にし むく さむらい 月。 西向く侍の侍って何?

30日と31日ある月の覚え方!どうして2月は28日しかないの?

にし むく さむらい 月

スタイルガイド• 士は漢字を分けると「十」と「一」になることから、11月を表す。 、によって広められたものの一つといわれる。 また、「一」と「一」でを表しているともされる。 - の2月はどのも4回だが、の2月は1つの曜日が5回ある。 は水曜日、は木曜日、は金曜日、は土曜日、は日曜日、は月曜日、は火曜日が5回ある。 - とは同じ曜日になる。 4月、5月、6月の末日が順に30, 31, 30であり、この合計がであり7で割り切れるため。 とも同じ曜日である(4月・7月と同じ日数差)。 3月と同年11月、5月と翌年1月、6月と翌年2月も同じ特徴を持つ(日数差)。 これら5つのペアは、それぞれ別の曜日である。 同年内に限定した場合、の場合は1月・10月、2月・3月・11月がそれぞれ同じ曜日配列グループ、の場合は1月・4月・7月、2月・8月が同じ曜日配列グループとなる。 平年の5月、6月、8月、閏年の5月、6月、10月は、それぞれ同じ年の中で同じ曜日配列をもつ月をもたない。 翌年がの場合、3月・11月・翌年8月、4月・7月・翌年9月・翌年12月、8月・翌年5月、9月・12月・翌年6月、10月・翌年4月・翌年7月が同じ曜日配列グループ、翌年がの場合、1月・10月・翌年9月・翌年12月、2月・3月・11月・翌年5月、4月・7月・翌年6月、8月・翌年10月、9月・12月・翌年3月・翌年11月が同じ曜日配列グループとなる。 同じ年の5月から11月までの各月は、全て曜日配列が異なる。 毎年・・・・のグループは必ず同じ曜日になる(各日付はそれぞれ日、ちょうど9週間ずつ離れているため)。 このほか、・・のグループ(翌年もこのグループと同じ曜日になる)、・のグループも同じく9週間ずつ離れているため同じ曜日になる。 閏年だと・・のグループが同じになる。 また、ではとが、ではとが同じ曜日になる。 また、、、、も必ず同じ曜日になる。 関連項目 [ ]• ・・・・・・から始まる平年• ・・・・・・から始まる閏年 外部リンク [ ]•

次の

紙兎ロペ「にしむくさむらい」編【毎日配信中】

にし むく さむらい 月

概要 [ ] 大小の表記を強調したのみの単純な物や、ある種の判じ物(パズル)の様な趣向を凝らした物もある。 ただし、暦の売買は及びのによって厳しく規制されていたため、専ら金品の対価を伴わない贈答品として作成されるのが一般的であった。 ではの満ち欠けの周期(約29. 5日)を元に大の月・小の月を決定するが、朔(新月の瞬間)の日付によって毎年、大小の月の配置が変わってしまう。 またが追加される年もあるため、暦を見ないとどの月が大の月となるかが不明となり、毎年発行されるカレンダーで確認する必要性があった。 大小暦は漢数字を巧みに配した絵で大小の月を読者に知らせた。 また、絵の他になどの形式を採ったも利用された。 現在日本で用いられているでは小の月は固定で俗に「西向く士〔さむらい〕 (2・4・6・9・11月 )」と言われるが、これも8年()の大小暦を覚えるために作られた語呂合わせである。 大小絵暦の絵の部分が発展して錦絵となり、後のの元となった。 脚注 [ ]• 公認の以外の個人や民間が暦を売買することは法令で禁止されていたため。 が10年()の大小を表すために作った「大庭を しろくはく霜 師走かな」(2・4・6・8・9・11・12月が大の月)という句が残されている。 「士」と書いて〔さむらい〕と読ませる。 二四六九士(にしむくさむらい …… 二 に 四 し 六 む 九 く 士 十一を上下に重ねて、さむらい• 同様の配置は元年()にも発生しており、この時には「大小と 順に数えて 盆踊り」(奇数月が大、偶数月が小を交互に繰り返すが、旧暦のがあるで踊る(繰り返すという意味。 と同じ語源)ので8月も大となり、以下奇数月が小、偶数月が大を交互に繰り返すことを意味する)という語呂が用いられた。 参考文献 [ ]• 内田正男『暦と時の事典 日本の暦法と時法』(、1986年) 関連項目 [ ]• (Thirty days hath September) - 英語圏における小の月を覚えるための文章(詩) 外部リンク [ ]• 教育委員会毛利コレクション整備推進室 この項目は、に関連した です。

次の

365日

にし むく さむらい 月

スタイルガイド• 士は漢字を分けると「十」と「一」になることから、11月を表す。 、によって広められたものの一つといわれる。 また、「一」と「一」でを表しているともされる。 - の2月はどのも4回だが、の2月は1つの曜日が5回ある。 は水曜日、は木曜日、は金曜日、は土曜日、は日曜日、は月曜日、は火曜日が5回ある。 - とは同じ曜日になる。 4月、5月、6月の末日が順に30, 31, 30であり、この合計がであり7で割り切れるため。 とも同じ曜日である(4月・7月と同じ日数差)。 3月と同年11月、5月と翌年1月、6月と翌年2月も同じ特徴を持つ(日数差)。 これら5つのペアは、それぞれ別の曜日である。 同年内に限定した場合、の場合は1月・10月、2月・3月・11月がそれぞれ同じ曜日配列グループ、の場合は1月・4月・7月、2月・8月が同じ曜日配列グループとなる。 平年の5月、6月、8月、閏年の5月、6月、10月は、それぞれ同じ年の中で同じ曜日配列をもつ月をもたない。 翌年がの場合、3月・11月・翌年8月、4月・7月・翌年9月・翌年12月、8月・翌年5月、9月・12月・翌年6月、10月・翌年4月・翌年7月が同じ曜日配列グループ、翌年がの場合、1月・10月・翌年9月・翌年12月、2月・3月・11月・翌年5月、4月・7月・翌年6月、8月・翌年10月、9月・12月・翌年3月・翌年11月が同じ曜日配列グループとなる。 同じ年の5月から11月までの各月は、全て曜日配列が異なる。 毎年・・・・のグループは必ず同じ曜日になる(各日付はそれぞれ日、ちょうど9週間ずつ離れているため)。 このほか、・・のグループ(翌年もこのグループと同じ曜日になる)、・のグループも同じく9週間ずつ離れているため同じ曜日になる。 閏年だと・・のグループが同じになる。 また、ではとが、ではとが同じ曜日になる。 また、、、、も必ず同じ曜日になる。 関連項目 [ ]• ・・・・・・から始まる平年• ・・・・・・から始まる閏年 外部リンク [ ]•

次の