郵便局何時まで窓口。 郵便局で新札に交換してもらう方法・交換可能時間・手数料相場

郵便局の営業時間で振込は何時まで?ゆうちょATMでの振込なら何時まで?

郵便局何時まで窓口

まあ、そもそも29日は季節外れの大雪だったので外出するどころではなかったですが…。 この7日間、郵便窓口およびゆうゆう窓口の営業時間は 平日は19時、土日は18時までの短縮となります。 また、24時間営業している郵便局のゆうゆう窓口の営業時間は、 平日は21時、土日は18時までの営業に短縮されます。 郵便局まで営業時間が短縮することから、コロナウィルスの影響がいかに大きいかがわかりますね。 コロナウィルスにより郵便局の休業はある? コロナウィルスによる郵便局の休業は、2020年3月31日時点の情報では休業は ありません。 しかしこれほどの感染拡大を考えると、数日間の休業も考えられなくはありません。 もちろん急ぎの配達もあるでしょうが、基本的に生死に影響するほど緊急の郵便配達ってないと思うんですよね。 コロナウィルスに感染して死んでしまうことのリスクを考えたら…。 コロナウィルスによる郵便局の営業時間への影響、今後どうなる? 2020年3月31日現在、日本郵政グループ社員へのコロナウィルス感染確認が新潟県、東京都、宮崎県などの郵便局であります。 今後も、社員の感染確認が出てくる可能性も高いです。 その時には随時郵便局の営業時間が短縮されるでしょう。 さらに、現在の感染拡大の状況を考えるとまだまだ感染が広がる可能性は高いです。 そうなると、東京都の郵便局だけでなく全国の郵便局で営業時間の短縮・休業も考えられなくはありません。 もちろん数日間や数週間など、短期間とはなると思いますが。 特に24時間の営業に関しては、そこまで長く営業する必要ってないはず。 そもそも今外出する人もほとんどいないでしょうし。 今後も最新の情報がわかり次第、追記していきます。 コロナウィルスによる郵便局の営業時間:まとめ コロナウィルスの影響が本当に大きくて、ここまで広がるとは思っていなかったのでビックリです。 今後は郵便局だけでなく、様々な施設やお店にも影響が出てくるでしょう。 もう既に出ていますし…。 くれぐれも不要不急の外出は避け、みんなで感染拡大防止に努めましょう。

次の

郵便局窓口の営業時間は?【平日・土曜日・日曜日・祝日】ゆうちょATMの利用時間は?

