スーパー 戦隊 ヒーロー ゲッター。 スーパー戦隊 ヒーローゲッターとは (スーパーセンタイヒーローゲッターとは) [単語記事]

スーパー戦隊ヒーローゲッター 2016 歌詞「Project.R(NoB,高取ヒデアキ,YOFFY,岩崎貴文,SisterMAYO,谷本貴義,五條真由美,高橋秀幸,松原剛志,鎌田章吾,大西洋平)」ふりがな付|歌詞検索サイト【UtaTen】

スーパー 戦隊 ヒーロー ゲッター

R 「スーパー戦隊 ヒーローゲッター〜199ver. 」 撮影 編集 佐藤連 製作会社 「戦隊199ヒーロー」製作委員会 配給 公開 上映時間 80分 製作国 言語 興行収入 9億円 前作 次作 『 ゴーカイジャー ゴセイジャー スーパー戦隊199ヒーロー大決戦』(ゴーカイジャー ゴセイジャー スーパーせんたい199ヒーローだいけっせん)は、より系で公開された、シリーズ『』の『』の劇場版作品である。 キャッチコピーは「 スクリーンでド派手に行くぜ! 概要 [ ] スーパー戦隊35作記念並びに東映創立60周年記念作品。 上映当時のシリーズ現行作品『』とシリーズ前作品『』を中心に、歴代スーパー戦隊35組から総勢199名の戦士が登場する。 蘇った悪の権化・黒十字王率いる悪の軍団との対決を描く。 本作は歴代戦隊の戦士同士の戦闘や、『ゴーカイジャー』テレビ本編では断片的にしか描かれなかったレジェンド大戦の様子が描かれ 、巨大戦では歴代戦隊の巨大メカが多数登場する。 東映プロデューサーのは、既にテレビシリーズで全戦隊を登場させており、多少増やしただけではインパクトに欠けるため、歴代メカも登場させたと述べている。 出演者においても、ゴーカイジャー・ゴセイジャーのメンバーに加えて、歴代戦隊ヒーローのメンバーが登場しオリジナル作品と同じ俳優が演じる。 ラストシーンでは『ゴーカイジャー』テレビ本編に先駆けてゴーカイシルバーが登場する。 公開日は当初を予定していた が、発生の影響で製作に遅れが生じたため、同年へ延期された。 これに伴い、監督のはテレビシリーズのローテーションへの参加が遅れた。 宇都宮は、撮影をしている場合ではないと考えたこともあったが、竹本をはじめとするスタッフ・キャストが「今だからこそやるべき」と声を挙げ完成に至ったことを述べている。 また、黒騎士およびニンジャレッドの声で出演したは、被災地のためにヒーロー経験者が何かできないかと考えていた時にオファーを受け参加したことを語っている。 本作における時系列は、現代パートは『ゴーカイジャー』テレビ本編第16 - 17話の間 、レジェンド大戦パートは『ゴセイジャー』Vシネマ版「」の後 の出来事とされている。 また『ゴーカイジャー』テレビ本編(第17話以降)において、本作の映像が一部使用されている。 スーパー戦隊シリーズの劇場版としては初の本格的な長編作品として制作され、上映時間は歴代最長の80分となった。 評価 [ ] 全国282スクリーンで公開され、2011年6月11 - 12日の初日2日間で興収2億8861万400円、動員24万9007人を記録し映画観客動員ランキング(興行通信社調べ)で初登場第2位を獲得した。 あらすじ [ ] 海賊戦隊ゴーカイジャーが地球に来訪する数年前、宇宙帝国ザンギャックが地球を侵略し始めた。 地球を守るべく立ち上がった34のスーパー戦隊は、満身創痍になりながらも全ての力を集約させザンギャックの第1艦隊を退けるも、その代償としてスーパー戦隊の力はレンジャーキーとなって宇宙へ散らばっていった。 これが後に レジェンド大戦として語られることとなる。 そして数年後の現在。 力を失った戦士たちがそれぞれの人生を歩む中、ゴーカイジャーは宇宙から集めたレンジャーキーを使い、地球へ再侵攻するザンギャックと戦っていたが、ゴセイジャーに変身しようとした際に本物の天装戦隊ゴセイジャーの5人が現れレンジャーキーを奪ってしまう。 力を取り戻したゴセイジャーは変身を遂げ、さらにゴセイナイトのレンジャーキーを返却するよう詰め寄ったため両戦隊の争いに発展してしまう。 そのころ、ザンギャックの旗艦ギガントホースに 黒十字王が出現。 ザンギャックと同盟を組んだ黒十字王はかつてスーパー戦隊に敗れた救星主のブラジラ、総裏大臣ヨゴシマクリタイン、冥府神ダゴンらを蘇らせる。 さらにゴーカイジャーとゴセイジャーが激突している途中、ギガントホースで攻撃し、ゴーカイジャーからレンジャーキーが入った宝箱を奪い取る。 そしてゴーカイジャーとゴセイジャーは3人の強敵によって分断され、別々の異空間へと飛ばされてしまった。 こうした一連の出来事のさなか、戦いから離れた青梅大五郎は幼稚園でを配る仕事をしていた。 ダイデンジンの玩具を持っている園児を見かけて「きっといいことがある」と諭した青梅は次の配布先の幼稚園へ向かう途中でを配達中の天火星・亮と市内を巡回中の胡堂小梅が、あるサラリーマンを相手にしているところに鉢合わせる。 リストラされたサラリーマンはバリブルーンの玩具を売り払うつもりでいたが、もう何もかもどうでもよくなってしまったのだという。 そんな彼を3人の元戦士たちは励まし、希望を失ってはならないと説く。 だが空中に現れた黒十字王の映像が人類に対して宣戦布告をし、絶望をうながすのだった。 異空間で戦うゴーカイジャーとゴセイジャーは、いつしかお互いを認め合い、協力して敵を打破した。 通常空間に帰還した彼らに、ナビィが拾ったゴセイナイトキーで力を取り戻したゴセイナイトが合流する。 すると黒十字王は、先ほど奪ったキーから176人の戦士たちを傀儡として実体化させて2大戦隊に差し向けた。 戦士たちを倒せば元のレンジャーキーに戻せると気づいた両戦隊は圧倒的多数の相手に挑み、ついにすべてのキーを取り戻すが、次に黒十字王は自ら巨大化して疲弊した両戦隊に襲いかかる。 そのときレンジャーキーがまばゆい光を放って両戦隊を包み込むと、13人の歴代戦士が現れてゴセイジャーを激励し、ゴーカイジャーを地球の守り手として認めた。 