転生したら悠々自適の皇妃ライフ 無料。 異世界コミック作品まとめ

転生したら悠々自適の皇妃ライフ!?|ネタバレ!4話から最新話・結末までの感想も!|漫画Plus!

転生したら悠々自適の皇妃ライフ 無料

それは、 前世の記憶があること。 そして、今住んでいる世界は 前世で読んだことのある小説の世界だということ。 その小説の内容を知っているレアナは自分がどういった立ち位置かを理解していた。 その立ち位置とは… 悪女。 レアナの夫となる皇帝は仕事人間。 そんな仕事人間は仕方なく愛もない状態でレアナを妻にする。 しかし、その後現れるヒロインに出会い、 皇帝はその女性を愛したのだ。 嫉妬に狂うレアナはヒロインの暗殺を謀るが、それがバレてしまい皇帝によって監獄に幽閉されてしまう… 原作どおりならレアナは幽閉されてしまうのだ。 しかし転生したレアナは違う。 ルマン・E・プリティナ 兄弟がいるなんて知らなかった… と戸惑うレアナだった。 簡単に挨拶を済ますと ポールにルマンのことを聞くレアナ。 原作に無い人だから気になって仕方ないのだ。 するとそこへ レアナは皇帝から呼ばれる。。 ざわつくレアナ。 さらに、そのレアナを大切にしない 皇帝の悪口を言っていた。 それを聞いた皇帝とルマン、そしてテリア財務官。 皇帝は自分の悪口を聞いて怒るが… ルマンは、 「レアナに労いの言葉があれば…」 と言う。 そんなとき、皇帝がレアナとポールが親しげに話している様子を目の当たりにする。 気遣いのあるレアナの行動に驚く皇帝。 (一応礼だけは言っておくか…) なんて思っていたはずが 言葉に出たのは… 「余は条件の通り一切の愛情を与えぬ」 という言葉。 自分でそんなことを言ってしまいハッとする皇帝。 言い直そうとすると… 笑顔のレアナ。 皇帝の愛情を望んでいないと言い 「ご用がお済みならが失礼してもよろしいでしょうか?」 とスマートな対応をするのだった。 レアナが出ていったあとケーキを食べる皇帝… ケーキの美味しさに表情が明るくなる。 「皇妃が持ってきたケーキはもうないのか?」 とテリア財務官に聞く皇帝。 その様子を見てテリア財務官 「もしや…」 「妃殿下が直接お持ちになったケーキをお望みですか?」 と聞くのだった。 5話ネタバレ! 「誰が持ってこようと味は変わるまい」 テリア財務官を子バカにする皇帝。 「味覚というより心理的なものです」 とテリア財務官が言うと 自分の胸が温かくなっていることに気付く皇帝。 しかしそれが何なのかは理解していない様子だった。 その様子を見て テリア財務官の表情が明るくなる。 さらにポールとレアナが親しくしていたことについても、モヤモヤしている様子。 「釘を刺しておかねば…」 独り言のように話す皇帝だった。 それだけで全てを察するレアナ。 冷たい表情で 「陛下と言えど口を挟む権利はない」 と言うと、不思議に思うポール。 そこへ皇帝がやってきて 皇帝と二人きりになってしまう。 表情はいつも通りのレアナだったが かなり戸惑っていた。 (なんて声を掛けてイイかわからない!) その間ツーンとしている皇帝。 しかもレアナを凝視…!! すると 「頼みがある」 そういう皇帝 そして…!? 6話ネタバレ! 手を見せてほしいという皇帝。 戸惑いながらも手を差し出すレアナ。 すると… すりすり さすさす 手の甲をさすったり 指先をつまんだり… 何が何だか分からないがされるがままのレアナだった。 その間ずっと さすさすしていた皇帝。 するとそこへ ポールがやってきて執務室へ。 (手を握っている姿を見られても特に動じていない皇帝。 ) しかしポールはおどおど。。 レアナも少し ポォーとしていたのだった。 国境付近で侵入者の痕跡が見つかった件についてルマンが話していた。 早々に話は終わり いそいそと仕事をする皇帝。 1人になると… レアナとのティータイムを思い出し (特に何をしたわけではないが… この手をずっと握っていたい… それしか考えられなかった) そう振り返る皇帝。 これがどういう感情なのかやはり分かっていない皇帝。 そのタイミングで、窓から外を見ると レアナとルマンが外で親しげに話しているところを目撃する。 ズキン 胸が痛む皇帝。 (どう考えても… 皇帝のあの行動は…) (監獄送りにしようとしている…?) 「…そんなわけないでしょ」 と自分で突っ込むレアナだった。 その夜、よく眠れないレアナは 散歩をするため外を歩いていると… ルマンに声を掛けられる。 ルマンはこれから国境に戻るところだったのだ。 レアナの考えた政策について誉めるルマン。 さらに今後の方針について話すレアナ。 そして レアナの手を取り 手にキスをするルマン。 (とりあえず悪い人じゃなさそう) そう思うレアナだったが やはり原作にいないキャラのため 少し警戒をするレアナ。 その現場に神殿でのみ使われる紙が落ちていた。 しかし… すごく落ち込んでいた。 気を遣うポールに対し 「関係ないでしょ」 と言い出すレアナ。 レアナはヒロインについて考えていたのだ。 (もう現れているはずなのに…) (どうして出てこないのよ!!!) (もしかして皇帝が誰かを愛さなくても私は監獄に…) 心配するポール。 そんなポールの心配をよそに 「退屈」 と言い出すレアナだった。 その会議中に突然 ズゥンゴゴゴゴゴ と地震が起こる。 空を見る皇帝。 もう少し距離が縮まってもいいのでは…?と思ったら、1年後となってしまいました…。 ルマンも謎だし。。 そして、 8話にしてやっとヒロインのような人物が登場しましたね…!さてさて、9話からの展開は!? ということで、9話からのネタバレはにて!.

