出雲市 温泉。 出雲湯村温泉株式会社

【出雲市駅徒歩圏内】穴場「えんや温泉」の日帰り入浴で天然温泉を満喫!

出雲市 温泉

大国主命を慕って旅して来た八上姫が温泉で疲れを癒し、さらに美しくなったという伝説があります。 開放感のある広い露天風呂も魅力的で、夕暮れ以降は情緒たっぷりの雰囲気を味わえます。 二つある露天風呂のうち、一つが源泉かけ流しのお風呂となっています。 温泉には2つの異なる源泉があり、それぞれを男女日替わりで楽しむことができます。 町の特産品である「いちじく」の葉を乾燥させて用いた「薬草湯」以外は全て源泉かけ流しのお風呂。 キララコテージやキララビーチからも近く、海水浴など、アウトドアレジャーの帰りにも気軽に立ち寄ることができます。 広々とした開放感のある温泉施設で中国地方では最大級です。 大露天風呂、内風呂、樽風呂、瓶風呂、家族風呂などの多彩な風呂の他、遠赤外線サウナもあります。 地元出雲を中心としたお土産品が数多く揃っているのも嬉しいポイント。 島根の旬を繊細な料理で味わえるお食事処「遊庵」も人気です。 明治時代にドイツで開かれた万国博覧会に出品したところ「世界で希有の銀泉なり」と称賛され、褒賞を受けました。 炭酸が体内に吸収されることで血流が促進され、ぬるめの湯でも入浴後は汗が出るほど暑くなります。 3週間程の間に透明、グリーン、イエローグリーン、イエロー、オレンジへと変化するのも濃厚な温泉成分ならでは。 全国的にも珍しい炭酸成分を損なわないよう、蒸気で丁寧に加温された源泉が常にかけ流されています。 岩風呂、サウナ、水風呂があり、地元食材を用いた「ごんべえ茶屋」の食事も人気です。 さらりとした、なめらかで柔らかい泉質の湯が源泉かけ流しで贅沢に使われています。 たっぷりの湯を楽しめる大浴場は日々の手入れにより清潔に保たれ、泉質の良さが最大限に活かされます。 周辺は四季折々の自然に恵まれ、夏はゲンジボタル、秋は紅葉も楽しむことができます。 【海潮温泉「桂荘」】 <泉質>単純温泉(低張性弱アルカリ性高温泉[泉温40. 5(源泉42. さらりとした、くせの無い良質の湯を加熱・冷却・循環等のない正真正銘の源泉100%かけ流しで堪能することができます。 内風呂・露天風呂・家族風呂(貸切露天風呂)の他、無料の足湯もあります。 こじんまりとした施設ですが温泉は「黄金色の湯」と呼ばれるにごり湯で、含まれる温泉成分には様々な効能を期待できます。 浴槽の表面を覆う折出物が濃い泉質の証拠です。 施設名の「まめ」とは出雲地方の方言で、「元気」という意味。 「なかね」は「ですか?」という意味で「まめなかねぇ~?」と使います。 「日本三大美肌の湯」として知られる良泉を源泉かけ流しで楽しめます。 とろりとした肌触りが特徴のアルカリ度が高い湯は、肌の新陳代謝を促進し、ツルツルすべすべになると女性に人気です。 民宿なので宿泊利用が中心ですが、日帰りでの入浴や食事も可能です。 山合いの温泉地ならではのリラックスした時間や、岩魚・山菜などの四季の食材を使った素朴で温かみのある料理を堪能できます。 月山の麓より湧き出した広瀬温泉の源泉を完全なかけ流しで楽しむことができます。 開放感のある展望露天風呂からは眼下に広がる城下町広瀬の町並みが一望でき、さながら戦国の殿様気分を味わうことができます。 程よくぬるめの湯で景色を楽しみながらゆっくりと寛げるのも嬉しいポイント。 サウナ・水風呂を備えた大浴場の他、水着で入るバーデスパではウォータースライダーや気泡浴、歩行浴など全11種類の様々な温泉浴を楽しめます。 大浴場の露天風呂が唯一源泉かけ流しのお風呂となっています。 その他にも気軽に立ち寄れるレストランや、無料のリラックスルームもあり幅広いニーズに対応しています。 今回は天然温泉を日帰りで気軽に楽しめる「かけ流し温泉」も続けてピックアップしました。 温泉の泉質はもちろん、設備、料金、ローケーション、雰囲気、アクセスなども大切なポイント。 ぜひ、好みに合ったお気に入りの温泉を島根で見つけて下さい。 出雲駅前温泉「らんぷの湯」(出雲市) ランプの灯りがともる癒しの空間 JR出雲市駅南口から徒歩1分、アクセスに便利な好立地の「出雲駅前温泉らんぷの湯」。 地下1800メートルの泉脈からひかれる良質の天然温泉が全湯かけ流しで提供され、常に新鮮な湯を楽しむことができます。 鉄分を多く含んだにごり湯が特徴で効能も豊富。 檜の香りとらんぷの灯りが醸し出す落ち着きある雰囲気の中。 竹林を眺めながらゆったりとくつろげる癒しの空間です。 一日に約500tの源泉が自噴する豊富な湧出量を誇る「みとや深谷温泉」。 源泉温度17. 3度の冷泉で、効能は切り傷、やけど、慢性皮膚病など。 地元の主婦の方たちが当番制で管理を行い、各家庭の味自慢の漬け物や、地元の味わいをサービスする素朴なおもてなしが大好評。 また、地元産の野菜や特産品も販売しており、訪れた人々に喜ばれています。 湯上り後は肌がツルツルで美肌効果や疲労回復によいと評判です。 露天風呂の周囲は自然に囲まれて、開放感たっぷり。 地元食材を使った食事や、売店で特産品などのお土産選びも楽しめます。 檜風呂、岩風呂、露天風呂、トロンサウナもあります。 入浴すると肌がツルツルし、肌に大変よいと評判です。 隣接する「いろり茶屋」では地元の食材を使った素朴な和食が味わえます。 徹底したバリアフリー構造で、檜風呂、岩風呂、露天風呂、水風呂、遠赤外線サウナ、家族風呂(予約制)も完備しています。 湯に含まれる塩分が肌を保護するため「熱の湯」とも呼ばれ、冷めにくいのが特徴です。 館内には、特産品を販売する売店や地元の食材にこだわった食堂もあります。