ゴーカイジャーとゴセイジャーは、33大戦隊から与えられたスーパー戦隊バズーカで黒十字王を吹き飛ばす。 だが、黒十字王は滅んでおらず、巨大な黒十字城としての正体を現して街を無差別に破壊し始める。 2大戦隊は巨大ロボで立ち向かうが、ゴセイグランドはあえなく倒され、ゴセイナイトは戦闘不能となる。 絶望が人々の心を覆いかける中、あのサラリーマンは率先して避難誘導を行い、青梅たちから伝えられた希望を皆に説いていた。 すると彼の持つバリブルーンが、園児のダイデンジンとともに輝きながら宙へ飛んでいった。 街中から集まった輝きは、歴代戦隊とともに戦った飛行メカや巨大ロボを蘇らせる。 黒十字城は再びブラジラらを呼び出して対抗するが、巨大メカ軍団の連携攻撃の前に次々と打ち破られていく。 ゴーカイジャーは光の中で授かったゴレンジャーの大いなる力を発動してゴレンゴーカイオーを完成させ、黒十字城を倒した。 その後、ゴーカイガレオンに招かれたゴセイジャーは、改めてゴーカイジャーにレンジャーキーを渡すと地球の未来を託した。 そして、199番目のヒーローであるゴーカイシルバーが、両戦隊を乗せて空を行くゴーカイガレオンを地上から見つめていた。 登場人物 [ ] 天装戦隊ゴセイジャーの登場人物については「」を参照 レジェンド [ ] 地球を守り続けた、歴代スーパー戦隊34組の戦士達。 本作では、タイトルにあるの他にも様々な人物が、様々な形で登場している。 黒十字王との最終決戦で、レンジャーキーを通してゴーカイジャーとゴセイジャーを応援した。 すでに大いなる力を貰ったデカレンジャーとシンケンジャー、そして、黒十字王との戦いに参加していたゴセイジャー以外の10戦隊の大いなる力をゴーカイジャーに授けた。 黒十字軍と戦ったのリーダーで、歴代戦隊の中心人物。 ザンギャックに苦戦するゴセイジャーをスーパー戦隊の仲間たちの元へ導いた。 犯罪組織クライムと戦ったの行動隊長で、アカレンジャーと並ぶ歴代戦隊の中心人物。 ベーダー一族と戦ったのデンジブルー。 現在は、『デンジマン』と同じ書体のロゴで デンジパンと書かれた屋台を引き、を幼稚園などに配り歩いている。 『』にも登場し、デンジブルーに変身している。 青梅役のは、『バトルフィーバーJ』で演じた曙四郎役で出演する案もあったと証言している。 暗黒科学帝国デスダークと戦ったのゴーグルブラック。 ジャシンカ帝国と戦ったのダイナピンク。 新帝国ギアと戦ったのレッドワン。 暴魔百族と戦ったのレッドターボ。 ゴーマ族と戦ったのリュウレンジャー。 当時は中華料理屋でコック見習いをしていたが、現在では独立して料理店 赤龍軒を持つまでに腕をあげている。 しかし、相変わらず当時からの夢である世界一の餃子を作る為に腕を磨き続けている。 通称:ウメコ。 アリエナイザーと戦ったのデカピンク。 力を失った現在も地球署に勤務。 またマーフィーK9とのコンビも健在である。 ネガティブシンジケートと戦ったのボウケンレッド。 蛮機族ガイアークと戦ったのゴーオンイエロー。 、 外道衆と戦ったのシンケングリーンとシンケンゴールド。 レジェンド大戦終結直後、明石、早輝と共にゴセイジャーと顔を合わせた。 敵対勢力 [ ] 黒十字王 ( くろじゅうじおう ) と戦った、黒十字軍の首領・が歴代戦隊に敗れた敵の怨念を吸収し、パワーアップして復活した姿。 ゴーカイジャーとゴセイジャー、番外戦士を除く176個のレンジャーキーを奪い、実体化して手駒とする。 デザインは篠原保が担当した。 今の子供は黒十字総統を知らないであろうという考えから、篠原はオリジナルのデザインを見ずに描いている。 黒十字城 黒十字王が変身した真の姿である巨大要塞。 その大きさはと同等であり、ゴーカイオーやゴセイグレートをも上回る。 デザインは篠原保が担当した。 30体以上のロボットと相対するため、画面いっぱいに広がるようデザインされている。 『』 黒十字王が大ザンギャックの大幹部として登場。 『』 黒十字王がシン・ジニスやゼット・真などとともにショッカーの怪人として登場。 過去のスーパー戦隊の敵 黒十字王によって復活した、過去のスーパー戦隊と敵対した者たち。 全員、黒十字軍の仮面怪人が着用しているのと同タイプの紋章が入った赤いベルトを腰に巻いている。 ゴセイジャーと戦った地球救星計画の黒幕で、元護星天使の一人。 時間が静止した世界でビービ虫を使ったトリッキーな攻撃でマーベラスとアラタを苦しめる。 黒十字城の手で巨大化して再度復活した際、バリブルーン・スカイエース・ゴーカイオー・ゴセイグレートと戦うが、爆死寸前にスーパー戦隊への恨み節を残す。 ゴーオンジャーと戦った蛮機族ガイアークの最高幹部。 ゴーオンジャー時代と比べキャラクターが息子(ヨゴシュタイン)に近くなっており時代劇風の世界で映画監督を気取りジョー、ルカ、モネ、アグリの4人を痛めつける。 と戦った地底冥府インフェルシアの神々の1人。 、、、 それぞれゴセイジャーと戦い、ブラジラが各組織に所属していた時の仮の姿達。 本作では黒十字城の力で作り出したブラジラの分身体として登場し、最終決戦でオリジナルであるブラジラと共闘する。 、 かつてヨゴシマクリタインと共に世界を荒し回っていたガイアークの重役達。 、 ダゴンと同じく冥府神と呼ばれるインフェルシアの神々達。 、、 それぞれブラジラ、ヨゴシマクリタイン、ダゴンが操る戦闘員たち。 ウガッツは映画スタッフとしても活動する。 装備・戦力 [ ] マシントイプードル ウメコが亮・青梅らと遭遇した時、マーフィーと共に搭乗していたミニパトカー型デカビークル。 がベース。 監督がに語ったところでは「の時代には既になくなっているマシンブルに替わりウメコ専用として与えられた『マシン』」だが、名称・設定とも劇中描写はなくあくまで非公式。 