郵便局何時まで窓口

・期日内に郵便物が届いていれば、有効 当日消印有効は、期間までに郵便物が届かなくとも、 消印が期日内に押されていれば、受け取ってもらえる制度になります。 反対に、 当日必着は、消印が期日内でも、 期日までに郵便物が手元に届かないと、受け取ってもらえないのです。 では、それぞれについて、簡単な例から理解していきましょう。 当日消印有効の例 「3月31日当日消印有効」の懸賞ハガキがある。 3月31日に郵便局に持っていき、消印を押してもらった。 郵便物は、4月2日に到着した。 この場合、郵便物は 「有効」になります。 今回は、3月31日に当日消印有効の郵便物ですので、消印を押してもらった日にちが重要になりますよね。 3月31日に消印を押してもらっているため、この郵便物は 4月2日に届いていたとしても、有効です。 必着の例 「3月31日必着」の懸賞ハガキがある。 3月31日に郵便局に持っていき、消印を押してもらった。 郵便物は、4月2日に到着した。 この場合、郵便物は 「無効」となります。 必着の場合、消印を押してもらったとしても、3月31日までに郵便物が届いていなければ、その郵便物は無効となってしまうのです。 ここまでで、当日消印有効の意味合いを理解していただけたかと思います。 続いては、当日消印有効の注意点として、何時までにポストや窓口で投函すればよいのか?という知識を細かく紹介します。 ただ、当日消印有効の注意点として、ポストに投函した場合がポイントです。 ポストから投函する場合、 消印が押されるタイミングは、 「投函するポストごとに違う」ことを知っておきましょう。 ・ポストに投函したとしても、消印がその日に押されるとは限らない 何時までにポストに投函すればよいのか?という問いに、具体的な時間を答えることはできません。 なぜなら、ポストによって集荷の時間が違っていて、 どのタイミングで消印が押されるかわからないからです。 例えば、3月31日当日消印有効のハガキがあるとして、そのハガキを3月31日の19:00にポストに投函したとします。 そのハガキは、 高確率で翌日4月1日に消印が押されることになります。 ポストに投函した時点で消印が押されるわけではなく、郵便局員が集荷し、その後機械で消印を押すことになるのです。 つまり、3月31日にポストに投函しただけでは、 その日に消印が押されるとは限らないということになります。 この部分をきちんと知っておかないと、ポストに投函したはずの当日消印有効のハガキも、無効になってしまう可能性があるわけですね。 重要な書類ほど「窓口」で出しましょう。 当日消印有効の期限が迫っている場合や、願書などの重要な書類を出す場合、 なるべく窓口で消印を押してもらいましょう。 先程、ポストではいつ集荷され、いつ消印が押されるかわからないとお話していきました。 窓口の場合、営業時間内であれば、 郵便物を窓口に提出した時点で消印を押してもらうことができます。 つまり、窓口の営業時間内であれば、当日に持っていっても、 確実に消印を押してもらえるのです。 地域によって営業時間は違いますので、 当日消印有効のハガキは早めに持っていくべきでしょう。 郵便窓口が営業していない!営業時間外の場合はどうする? 当日消印有効の期日当日、郵便局が営業していない!という場合はどうすればよいでしょうか? この場合、 営業している郵便窓口を探す以外の方法がありません。 一般的な郵便局だと、窓口業務は16時〜17時までという場合が多いですよね。 この時間を過ぎて、当日消印有効の郵便物を出す場合は、 「ゆうゆう窓口」を探してみましょう。 ゆうゆう窓口は、一般の窓口業務と時間をずらして営業している窓口のこと。 東京都内などではゆうゆう窓口で 「24時間営業」をしているところもあります。 また、地方の多くの都市部では、 21時〜22時までゆうゆう窓口が開いているようです。 もし、当日消印有効の期限日であるなら、こういったオプションがあることを知っておきましょう。

次の

郵便局の窓口は何時から何時まで?土日の営業時間は?祝日休み?

