仏壇 の 置き場 所 マンション。 仏壇の置き場所はどこに?目立たず、埋もれず…のコツ

お仏壇の向き、方角、置き場所

仏壇 の 置き場 所 マンション

【もくじ】 ・ ・ ・ ・ ・ 仏壇の向きが持つ意味 宗教によって仏壇を置く方向が変わるのは、宗教の歴史上の意味があるためです。 仏教では、あらゆる方角に仏がいるという考え方があり、仏壇を置く向きに吉凶はありませんが、北に向けて置くことは避けられます。 ここでは仏壇の向きとして主である「東」と「南」の理由をお伝えします。 東向き(東面西座説) 東向きの東面西座説は、インドの慣習からきており、東は日の出の方角で立身出世の象徴とされています。 そのため、インドでは主人は東向きに座るのが良いといわれています。 これが日本にも伝わり、仏壇を東向きに置くようになりました。 また、極楽浄土は西方浄土とも呼ばれ、西にあるとされています。 その極楽浄土の方角を向いて祈るために、仏壇は東向きになっているという説もあります。 これを西方浄土説といいます。 南向き(南面北座説) 仏壇は南向きがよいとする南面北座説は、中国の慣習からきているといわれています。 王などの高貴な人は南を向いて座る習慣があったため、家来は北を向いて座ります。 古代中国ではこれが一般的で、日本でもこれに倣って敬う人は南向きに座るようになりました。 それ故に、敬うべき仏も南を向くのです。 宗派ごとの仏壇の向き 各宗派では、どの向きに置かれているのでしょうか。 曹洞宗・臨済宗 曹洞宗と臨済宗では、仏壇を 南向きに置くことが多いです。 これには、先ほど紹介した中国の習慣とは別に、釈迦が説法をするときに南向きに座っていたといわれていることも関係しています。 曹洞宗では実際に、場所条件さえ合えば南向きに置くことを推奨しています。 浄土真宗・浄土宗・天台宗 浄土真宗、浄土宗、天台宗の3つの宗派は、仏壇を 東向きに置くことが多いです。 この3つの宗派は、本尊として阿弥陀如来を祀っています。 阿弥陀如来は西方浄土にいるとされているため、その方角に向かって祈るために仏壇は東向きになっています。 真言宗 真言宗は、ここまででご紹介した説に当てはまらない、本山中心説です。 本山中心説とは、拝む方向の延長線上に総本山がくるように仏壇を置くため、 方角が決まっているわけではありません。 仏壇を置く部屋と本山との位置関係により、方角は変わるのです。 日蓮宗 日蓮宗では、特別どの方角に向けて置くというものはありません。 そういったことは気にせず、自由に置いても良いとされています。 しかし、それでも他の宗派の話などを聞くと、仏壇を置く向きについて気になることもあるでしょう。 そういった場合は、祈祷によって置く方角を占ってもらうこともできます。 置き場所を決めるときに注意すること 仏壇を置く方角は、宗派によりある程度決まっていますが、置く場所によってはいくつか気を付けなければならないことがあります。 直射日光などの環境に注意 これは特に、本山中心説の場合に注意が必要です。 太陽は東からのぼるため、東側に窓がある部屋では直射日光が差し込みます。 そのような環境で、西側に本山があるからと東側に仏壇をおいては、仏壇が直射日光を浴びてしまうことになります。 ほかには多湿など、仏壇を置くのに適さないこともあります。 このような場合、置く部屋や向きを変える必要があります。 神棚と向かい合わせにしない 神棚と仏壇が同じ部屋にある家も珍しくはありません。 日本では神仏習合(しんぶつしゅうごう)によって、神道と仏教が同一視された時期があったためです。 しかし、 同じ部屋にあること自体には問題がないものの、向かい合わせに置かれていればそれは問題となります。 向かい合わせに置いた場合、神棚に祈っているときは仏壇に、仏壇に祈っているときは神棚にお尻を向けてしまうことになります。 神仏両方にとって大変失礼なことですので、向かい合わせにしないようにしましょう。 床の間と向かい合わせにしない 向かい合わせについては、床の間と仏壇を向かい合わせにすることもいけないとされています。 床の間は、その家でも 最高の上座になります。 そのため、これに向かい合うように置かれた仏壇は、下座の扱いとなってしまいます。 逆に、床の間に仏壇を置くことは最上であるともいわれているので、床の間に仏壇を置くのは良い事とされています。 現代の住宅事情に合った仏壇 置き場所の注意点をお伝えしましたが、マンションやアパートに住んでいる方は、スペースが手狭で置きたい場所に仏壇を置けない場合もあるでしょう。 現代の住宅事情に合った、どのお部屋のインテリアにも合わせられる、小型の仏壇もございます。 参考: 仏壇への供物にも正しい向きがある 仏壇にお供え物をするとき、そのお供え物に掛紙や包み紙がついていることがあります。 お供え物には名前などが書かれていますが、その文字が自分たちに向くように置くのが良いとされています。 仏にお供えするものであるから仏に向けるべきだという意見もありますが、お供え物は仏に差し上げるという意味ではなく、仏から下されたものだと受け止めます。 受け取るのが自分たちであるため、文字も自分たちの方を向くようにして置くのです。 まとめ 仏壇やそれに関係するものは、置くときの向きについても理由があり、決められています。 必ずその通りにしなければいけないわけではありませんが、より深い信仰と供養をするために、考慮して決めるようにしましょう。 「小さなお葬式」では、どのお部屋にも合うコンパクトな仏壇を、低価格でご用意いたしております。 和室にも洋室にもマッチする仏壇や、伝統的で本格的な作りの仏壇など、お手頃価格で購入いただけます。