次の

【27話】転生したら悠々自適の皇妃ライフ~ネタバレ最新話のあらすじ・結末までをご紹介~|クレヨンBlog

転生したら悠々自適の皇妃ライフ 無料

Contents• 転生したら悠々自適の王妃ライフ4話ネタバレ 転生したら悠々自適の王妃ライフ4~リアナが気になる皇帝 人々の間でリアナの功績が認められはじめ、リアナと顔を合わせようともしない皇帝に「男として失格」と噂話をするものまで現れました。 それを聞いてたのは皇帝本人! 王宮内での自身の悪口に怒りモードの皇帝。 しかし、そんな皇帝の態度にも「あながちまちがいでもないですよ」と軽く答える家臣たち。 リアナの功績に国民は認め始めているのに、皇帝は「ご苦労だった」の一言もない、と笑顔で嫌味を言われてしまう始末です。 と、皇帝とリアナのことについて話し合っていると、皇帝は窓からポールとリアナが一緒に楽しそうに話しているのを見かけます。 転生したら悠々自適の王妃ライフ4~リアナのケーキ~ 自身の態度に思うところがあったのか、皇帝はリアナを自身の部屋へ呼び出しました。 そこへ、メイドさんがケーキを持ってきますが、皇帝は不思議そうな顔。 リアナが皇帝のことを思って、町で準備してくれたようです。 (皇帝のために、甘さ控えめのものを選んでいたみたい) ニコリ、そのことを伝え、優しく笑うリアナに、皇帝もなんだかびっくりしたような、嬉しそうな表情を浮かべます。 自分のことを思って買ってくれたケーキにお礼を言おうとしますが、家臣たちから茶化されるんじゃないか・・・と想像がよぎります。 でも、やはりお礼は言っておこうと口を開いた瞬間 「余は条件のとおり、一切の愛情を与えぬつもりだ」 となぜか思ってもいないことを口走ってしまい・・・。 しまったと顔をするのですが、リアナは 「ご心配には及びませんわ」 と、皇帝の愛情は望まないし、リアナ自身も、愛情はないときっぱり笑顔で答えるのでした・・・。 転生したら悠々自適の王妃ライフ4~反省する皇帝~ リアナが部屋を出て行ってしまったあと、「やってしまった・・・」と言う顔で反省した様子です。 そして、リアナがせっかく持ってきてくれたケーキを眺めて家臣に促されてようやく口にします。 想像以上の美味しさに、思わず表情も明るくなるのです。 そして、家臣に「皇妃がもってきケーキはもうないのか?」とお代わりをねだるほど。 ポールが持ってきたケーキならあると答える家臣に対して、 「それはいらん」 と断り、 同じものを準備します。 と言われても 「いや・・・何か気にらぬ」 と・・・。 難しい様子皇帝に家臣は 「妃殿下が直接お持ちになられたケーキをお望みですか?」 と聞かれ、はっとした表情を浮かべるのでした!.

