あん スタ エキセントリック。 『あんスタ!』五奇人が集結! 10連ガチャに挑戦!“スカウト!エキセントリック”で大量の零先輩GET【ビーズログ.com】

あんスタの朔間零さんはなぜ人気なのでしょうか?

あん スタ エキセントリック

五奇人SSS 夏目愛され [newpage] 未だ彼奴は、すやすやと寝入っている。 占いをした後も店主の代わりに働き、そしてたまたま出会った僕らに給仕していたのだから、どうしても疲れが溜まってしまったのだろう。 左肩に感じる重みと暖かさ、そしてあどけない寝顔を、心より愛おしく思い、慈しんでいた。 「……そういえば夏目くんは、そろそろ学院に行かなくてはならないのでは?」 渉が言うも、しかし見ての通り熟睡しており、どう考えても今は、自力では動けない。 では我輩が運ぶかの、髪型だけは昔を維持されたまま零が言うも、それは即座に渉に却下された。 「どさくさに紛れて夏目くんに触ろうと言ったところで、いくら零とは言えども許せませんよ」 率直に言ってずるいです、こちらと零を交互に見遣る渉の、美しいその髪の一束一束が、卓の角でばらばらになってしまいそうで、思わずそちらが気になってしまう。 肩を取られ動けない僕を尻目に、尚のこと応酬は続く。 「私だって夏目くんに頼られたいんです!」 「年寄りを頼るのが世の常じゃ、逆先くんは我輩が預かるぞい」 「第一、宗ばかり頼られているのも納得いきません。 私だって同い年ですよ!」 隙あらばこちらに火の粉を振りかけようとする、この渉の悪癖だけはやめてほしいと思いながら、視界に入る赤と白の美しい髪を梳く。 よほど疲れてしまっていたのだろう。 陶器のようになめらかで美しいこの肌に、以前は見掛けることのなかった隈が、薄らと浮いているのが見て取れた。 「それには『どうかん』ですね~。 でも、わたるは『まだ』じゅうななさいですよね?」 「諦めよ日々樹くん」 「なんと、奏汰まで!」 それは不必要な驚きですよ奏汰、まるでこの世の終わりのような表情をして、美しいかんばせを歪ませて渉が嘆いている。 渉の誕生日が遅いということは、もうどうしようもない事実なのだから、潔く諦めるのが筋だと思うが、そういうことを言ってやる甲斐性は、僕にはあいにく持ち合わせがないものだから仕方ない。 「そもそも奏汰には水槽があるんじゃないですか」 「あう~、これはぼくには『おもい』ので、れいにもってもらおうかと」 だから、ぼくがなっちゃんを『だっこ』しますね。 ちゃっかり荷物を零に押し付け、自分で夏目を運びたいと主張するも、ここまで水槽を運んできたのは誰だと当然の如く返された。 誰一人として自分が連れて行くのだと譲らず、ただただ平行線をたどるだけの話し合い、もとい兄馬鹿の集い。 誰が運ぼうが、もう好きにすればいいだろうと言いかけたところで、まるでぐずるような声を上げ、話題の渦中である小僧が目を覚ました。 「ワァ、いつの間にカ、寝てタ……にいさんたち、オハヨウ」 寝ぼけ眼をこすりつつ、左肩から赤髪が起き上がる。 離れてしまったぬくもりに若干の喪失感を覚えつつも、このどうしようもなく、笑えない状況を説明してやった。 気づけば、ぷう、と膨れている奏汰すら本格的に加わっており、喧々諤々と末っ子に構いたい兄たちの争いが勃発していたのだった。 「アハハ。 そんなニ、にいさんたちはボクが大好きなんだネ」 嬉しいナァ、くすぐったそうに笑う様子に、僕らは綺麗にみな固まった。 ああなんて愛らしく華やかな笑顔なのだ、愛しい我らが末息子よ。 そんな顔を見せられたら、何でもしてあげたくなるのが兄心というやつなのだろう。 誰もが即座に思ったことは、想像に難くなかった。 結局は僕も、あれの兄のひとりであり、兄馬鹿の一員であるのだと再認識しながら。 「世界相手にというのは取り消そう。 宇宙相手でも、創造神が相手でもいつでも戦うぞい」 「私たちのとびきりの愛し子の為なら、どこにいても即座に駆けつけます」 「うみの『そこ』からでも、なっちゃんの『そば』に~」 さあこちらにおいで、三者三様に手を伸ばされる。 それを嬉しそうな顔をして眺めた子供は、ああなんて罪な存在なのだろうか、夏目よ。 「せっかく運んでくれるのは嬉しいけド、やっぱり色々安全を考えるとネ。 宗にいさんがいいナ」 だから、どうしてそうなるのか。 目の前の綺麗でうつくしい顔ふたつと、一等かわいらしい顔ひとつを見たか、そこから僕に向けられる殺気を知っているのか。 きっとわからないだろうね、そう文句を並べつつも、常とは違う柔らかい表情になってしまっているのだろうということは、他ならぬ自分が一番よく理解していた。 「……やっぱり先に宗と戦いませんか、奏汰」 「『めいあん』ですね。 しゅう、『かくご』はいいですか?」 「やめんか、ふたりとも」 抱き上げる形に、この腕の中のぬくもりに、今日何度目かもわからぬ愛おしさを覚える。 目の前の物騒な同い年の話は、聞こえないふりをしていればいい。 抱き上げられた夏目が、それはそれは綺麗に僕らへと微笑んだ、在りし日の忘年会。

