女性用コンドーム。 どう使うの?避妊の効果は?「女性用コンドーム」の装着方法と基礎知識

コンドーム

女性用コンドーム

女性用コンドームをつけていることは男性にバレる? 彼氏が色々アレルギー持ちで肌がとても弱いです。 ゴムにも負けてしまうらしく以前着用した際にそこに発疹が出て赤く腫れ上がってしまった らしいです。 そのため彼とはいつも生でしていたのですが…。 よくよく考えた時に結婚しているわけでもなくまだお互いに子どものことも考えられないのにそれは御法度だなと。 ゴムの有無は社会的問題にもなっていますし今更ながら罪悪感を感じ、避妊することを考えました。 調べたところ天然ゴムアレルギー向けの素材のものも作られているそうですね。 でもそれも一部の方には合わないという声もあるのでどうなのかなと。 ちなみに彼は他の素材のものは試したことがないそうですが多分無理だと思うとのことです。 本音は色々試して合うものを見つけてもらいたいのですが実際つけるのは彼ですしデリケートな部分なので多分トラウマになってるんじゃないかな…と。 私の場合はカンジダでしたが何度かそこの部分に彼と同様の症状が出て猛烈に痒くトイレやお風呂の時にしみて痛くなったりした経験があるので簡単に試そうとも言えないです。 私の方でも対策を考えましたがピルはど気が引ける部分もありまして…というのも金額的なのもそうですが一番は副作用です。 ピル服用経験ありの友達に聞いたところ体がだるくなったり吐き気がしたりするそうで。 そこまでして身体を重ねるのもなんかなぁ…と。 なので私がゴムをつければ良いのでは?という発想に至ったのですが男性側には付けていることはバレますか?女性用かつラテックスとか極薄のものを使えば彼にバレることはないのではと思うのですが実際のところどうなのでしょうか? 実際経験ある方に教えていただきたいです。 あとアレルギーに関しては人それぞれなので合う合わないあると思いますがオススメのもの、または通常のものもラテックス等の工夫された素材も合わなくて寝るときはこういう工夫をしているよ!等ありましたら是非意見を聞きたいです。 長文失礼しました。 よろしくお願いします。 コンドームの素材には、ラテックス(天然ゴム)、ポリウレタン、イソプレンラバーの3種類あり、ゴムアレルギーがあれば、ラテックス素材のものではアレルギー反応がでます。 01や0. 02などの厚さが商品名になっているものはポリウレタン素材ですから、ゴムアレルギーに対しては大丈夫で、安心して使えます。 しかし、皮膚とのなじみ性が悪く、サイズが合わないとツッパリ感があったり、潤滑不足で擦れたりして、接触アレルギーや炎症を起こす場合もあります。 その点では、イソプレンラバー素材のコンドームはラテックスフリーでゴムアレルギーが起きず、非常に柔らかく伸びる素材なので皮膚にも優しいコンドームでおすすめです。 女性用コンドームは、下記のようなものです。 挿入に時間がかかりますし、膣の入り口から3~5cmほど女性用コンドームの入り口のリングが出ていますので、ばれるどころか興ざめです。 材質は男性用コンドームの数倍厚いポリウレタンか厚い天然ゴムですので、 ポリウレタン製であれば小ごみ袋を使って行っている感触ですし、天然ゴムであればアレルギー対策になりません。 行為中、外にているリングが邪魔にならないように押さえていないといけないそうです。 何より入手が面倒で、コストもかかりますので、おすすめはできません。 中国製の、安心できない?商品でも、6個(6回分)で約2000円です。 コンドームとしては高級品になりますが、イソプレンラバー素材の物がおすすめです。 回答ありがとうございます。 天然ゴム=ラテックスなのですね。 勘違いしておりました。 接触アレルギーともなるともしかしたら彼はゴムに反応というよりはたまたまその時に接触アレルギーを起こしてゴムがダメだと思ったとも考えられますね。 ポリウレタンやイソプランラバーもダメかもしれませんしアレルギーでなくとも接触による炎症を引き起こすかもしれませんし問題なく使えるかも知れません。 やはりこればかりは試してみないとですね。 女性用は一長一短と言った感じですね…。 男性向けのように様々種類があると思ってました…。 彼に内緒で試そうと思いましたがどうやってもバレそうなので彼と話し合って特にオススメのものを勧めてみたいと思います。 ありがとうございます!.