スーパー戦隊バズーカ ゴレンジャーからシンケンジャーまで、33の戦隊の力と想いを結集、具現化させたバズーカ砲。 巨大化した黒十字王に対して使用し、大ダメージを与えた。 ピンクダブルアタックパート2 ゴーカイピンクとスーパーゴセイピンクの合体技で、一部の歴代ピンク戦士達をレンジャーキーに戻した。 なお、いきなりパート2だったことにゴーカイピンクが首をかしげていたが、これは内で同名の技を使用したためである。 ゴーカイクラッシュ ゴーカイオーが2本のゴーカイケンで敵をX字に切り裂く必殺技で、ゴセイグレートのグレートストライクと共にブラジラを倒した。 ゴレンゴーカイオー ゴレンジャーの大いなる力により、ゴーカイオーがバリブルーンと合体した要塞戦闘形態。 5色の煙を上げながら空中を飛行する。 必殺技は、巨大化したゴーカイケンにカシオペアのパワーを込めて敵を両断する ゴーカイハリケーン・カシオペア。 振り下ろされるゴーカイケンにはカシオペア星座のイメージが重なる演出がなされている。 テレビ本編50話にも登場。 バリブルーンのロケット砲による砲撃や、ダイナマンとジェットマン、2つの大いなる力による必殺技を披露した。 歴代戦隊の巨大メカ 『ゴレンジャー』のバリブルーンと『ジャッカー』のスカイエースの2大飛行メカと、『バトルフィーバー』から『シンケンジャー』に登場する1号ロボ達。 人々が大切にしていた玩具に込められた思い が実体化した存在。 ロボットスーツは現存しているもののみ使用され、他はCGや過去のフィルムの編集により表現された。 青梅と亮とウメコの3人に出会ったサラリーマンの持っていた玩具が実体化したもの。 本作では玩具から実体化したものだったが、後に劇場版2作目やテレビ本編50話で登場した際はゴーカイオーの胸から召喚されている。 青梅と出会った幼稚園児の男の子の持っていた玩具が実体化したもの。 キャスト [ ] 過去のスーパー戦隊シリーズで、同名・同団体名のキャラクターを演じたキャストには原典作品名を付記する。 本作に出演した声優や一部の俳優は、各々の担当キャラクター以外にもレジェンド戦隊の戦士たちの声を兼役している。 胡堂小梅 - 『』• サラリーマン - ()• バンドマン - (我が家)• 銀行マン - (我が家)• 天知望 - 『天装戦隊ゴセイジャー』• 園児 -• 先生 -• 女性 - SPECIAL THANKS• 黒田官平 - 『』• 立花レイ - 『』• 郷史朗 - 『』• 炎力 - 『』• ナビィ -• ゴセイナイト - 『』• テンソウダーの声 - 『天装戦隊ゴセイジャー』• 司令官ワルズ・ギル -• 参謀長ダマラス -• 開発技官インサーン -• 特務士官バリゾーグ -• 復活の救星主ブラジラ、彗星のブレドラン、チュパカブラの武レドラン、サイボーグのブレドRUN、血祭のブレドラン - 『天装戦隊ゴセイジャー』、『』• 復活の総裏大臣ヨゴシマクリタイン - 『』• 復活の冥府神ダゴン - 『』• ナレーション、ゴーカイジャー各種アイテムの音声、キレンジャー 、レッドファルコン 、ズバーン -• SPECIAL THANKS• 黒騎士ヒュウガ、ニンジャレッド - 『』、『』• シグナルマン - 『』• デカマスター - 『』• ウルザードファイヤー - 『魔法戦隊マジレンジャー』 スーツアクター [ ]• ゴーカイレッド 、他 -• ゴーカイブルー -• ゴーカイイエロー 、ファイブイエロー -• ゴーカイグリーン 、ゴセイレッド -• ゴーカイピンク -• デカマスター -• アカレンジャー 、レッドターボ -• ビッグワン -• クローバーキング 、ニンジャブラック -• ファイブピンク -• 的場耕二• ニンジャレッド -• 橋口未和• 金田進一• 村岡友憲• 小島美穂• 横田遼• 遠藤誠• 村井亮• 大園千絵• 石井靖見• 岡田貴善• 片伯部浩正• 神前元• 渡辺隼斗• 細川晃弘• 内川仁朗• 福井理沙• 寺本翔悟• ファイブブラック、リュウレンジャー 、黒騎士ヒュウガ -• ダイヤジャック -• 白井雅士 レジェンド大戦 スーツアクター [ ]• 青山雅士• 麻宮竜太• 麻生千稀• 天貝学• 新井仁明• 安藤彩絵• 安藤英行• 飯島浩和• 五十嵐勝平• 池谷英和• 石井典子• 板垣克• 井戸陽• 伊藤逢委子• 伊藤啓太• 糸畑妃奈子• 稲垣希• 稲山玄• 稲留正樹• 岩井潤一• 岩崎香奈• 上田幸一郎• 上田伸哉• 上野晃一• 氏原祐介• 江藤聖矢• 江藤大我• 遠藤力• 及川崇治• 大内貴弘• 大隈厚志• 大倉栄人• 大嶋隆司• 大谷秀一郎• 大森亘• 大家正幸• 小笠原義幸• おがた淳信• 岡部明宏• 小川貴弘• 大河平レオン• 尾崎一彦• 皆葉弘之• 花倉慶吾• 梶聡志• 加藤勉• 門脇大輔• 門脇亨• 河合健志• 川田光太• 菊池創• 北林泰明• 木村大輔• 久慈麗人• 久保翔• 熊田弥生• 栗田正明• 黒瀬まお• 桑原加代• 香田弘臣• 越田みゆ• 児島仁• 木幡良樹• 小林勝弥• 小林浩• 小松雅樹• 小村泰士• 小森秀一• 小山圭太• 近藤知行• 斎藤ゆうき• 坂井和也• 酒井博• 坂本泰久• 桜井淳美• 桜井広海• 佐々木俊• 佐藤公介• 佐藤慎也• 佐野夏海• 佐野弥生• 椎名和隆• 塩月竜• 柴田淳司• 島崎友之• 島田朋尚• 島田陽生• 清水洋• 下唐湊洋輔• 白尾聡洋• 白濱孝次• 新宮崇太• 菅生良明• 鈴木章吾• 鈴木大地• 鈴木陽介• 関澤務• 関谷健利• 世名圭吾• 染川あゆみ• 染川達• 高野光平• 高野高志• 高橋圭一• 高橋友也• 高橋麻琴• 田中大登• 滝川拳• 竹原成美• 田中由馬• 田沼ジョージ• 田野哲也• 丹野宜政• 寺田ミオ• 堂屋将之• 戸谷秀克• ともえりん• 仲龍二• 長尾和彦• 長門博英• 長沼大輔• 仲根司• 中江健一• 中西奨• 中村聡一郎• 那珂村タカコ• 中村宏毅• 中昜亜夢• 成田ひより• 成田穣• 難波和宏• 