おいしい給食 評価。 ドラマ『おいしい給食』

劇場版 おいしい給食 Final Battle : 作品情報

おいしい給食 評価

番組内容、放送時間などが実際の放送内容と異なる場合がございます。 TiVo、Gガイド、G-GUIDE、およびGガイドロゴは、米国TiVo Corporationおよび/• またはその関連会社の日本国内における商標または登録商標です。 「Yahoo! テレビ. Gガイド」はYahoo! JAPANのサービスであり、ヤフー株式会社が株式会社GYAOと協力して運営しています。 - - - - -• Copyright C 2020 IPG Inc. All Rights Reserved. Copyright C 2020 GYAO Corporation. All Rights Reserved. Copyright C 2020 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

次の

『おいしい給食』の感想と評価

おいしい給食 評価

情報DB• ブログ 検索• アニメ:• 50音順• ゲーム:• 50音順• 漫画:• 50音順• 文学:• 50音順• ドラマ:• 50音順• 特撮:• 50音順• 日本映画:• 50音順• 海外映画:• 50音順• Web媒体• Web媒体• Web媒体• 論客目録• その他• 常節中学校の校門に立つ数人の教師と当番の生徒。 登校する生徒たちに挨拶している。 その中に立つ教師、甘利田幸男には秘密があった。 それは、給食に愛がある故にそれを愛せない奴を許せない「給食絶対主義者」であること。 給食のために学校に来ているといっても過言ではない。 しかし、給食マニアの教師・甘利田は、ただ心の奥底で給食を愛するだけ。 教師が生徒以上に給食を楽しみにしているなどと知れたら、威厳が失墜するからだ。 だが、そんな彼の前に一人の生徒が挑戦状を叩きつけることになる。 彼の名前は神野ゴウ。 給食に愛がある故に変革を求める13歳だ。 どちらが給食を「おいしく食べるか」。 給食マニアの教師と生徒の、静かな「闘い」がはじまろうとしていた。 評価対象は「作品の中身」。 自作自演厳禁• 品位等書き方に適切さを欠くもの禁止• 著しく無意味な書込み(同じようなことずっと繰り返し言ってるだけも含む)禁止• その作品の評価と全く関係ない書込み禁止違反された場合、削除と違反ポイント付け アク禁等 が行われます。 現在受付けてる削除提案理由• 特定のコメントの批判 作品の評価ではなく評価の評価になっている• 世間一般・他の方の評価・見方の批判 作品の評価ではなく評価の評価になっている• 他人の評価のコピー• どの作品にでもコピペ出来る具体性の無い評価• HNに問題有り 他者の侮辱, 犯罪者名, 公人名 作者等 の使用, etc... 人種差別等差別用語の使用• とりわけ乱暴な言葉遣い(死ね、... 作者・演技者に対する作品の制作能力と関係ない点の批判(もしくは人格批判にまで脱線した批判)• アダルト系用語の他者への配慮の欠ける書き込み• 書いていることと評価付けが逆• 対象作品以外の事柄への語りがメインになってしまっている、または割合は少なくとも比較して過度に貶める形で挿入されている。 但し見てない上での断定評価文・または強過ぎると判断される批判文を書いている場合にはマナー違反として削除されます• 推理系の作品の核心のネタバレ•

