プリテンダー 替え歌 下ネタ。 【国立感染症研究所】新型コロナウイルス分離に成功、国内初[1/31] ★2

復活して欲しいバラエティ番組はどれ!面白かった・楽しかった思い出の番組一覧!

プリテンダー 替え歌 下ネタ

ちぇ〜? _ ,…. imgur. imgur. imgur. imgur. imgur. imgur. imgur. imgur. imgur. net.

次の

『チー天堂』、強すぎて禁止ワードへwywywywywywywywywywy

プリテンダー 替え歌 下ネタ

もう一度見たいバラエティ番組は! 大好きだったあの番組! 今またみたいあの番組! 今回はみんなが復活してほしいと思うバラエティ番組について意見をみてみましょう! また見たい・復活してほしいバラエティ番組! ・KinKi Kidsの堂本兄弟です。 最近堂本兄弟も年末にしか行われなくなりました。 あれだけ人気番組でしたのになぜやらなくなったのか疑問です。 歌番組がとても少なくなった中で堂本兄弟は大変貴重だと思います。 ・テレビチャンピオンに復活してほしいです。 あの番組からさかなクンのような博士にまでなってしまう人が出たり、一つのテーマを極めたマニアックな人たちが本気で競う姿は感心したり、新しい世界を知れて楽しかったからです。 特に、水落選手権はもう一度みたいです。 あの手のこんだ仕掛けや、とんねるずの解説がとにかく面白い。 自分の中では、これ以上に笑いがこらえられない番組は無いと思います。 ・まだやっているのだか、近頃すっかり趣向が変わってしまった「陸海空 地球征服するなんめ」に、以前の傾向に戻してもらいたい。 なすDの大冒険、インスタのいいね数しか生活費がもらえないシリーズ、豪華客船に潜入するシリーズ、久しぶりにすごい番組が始まった!と思っていた。 前の企画復活してほしい。 ・2005年くらいにテレビ朝日で放送されていた「A」という番組を放送して欲しいです。 久米宏のワガママですぐに打ち切りになってしまったのですが、内容はよく覚えていないもののくだらないけど凄く面白くて毎週見る程大好きでした。 ・「リンカーン」今はベテランになった芸人さん達が何かを一生懸命しているのや、刺激的なコーナーなどが面白かった。 今は時々「リンカーン運動会」などが特番扱いで復活しますが、レギュラーで復活して欲しいです。 地上波では自由が利かず難しいからアマゾンなどで近いものを放送しているのかもしれませんが。 ・ねるとん紅鯨団です。 これを放送していたのは小学生くらいだったと思いますが、その時にでも楽しいなと思ってみていました。 大人になった今、男女の恋愛、告白を違う観点から見れるのではないかなと思います。 とんねるずの司会も楽しかったです。 ・エンタの神様の復活を希望致します。 沢山の芸人がコントをしているのを観て、私はお笑い番組が好きになりました。 お笑いを好きになる原点を作ってくれたのはこの番組でした。 アンジャッシュのコントの仕掛けが特に面白かったです。 ・「あいのり」は、やらせ感もあるけど、それを含めても面白かったです。 「しくじり先生」は、昔ブレイクした人が出たりして、その時に何があったのかが今明かされたりするのが面白かったです。 新庄剛志の回は最高でした。 ・ロンドンブーツ1号2号の田村淳さんが司会をしていた「クイズ タレント名鑑」という番組。 パネラーとしておぎやはぎ、有吉、FUJIWARAを迎え入れてやってほしい。 特番として「クイズ 正解は一年後」という番組も年に一度やっているが、そうではなく本家のものを見たい。 ・たけしの元気が出るテレビは、とても面白かったような記憶があります。 ある意味、めちゃくちゃだなと感じる場面はありましたが、あれはあれでとても笑えました。 ただ今は、法令順守や視聴者からの苦情などのことを考えると、あのような番組は難しいかなと思います。 ・とんねるずのみなさんのおかげでしたです。 細かすぎて伝わらない選手権や、2億4千万のものまねメドレーなど、癖のあるものまねが大好きでした。 レギュラー放送でなくても良いので、スペシャルとして復活してほしいです。 ・今から30年位前にやっていた、『早く言ってよ』という番組が復活してくれたら嬉しいです。 多分、関根勤さんが司会をしていて回答者は一般の方だったと思います。 子供の頃、塾から帰宅するとやっていてかなり思い出深い番組です。 ・スマップスマップ。 ジャニーズのバラエティはあまり面白いと思わなかったけど、スマスマはみんなバラエティ慣れしていてトークも安定感があって面白かった。 また5人でのトークやキムタクのビストロスマップが見たい。 ハチャメチャな企画内容がとても面白かったです。 とんねるずのお二人をテレビで見ることも少なくなってしまったので、またバラエティ番組で見たいです。 個人的に、アイドルの私立恵比寿中学が好きだからという理由もあるのですが。 エビ中のメンバーは、バラエティ的に非常に優れたタレントさんが揃っていると思います。 ・時々特番では放送していますがエンタの神様のレギュラー化を復活させて欲しいです。 芸人が出てくる番組はたくさんあるのに芸人の持っているネタをちゃんと見ることが出来る番組は少ないからです。 芸人の本業でもあるちゃんとネタを見せてくれるような番組が必要だと思います。 ・ココリコミラクルタイプ、水10ワンナイ、堂本兄弟、笑う犬シリーズ。 笑う犬シリーズやココリコミラクルタイプはNHKのLIFEが引き継いでいる感もあるけれど、はっぱ隊とかミルねえさんニキイタ女等、好きだったキャラクターがたくさんあるので。 堂本兄弟での音楽アレンジが好きで自分が演奏する参考にしていた。 ・バラエティと言っていいのか分かりませんが、NHKの「探検バクモン」という番組が先日終わってしまったので、とても残念です。 爆笑問題の二人も面白いですが、進行のサヘルローズさんもいい味出していました。 是非復活させてほしいです。 ・夜もヒッパレ?という歌番組がすごく好きだったので復活したら見ると思います。 面白い歌番組が無くなってしまったので、歌番組自体を見なくなってしまいました。 最近は、YouTubeでアーティストの曲を聴いていたほうがいいような番組ばかりです。 ・ドリフターズの「8時だよ、全員集合」です。 子供のころよく見ていました。 復活は無理でしょうが、子供から大人まで楽しめる番組だったと思います。 ゲストもコントをやらされて、相良直美さんのコントが面白かった印象があります。 ・「進め電波少年」は、番組の内容も、当時はまだ珍しかった合成でのスタジオ展開など、とても記憶に残っています。 なすびのチャレンジ生活や芸能人の海外突撃コーナーなど、いまでも再開できそうなコーナーはあると思います。 ぜひ復活してほしいです。 ・内村光良が司会をし、さまぁーずなどのお笑い芸人が多数出演した、フリップなどを使った大喜利などをしまくる、内村プロデュースが復活して欲しい。 お笑い芸人がとにかく全力でアドリブでお笑いをつくっていく感じがとてつもなく面白かったです。 ・最近はH的なものが排除されている。 当然昼の時間帯は無理だと思うが、夜、子供は寝ているだろう時間帯は、少しはいいんじゃないのって思ってしまう。 古い番組だが、11PMなんかは、若かったこともあり、思い出も重なっていることもあるのかもしれないが、楽しかった。 Hなこともあり、ためになる話もあり、世の中の動向も少し知れる。 そんな感じだった気がする。 ただHだけでは、ダメだと思うけど、見るのが楽しみなものを作ってほしい。 ・先日やっていて懐かしいと思ったのがからくりテレビ。 出てくる子供達もいろんなキャラがいてかわいくておもしろいし、ご長寿クイズのおじいちゃんおばあちゃんも面白かった。 家族でみてみんなで笑った記憶があるので子供達と一緒に見たいなと思う。 ・ヘイヘイヘイ!ミュージックチャンプです。 音楽番組のくくりかもしれませんが、あれは最高に面白いバラエティ番組でした。 ゲストのミュージシャンに果敢に絡んでいく松っちゃんと浜ちゃんをもう一度見たいです。 スペシャルでの1回限りの復活ではなく、毎週見たいです。 ・もうできないとは思うが、昔のドリフターズ、ビートたけしや明石家さんまなどが活躍していた番組が見てみたい。 