新居瑞紀• 二階堂真理恵• 西村正明• 二ノ宮謙一• 根上純一• 野木龍史• 野貴葵• 野原仁詞• 羽賀聖• 橋本仁• 長谷川誠• 浜崎雄大• 濱田努• 林田葵• はらさわ晃綺• 春宮茉由• 平川慎一郎• 広森春樹• 深澤直仁• 深町健太郎• 福島徹• 福田堅司• 藤井京子• 藤岡範子• 藤田秀和• 藤田よしたか• 舟山弘一• 星川康徳• 前田竜次• 前野強• 桝田光則• 益田康弘• 松本直也• 真鍋恭輔• 水野拓也• 水間健登• 三宅敏夫• 宮戸章匡• 向出淳拓• 村上しほ• 村上貴弘• 村上ヨウ• 村瀬圭子• 村瀬智一• 村田由美子• 本亘平• 森博嗣• 森丘一舟• 森川奈津美• 鵺煌月• 安田よしゆき• 安永晃• 柳川典久• 柳沢勇樹• 山崎智尋• 山崎玲奈• 山下康弘• 山本泰史• 吉田智則• 吉田聖• 吉成由貴• 興那原伊織• 若林達也• 脇早摩• 渡辺勝彦• 渡辺正樹• 渡部未来• 渡辺洋平 スタッフ [ ]• 製作 - 、、松田英史、福原英行、垰義孝、• 企画 - 遠藤茂行、桑田潔、小川政則、日達長夫、小野口征、田代為頼• エグゼクティブ・プロデューサー - 、疋田和樹、加藤和夫• 原作 - 、• プロデューサー - (テレビ朝日)、・(東映)、矢田晃一・深田明宏(東映エージエンシー)、中野剛(東映ビデオ)• 監督 -• アクション監督 - ()• 特撮監督 - ()• 脚本 -• 音楽 - 、、• 撮影 -• 照明 - 本田純一• 美術 -• 編集 - 佐藤連• 録音 - 伝田直樹• 整音 - 小林喬• スクリプター - 渋谷康子• 助監督 - 荒川史絵• 制作担当 - 小林智裕• プロデューサー補 - 望月卓• 視覚効果 - 沖満• キャラクターデザイン - 、• 制作 - 、、、、、• 配給 - 東映 音楽 [ ] 主題歌 「〜199ver. Blu-rayとDVDでのリリース。 ゴーカイジャー ゴセイジャー スーパー戦隊199ヒーロー大決戦 通常版(1枚組)• 映像特典• 特報・劇場予告編・TVスポット集• ノンスーパーED• ゴーカイジャー ゴセイジャー スーパー戦隊199ヒーロー大決戦 コレクターズパック(2枚組)• ディスク1:本編ディスク(通常版と同様)• ディスク2:特典DVD• スーパー戦隊199ヒーローメイキング大決戦• 完成披露試写会舞台挨拶• 公開初日舞台挨拶• ゴーカイトーク• ゴーカイファイル• 黒十字軍ファイル• デザインファイル• ポスタービジュアル• 初回限定特典• スーパー戦隊レジェンドカード(リバーシブル35枚セット) 特番 [ ] 2011年以降、朝日放送系列で公開直前記念番組『地球を守れ! 35スーパー戦隊全員集合! 』を放送。 歴代作品の紹介と映画の見所を紹介。 2011年に放送されたテレビ朝日系「」の企画で歴代作品の裏側などを紹介した。 その他 [ ] 2011年より特典DVD付3作品共通セット前売券が発売されたが、収録の『』予告編内の映像と音声に乱れがある不具合が判明し、無償交換を行っている。 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• 「」2012年2月下旬決算特別号 206頁• 2011年6月7日閲覧。 2011年12月25日閲覧。 57-59, 「PRODUCER INTERVIEW 」• , p. 2011年6月7日閲覧。 2011年6月7日閲覧。 シネマトゥデイ 2011年6月15日• , p. 347• , p. 2011年6月26日閲覧。 海賊戦隊ゴーカイジャー 東映公式サイト. 2011年5月29日閲覧。 2011年6月20日閲覧。 71-80, 「第2章 昭和から平成へ仮面の下のイノベーション 06 」• www. redactionclub. com. 2020年5月17日閲覧。 引用エラー: 無効な タグです。 「 prof」という名前の注釈に対するテキストが指定されていません• 「ゴーカイジャー ゴセイジャー スーパー戦隊199ヒーロー大決戦」『東映ヒーローMAX』Vol. 37、、 4頁。 レジェンド戦隊を読み解く。 , pp. 143-152, 「第4章 東映ヒーロー史に刻み込まれた匠の技と業 13 (東映ヒーローMAX vol. 29掲載)」• 153-162, 「第4章 東映ヒーロー史に刻み込まれた匠の技と業 14 」(東映ヒーローMAX vol. 39掲載)• , pp. 163-171, 「第4章 東映ヒーロー史に刻み込まれた匠の技と業 15 」(東映ヒーローMAX vol. 41掲載) 参考文献 [ ]• 『天装戦隊ゴセイジャー』制作:(デラックス愛蔵版)- 『 超全集版』()特典• 『海賊戦隊ゴーカイジャー』編(デラックス愛蔵版) - 『海賊戦隊ゴーカイジャー Vol. 12 超全集スペシャルボーナスパック』()特典• 『海賊戦隊ゴーカイジャー公式読本 豪快演義』〈グライドメディアムック73〉、2012年6月1日。 『東映スーパー戦隊シリーズ35作品記念公式図録 百化繚乱 [下之巻] 戦隊怪人デザイン大鑑 1995-2012』グライドメディア、2012年10月16日。 『東映ヒーロー仮面俳優列伝』鴬谷五郎[編著]、、2014年12月20日。 外部リンク [ ]•

次の

流田Project スーパー戦隊 ヒーローゲッター 歌詞&動画視聴

スーパー 戦隊 ヒーロー ゲッター

