セブンイレブン ペイペイ チャージ。 電子マネーの操作方法

セブンイレブンでチャージできる電子マネー/キャッシュレス一覧

セブンイレブン ペイペイ チャージ

チャージ方法は、セブン銀行ATMで「スマートフォンでの取引」を選択し、開始用のQRコードを表示。 PayPayアプリを開き、チャージの項目からセブン銀行ATMをタップし、QRコード読み取りカメラでATM機器に表示されたQRコードを読み取る。 PayPayアプリに表示された企業番号をATMに入力。 ATMで金額を決定後入金してチャージが完了する。 チャージ後の残高は、PayPayアプリの残高画面で確認できる。 現金チャージは1,000円単位で、PayPayライトとしてチャージされる。 1回あたりの入金限度額は50万円。 PayPayのアカウント保有残高上限額は100万円。 アカウントの残高上限額以上の金額はチャージできない。 今回の提携に合わせて「セブン銀行でペイペイ現金チャーーーーーーージがはじまるキャンペーン」を実施する。 期間は7月11日から8月10日まで。 期間中に全国のセブン銀行ATMの上部画面に表示されるQRコードをスキャンし、エントリーしたユーザーを対象に、総額5,000万円分を山分けし、最大200円相当のPayPayボーナスを付与する。

次の

ペイペイの「PayPay残高」にセブンイレブンのATMからチャージする方法

セブンイレブン ペイペイ チャージ

チャージ可能なキャッシュレス• IKOCA• ToICa• nanaco• 楽天Edy• メルペイ• これだけ多くの電子マネーなどのキャッシュレスのチャージがセブンイレブンで可能です。 現金をお使いになるキャッシュレスにチャージ 入金する かたちとなります。 レジで店員さんに「〇〇 交通系電子マネーの名前 のチャージお願いします」と申しでれば、チャージ金額を聞かれるので任意の金額を口頭で伝えます。 その後、チャージ金額分の現金を店員さんにお会計してもらい、交通系電子マネーのICカードまたはモバイル端末をセブンイレブンのレジにタッチするとチャージ完了します。 上記のチャージ手順に順番をつけてみてみると 例えば… チャージする交通系電子マネーの残高がすでに5,000円入っている場合、最大でチャージできる金額は15,000円となります。 またセブンイレブンでは完全にセルフでセブンイレブン店内設置のATMから交通系電子マネーのチャージも可能です。 セブンイレブンでの交通系電子マネーのチャージについて詳しい情報は以下の記事をご覧ください。 LINE Pay ラインペイ やPayPay ペイペイ などのバーコード決済 キャッシュレスという言葉の代名詞とも呼べるLINE PayやPayPayなどのバーコード決済のチャージもセブンイレブンでおこなえます。 そんなバーコード決済も種類が増え、キャンペーン用に色々な種類をスマートフォンにインストールしたという方も多いと思います。 au WALLETカードやLINE Payカードのようなチャージをして使うタイプのクレジットカードはセブンイレブン店内設置のATMにてチャージが可能です。 さらにはdカードのデビットタイプもチャージ可能で、これらはカードにチャージしてカードでクレジット払いとして支払いをすることができますが、スマートフォンのバーコード決済とも連携しているため、どちらで使うこともできます。 例えば… au WALLETカードにチャージした分は「au WALLETカード」で支払いすることにも使え、バーコード決済の「au PAY」の残高でもあるのでau PAYでの支払いにも使えます。 反対にau PAYにチャージしたものはau WALLETカードの残高にも反映されているので同様のことが言えます。 nanacoや楽天Edy セブンイレブンでおなじみのnanacoのチャージ、さらには楽天Edyのチャージもセブンイレブンにて行えます。 nanaco・楽天Edyどちらも、セブンイレブンのレジ・ATMからチャージすることができます。 レジにてチャージする場合は• レジにてnanaco or 楽天Edyのチャージを申し出る• チャージ金額を口頭で伝える• チャージ金額分の現金を払う お釣りは出ます• レジの端末にお手持ちの交通系電子マネーをタッチする• チャージ金額は最低1,000円からの千円単位で残高が最大50,000円になるまでチャージ金額の指定が可能です。 楽天Edyは1度のチャージ限度額が25,000円 セブンイレブンでの電子マネーやキャッシュレスのチャージ方法 上記でセブンイレブンでチャージできる電子マネーなどのキャッシュレスの種類や簡単なチャージ方法をご紹介いたしましたが、ここからセブンイレブンでの詳しいチャージ方法をご紹介いたします。 チャージ方法はレジかATM セブンイレブンでのキャッシュレスのチャージ方法は大きく分けて分けて2つあり、 レジかATMでのチャージとなります。 セブンイレブンのレジでチャージできるものはATMでもチャージが可能なので、セブンイレブンの場合、 チャージをしようと考えたときにATMに行くことをオススメいたします。 セブン銀行ATMでのチャージ方法 主にATMを用いて電子マネーやキャッシュレスのチャージができるセブンイレブンですが、セルフでATMのような機械を触ってチャージをすることに抵抗がある方もいるかと思います。 こちらは上からnanacoとau WALLETカードのチャージをセブンイレブンATMで行った際の動画なのですが、どちらも40秒ほどで終わりました。 レジでもATMでもチャージに手数料はかからない 無料 ここまでセブンイレブンでのチャージ方法をご紹介していますが、 チャージに関する手数料はレジでもATMでも 一切かかりません。 チャージ金額が10万円などの高額な場合も手数料は発生しないので安心してチャージできます。 お得なチャージキャンペーンがあることも セブンイレブンで電子マネーやキャッシュレスをチャージすることによってお得な還元やプレゼントがもらえるキャンペーンがあります。 このようなセブンイレブンでチャージをすることによって還元やプレゼントがもらえるキャンペーンが開催されている時もありますので、ぜひチェックしてみてください。 セブンイレブンでのチャージのすごいところはやはり店内ATMでセルフでチャージが可能だという点です。 また、「セブン銀行ATM」であればチャージが可能なので、セブンイレブンだけでなくショッピングモールや駅構内にあるセブン銀行ATMからでも電子マネーやキャッシュレスのチャージが可能となります。 この記事を読んだ機会に、ぜひセブンイレブンで電子マネーをチャージしてお買い物してみてはいかがでしょうか。