次の

出雲,安来の温泉ランキング

出雲市 温泉

湯の川温泉 1 島根県簸川郡斐川町学頭1369-1• サウナ 2 島根県簸川郡斐川町学頭3646-1• サウナ 3 島根県簸川郡斐川町学頭1329-1• サウナ 4 島根県簸川郡斐川町学頭1683-5• サウナ 小田温泉 5 島根県出雲市多伎町多岐859-1• サウナ 6 熊本県阿蘇郡南小国町満願寺白川5972-2-1• サウナ 立久恵峡温泉 7 島根県出雲市乙立町5269• サウナ 8 島根県出雲市乙立町5273-8• サウナ 湖陵温泉 9 島根県出雲市湖陵町二部1230• サウナ 出雲須佐温泉 10 島根県出雲市佐田町原田737• サウナ 11 島根県出雲市佐田町須佐749-5• サウナ 多岐いちじく温泉 12 島根県出雲市多伎町久村654• サウナ 出雲市 13 島根県出雲市駅南町1-3-3• サウナ 14 島根県雲南市木次町湯村1336• サウナ 15 島根県出雲市平田町2938-2• サウナ 16 島根県飯石郡飯南町下来島707-2• サウナ 17 島根県雲南市木次町湯村• サウナ 18 島根県出雲市西新町1-2547-2• サウナ 19 島根県雲南市三刀屋町根波別所1591-1• サウナ 20 島根県飯石郡飯南町頓原1070• サウナ 21 島根県出雲市西材木町61-1• サウナ 22 島根県出雲市平成町2320-13• サウナ 23 島根県雲南市大東町中湯石204• サウナ.

次の

【出雲市駅】徒歩圏内で日帰り入浴OKな天然温泉施設は2つのみ!