次の

#7 エキセントリック・スノウ・パーティー‼︎

あん スタ エキセントリック

五奇人SSS 夏目愛され [newpage] 未だ彼奴は、すやすやと寝入っている。 占いをした後も店主の代わりに働き、そしてたまたま出会った僕らに給仕していたのだから、どうしても疲れが溜まってしまったのだろう。 左肩に感じる重みと暖かさ、そしてあどけない寝顔を、心より愛おしく思い、慈しんでいた。 「……そういえば夏目くんは、そろそろ学院に行かなくてはならないのでは?」 渉が言うも、しかし見ての通り熟睡しており、どう考えても今は、自力では動けない。 では我輩が運ぶかの、髪型だけは昔を維持されたまま零が言うも、それは即座に渉に却下された。 「どさくさに紛れて夏目くんに触ろうと言ったところで、いくら零とは言えども許せませんよ」 率直に言ってずるいです、こちらと零を交互に見遣る渉の、美しいその髪の一束一束が、卓の角でばらばらになってしまいそうで、思わずそちらが気になってしまう。 肩を取られ動けない僕を尻目に、尚のこと応酬は続く。 「私だって夏目くんに頼られたいんです!」 「年寄りを頼るのが世の常じゃ、逆先くんは我輩が預かるぞい」 「第一、宗ばかり頼られているのも納得いきません。 私だって同い年ですよ!」 隙あらばこちらに火の粉を振りかけようとする、この渉の悪癖だけはやめてほしいと思いながら、視界に入る赤と白の美しい髪を梳く。 よほど疲れてしまっていたのだろう。 陶器のようになめらかで美しいこの肌に、以前は見掛けることのなかった隈が、薄らと浮いているのが見て取れた。 「それには『どうかん』ですね~。 でも、わたるは『まだ』じゅうななさいですよね?」 「諦めよ日々樹くん」 「なんと、奏汰まで!」 それは不必要な驚きですよ奏汰、まるでこの世の終わりのような表情をして、美しいかんばせを歪ませて渉が嘆いている。 渉の誕生日が遅いということは、もうどうしようもない事実なのだから、潔く諦めるのが筋だと思うが、そういうことを言ってやる甲斐性は、僕にはあいにく持ち合わせがないものだから仕方ない。 「そもそも奏汰には水槽があるんじゃないですか」 「あう~、これはぼくには『おもい』ので、れいにもってもらおうかと」 だから、ぼくがなっちゃんを『だっこ』しますね。 ちゃっかり荷物を零に押し付け、自分で夏目を運びたいと主張するも、ここまで水槽を運んできたのは誰だと当然の如く返された。 誰一人として自分が連れて行くのだと譲らず、ただただ平行線をたどるだけの話し合い、もとい兄馬鹿の集い。 誰が運ぼうが、もう好きにすればいいだろうと言いかけたところで、まるでぐずるような声を上げ、話題の渦中である小僧が目を覚ました。 「ワァ、いつの間にカ、寝てタ……にいさんたち、オハヨウ」 寝ぼけ眼をこすりつつ、左肩から赤髪が起き上がる。 離れてしまったぬくもりに若干の喪失感を覚えつつも、このどうしようもなく、笑えない状況を説明してやった。 気づけば、ぷう、と膨れている奏汰すら本格的に加わっており、喧々諤々と末っ子に構いたい兄たちの争いが勃発していたのだった。 「アハハ。 そんなニ、にいさんたちはボクが大好きなんだネ」 嬉しいナァ、くすぐったそうに笑う様子に、僕らは綺麗にみな固まった。 ああなんて愛らしく華やかな笑顔なのだ、愛しい我らが末息子よ。 そんな顔を見せられたら、何でもしてあげたくなるのが兄心というやつなのだろう。 誰もが即座に思ったことは、想像に難くなかった。 結局は僕も、あれの兄のひとりであり、兄馬鹿の一員であるのだと再認識しながら。 「世界相手にというのは取り消そう。 宇宙相手でも、創造神が相手でもいつでも戦うぞい」 「私たちのとびきりの愛し子の為なら、どこにいても即座に駆けつけます」 「うみの『そこ』からでも、なっちゃんの『そば』に~」 さあこちらにおいで、三者三様に手を伸ばされる。 それを嬉しそうな顔をして眺めた子供は、ああなんて罪な存在なのだろうか、夏目よ。 「せっかく運んでくれるのは嬉しいけド、やっぱり色々安全を考えるとネ。 宗にいさんがいいナ」 だから、どうしてそうなるのか。 目の前の綺麗でうつくしい顔ふたつと、一等かわいらしい顔ひとつを見たか、そこから僕に向けられる殺気を知っているのか。 きっとわからないだろうね、そう文句を並べつつも、常とは違う柔らかい表情になってしまっているのだろうということは、他ならぬ自分が一番よく理解していた。 「……やっぱり先に宗と戦いませんか、奏汰」 「『めいあん』ですね。 しゅう、『かくご』はいいですか?」 「やめんか、ふたりとも」 抱き上げる形に、この腕の中のぬくもりに、今日何度目かもわからぬ愛おしさを覚える。 目の前の物騒な同い年の話は、聞こえないふりをしていればいい。 抱き上げられた夏目が、それはそれは綺麗に僕らへと微笑んだ、在りし日の忘年会。