次の

仏壇には写真を飾らない方が良いの?飾るのは絶対ダメ?置き場所は?

仏壇 の 置き場 所 マンション

新築や引っ越し、また親から引き継いだり新しく仏壇を購入したりした際、仏壇を置く場所や向きなど迷います。 特に最近はアパートやマンションなど、仏壇を置くスペースが確保されていない家も増えたのでなおさらです。 仏壇はご先祖様ももちろんですが、仏様が一緒に祭られている場所。 その場所に置くこと、その方角に向けること一つ一つに歴史と理由があります。 それを知れば置く場所も決まってくるものですし、より深い信仰心とご供養の心が生まれるものです。 まず、宗派の関係ないところでは仏壇を南向きにする南面北座説と、東向きにする東面西座説が良いとされます。 この南面北座説は中国からの由来で、位の高い人は北に座って南を向くものだという説。 東面西座説はインドからの由来で、日の出のある東を主人が向くこと、そして極楽浄土が西にあるとされることから西に向かって手を合わせるのが自然であるという説。 このそれぞれの理由により二つの向きが良いといわれています。 宗派によって違う仏壇を置く方角 南面北座説も東面西座説もそれぞれ発祥した国が違うだけで、仏を崇めるという理由は変わりありません。 では、日本では様々な宗派がありますが、宗派ごとにはどのような置き方が良いとされているのでしょうか。 まず曹洞宗と臨済宗では、仏壇は南向きが良いとされています。 理由としては、釈迦が説法する際には南向きに座っていたという話があるためです。 そして、浄土真宗、浄土宗、天台宗では東向きを良いとしています。 これはこの宗派が阿弥陀如来を本尊として祭っていて、この阿弥陀如来は西方浄土にいると考えられているためです。 真言宗は方角が決まっているものではなく本山中心説と言われ、真言宗の総本山に向かって手を合わせる方角へ仏壇を置くことになっています。 また、日蓮宗も方角は決まっていないので、方角は細かく気にすることはありません。 このように方角が決まっている宗派は、仏壇をご先祖様はもちろんですが、仏様や本尊を祭る場所としての意味合いで置いているのだということがよく分かります。 仏壇を置いてはいけない場所 それぞれの宗派によって決まっている方角が理解できて、置く場所を決定する前に気を付けなければならないことが二つあります。 一つは、自宅に神棚がある場合です。 この神棚をおまつりしている場合、仏壇と向い合せにしてはいけません。 理由としては、仏壇、神棚どちらか片方に手を合わせた場合、拝む自分たちのお尻をもう片方に向けてしまうためです。 これは神様も仏様どちらも貴ぶべきであって失礼があってはいけないという理由になります。 二つ目は床の間と向い合せにしてはいけないということで、これは床の間が上座の扱いになっているからです。 上座には位の高い人が座るものなので、反対側は下座。 下座側に仏壇を置くことは失礼であるという考え方が理由になります。 以上の二つの理由もまた、仏様やご先祖様は貴ぶべきものであって、家の中においては一番良い方角に置くべきだという考え方が基礎となっているものです。 その他仏壇を置く際に注意する点 仏壇を置く場所は、直射日光の当たらない場所にします。 これは位牌など、何代にもわたって受け継がれていくものがむやみに陽に焼けるようなことがあってはいけないことと、せっかくお供えした食べ物や供花がすぐに傷んでしまうことになるからです。 また、そのお供え物などに熨斗と名前がついているなどした場合、手を合わせる自分たちが読めるようにお供えするようにしましょう。 仏様やご先祖様に頂きものを差し出してお供えするという考え方であれば、文字は仏様に向けるものかもしれませんが、これはどのような頂きものであっても、仏様から自分たちに差し出されたものであるという考え方です。 このように理由や歴史を知れば、仏壇をおまつりするということは仏様、ご先祖様を家族の長として迎え入れることなのだということが分かります。 代々受け継ぐべきものは、仏壇もですがこのような心持ちでもあるのでしょう。