出雲市 温泉

出雲湯村温泉は 、 「ヤマタノオロチ神話 」が伝わ る雲南市の木次町と吉田町の境を流れる斐伊川の川 底から湧き出る温泉です。 歴史は古く 、 733年に編さんされた 『出雲國風土 記 』には 、こう記されています。 通路飯石郡の境なる 漆仁川の辺に通ふは 二十八里なり 即ち川辺に薬湯あり 一たび浴すれば身体和らぎ 再び濯げば満の病消除る 男も女も老いたるも少なきも 昼夜息まず駱駅住来ていて 驗を得ずといふことなし 即ち屯倉あり このように昔から出雲湯村温泉は 、老若男女が集 う憩いの湯治場であり 、また戦国時代には将兵が傷 を癒しに訪れることもあ ったようです。 また明治時代の 「温泉番付 」で 、出雲地方では最 高位の西の前頭に選ばれるなど 、古くから全国に知 られる名湯です。 近年では 、文人や墨客なども訪れ この静かな湯村で温泉に浸りながら 、穏やかなひと ときを過ごしていました。 現在も県内はもとより都 会から訪れる人が多い温泉里です。 開業は江戸時代頃。 湯村はかつて湯治場として栄 えていた温泉町でしたが 、湯乃上館が唯一現存して いるお宿です。 現在の建物は築約 140年の古民家 で 、 「レトロが新しい 」 、 「古き良き時代のモノ 」 に感銘を受ける人たちの口コミで広まり 、全国各地 から宿泊客が訪れています。 部屋数は5部屋 、1日 2組限定で定員 20名。 家族が泊れる個室から仲間 で楽しめる大部屋もあります。 料理は先着優先で囲炉裏端がある茅葺の 「楽楽庵 」 で旬の和食がいただけます。 春は山菜 、夏は鮎 、冬 は野鴨や牡丹鍋など 、その時期のおいしいものが食 せ 、地酒や地元のワインがすすみます。 温泉は湯乃上館が管理をしている漆仁乃湯へ。 源 泉掛け流しの湯は体も心もぽ っかぽかに温まります。 古くから薬湯の湯として知られているため 、湯治を 目的に訪れる人も多いです。 島根県雲南市木次町湯村 1336• チ ェ ックイン 16時 チ ェ ックアウト 10時 入浴時間 10時 〜 21時 ( 21時 30終了 )• 平日 1泊2食付2名様以上 13 、218円 〜 休前日2名様以上 15 、594円 〜 (大人1人様1泊2食付 、 サ ー ビス料 ・消費税 ・入湯税込み ) 国道314号線沿いにある国民宿舎です。 昭和37年に開業し、令和元年11月19日に リニューアルオープンしました。 宿泊から宴会など、お客さまの要望に応じて、幅広く利用 できるお宿です。 温泉浴場は本地域の観光資源である「たたら製鉄」と「ヤマタノオロチ」をイメージした デザインで、日替わりで男湯・女湯が入れ替わります。 露店風呂では、春は桜、夏はカジカの 鳴き声、秋は紅葉、冬は雪景色など四季折々の風情を眺めながら湯を楽しむことができます。 また「出雲國風土記」に『薬湯』と記された泉質が喜ばれ、数回に分けて入浴する人や、 入浴後の肌のスベスベ感はとても好評です。 日帰り入浴もできるので、湯に入り休憩コーナー でひと休みするなど、地元の人々が憩う姿も見えます。 料理は、地元産の吉田米を使ったつやつやご飯や四季折々の地元食材をふんだんに使った おもてなし料理をご用意しております。 島根県雲南市吉田町川手161ー4• 0854 ー 75 ー 0031• チェックイン 16時 チェックアウト 10時 入浴時間 《日帰り入浴》11時30分〜20時00分 (受付19時30分まで) 《宿泊入浴》 23時30分まで 翌朝6時00分〜9時30分• なし 高天原を追い出されたスサノオノミコトは 、出雲 国の肥河 (斐伊川 )の上流 ・鳥髪 (奥出雲町鳥上 ) に降りました。 川上から箸が流れてきたので 、川上 に人がいると思い上 っていくと 、美しい娘を間にして 老夫婦 (アシナヅチ ・テナヅチ )が泣いていました。 老夫婦には8人の娘がいましたが 、毎年ヤマタノオロ チがや って来て娘たちを食べてしまい 、た った1人残 ったクシナダヒメも今年 、食べられてしまうのではな いかと泣いているのでした。 それを知 ったスサノオは 、クシナダヒメを妻にもら う条件にオロチ退治を引き受けました。 はじめにスサノオはクシナダヒメを隠すため 、彼女 を櫛に変えて自分の髪に挿し 、アシナヅチ ・テナヅチ に強い酒を造らせ 、8つの垣と門を作り 、それぞれに 酒の桶を置くように言いました。 そしてヤマタノオロ チがや って来ました。 オロチは8つの酒桶に頭を入れ て酒を飲み出しました。 オロチが酔 っ払い寝てしまう と 、スサノオは十拳剣でオロチを切り刻みました。 尾 を切り刻んだときに剣の刃が欠けたので 、尾を裂いて みると大刀が出てきました。 これは天叢雲剣 (あめ のむらくものつるぎ )といい 、後に草薙剣 (くさなぎ のつるぎ )と言われます。 オロチを退治したスサノオ はめでたくクシナダヒメと結婚しました。 1 お預かりした個人情報の収集・利用について 当社は、サービスの提供のために必要な個人情報以外は収集致しません。 個人情報を利用する際には、目的を逸脱して利用することはありません。 また、必要な個人情報の収集の際には、事前に同意を得ます。 2 お預かりした個人情報の共有・開示について 当社は、以下の場合を除いて、お預かりした個人情報をご本人の許可なく第三者と共有することはありません。 1 収集当初の目的を達成するために、必要な業務を委託する場合。 2 法令に基づき情報開示の依頼があった場合。 3 お預かりした個人情報の修正・利用停止について お預かりした個人情報の修正・利用停止を必要とする場合には、その旨をご連絡ください。 ご本人である確認をとらせて頂いた上で対応させて頂きます。 4 セキュリティについて お預かりした個人情報は社内での使用に限定されており、お問い合わせ担当者など、特別な業務を果たす為に個人情報を必要とするスタッフだけがアクセスすることを許されます。 上記の内容に同意の上、「入力内容を確認する」へお進みください。

次の