次の

セブンイレブンでチャージできる電子マネー/キャッシュレス一覧

セブンイレブン ペイペイ チャージ

注意! お釣りは出ませんので「1万円入金して3000円だけチャージ。 残りは現金で受け取る」は 出来ません。 必ず必要なぶんだけを入金しましょう。 これでアプリに入金されたはず。 終了です。 ATMから出た領収書も確認しておきましょう。 簡単ですよね?慣れれば30秒で出来ますよ。 セブン銀行が1番簡単でノーリスクです。 銀行口座の登録や、 クレジットカードの紐付けも不要。 買い物の前に、セブンに寄ってチャージするだけ。 非常に低リスクで楽しくキャッシュレス決済ができます。 セブン銀行でのチャージの注意点(お釣りは出ない) ペイペイに過剰にチャージすると後悔するかもしれないですよ。 ペイペイに入れたお金は取り出せない。 お釣りも出ない。 一度ペイペイにチャージしたお金は使うしかありません。 現金に再び引き出すということは 不可能です。 私の失敗例 27000円の家電品を買うために3万円を財布から出し、チャージしたら「お釣りは出ません」との事。 3000円ならいいじゃん、と思うかもですが、 この3000円はペイペイでしか消費できません。 ペイペイが使えないところでは なんの役にも立たないのです。 気をつけてくださいね。 ペイペイのチャージは必要なぶんだけ入れて使おう キャッシュレス決済はとてもお得です。 現金で買うよりも還元率が高いし、Tポイントなどのカードとも併用ができますのでポイントがついて、さらにペイペイでお金が戻ってくる。 この機会にぜひ、キャッシュレス決済、やってみてくださいね。 こんな感じで普段のお買い物で、還元されますよ! \普段のお買い物にはペイペイが便利/.

次の