〜ってどういうことだよ。 おとり物件とは、すでに契約者が決まっているにもかかわらず情報サイトに掲載されている人気物件です。 おとり物件が掲載される理由は、人気物件を掲載しておけばそれを魅力に感じるお客さんがたくさん集まるからです。 このようなおとり物件(広告)は消費者庁までも危惧しており、国民に注意喚起をすると同時に業者には措置命令までしております。 参照: ただ実際は多くの不動産会社がスーモ Suumo)などの賃貸ポータルサイト上に嘘の情報を載せているのが実情です。 08%が「成約済み」物件で…リクルートが運営するSUUMOで43. ちなみに他の物件ではこんなのがあります」といわれます。 店舗に日程を合わせ予約し、わざわざ電車や車で来店したのに、あなたの貴重な時間が台無しです。 ではこの悪い点である「おとり物件」どのように対処すればいいのでしょうか。 「スーモ(Suumo)」のおとり物件に対する対処法 ではこの「スーモ(Suumo)」のおとり物件、どのようにすれば無駄足なく対処することができるのでしょうか? 「スーモ(Suumo)」のような賃貸ポータルサイトはおとり物件をなくすことができない スーモ(Suumo)などの賃貸ポータルサイトは、提携する不動産仲介会社が物件情報を更新するためおとり物件をなくすことはできないといわれています。 もちろん、運営会社も対処していると考えられますが、全ての情報をチェックするのは難しいはずです。 そこで無駄足を避けたい人は、下記のサービスがおすすめです。 わざわざ来店せずに部屋の情報がチャットでわかる「ietty」がおすすめ おとり物件を避けたい人にお勧めなのが、チャット型不動産屋さんこと「ietty」です。 チャットで希望する条件を伝えれば、引越し予定46日前まではAIが、引越し予定日まで45日を切ったら経験豊富な営業マンが、日本最大級のデータベースから条件に合う物件を提案してくれます。 しかもスーモ(Suumo)などの大手ポータルサイトに掲載されていない未公開物件も登録されています。 さらには「ietty」を介して契約を結べば、 通常、家賃1カ月分とされる仲介手数料が半額になります。 半額になる理由は、店舗運営にかかる費用をカットして消費者に還元しているからです。 賢くお部屋探ししたい方に最適なサービスといえるでしょう。 実際の利用者の下記のような評判も見えます。 私もiettyで引っ越しました。 仲介手数料も安いし最高だった — こにふぁー konifar ietty の提案力が有能過ぎて今までの部屋探しは何だったのか… — Fumiaki MATSUSHIMA mtsmfm おとり物件に騙されて、無駄足にならず、未公開の物件など物件数もとても豊富で、さらには仲介手数料も半額になるiettyは胸を貼ってオススメできるサービスです。 と同時に、すでに契約者が決まっているにもかかわらず人気物件をサイトに掲載させて、お客さんを集めている「おとり物件」が多数あるという口コミも見つかっております。 店舗に日程を合わせ予約し、わざわざ電車や車で来店したのに、問い合わせしていた物件がすでに契約済みという結果だと、あなたの貴重な時間が台無しです。 対処法しては、チャット型不動産屋さんこと「ietty」がおすすめです。 わざわざ来店せずに担当者とチャットで情報交換することができるため、おとり物件によって時間を無駄にすることはありません。 しかも、未公開の物件など物件数もとても豊富で、さらには仲介手数料も半額になるiettyは胸を貼ってオススメできるサービスです。

次の