スーパー戦隊 ヒーローゲッターとは、による『』曲。 概要 歌: (、秀幸、YY、IMO、、、、、文、、籠裕、、押沙) :、 ・: にの『』ととして発売された。 どんな曲かと端的に説明すれば、 言えるかな?。 歴代のを受け継いだというの設定に合わせ、第1作の『』から前作『』までのを曲の中で紹介していくおぼえ歌になっている。 とてもではないが1本分の尺では全てのを紹介できないため、3番までにされ、放映時は1番から順番に3週でする形で流されている。 『199大』の開中は、放映ののがの予告になり、に合わせてそれぞれのが登場するが流された。 またのでは、1~3番の部分を一部して紹介を合わせた「スーパー戦隊 ヒーローゲッター〜199ver. 」が使用された。 紹介のは、それぞれ各の特徴を端的に現したが使用されているが、の「 ともよ どうして 」(冒頭の「友よ、君たちはなぜに魂を売ったのか?」から)、の「 は トディ」(「戦う」と呼ばれたことから)など、一部突っ込みどころのあるが含まれている。 またの中には歴代のを担当したが多く、自分が担当したのの部分を歌うというお遊び的要素が取り込まれている 例として「のだ 」の部分は文が歌っている 終了後にはNow&Foerが開され、ともに加えられている。 さらに放送回を迎えた「」では6も開され、からまでの追加とのが加えられた。 関連商品 関連コミュニティ 関連項目•

次の

スーパー戦隊 ヒーローゲッターとは (スーパーセンタイヒーローゲッターとは) [単語記事]

スーパー 戦隊 ヒーロー ゲッター

R 「スーパー戦隊 ヒーローゲッター〜199ver. 」 撮影 編集 佐藤連 製作会社 「戦隊199ヒーロー」製作委員会 配給 公開 上映時間 80分 製作国 言語 興行収入 9億円 前作 次作 『 ゴーカイジャー ゴセイジャー スーパー戦隊199ヒーロー大決戦』(ゴーカイジャー ゴセイジャー スーパーせんたい199ヒーローだいけっせん)は、より系で公開された、シリーズ『』の『』の劇場版作品である。 キャッチコピーは「 スクリーンでド派手に行くぜ! 概要 [ ] スーパー戦隊35作記念並びに東映創立60周年記念作品。 上映当時のシリーズ現行作品『』とシリーズ前作品『』を中心に、歴代スーパー戦隊35組から総勢199名の戦士が登場する。 蘇った悪の権化・黒十字王率いる悪の軍団との対決を描く。 本作は歴代戦隊の戦士同士の戦闘や、『ゴーカイジャー』テレビ本編では断片的にしか描かれなかったレジェンド大戦の様子が描かれ 、巨大戦では歴代戦隊の巨大メカが多数登場する。 東映プロデューサーのは、既にテレビシリーズで全戦隊を登場させており、多少増やしただけではインパクトに欠けるため、歴代メカも登場させたと述べている。 出演者においても、ゴーカイジャー・ゴセイジャーのメンバーに加えて、歴代戦隊ヒーローのメンバーが登場しオリジナル作品と同じ俳優が演じる。 ラストシーンでは『ゴーカイジャー』テレビ本編に先駆けてゴーカイシルバーが登場する。 公開日は当初を予定していた が、発生の影響で製作に遅れが生じたため、同年へ延期された。 これに伴い、監督のはテレビシリーズのローテーションへの参加が遅れた。 宇都宮は、撮影をしている場合ではないと考えたこともあったが、竹本をはじめとするスタッフ・キャストが「今だからこそやるべき」と声を挙げ完成に至ったことを述べている。 また、黒騎士およびニンジャレッドの声で出演したは、被災地のためにヒーロー経験者が何かできないかと考えていた時にオファーを受け参加したことを語っている。 本作における時系列は、現代パートは『ゴーカイジャー』テレビ本編第16 - 17話の間 、レジェンド大戦パートは『ゴセイジャー』Vシネマ版「」の後 の出来事とされている。 また『ゴーカイジャー』テレビ本編(第17話以降)において、本作の映像が一部使用されている。 スーパー戦隊シリーズの劇場版としては初の本格的な長編作品として制作され、上映時間は歴代最長の80分となった。 評価 [ ] 全国282スクリーンで公開され、2011年6月11 - 12日の初日2日間で興収2億8861万400円、動員24万9007人を記録し映画観客動員ランキング(興行通信社調べ)で初登場第2位を獲得した。 あらすじ [ ] 海賊戦隊ゴーカイジャーが地球に来訪する数年前、宇宙帝国ザンギャックが地球を侵略し始めた。 地球を守るべく立ち上がった34のスーパー戦隊は、満身創痍になりながらも全ての力を集約させザンギャックの第1艦隊を退けるも、その代償としてスーパー戦隊の力はレンジャーキーとなって宇宙へ散らばっていった。 これが後に レジェンド大戦として語られることとなる。 そして数年後の現在。 力を失った戦士たちがそれぞれの人生を歩む中、ゴーカイジャーは宇宙から集めたレンジャーキーを使い、地球へ再侵攻するザンギャックと戦っていたが、ゴセイジャーに変身しようとした際に本物の天装戦隊ゴセイジャーの5人が現れレンジャーキーを奪ってしまう。 力を取り戻したゴセイジャーは変身を遂げ、さらにゴセイナイトのレンジャーキーを返却するよう詰め寄ったため両戦隊の争いに発展してしまう。 そのころ、ザンギャックの旗艦ギガントホースに 黒十字王が出現。 ザンギャックと同盟を組んだ黒十字王はかつてスーパー戦隊に敗れた救星主のブラジラ、総裏大臣ヨゴシマクリタイン、冥府神ダゴンらを蘇らせる。 さらにゴーカイジャーとゴセイジャーが激突している途中、ギガントホースで攻撃し、ゴーカイジャーからレンジャーキーが入った宝箱を奪い取る。 そしてゴーカイジャーとゴセイジャーは3人の強敵によって分断され、別々の異空間へと飛ばされてしまった。 こうした一連の出来事のさなか、戦いから離れた青梅大五郎は幼稚園でを配る仕事をしていた。 ダイデンジンの玩具を持っている園児を見かけて「きっといいことがある」と諭した青梅は次の配布先の幼稚園へ向かう途中でを配達中の天火星・亮と市内を巡回中の胡堂小梅が、あるサラリーマンを相手にしているところに鉢合わせる。 リストラされたサラリーマンはバリブルーンの玩具を売り払うつもりでいたが、もう何もかもどうでもよくなってしまったのだという。 そんな彼を3人の元戦士たちは励まし、希望を失ってはならないと説く。 だが空中に現れた黒十字王の映像が人類に対して宣戦布告をし、絶望をうながすのだった。 