新年 の 挨拶 メール。 新年あいさつ例文/文例一覧

新年に送るビジネス挨拶文まとめ

新年 の 挨拶 メール

新年になると年賀状のやり取りをすることが一般的ですが、最近では年賀状の代りに年賀状メールを送る方も増えてきています。 特に、ビジネスの場(取引先の担当者や仕事上でお付き合いをしている方、プライベートなお付き合いがない方)などでは、新年のご挨拶状として年賀状メールを送ることが一般的になりつつあります。 年賀状メールは年賀状と違い年末に準備するのではなく、送る直前に準備することが多いもの。 そんな年賀状メールを「いつまでに送ればいいのかな?」「文言は年賀状と同じでいいの?」など迷ってしまう方もたくさんいらっしゃいます。 そこで今回は、 ビジネスシーンで使える新年の挨拶である年賀状メールを贈る時期や文例についてご紹介します。 新年の挨拶メールはいつまでOKなの? 年が明けると、新年の挨拶として年賀状をやり取りする方が多くいらっしゃいます。 もちろん、会社として取引先の会社に年賀状を出す場合がほとんどですが、取引先の担当者(個人宛に)などに年賀状を送るのは少し気が引けたりするものです。 そこで最近は、手軽に送れるメールを使って 「新年のご挨拶」をされる方が増えてきています。 また、仕事上のお付き合いをしている方への、新年の挨拶メールはいつまでに送れば良いのかなど悩まれる人もいらっしゃいます。 一般的に、年賀状メールに限らず、新年の挨拶状を送る期限は、 1月7日(松の内)までとされています。 地域によっては、1月15日(小正月)まで送る場合もあります。 また、どちらか不安な方は、 1月7日までに送るようにしましょう。 「仕事始めの日」に送るのが決まっているわけではありませんが、遅くなりすぎても失礼になりますので気をつけましょう。 取引先への挨拶回りをする前に、取り急ぎの挨拶として送りましょう。 また、新年の挨拶回りをする前に 年賀状メールと一緒にアポイントを取るなどもよいでしょう。 新年の挨拶メール ビジネスの場合は? ビジネス(取引先の担当者個人宛に)で送るメールで気をつけたいことがあります。 それは、 「Bcc」などを使って一斉に送信をしないこと! です。 年賀状メールのメリットは、年賀状を書くよりも簡単に、多くの方へ送ることが出来ます。 もともと「年賀状」は新年のご挨拶に 直接伺うことが出来ない方への略式の挨拶状です。 そして、年賀状メールは 「年賀状」をさらに略式したものですので、 一斉送信したメールなどでは失礼に当たる可能性があります。 このような文字は極力避けるようにするのがマナーです。 補足: また、例えばDoCoMo、au、softbankなど、キャリアが異なる携帯電話の間でメールをやり取りする場合、全く同じ絵文字でなく、それに該当する絵に自動的に変換されます。 例えば笑顔のマークを送信した場合、DoCoMo、au、softbankのそれぞれの携帯電話から送信されたメールで表示される笑顔の絵文字は、会社ごとに少しずつ顔つきが変わる可能性があるということです。 句読点はつけない 年賀状などの季節の挨拶状には、本来句読点をつけないのがマナーです。 ですので、メールで送る新年の挨拶でも、内容は年賀状と同じ新年の挨拶ですので、句読点は使わずに送るようにしましょう。 もし、読みにくいと感じる場合は、改行やスペースを使って対応するようにしましょう。