郵便局何時まで窓口

郵便局の弔電「レタックス」 郵便局の弔電は土日でも受付している? 郵便局の弔電サービス「レタックス」は、 土曜日や日曜日はもちろん祝日や年末年始でも年中無休で申し込みできるので、突然の訃報があってもいつでも電報を送ることができます。 ただし、窓口での申し込みになると郵便局によっては 土日に業務を行っていない(お休み)のところもありますので、その場合は「Webレタックス」もしくは「コールセンター」への申し込みがおすすめです。 郵便局の弔電受付時間は何時まで? 上記のとおり窓口での受付は各郵便局の営業時間に限られますが、ネットから申込みの 「Webレタックス」は24時間いつでも申し込みできます。 コールセンターは24時間とはいきませんが 、朝8:00から夜10時まで年中無休で受け付けしています。 「レタックス」は土日の当日配達も可能! 弔電は、お通夜~葬儀(告別式)までの間に送るのがマナーですので、できるだけ早く送るのがベストです。 郵便局のレタックスもNTTなどの電報と同じく、即日配達可能で 15:30(一部地域は13:30)までの申し込みで土日でも弔電を当日に届けてくれます。 ただし、離島などの一部地域は対象外となりますので配達可能な地域については郵便局の下記ホームページを確認されてください。 レタックス当日配達確認一覧表 郵便局のサービスですので「郵便番号」を使って当日配達可能な地域を確認できます。 郵便番号の最初の1桁(のボタン)を押すと一覧が表示されます。 郵便局の弔電申し込み方法 レタックスの申し込み方法は大きく3つに分かれますので、それぞれの流れを簡単にご説明しておきます。 ネットで弔電を申し込み『Webレタックス』 パソコンを使ってネットから祝電や弔電の申し込みができる便利なサービスです。 大まかな流れは以下のようになります。 Webゆうびんの利用者登録をする• 弔電の台紙を選ぶ• メッセージ(お悔やみ文)を入力する• お届け先(宛名・住所・斎場名)を入力する• 支払い・決済~申し込み完了 利用者登録をする手間が必要ですが、Web割引もありメッセージや台紙もしっかりと選べるので安心です。 電話で弔電を申し込み『コールセンター』 時間がない!忙しいから手早く送りたい!という方にはコールセンターに直接電話をする方法がおすすめです。 お届け先・申込者情報の確認• 支払い方法の確認• 台紙の選択• 差出人・受取人の確認• メッセージ(お悔やみ文)を作成• 申し込み内容確認~完了 すべて電話口で伝えることになるので、予め「差出人・受取人・住所・メッセージ」などの情報をまとめてから申し込みするのがおすすめです。 電報台紙も料金の相場を知っておくと、スムーズに選べます。 郵便局の窓口で弔電を申し込み『郵便窓口』 レタックスはお近くの郵便局窓口でも申し込みできますが、前述のように営業時間外は受付していないこともありますので行く前に確認しておくのがおすすめです。 郵便局の窓口で弔電を申し込み• レタックス専用の原稿用紙に必要事項を記入• 原稿用紙を提出し、料金の支払い~完了 申込用紙はその場で記入して、直接窓口で渡すのが一般的ですが用紙を郵送やFAXで郵便局に送る方法もあります。 弔電料金の支払い方法 弔電料金の支払い方法は、上記の申し込み方法によって使えるものと使えないものがありますので注意されてください。 『Webレタックス』申込みの料金支払い ネットから申し込むWebレタックスの場合は、 クレジットカードもしくは料金後納 (請求書払い等)のどちらかを選ぶことができます。 現金や口座振替などでの支払いはできません。 『コールセンター』申込みの料金支払い コールセンターへの電話申し込みでは、 クレジットカードもしくは電話料金合算請求 のどちらかを選ぶことができます。 ただし、電話料金合算請求はソフトバンクテレコムの「おとくライン」か「クイックライン」の加入者に限られますので、ほぼクレジット一択になります。 『郵便窓口』申込みの料金支払い 直接、窓口で申し込みする時だけ 現金での支払いが可能です。 また、 郵便切手を料金の支払いに使うことも可能で、申込用紙を郵送で送る場合に料金分の切手を貼って送れば料金支払い分として受付してもらえます。 郵便局は弔電と香典をあわせて送れる? 料金支払いとあわせて、弔電といっしょに香典も送れる「マネーレタックス」というサービスが郵便局にはありましたが、郵政民営化後に廃止され現在は弔電メッセージのみを送る「レタックス」のみとなっています。 郵便局の弔電台紙 選べる台紙(種類・料金)が少ない 郵便局の弔電台紙は種類が少なく、一番安い500円台の「弔」から、5,000円台の「うるし風」まで 全部で6種類のみとなっています。 1000円以下の電報は見た目にも安っぽいので、ビジネスや大切な方へ送る弔電としては、 2,000円前後の「刺繍」タイプが相場となっています。 郵便局以外の当日配達可能な電報サービス 郵便局以外ではやはりNTTが最大手の電報サービスになりますが、 2,000円以内の電報は郵便局と同じで種類が少なくあまり見栄えもよくありません。 同じ料金でも種類が豊富で、当日配達が可能なサービスとしては老舗の「VERYCARD」などがおすすめです。

次の