異空間で戦うゴーカイジャーとゴセイジャーは、いつしかお互いを認め合い、協力して敵を打破した。 通常空間に帰還した彼らに、ナビィが拾ったゴセイナイトキーで力を取り戻したゴセイナイトが合流する。 すると黒十字王は、先ほど奪ったキーから176人の戦士たちを傀儡として実体化させて2大戦隊に差し向けた。 戦士たちを倒せば元のレンジャーキーに戻せると気づいた両戦隊は圧倒的多数の相手に挑み、ついにすべてのキーを取り戻すが、次に黒十字王は自ら巨大化して疲弊した両戦隊に襲いかかる。 そのときレンジャーキーがまばゆい光を放って両戦隊を包み込むと、13人の歴代戦士が現れてゴセイジャーを激励し、ゴーカイジャーを地球の守り手として認めた。 ゴーカイジャーとゴセイジャーは、33大戦隊から与えられたスーパー戦隊バズーカで黒十字王を吹き飛ばす。 だが、黒十字王は滅んでおらず、巨大な黒十字城としての正体を現して街を無差別に破壊し始める。 2大戦隊は巨大ロボで立ち向かうが、ゴセイグランドはあえなく倒され、ゴセイナイトは戦闘不能となる。 絶望が人々の心を覆いかける中、あのサラリーマンは率先して避難誘導を行い、青梅たちから伝えられた希望を皆に説いていた。 すると彼の持つバリブルーンが、園児のダイデンジンとともに輝きながら宙へ飛んでいった。 街中から集まった輝きは、歴代戦隊とともに戦った飛行メカや巨大ロボを蘇らせる。 黒十字城は再びブラジラらを呼び出して対抗するが、巨大メカ軍団の連携攻撃の前に次々と打ち破られていく。 ゴーカイジャーは光の中で授かったゴレンジャーの大いなる力を発動してゴレンゴーカイオーを完成させ、黒十字城を倒した。 その後、ゴーカイガレオンに招かれたゴセイジャーは、改めてゴーカイジャーにレンジャーキーを渡すと地球の未来を託した。 そして、199番目のヒーローであるゴーカイシルバーが、両戦隊を乗せて空を行くゴーカイガレオンを地上から見つめていた。 登場人物 [ ] 天装戦隊ゴセイジャーの登場人物については「」を参照 レジェンド [ ] 地球を守り続けた、歴代スーパー戦隊34組の戦士達。 本作では、タイトルにあるの他にも様々な人物が、様々な形で登場している。 黒十字王との最終決戦で、レンジャーキーを通してゴーカイジャーとゴセイジャーを応援した。 すでに大いなる力を貰ったデカレンジャーとシンケンジャー、そして、黒十字王との戦いに参加していたゴセイジャー以外の10戦隊の大いなる力をゴーカイジャーに授けた。 黒十字軍と戦ったのリーダーで、歴代戦隊の中心人物。 ザンギャックに苦戦するゴセイジャーをスーパー戦隊の仲間たちの元へ導いた。 犯罪組織クライムと戦ったの行動隊長で、アカレンジャーと並ぶ歴代戦隊の中心人物。 ベーダー一族と戦ったのデンジブルー。 現在は、『デンジマン』と同じ書体のロゴで デンジパンと書かれた屋台を引き、を幼稚園などに配り歩いている。 『』にも登場し、デンジブルーに変身している。 青梅役のは、『バトルフィーバーJ』で演じた曙四郎役で出演する案もあったと証言している。 暗黒科学帝国デスダークと戦ったのゴーグルブラック。 ジャシンカ帝国と戦ったのダイナピンク。 新帝国ギアと戦ったのレッドワン。 暴魔百族と戦ったのレッドターボ。 ゴーマ族と戦ったのリュウレンジャー。 当時は中華料理屋でコック見習いをしていたが、現在では独立して料理店 赤龍軒を持つまでに腕をあげている。 しかし、相変わらず当時からの夢である世界一の餃子を作る為に腕を磨き続けている。 通称:ウメコ。 アリエナイザーと戦ったのデカピンク。 力を失った現在も地球署に勤務。 またマーフィーK9とのコンビも健在である。 ネガティブシンジケートと戦ったのボウケンレッド。 蛮機族ガイアークと戦ったのゴーオンイエロー。 、 外道衆と戦ったのシンケングリーンとシンケンゴールド。 レジェンド大戦終結直後、明石、早輝と共にゴセイジャーと顔を合わせた。 敵対勢力 [ ] 黒十字王 ( くろじゅうじおう ) と戦った、黒十字軍の首領・が歴代戦隊に敗れた敵の怨念を吸収し、パワーアップして復活した姿。 ゴーカイジャーとゴセイジャー、番外戦士を除く176個のレンジャーキーを奪い、実体化して手駒とする。 デザインは篠原保が担当した。 今の子供は黒十字総統を知らないであろうという考えから、篠原はオリジナルのデザインを見ずに描いている。 黒十字城 黒十字王が変身した真の姿である巨大要塞。 その大きさはと同等であり、ゴーカイオーやゴセイグレートをも上回る。 デザインは篠原保が担当した。 30体以上のロボットと相対するため、画面いっぱいに広がるようデザインされている。 『』 黒十字王が大ザンギャックの大幹部として登場。 『』 黒十字王がシン・ジニスやゼット・真などとともにショッカーの怪人として登場。 過去のスーパー戦隊の敵 黒十字王によって復活した、過去のスーパー戦隊と敵対した者たち。 全員、黒十字軍の仮面怪人が着用しているのと同タイプの紋章が入った赤いベルトを腰に巻いている。 ゴセイジャーと戦った地球救星計画の黒幕で、元護星天使の一人。 時間が静止した世界でビービ虫を使ったトリッキーな攻撃でマーベラスとアラタを苦しめる。 黒十字城の手で巨大化して再度復活した際、バリブルーン・スカイエース・ゴーカイオー・ゴセイグレートと戦うが、爆死寸前にスーパー戦隊への恨み節を残す。 ゴーオンジャーと戦った蛮機族ガイアークの最高幹部。 ゴーオンジャー時代と比べキャラクターが息子(ヨゴシュタイン)に近くなっており時代劇風の世界で映画監督を気取りジョー、ルカ、モネ、アグリの4人を痛めつける。 と戦った地底冥府インフェルシアの神々の1人。 、、、 それぞれゴセイジャーと戦い、ブラジラが各組織に所属していた時の仮の姿達。 本作では黒十字城の力で作り出したブラジラの分身体として登場し、最終決戦でオリジナルであるブラジラと共闘する。 、 かつてヨゴシマクリタインと共に世界を荒し回っていたガイアークの重役達。 