次の

お仏壇の最適な向きが分かる!宗派や部屋に合った方角の決め方

仏壇 の 置き場 所 マンション

場所とタイプのおおよそのイメージが決まれば、いよいよ仏壇店に足を運びます。 宗旨・宗派にもよりますが、一般に仏壇購入の際は、 ・お仏壇 ・位牌 必要分 ・ ・ ・お供え膳用セット を揃えることが多いです。 お仏壇はインテリアにあうか、大きさは大丈夫か、色味はイメージしていた通りか、のコーディネートはどうするか、など、やはり目で見たほうが確実ですから、ある程度目星をつけたら、実際に販売されている店頭に足を運び、確認すると間違いないでしょう。 また、購入の後に仏壇が日焼けしてしまったり、傷がついた場合などに修復してもらえるか、何か保証があるのかなど、アフターケアも確認すると良いでしょう。 ご先祖様をしていく大切なお仏壇です。 日々の供養が続く素敵なお仏壇と出会えますように。 [PR] 「家の解体を考えているのだけど、どこに相談すればいいの?」 「解体業者を選ぶときに気をつけたほうがいいことは?」 「解体業者ってどうやって探せばいいの?」... [PR企画] 一年中お花の絶えない江戸川区の永代供養墓「久遠廟」 妙泉寺 永代供養墓「久遠廟」... 「ずっと家にいて終活が進まない」 「そろそろ納骨したいのに見学ができない」 そんなお悩みを少しでも解決すべく、青山霊廟 東京都港区北青山2-12-9・外苑前徒歩2... 【PR】不安定な世情の中、終末期について意識させられ、ご不安に思われる方も増えてきています。 エンパークでは、こんな世情だからこそ、心配されている方が増えている「葬儀・... [PR] 葬儀を終えて納骨先を探そうと調べてみると、想像以上に選択肢が多くて悩むことも少なくありません。 墓地や霊園だけでなく、屋内の納骨堂や永代供養墓、樹木... [PR] 「はじめての喪主、、、どこに相談すればいいの?」 「葬儀社を選ぶときに気をつけたほうがいいことは?」 「どうやって葬儀社を探せばいいの?」... あわせて読みたい 2013. 5 2019. 9 2014. 18 2019. 29 2014. 28 2017. 敬食ライター ライター・レポーター• 株式会社 FinCube お金に関する記事の監修者• 株式会社HOWL ライター・ディレクター• せいざん株式会社 大人のためのbetterlifeマガジン• クリエイティブ sai 地味に忙しい幸運体質の編集人• 解体サポート 解体に関する記事の監修者• 金子智子建築設計室 一級建築士事務所 家の建築・リノベーションの専門家•

次の