次の

異世界コミック作品まとめ

転生したら悠々自適の皇妃ライフ 無料

Contents• 転生したら悠々自適の王妃ライフ4話ネタバレ 転生したら悠々自適の王妃ライフ4~リアナが気になる皇帝 人々の間でリアナの功績が認められはじめ、リアナと顔を合わせようともしない皇帝に「男として失格」と噂話をするものまで現れました。 それを聞いてたのは皇帝本人! 王宮内での自身の悪口に怒りモードの皇帝。 しかし、そんな皇帝の態度にも「あながちまちがいでもないですよ」と軽く答える家臣たち。 リアナの功績に国民は認め始めているのに、皇帝は「ご苦労だった」の一言もない、と笑顔で嫌味を言われてしまう始末です。 と、皇帝とリアナのことについて話し合っていると、皇帝は窓からポールとリアナが一緒に楽しそうに話しているのを見かけます。 転生したら悠々自適の王妃ライフ4~リアナのケーキ~ 自身の態度に思うところがあったのか、皇帝はリアナを自身の部屋へ呼び出しました。 そこへ、メイドさんがケーキを持ってきますが、皇帝は不思議そうな顔。 リアナが皇帝のことを思って、町で準備してくれたようです。 (皇帝のために、甘さ控えめのものを選んでいたみたい) ニコリ、そのことを伝え、優しく笑うリアナに、皇帝もなんだかびっくりしたような、嬉しそうな表情を浮かべます。 自分のことを思って買ってくれたケーキにお礼を言おうとしますが、家臣たちから茶化されるんじゃないか・・・と想像がよぎります。 でも、やはりお礼は言っておこうと口を開いた瞬間 「余は条件のとおり、一切の愛情を与えぬつもりだ」 となぜか思ってもいないことを口走ってしまい・・・。 しまったと顔をするのですが、リアナは 「ご心配には及びませんわ」 と、皇帝の愛情は望まないし、リアナ自身も、愛情はないときっぱり笑顔で答えるのでした・・・。 転生したら悠々自適の王妃ライフ4~反省する皇帝~ リアナが部屋を出て行ってしまったあと、「やってしまった・・・」と言う顔で反省した様子です。 そして、リアナがせっかく持ってきてくれたケーキを眺めて家臣に促されてようやく口にします。 想像以上の美味しさに、思わず表情も明るくなるのです。 そして、家臣に「皇妃がもってきケーキはもうないのか?」とお代わりをねだるほど。 ポールが持ってきたケーキならあると答える家臣に対して、 「それはいらん」 と断り、 同じものを準備します。 と言われても 「いや・・・何か気にらぬ」 と・・・。 難しい様子皇帝に家臣は 「妃殿下が直接お持ちになられたケーキをお望みですか?」 と聞かれ、はっとした表情を浮かべるのでした!.

次の