次の

避妊について(2)〜男性用コンドームについて〜<村口きよ女性クリニック>

女性用コンドーム

ゴムアレルギーとは? まずゴムアレルギーとは何でしょうか。 ゴムアレルギーとは ラテックスアレルギーとも呼ばれ、ラテックスという天然ゴムに反応するアレルギーです。 天然ゴムは医療用の製品に多く使用されており、 医療用ゴム手袋やコンドームにも使われています。 特にコンドームはそのシェアの9割以上の素材がラテックスを使用されています。 その程度は人それぞれになりますが、軽いものだと 痒みを伴うだけになります。 しかし強く反応する人は 蕁麻疹や喘息を起こします。 さらに酷い方はアレルギーで最も怖い アナフェラキシーショックを起こしてしまう方もみえます。 性行為中に突然このような反応を見せたらパートナーは驚いてしまいます。 驚くだけならいいですが、下手をしたら救急車を呼ぶことにもなりかねません。 アナフェラキシーショックに関しては 命に関わります。 ラテックスアレルギーは男女とも起こりえます。 だからこそこれまでにゴムに反応してアレルギー反応を起こしたことがある人は、 パートナーにそれを伝えコンドームを選ぶときもお互いに相談し配慮する必要があります。 コンドームを付けなければいい!という人もいますが、それでは本末転倒です。 避妊や性病防止の為に付けるものです。 ゴムアレルギーで症状を発症するのも危ないですが、コンドームを付けずに 性病にかかってしまっては元も子もありません。 ではゴムアレルギーの人はどのようなコンドームを選べばいいでしょうか。 ゴムアレルギーな人のコンドームの選び方 コンドームの 9割以上はラテックスを使っていると先ほど説明させていただきました。 実は近年、新しい素材として ポリウレタンという素材を使ったコンドームが作られています。 これがサガミオリジナル002であったり、オカモトコンドームズ0. 02になります。 もちろんこれは一部でしかありませんが、このポリウレタンは天然ゴムではない新しい素材なので ゴムアレルギーが全く起こりません。 また素材のおかげでゴム臭もしません。 ゴムアレルギーの人にはとても 嬉しい素材になります。 このポリイソプレンを使ったものは 新しいコンドームとして注目を集めていますが、こちらもゴム製品ではないため、アレルギーは起こりません。 しかし、コンドームの大半はラテックス素材ですので選択肢がかなり狭まってしまいますよね。 そんな中で、ゴムアレルギーの方でも使える、おすすめのコンドームを厳選し、 ランキング形式でトップ5を紹介させていただきます。 02mmコンドームです。 ポリウレタン仕様となっているため、ゴム臭も一切なくゴムアレルギーも起こりません。 柔らかい仕様となっており、熱伝導性にも優れているので、肌のぬくもりを瞬時に伝えます。 表面が滑らかなのも特徴で、 自然な使用感を得られます。 付けていないような心地よさを得たいと言う方にオススメの商品です。 02mmのコンドームです。 同様に天然ゴムではないため アレルギーは起こりません。 自然な装着感を得られます。 オカモト製は標準サイズの企画が他社よりやや 小さめに設定されているため、サガミ製などで少し隙間ができてしまうという方にはこちらをオススメします。 こちらも天然ゴムではないためゴムアレルギーの方でも安心して使用できる商品となっています。 厚さは 0. 06mmと上記2つより厚めの仕様となっているため、早漏気味の方にはこちらがオススメです。 肌のような柔らかさを持った仕上がりとなっており、潤滑ジェルも使われているため、女性の身体への負担も少ないです。 01mmに仕上げたコンドームになります。 先端から根元までしっかりと全体が薄く製造されています。 ポリウレタン製の為、アレルギーの心配もありません。 熱をよく伝える素材なので、挿入時のひんやり感がなく、 肌のぬくもりを瞬時に伝えます。 ゴム特有のにおいもなく、表面が滑らかな仕上げになっているのも特徴です。 02mm仕上げのポリウレタン仕様のコンドームになります。 ラテックス製のものよりも丈夫で滑らかで、ゴム特有の臭いも全くありません。 こちらも熱伝導性が高いため、ぬくもりが伝わりやすく自然な使用感が得られます。 しなやかで装着しやすく、 もと巻き部分の圧迫感もないため付けていることが気になりません。

次の

避妊について(7)〜女性用コンドームについて〜<村口きよ女性クリニック>

女性用コンドーム

女性用コンドームがあるって知ってましたか? 見た目はビニール袋より小さく、男性用のコンドームよりは大きな感じ。 セックスの前に膣の中に装着して使用するそうなのですが、認知度も使用率も低いのが現状。 だけど実は 避妊率95パーセントを誇る、かなり優秀な避妊具(男性用コンドームは98パーセント)なのだとか! なのになぜ、あまり普及していないの…? 今回はそんな女性用コンドームにまつわる基礎知識を、コスモポリタン アメリカ版からお届け。 が特集した記事によると、1993年に発売された女性用のコンドームは、男性用のコンドームに比べて 装着に時間がかかるのが難点なのだそう。 そのことがあまり普及しない理由なのかも? きちんと装着するには、以下のが必要なんだとか。 (動画も併せてチェックしてみて)• 先端に潤滑ゼリーを塗る• 椅子に片足を掛けるか、横たわるか、スクワットするときのように股を広げる• 内リングが先端に来るように手に持ち、内リングを細長くした状態で(タンポンのように)膣の中に挿入する• 内リングがなるべく膣の奥まで届くように、指で丁寧に押し込む• 指を抜いて、外リングが膣の入り口を覆うように広げる こう説明されてしまうと、確かにめんどくさそうに聞こえるけど、男性用のコンドームだってきちんと装着しようと思えば、それなりにはかかるはず…。 また女性用コンドームに対する意見として、と同様に、"せっかく盛り上がったムードが下がる""気持ち良さが減ってしまう"といったものも多いんだとか。 つまり、正しい使い方以前に、避妊に関する知識の低さや、認識の甘さも敬遠されてしまう理由のひとつなのかも。 また、のも難点。 なかなか人気が出ないが故に、価格が下がらない状況を招いているそう。 男性用のコンドームには、素材や香りなど、いろいろな種類が発売されているけど、残念ながら女性用のコンドームにそこまでの余裕はないということ。 しかしHIV活動家のさんは、「女性用コンドームを使うことで 女性が自分の意志でセーフセックスを行うことが可能になり、より良いセックスライフの実現につながる」、と主張。 確かに女性にとって、充実したセックスライフと同時に、望まない妊娠や性病を自ら防ぐことはとても大きな問題。 女性用コンドームはまだまだ需要が低いけれど、ピルの服用やペッサリー以外に行える 女性主体の避妊法として、選択肢のひとつに加えてみてはいかが? そして男性にも、女性の避妊法にもっと関心を持ってもらいたいものですね。

次の