毎回独創的な工夫があり、ドッキリするような場面や笑いがあり、とても面白かった。 今ではできないような番組がみたい。 ・「幸せ家族計画」にはまた観たいです。 お父さんが与えられた課題を一週間がんばる姿を見ると、応援したくなります。 「ウッチャンナンチャンの炎のチャレンジャー!これができたら100万円」も好きでした。 イライラ棒やってみたいです。 ・「どっちの料理ショー」毎週楽しく観ていました。 本日の特選素材のコーナーが好きでこだわりのある食材の見せ方が上手いなと思います。 試食コーナーでは関口さんと三宅さんがとてもおいしそうに食べる姿が印象的でした。 ・昔のとんねるずが若かった時のみなさんのおかげですはまた見たい番組ですね。 毎週楽しみに見ていました。 今の時代ではああいう内容の番組を作る事は難しいのかもしれませんがまたあのような番組が見たいですね。 あとはお笑いウルトラクイズとかが見たいです。 ひと昔前のテレビ番組は過激で面白かったです。 もうあのような番組を見る事は無理なんでしょうね。 ・トリビアの泉です。 役に立つんだか立たないんだかな雑学を、トーンが一定のナレーションで説明する様はシュールで面白く、よく学校で話題に上がっていたことを覚えています。 最近リメイクブームですし、期間限定で復活すれば見る人は多いんじゃないかなと思います。 ・モンティーパイソン、サタデーナイトライブ、ミスタービーン、ゲバゲバ90分、今夜は最高など。 歌あり、笑いあり、トークあり、コントあり、風刺ありのコメディ、バラエティ番組を放送してほしい。 今のバラエティ、タレントの技量に頼りっきりの番組や人数多くして賑やかにしてる感が強い番組が多いですが、もう少し毒のあるバラエティを見たい。 ・だれがなんと言っても笑う犬の冒険です!大好きで毎週楽しみにしていました。 ウッチャンが面白くて好きなのでミル姉さんはファンでした。 テリーとドリーも好きでしたし、葉っぱ隊も!とにかく全部面白かったし家族団欒で笑い合える良い番組だったのでまた観たいです。 ・とんねるずのみなさんのおかげです。 いろんなコーナーがありましたが、今考えても見ていて面白いものも多かったので、今の時代にそぐわないものまで多いかと思いますが、とんねるずさんの魅力が発揮できるような、自由な番組をもう一度見たいです! ・トリビアの泉〜素晴らしきムダ知識〜は復活してほしい。 一斉を風靡した「へぇ〜」の音の良さ、八嶋智人のキレのあるノリ(ボケ)とタモリさんの冷静な回答、投稿者のすっとぼけた態度、全てをもってしてとても面白い番組だった。 ・笑う犬の生活。 コントやゲスト、キャラクターなど新しいのが見たい、出演者も見ていて安心感がある。 そこから流行語や日々の楽しみが生まれそうな気がする。 志村けんのバカ殿みたいに見ていて安定感があるとこちらも安心感に変わり、癒される。 リラックス出来る。 ・ごっつええ感じやみなさんのおかげです、は風雲たけし城に8時だよ全員集合などはちゃめちゃなのがやっぱり面白かったので復活してほしいです。 今のバラエティー番組は色々規制があって難しいとは思うが、勢いがないので観ていて寂しく思います。 ・V6の学校へ行こう!です。 最近は年に一度だけ放送されていますが、できれば以前のように毎週やってほしいと思います。 メンバーが個々で活動しているため、今となっては厳しいと思いますが、Twitterなどでも昔やっていたコーナーを懐かしむ声がいまだにあります。 ・ドリフの全員集合。 このような生番組でいろいろなゲストが出ている番組が減っているような気がするから。 生番組での緊張感や、それを超える面白さはなかなか無いと思います。 あとは元気が出るテレビのような破茶滅茶さも面白かったです。 今のテレビは規制が多いのか、つまらなくなったような気がします。 ・サマーズの海外番組。 色々な国のビーチリゾートを紹介する番組で、いつも海外旅行に行った気分になれて本当に良かった。 これまでに行ったことのあるビーチリゾートだと、懐かしい思い出を思い出したり、今後の計画に役立ったりした。 ・1996年から2002年まで日本テレビ系列で放映していた、『ウッチャンナンチャンのウリナリ!! 』というバラエティ番組。 また、1998年10月14日から1999年9月29日までフジテレビ系列で放映されていた、『笑う犬の生活』。 ベッキーが参入してくる前までが面白かった。 ・10年近く前までフジテレビ系で放送されていた「トリビアの泉」が復活してほしいと思います。 バカバカしい企画であったり下ネタが多かったイメージなので今の時代だと厳しいとは思いますが、マイルドな番組が多い今だからこそこの番組のような過激なバラエティが復活してほしいです。 ・ウンナンのホントコはすごく好きで毎週見ていた。 未来日記が大好きで、下手なドラマよりもずっと面白かったし純粋な恋愛を見ていてあのころはキュンキュンした。 今でも通用する企画だと思うので、またやってほしいと思う。 ・【ズバリ言うわよ】のような占いとお笑いタレントのコラボ番組、もう一度復活して欲しいです。 細木数子は強すぎて苦手ですが、お笑いタレントとの掛け合いが絶妙なバランスをとっていて、楽しかったです。 また、いろんなタレントや俳優、歌手などをキャスティングすることで、知名度もあがり、視聴率アップも図れるのではないかと思います。 ・ゲッパニという10年以上前に放送されていた番組が見たいです。 パニクルーという世界的な有名ダンサー8人組のグループの高度なパフォーマンスとお笑い芸人に負けない面白いトークが見所があって良かったので是非復活して欲しいです。 ・トリビアの泉。 やはり、気楽に見られる教養番組は好きです。 一つずつが短いので、見やすかったですトリビアの種などの、実験的な部分も楽しくて見ごたえがありました。 なぜ終わってしまったのか、残念に思ったのを覚えています。 ・日本テレビの「嵐の宿題くん」です。 今は嵐熱が落ち着いていますが、嵐のフォアンクラブに入るまで好きになったきかっけとなった番組です。 休止する前に、今の大人になった嵐がもう一度、番組をやったらどんな感じになるのかが見てみたい。 ・深夜枠でいいので「トリビアの泉」を復活させてほしいと思います。 生きていく上で一切役に立たない知識を「へぇ~……」程度の感情の動きだけでだらだら知ることができるようなゆるい番組をとても懐かしく思います。 ・ウッチャンナンチャンのウリナリや、めちゃ2イケてるッ! 、みなさんのおかげでしたっなど、かつては楽しかった番組に復活してほしいです。 制作側がコンプライアンスに縛られて、せっかくの面白い番組をつまらなくしていったことが悲しいですね。 ・復活というか特番などの2~3時間番組で内村プロデュース希望します。 爆笑オンエアバトルも会場の票でオンエアされるのは面白かったなぁと思いますが放送してもスペシャルでない場合時間が深夜なので観れない可能性が高いため、内村プロデュースにしました。 あのメンバーのゆるさとそれを包むしっかりしたツッコミは視聴していて自然に笑ってしまいます。 最近は面白かったなと思う人達がMCへ上がりそれを埋めるように一発屋が多いためキレがある本当に面白いお笑い番組が最近少ないです。 (水曜日のダウンタウンはキレがありすぎる) ・「さんまのスーパーからくりTV」がレギュラー番組で復活してくれると嬉しいです。 ビデオレターなどの泣けるコーナーもあれば、替え歌やご長寿早押しクイズなど笑えるコーナーもあり、家族全員で楽しめるバラエティー番組だと思うからです。 ・TBS『学校へいこう! 』です。 特に『未成年の主張』や『B-RAP HIGH SCHOOL』が大好きでした。 去年未成年の主張メインで特番がありましたが、リアルタイム時は産まれたばっかりのうちの子供が、とても楽しいと思えたそうなので、復活したら今の子供達にも受けるんじゃないかなと思いました。 ・笑いの金メダルやエンタの神様などお笑い芸人が次々に出てくる番組が少なくなったなあと思う。 ああいう番組はネタがそれぞれの組で違うので飽きが来なかった。 面白いお笑い芸人を知るきっかけにもなっていた。 今は知るきっかけが少ない。 ・「タモリのジャングルTV」を復活してほしいです。 