次の

劇場版 おいしい給食 Final Battle : 作品情報

おいしい給食 評価

解説 市原隼人演じる給食マニアの中学教師が主人公のコメディドラマ「おいしい給食」の劇場版。 1984年のとある中学校。 給食を愛しすぎるゆえに、給食を愛せないヤツを許せない「給食絶対主義者」である給食マニアの教師・甘利田幸男は、学校から給食がなくなるという信じがたい報せに衝撃を受ける。 一方、甘利田最大のライバルで「どちらがよりおいしく給食を食べるか」という超絶給食バトルを繰り広げている生徒の神野ゴウは、「給食革命」を目指して生徒会選挙への出馬を宣言。 愛する給食を守るため、甘利田は奮闘するが……。 甘利田役を市原が演じるほか、ヒロインの女性教師・御園ひとみ役を武田玲奈、神野ゴウ役を佐藤大志がそれぞれ演じる。 2020年製作/102分/G/日本 配給:AMGエンタテインメント、イオンエンターテイメント スタッフ・キャスト この映画の存在を知った時、「これ、オモロいんかな?」と疑っちゃいました。 正直に言います、面白くなさそうと思いました 関係者の皆さんすいません... 要はタイトルにもある通り、食わず嫌いですよ。 しかし、思ったより何倍も評価がいいでは無いか。 百聞は一見にしかず。 見てみましょう あらま、面白いじゃないの。 食わず嫌いでダメですね〜。 しっかし、つまらないと思って観た映画が面白かった時の喜びといったら何にも変えられないよ。 3150 1984年のとある学校では、給食を愛してやまない愛さぬものを許さない「給食絶対主義」である給食マニアの教師、甘利田幸男 市原隼人 がいた。 とにかく、市原隼人が大好きになりましたよ。 この無口で硬派な先生役が非常に似合っとります。 普段無口な先生が給食の時間になると、生き生きとしているのが見てて可愛らしいし幸せになる。 心の底から楽しんでるし、美味しそうに食べるね〜 女性教師役の人、どっかで見たことあるなと思ったら「暗殺教室」と「新しい王様」に出てた人か。 今日、なんとなくつけたボートレースの番組にも出てらっしゃいました。 偶然だネ 真剣に見てたらお腹すいちゃったよ。 クジラカツ、懐かしいな〜。 給食で一番好きなメニューでした。 最近では無いのかな? ミルメーク、分かる分かる。 一般的なココアと変わった味は量が違うのよね。 イチゴで味変した気持ちもわかるが、ココアじゃないと損した気分になる。 今でも100均とかに売ってますよ。 私もたまに買います 給食メインの映画だから、給食について丁寧に描いているのは普通。 見る前にはここが1番疑問に思ってたんですよ。 給食でどうやって2時間近く持たせるのかってね。 給食だけでは無い。 というか様々な話が出てくるが、全て給食に結び付けている。 素晴らしいね 食わず嫌いもまた、そのうちの一つ。 本の伏線回収、ちゃんとしてくれて嬉しかったですわ。 0ですよ。 3くらい。 7落とした理由を。 ラストの駆け込み感。 急に進みすぎて、お?お?となってしまった。 いやあんた、勝手にしろゆうたでしょう。 後は細かいところですが。 ヤンキーがヤンキーに全然見えないとか、ゴウくんが好き?な女の子とか、放送室の給食とか。 あと10分多くしてそこらへん綺麗に描けたら完璧でしたね。 変わる、変えるって難しんだよ。 今の世界にピッタリのテーマ。 子どもたちよ!大人たちよ!この映画を見てくれぇえ!! 映画の話でもあったし、今回この映画を見て思ったが、 何事も食わず嫌いはあきませんな! ネタバレ! クリックして本文を読む ドラマの延長で、映画も楽しく終わるものだと思ってました。 神野や、甘利田先生の家庭環境も見ることができるのかと思いきや、 もうドラマも2とか3とか期待できないようなラストで。。 甘利田先生と神野がセットでいるからこそ、ふたりが主役で成り立つと言ってもいいようなドラマなのに。。 いいお話ではありましたが、最後が辛すぎて、これなら映画化して欲しくなかった。 いつかまたドラマ時間で続いてくれた方がずっと良かった。 映画なら、もっと明るい気持ちになれるようなどんでん返して欲しかった。 ラストがとても寂しくて、美味しい給食のいい所は、最近のドラマにはないような、ラストに必ずほんわかして終わるところが良かったのに。 ホッとできるドラマじゃなくなっていて、よくある最近のずるい大人の理解し難い部分だけが浮き彫りにされた、結局弱い立場のものは何も出来ないままモヤモヤとしたものを残していくだけの泣き寝入りのラストになっていて、非常に残念でした。 ただ、ドラマも映画も子役の方々もも含め、俳優の方々は、誰一人余すことなく非常にレベルの高い作品でした。 そこに高い評価をつけた次第です。

次の