、 ダゴンと同じく冥府神と呼ばれるインフェルシアの神々達。 、、 それぞれブラジラ、ヨゴシマクリタイン、ダゴンが操る戦闘員たち。 ウガッツは映画スタッフとしても活動する。 装備・戦力 [ ] マシントイプードル ウメコが亮・青梅らと遭遇した時、マーフィーと共に搭乗していたミニパトカー型デカビークル。 がベース。 監督がに語ったところでは「の時代には既になくなっているマシンブルに替わりウメコ専用として与えられた『マシン』」だが、名称・設定とも劇中描写はなくあくまで非公式。 スーパー戦隊バズーカ ゴレンジャーからシンケンジャーまで、33の戦隊の力と想いを結集、具現化させたバズーカ砲。 巨大化した黒十字王に対して使用し、大ダメージを与えた。 ピンクダブルアタックパート2 ゴーカイピンクとスーパーゴセイピンクの合体技で、一部の歴代ピンク戦士達をレンジャーキーに戻した。 なお、いきなりパート2だったことにゴーカイピンクが首をかしげていたが、これは内で同名の技を使用したためである。 ゴーカイクラッシュ ゴーカイオーが2本のゴーカイケンで敵をX字に切り裂く必殺技で、ゴセイグレートのグレートストライクと共にブラジラを倒した。 ゴレンゴーカイオー ゴレンジャーの大いなる力により、ゴーカイオーがバリブルーンと合体した要塞戦闘形態。 5色の煙を上げながら空中を飛行する。 必殺技は、巨大化したゴーカイケンにカシオペアのパワーを込めて敵を両断する ゴーカイハリケーン・カシオペア。 振り下ろされるゴーカイケンにはカシオペア星座のイメージが重なる演出がなされている。 テレビ本編50話にも登場。 バリブルーンのロケット砲による砲撃や、ダイナマンとジェットマン、2つの大いなる力による必殺技を披露した。 歴代戦隊の巨大メカ 『ゴレンジャー』のバリブルーンと『ジャッカー』のスカイエースの2大飛行メカと、『バトルフィーバー』から『シンケンジャー』に登場する1号ロボ達。 人々が大切にしていた玩具に込められた思い が実体化した存在。 ロボットスーツは現存しているもののみ使用され、他はCGや過去のフィルムの編集により表現された。 青梅と亮とウメコの3人に出会ったサラリーマンの持っていた玩具が実体化したもの。 本作では玩具から実体化したものだったが、後に劇場版2作目やテレビ本編50話で登場した際はゴーカイオーの胸から召喚されている。 青梅と出会った幼稚園児の男の子の持っていた玩具が実体化したもの。 キャスト [ ] 過去のスーパー戦隊シリーズで、同名・同団体名のキャラクターを演じたキャストには原典作品名を付記する。 本作に出演した声優や一部の俳優は、各々の担当キャラクター以外にもレジェンド戦隊の戦士たちの声を兼役している。 胡堂小梅 - 『』• サラリーマン - ()• バンドマン - (我が家)• 銀行マン - (我が家)• 天知望 - 『天装戦隊ゴセイジャー』• 園児 -• 先生 -• 女性 - SPECIAL THANKS• 黒田官平 - 『』• 立花レイ - 『』• 郷史朗 - 『』• 炎力 - 『』• ナビィ -• ゴセイナイト - 『』• テンソウダーの声 - 『天装戦隊ゴセイジャー』• 司令官ワルズ・ギル -• 参謀長ダマラス -• 開発技官インサーン -• 特務士官バリゾーグ -• 復活の救星主ブラジラ、彗星のブレドラン、チュパカブラの武レドラン、サイボーグのブレドRUN、血祭のブレドラン - 『天装戦隊ゴセイジャー』、『』• 復活の総裏大臣ヨゴシマクリタイン - 『』• 復活の冥府神ダゴン - 『』• ナレーション、ゴーカイジャー各種アイテムの音声、キレンジャー 、レッドファルコン 、ズバーン -• SPECIAL THANKS• 黒騎士ヒュウガ、ニンジャレッド - 『』、『』• シグナルマン - 『』• デカマスター - 『』• ウルザードファイヤー - 『魔法戦隊マジレンジャー』 スーツアクター [ ]• ゴーカイレッド 、他 -• ゴーカイブルー -• ゴーカイイエロー 、ファイブイエロー -• ゴーカイグリーン 、ゴセイレッド -• ゴーカイピンク -• デカマスター -• アカレンジャー 、レッドターボ -• ビッグワン -• クローバーキング 、ニンジャブラック -• ファイブピンク -• 的場耕二• ニンジャレッド -• 橋口未和• 金田進一• 村岡友憲• 小島美穂• 横田遼• 遠藤誠• 村井亮• 大園千絵• 石井靖見• 岡田貴善• 片伯部浩正• 神前元• 渡辺隼斗• 細川晃弘• 内川仁朗• 福井理沙• 寺本翔悟• ファイブブラック、リュウレンジャー 、黒騎士ヒュウガ -• ダイヤジャック -• 白井雅士 レジェンド大戦 スーツアクター [ ]• 青山雅士• 麻宮竜太• 麻生千稀• 天貝学• 新井仁明• 安藤彩絵• 安藤英行• 飯島浩和• 五十嵐勝平• 池谷英和• 石井典子• 板垣克• 井戸陽• 伊藤逢委子• 伊藤啓太• 糸畑妃奈子• 稲垣希• 稲山玄• 稲留正樹• 岩井潤一• 岩崎香奈• 上田幸一郎• 上田伸哉• 上野晃一• 氏原祐介• 江藤聖矢• 江藤大我• 遠藤力• 及川崇治• 大内貴弘• 大隈厚志• 大倉栄人• 大嶋隆司• 大谷秀一郎• 大森亘• 大家正幸• 小笠原義幸• おがた淳信• 岡部明宏• 小川貴弘• 大河平レオン• 尾崎一彦• 皆葉弘之• 花倉慶吾• 梶聡志• 加藤勉• 門脇大輔• 門脇亨• 河合健志• 川田光太• 菊池創• 北林泰明• 木村大輔• 久慈麗人• 久保翔• 熊田弥生• 栗田正明• 黒瀬まお• 桑原加代• 香田弘臣• 越田みゆ• 児島仁• 木幡良樹• 小林勝弥• 小林浩• 小松雅樹• 小村泰士• 小森秀一• 小山圭太• 近藤知行• 斎藤ゆうき• 坂井和也• 酒井博• 坂本泰久• 桜井淳美• 桜井広海• 佐々木俊• 佐藤公介• 佐藤慎也• 佐野夏海• 佐野弥生• 椎名和隆• 塩月竜• 柴田淳司• 島崎友之• 島田朋尚• 島田陽生• 清水洋• 