あの番組、地味に好きだったんです。 タモリさん、関根さんやナイナイと一緒だと凄く楽しそうにしていた記憶あります。 特にジャングルクッキングが久々に見たいです。 ・3月期までは、日本テレビの『ナカイの窓』が、一番好きなバラエティ番組でした。 ひな壇番組が増えてきた中で、『アメトーーク!』と『ナカイの窓』の窓は、その代表的な番組だったのではないかと思っています。 視聴率も悪くなかったはずだし、方向性は新しい所を探していたのか少しぶれ始めていたけれど、それでもなお毎週面白かったので、番組終了が本当に残念です。 ・フジテレビのめちゃイケが復活してほしいです。 土曜日の20時はいつもめちゃイケを観てたくさん笑っていたのですが、めちゃイケが終わってから土曜日の20時台で面白いと思う番組がありません。 くだらない企画も多かったですが、それもまたバラエティ番組としてとても良かったので復活してほしいです。 ・伊東家の食卓小学生のころに見ていた記憶があります。 大人になり家事をする立場になって、今見たらとてもタメになるんだろうなと思います。 裏技や節約術、調理法など主婦目線の番組をしてほしいです。 出演者が家族設定なのもほっこりできてよかったです。 ・ラジオでゴメンナサイ。 OBCラジオ大阪で放送されていた番組(土曜日13時から15時)メインパーソナリティは芸能界引退されてるので他の人で構いません。 今でなら放送禁止?倫理規定ギリギリかもしれませんが、誰かを卑下したりいじめたり どっきりもない。 権力に噛みつき時事を笑い飛ばすすっきりとした番組(TBSのバクモンサンデーが近いかもしれませんがあの番組では、攻めてません。 )を希望します。 ラジオ大阪の懐が広かったと思います ・ウッチャンナンチャンのウリナリ!がだいすきでした。 面白かったり、頑張ってるのを応援したくなったり、参加型のところもあってよく電話してました。 いつか復活したらいいなぁと思います。 その次の笑う犬の冒険もおもしろかったです。 ・木曜21時のフジテレビの枠はやはり「とんねるずのみなさんのおかげでした」が、何も考えずに、ばかばかしくて笑えたりして良かった。 現在は特番だがレギュラー番組だったころの「ウルルン滞在記」も復活してほしい。 最近は健康番組やクイズばかりで、面白味のかけたバラエティばかりで、TVをあまり見なくなりました。 ・「学校へ行こう!」は復活してほしい。 小学生の時に必ず見ていた番組。 今の年齢 20代 になっても見たいと思う。 学校があまり好きじゃなかった私にとっては、なんだか希望すら感じる番組だった。 番組オリジナルのゲームをみんなでやったのも懐かしい。 今の番組でも、一般人が主役になる番組には魅力を感じる。 自分に近いものを感じるからかな? ・風雲たけし城が復活してほしいと思います。 小さい頃に良く見ていて大好きだったからです。 素人が出てあんなに頑張っている番組は最近ないのではないでしょうか。 ボールをぶつけたりして池に落ちたりするのが楽しかったのでまた見たいです。 ・めちゃめちゃイケてるです。 山本が居た頃のめちゃイケは神がかってました。 面白くて27時間テレビも毎年見てました。 山本が抜けてからは面白さは無くなってしまいましたが、数取団など毎週楽しみにしていました。 もう一度見てみたいです。 ・めちゃイケです。 めちゃイケ世代でずっと見て育ってきました。 めちゃイケほど面白い番組はありません。 めちゃイケ終了後の番組は、どれも面白くなく、どれも長続きしていません。 年に数回特番でもいいので、やって欲しいです。 ・ナカイの窓です。 外の出ていくほうではなく元々のかたちのナカイの窓は楽しくみていました。 沢山の出演者ではなくあのくらいの人数でテーマに沿った内容で、中居君と週替わりのMCの方のバランスも良かった面白かったです。 ・「ヨルタモリ」。 宮沢りえさんがママの飲み屋さんで、タモリさんとゲストの方がゆる~く雑談する番組。 タモリさん作の変な映像も面白かったです。 「堂本兄弟」。 キンキ司会の音楽バラエティーで、普段歌わない役者の方の歌も聞けたりと楽しかったです。 ・明石屋さんまさんの、「恋のから騒ぎ」です。 若いときは同年代の女性が出ているので面白く、毎週必ず観ていました。 年月が経ちましたが、最近の若い女性たちがどんなことを考えているのか、とても興味があります。 素人の女性たちをオーディションで集めるというのがとても新鮮でした。 ・「学校へ行こう」が復活してほしいです。 色んな子たちが出てきて、本当に面白かったです。 学校の中で撮影するのでリアルで、やらせ感もなく飽きなかったです。 V6のメンバーもそれぞれいいキャラだったので、またぜひ見たいです。 ・古い感性で非常に申し訳ないのですが、昭和から平成にかけてあった歌番組みたいなものをまた見たいと思ってます。 うたばんは特にアーティストとの掛け合いや、深掘りが素晴らしく、なおかつ今話題の曲も知ることができる番組で非常に好きでした。 ・ウルルン滞在記。 日曜で明日からまた学校だけど夜22時にそれを見てから寝るのがお決まりでした。 ホストファミリーの人は言葉は通じなくても素敵な人たちばかりでその国にいってみたくなります。 最後のおわかれのときはもらい泣きしてしまいます。 ・「ウンナンの気分は上々」最近コンビで出演しているところが拝見できなくて寂しく思っています。 ウッチャンだけなら「笑神さま」で似たテイストの番組もやっていましたが、「気分は上々」は最後にウンナンのふたりのフリートークなどもあったので、それを楽しみに見ていました。 ・めちゃイケです。 出演者のナイティンナイン、極楽とんぼ、よゐこが好きです。 この番組が終わってから、この面子が揃うことが無いのでさみしいです。 とはいえ、岡村さんに負担をかけたくないので、同窓会など一夜限りなどの形でいいので復活を望んでいます。 ・バラエティというより音楽番組よりだけど、夜もヒッパレ!に復活してほしい。 芸能人がただ単にカラオケ熱唱しているのとは違って、なんか面白かったし、アイドルの曲をすごく歌のうまい人がカバーしてたりするのを聞くのもよかった。 みんながワイワイ歌っておしゃべりする番組って今全然ないから。 ・特にありません。 今あるバラエティ番組で十分です。 十分すぎるほどあると思います。 ほとんどは見ていても面白くないです。 芸能人が沢山出て身内の話で盛り上がる番組はとくに面白くないし、見たくもありません。 一部の本当に役に立つ、ためになる番組だけで十分です。 ・『なるほど! ザ・ワールド』。 昔よく観ていました。 世界の人々の暮らしや風景を観たいがためだったと思います。 今は『日立 世界・ふしぎ発見! 』でその欲求を満たしていますが、同じようなコンセプトの番組が複数あってもいいと感じます。 ・番組名は忘れたが、ココリコさん出演の番組。 視聴者の自宅でかくれんぼをして、全員をココリコが見つけられなければ賞金がもらえる番組。 お父さんと子供が作戦を立てながら家の中に隠れ部屋的な死角を作ったりしてお父さんんの頑張っている姿がほほえましかった。 ・「世界行ってみたらホントはこんなトコだった」は面白かったです。 上記のように、普段自分ではサーチできないようなことをテレビの力で取材しているから面白いと思います。 ディレクターのキャラの面白さもありました。 ・ウッチャンナンチャン、ネプチューン、ビビるなどが出演していた「笑う犬の冒険」です。 小学生の頃、大好きでよく見ていました。 クラスメイトもみんな好きだったので、放送後はみんなで番組の話をよくしていて楽しかったです。 ・V6の学校へ行こうが復活してくれたら面白いなと思います。 最近の学生たちの様子もわかるし、今時の若者は~と思っている人たちにも、様々なジャンルで何かに打ち込んでいる学生や未成年の主張のように何を考えているのか純粋な気持ちを知ることもできるからです。 ・『トリビアの泉』が面白くて好きな番組でした。 為になる内容もあり、くだらないけれど改めて知ると嬉しくなるような内容もありで、楽しめました。 ネタ切れになってしまう恐れがあるかも知れませんが、単発でも良いので時々放送して欲しいです。 ・風雲たけし城。 