次の

あんスタの朔間零さんはなぜ人気なのでしょうか?

あん スタ エキセントリック

単に見た目だけで好きなところもあります。 一番の推しではないですが、返礼祭の開花後とかは、個人的にはあんスタのカード中でも1番を争うくらいにイケメンだと思います。 恒常の開花後も、セクシーで、ずっと見てられます。。 浅いところを言えば、 嘘か本当か明らかにされていない吸血鬼設定、「血を飲むとウェってなっちゃう」お茶目なところとか。 「魔王」と「わんこ 晃牙 」の、ホm…くさい関係。 可愛い弟に溺愛だけど報われていない可愛さ ?。 優しげだけど本心の見えないミステリアスさ。 特技がジャズダンス(弟はジャズピアノも弾けるそうで育ちが良さそう)。 とかでしょうか。 あとは、イベストの深めなネタバレも含んできますが、 『五奇人』『三奇人』の筆頭として、英智の前の生徒会長として、夢ノ咲学院の多くの生徒を愛し、そのために東奔西走、『fine』と戦うために戦った末、『五奇人』は負けて人格?とかを滅茶苦茶にされ、今の吸血鬼おじいちゃんキャラに成り果てたこと。 それ以前は全然違う、今の晃牙のような人格であったという謎。 その末に か、もっと前からかは明らかではありませんが 愛する凛月に「裏切った」と言われて嫌われ避けられている報われなさ。 (もともと多くの者を広く愛しすぎて、凛月ひとりを見てあげきれずに一人ぼっちにさせてしまったからか、と考察している人が多いように思います。 )および、凛月自身も、本当に零のことを嫌いな訳ではなくて、兄の性分や過去の寂しかった思いのせいで素直になれずにいるのでは、というような、兄弟のすれ違いのしんどさ。 そうやって過去の勇ましかった零に心底憧れていたのに英智に零を壊され、零が今のような『老いぼれ』『耄碌したジジイ』となってしまった後も、それでもなお零についていって、憧れ慕い続けている晃牙との関係性。 そんな過去を踏まえたうえでの、現在のエキセントリックのガチャストも、『五奇人』の絆が少し明らかにされて、しんどかったです。 など、表向きのキャラクターよりも、イベスト・ガチャストを読んでいくとどこまでも深くてまだまだ闇が多く(零に限りませんが、特に三年生の零や奇人・英智まわり)、魅力的だと思います。 すみません、どこまでが公式で自分の考察で、どこまでが人様の二次創作のネタだったか分からないところもありますが。。 そんな感じで、深みのあるキャラで、見た目も好きなので、零のことは、私も凛月の次に好きです。 他の方も、上記のどのへんかに惹かれて好きになったのではないでしょうか。

次の