次の

アポイントのメールの書き方・返信の仕方|初めて/年末/年始

新年 の 挨拶 メール

上司への新年の挨拶メール 上司や会社の目上の人には、しっかりと新年の挨拶を済ませ、気持ちの良い1年の始まりを迎えたいですよね? 上司や会社の目上の人には、年明けの仕事初日に顔を合わせることがほとんどでしょう。 また、メールで新年の挨拶を済ませる部下を不愉快に思う上司もいるかもしれないので以前にチェックをしておきましょう! メールで新年の挨拶をする場合は、必ず件名に「新年のご挨拶」もしくは「謹んで新年のご挨拶を申し上げます」と入れましょう。 取引先への新年の挨拶メール 大切な取引先には 、1月4日から1月7日頃までに 直接足を運んで新年の挨拶するのがマナーです。 元旦とは1月1日の午前中のことなので入れないように... また年始のビジネスメールに 一斉送信はNGです! 相手に手抜きだと思われてしまうので、CCやBCCでの一斉送信はせず、 きちんと相手の名前を入れて送信しましょう。 また件名に「新年のご挨拶」と入れるのはビジネスマナーになります。 ビジネスマンは新年の挨拶メールは後に回し、先に急ぎの用件のメールから読んできます。 本年も社員一同、より一層の努力をしてまいる所存ですので、何卒昨年同様のご高配を賜りますようお願い申し上げます。 メールにて誠に恐縮ではございますが、皆様のご健勝と貴社の益々のご発展をお祈り申し上げ、年始のご挨拶とさせていただきます。 本年もどうぞよろしくお願いいたします。 平成〇〇年 一月 社名 代表者の役職と名前 社員一同 友達への新年の挨拶メール 友達への新年の挨拶はメールで済ませるという人が多いと思います。 いくら便利になっても、新年の挨拶はやはり年賀状が好まれます。 特に目上の人には。 4 NEW ENTRY.

次の

挨拶メールのポイントって?初めての相手に送るメール文例を徹底解説

新年 の 挨拶 メール

新しい年となり、仕事が始まると訪問先や電話先、そしてビジネスメールのやり取りなどで新年の挨拶を行う機会が多くなります。 その際、年始の挨拶とは、いつからいつまでのことか、件名や内容はどのように記載すればいいのか、迷う方もいるのではないでしょうか。 新年の挨拶は年末の挨拶に比べ、積極的に行いやすく先方も好意的であることが多いです。 また、新年の挨拶こそ、あまり取引のない顧客に対してもアポイントが取れる良い機会でもあります。 礼節をわきまえつつ営業を行うことで新しい可能性が生まれやすい、新年の挨拶。 年に1度のこの機会、ぜひうまく活用したいものです。 今回は、取引先や顧客に送る年始の挨拶メールのマナーやその例文を紹介します。 しっかりとおさえて、飛躍の年をスタートさせましょう。 年末の挨拶については以下の記事を参考にしてみてください。 新年の挨拶はいつからいつまで? 新年の挨拶「明けましておめでとうございます」を伝える期限は、明確には決められていません。 一般的に松の内までに新年の挨拶をするべきといわれています。 松の内とは、門松などのお飾りを飾っておく期間のことです。 門松は、年神様という毎年正月になるとやってくる豊作や幸せをもたらすといわれる神様が迷わないように目印として飾られているお飾りです。 門松などの飾りを外す「松の内」の終わりは、関東では1月7日、関西では1月15日といわれています。 地域により異なるため年始の挨拶がいつまでかは明確に決められていないのです。 しかし一般的に、地域の慣例があるならばそれに従った方が良いとされています。 もし使っていいのかわからず迷うようならば、「明けましておめでとうございます」の変わりに「本年もよろしくお願いいたします」というフレーズを取り入れることで、違和感のない挨拶ができるでしょう。 参考: 新年の挨拶メール例文を紹介 取引先に送る新年の挨拶メールとは、どのようなものなのでしょうか。 大体のフォーマットが決まっているので、例文として紹介します。 ぜひ、参考にしてください。 昨年中は大変お世話になり、誠にありがとうございました。 誠に恐縮ではございますが、メールにて年始の挨拶とさせていただきます。 本年もどうぞよろしくお願い致します。 年も改まり、社員一同これまで以上の努力をもって ご要望にお応えしてまいります。 本年も変わらぬご愛顧のほど何卒お願い申し上げます 2019年元旦 ************** 署名 ************** 参考: 例文3(社内向けメール) 皆さん、新年あけましておめでとうございます。 今年は企業の真価が問われる年となります。 正念場だと心得て、精一杯努力する所存です。 ぜひ全員の心を一つにし、飛躍の年としましょう。 今年もよろしくお願いします。 旧年中は格別のご高配を賜り、深く感謝申し上げます。 これもひとえに、〇〇〇〇様をはじめ多くの皆様のご愛顧の賜物と感謝しております。 本年も旧年同様、一層のサービス向上を目指す所存です。 何卒よろしくお願い申し上げます。 尚、新年は1月0日より皆様のご来店を心よりお待ち申し上げます。 1通1通丁寧に送ることが前提の、新年の挨拶メールは大変かもしれません。 だからこそ送る相手を思い浮かべながら丁寧に送り、今後のビジネスに繋げていきましょう。 年末の挨拶の文例も見てみる.

次の