下唐湊洋輔• 白尾聡洋• 白濱孝次• 新宮崇太• 菅生良明• 鈴木章吾• 鈴木大地• 鈴木陽介• 関澤務• 関谷健利• 世名圭吾• 染川あゆみ• 染川達• 高野光平• 高野高志• 高橋圭一• 高橋友也• 高橋麻琴• 田中大登• 滝川拳• 竹原成美• 田中由馬• 田沼ジョージ• 田野哲也• 丹野宜政• 寺田ミオ• 堂屋将之• 戸谷秀克• ともえりん• 仲龍二• 長尾和彦• 長門博英• 長沼大輔• 仲根司• 中江健一• 中西奨• 中村聡一郎• 那珂村タカコ• 中村宏毅• 中昜亜夢• 成田ひより• 成田穣• 難波和宏• 新居瑞紀• 二階堂真理恵• 西村正明• 二ノ宮謙一• 根上純一• 野木龍史• 野貴葵• 野原仁詞• 羽賀聖• 橋本仁• 長谷川誠• 浜崎雄大• 濱田努• 林田葵• はらさわ晃綺• 春宮茉由• 平川慎一郎• 広森春樹• 深澤直仁• 深町健太郎• 福島徹• 福田堅司• 藤井京子• 藤岡範子• 藤田秀和• 藤田よしたか• 舟山弘一• 星川康徳• 前田竜次• 前野強• 桝田光則• 益田康弘• 松本直也• 真鍋恭輔• 水野拓也• 水間健登• 三宅敏夫• 宮戸章匡• 向出淳拓• 村上しほ• 村上貴弘• 村上ヨウ• 村瀬圭子• 村瀬智一• 村田由美子• 本亘平• 森博嗣• 森丘一舟• 森川奈津美• 鵺煌月• 安田よしゆき• 安永晃• 柳川典久• 柳沢勇樹• 山崎智尋• 山崎玲奈• 山下康弘• 山本泰史• 吉田智則• 吉田聖• 吉成由貴• 興那原伊織• 若林達也• 脇早摩• 渡辺勝彦• 渡辺正樹• 渡部未来• 渡辺洋平 スタッフ [ ]• 製作 - 、、松田英史、福原英行、垰義孝、• 企画 - 遠藤茂行、桑田潔、小川政則、日達長夫、小野口征、田代為頼• エグゼクティブ・プロデューサー - 、疋田和樹、加藤和夫• 原作 - 、• プロデューサー - (テレビ朝日)、・(東映)、矢田晃一・深田明宏(東映エージエンシー)、中野剛(東映ビデオ)• 監督 -• アクション監督 - ()• 特撮監督 - ()• 脚本 -• 音楽 - 、、• 撮影 -• 照明 - 本田純一• 美術 -• 編集 - 佐藤連• 録音 - 伝田直樹• 整音 - 小林喬• スクリプター - 渋谷康子• 助監督 - 荒川史絵• 制作担当 - 小林智裕• プロデューサー補 - 望月卓• 視覚効果 - 沖満• キャラクターデザイン - 、• 制作 - 、、、、、• 配給 - 東映 音楽 [ ] 主題歌 「〜199ver. Blu-rayとDVDでのリリース。 ゴーカイジャー ゴセイジャー スーパー戦隊199ヒーロー大決戦 通常版(1枚組)• 映像特典• 特報・劇場予告編・TVスポット集• ノンスーパーED• ゴーカイジャー ゴセイジャー スーパー戦隊199ヒーロー大決戦 コレクターズパック(2枚組)• ディスク1:本編ディスク(通常版と同様)• ディスク2:特典DVD• スーパー戦隊199ヒーローメイキング大決戦• 完成披露試写会舞台挨拶• 公開初日舞台挨拶• ゴーカイトーク• ゴーカイファイル• 黒十字軍ファイル• デザインファイル• ポスタービジュアル• 初回限定特典• スーパー戦隊レジェンドカード(リバーシブル35枚セット) 特番 [ ] 2011年以降、朝日放送系列で公開直前記念番組『地球を守れ! 35スーパー戦隊全員集合! 』を放送。 歴代作品の紹介と映画の見所を紹介。 2011年に放送されたテレビ朝日系「」の企画で歴代作品の裏側などを紹介した。 その他 [ ] 2011年より特典DVD付3作品共通セット前売券が発売されたが、収録の『』予告編内の映像と音声に乱れがある不具合が判明し、無償交換を行っている。 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• 「」2012年2月下旬決算特別号 206頁• 2011年6月7日閲覧。 2011年12月25日閲覧。 57-59, 「PRODUCER INTERVIEW 」• , p. 2011年6月7日閲覧。 2011年6月7日閲覧。 シネマトゥデイ 2011年6月15日• , p. 347• , p. 2011年6月26日閲覧。 海賊戦隊ゴーカイジャー 東映公式サイト. 2011年5月29日閲覧。 2011年6月20日閲覧。 71-80, 「第2章 昭和から平成へ仮面の下のイノベーション 06 」• www. redactionclub. com. 2020年5月17日閲覧。 引用エラー: 無効な タグです。 「 prof」という名前の注釈に対するテキストが指定されていません• 「ゴーカイジャー ゴセイジャー スーパー戦隊199ヒーロー大決戦」『東映ヒーローMAX』Vol. 37、、 4頁。 レジェンド戦隊を読み解く。 , pp. 143-152, 「第4章 東映ヒーロー史に刻み込まれた匠の技と業 13 (東映ヒーローMAX vol. 29掲載)」• 153-162, 「第4章 東映ヒーロー史に刻み込まれた匠の技と業 14 」(東映ヒーローMAX vol. 39掲載)• , pp. 163-171, 「第4章 東映ヒーロー史に刻み込まれた匠の技と業 15 」(東映ヒーローMAX vol. 41掲載) 参考文献 [ ]• 『天装戦隊ゴセイジャー』制作:(デラックス愛蔵版)- 『 超全集版』()特典• 『海賊戦隊ゴーカイジャー』編(デラックス愛蔵版) - 『海賊戦隊ゴーカイジャー Vol. 12 超全集スペシャルボーナスパック』()特典• 『海賊戦隊ゴーカイジャー公式読本 豪快演義』〈グライドメディアムック73〉、2012年6月1日。 『東映スーパー戦隊シリーズ35作品記念公式図録 百化繚乱 [下之巻] 戦隊怪人デザイン大鑑 1995-2012』グライドメディア、2012年10月16日。 『東映ヒーロー仮面俳優列伝』鴬谷五郎[編著]、、2014年12月20日。 外部リンク [ ]•

次の