今では爆破とか難しいことが多いけれど、一般の方が参加できたゲームが面白かったし、子供ながらにそのセットがある所に行ってみたいと思っていました。 今だったらそういうアトラクションへ行って実際に遊んでみたいと思います。 ・うーむ・・・。 バラエティ番組はたくさんあるのにイマイチ「コレ!」っていうのがないのはやはりコンプライアンスの問題があるからでしょうか?復活してほしいというなら昔の毒もある(しかし決して人は傷つけない)トークバラエティ。 バラエティといえるかわかりませんが「たかじんのばぁ」とか「パペポ」とか? ・バラエティ番組はあくまでも時間をつぶすために見るものなので、真剣に毎週追っている(追っていた)番組はない。 一度終了した番組にも理由があるわけだし、個人的にはジャンクSPORTSが再びレギュラー化されて満足している。 ・マツコ・有吉の怒り新党。 現在も後番組がありますが、マツコ・有吉のトーク部分がもっと聞いていたいのが理由です。 3大のコーナーも番組内で占める割合がバランス良く、回によっては参考になったり感動できたりするのも良かったです。 人気番組だった笑っていいとも ・いいとも!はぜひ復活して欲しいと思います。 あれだけ多くの有名なキャストが生放送で出る番組はなかなかないし、やっぱりタモリさんは面白い!お昼といえばいいとも!というくらい好きだったので、ぜひ復活してほしいと思います。 ・「笑っていいとも! 」です。 お昼の顔はタモリさんのイメージがとても強いから。 テレビショッキングで旬のゲストが呼ばれるのが嬉しかった。 それぞれのコーナーも生放送の短い時間でテキパキこなされて、退屈することなく視聴者を楽しませてくれていました。 ・「森田一義アワー 笑っていいとも! 」は復活してほしいと思うバラエティー番組のうちの1つです。 最近はワイドショーや情報番組が多く、お昼の時間に生放送でお笑いが観れる番組はほとんどないのでまた見たいなと思った事が理由です。 ・「笑っていいとも!」に復活してもらいたいです。 後継で「バイキング」やってますが「アッコにおまかせ」と同じような理由で途端に見なくなりました。 タモリさん司会は当然難しいでしょうが、どなたか引き継いで番組継続できていたら良かったのになと思います。 ・「笑っていいとも! 」が復活しほしいと思う。 昼の番組といえばこれというところがあり、幅広い年齢層に支持されるような内容、出演者であったと思う。 司会のタモリさんと出演者で繰り広げられる程よいトークがとても好きでした。 ・「笑っていいとも」番組終了してから番組内容を考えると今放映されている番組にもないもので毎日大変だろうけどお昼に見るのに最適だったと思う。 ただ、司会者がタモリさんじゃなければいけないとは思わないので代わりに若い人が長く続けてくれる番組で復活してほしい。 特に、ゲストが翌日来てくれる人に電話するテレフォンショッキング。 ・やっぱりフジテレビのお昼枠、「笑っていいとも!」と、「ライオンのごきげんよう」は、良かったです。 国民的なお昼の代表的番組で、いつも旬の人がゲストで出ていて、タモリさんと小堺さんも人当たりが良くて、やっていると安心する稀有な番組だったと思います。 ・笑っていいとも。 生放送のバラエティとして観ていて面白かったし、企画も良かった。 生放送ならではのハプニングも込で面白かった。 タモリさんが元気な限りは続けていて欲しかった。 今いいともに替わるようなポジションの番組もないのでまた復活してほしい。 ・お昼の番組なら、笑っていいとも!休みの日はよく見ていたから。 まいにちのゲストがよかった。 特番も楽しかったのでまた復活してくれることを願うけど厳しいかな。 また見たい。 夜ならお願いランキング!とかカウントダウン系のもの。 ・「笑っていいとも!」が、懐かしく感じます。 終わるころには少し飽きていたのですが、今考えると、お昼に必ず観るという安定感がありました。 知らない芸能人のお話も聞けて、名前も覚えられたりしました。 芸能音痴の私には貴重な番組だったと思います。 でも、タモリさんに無理せず時間を自由に過ごしてほしいので、復活して毎日やってほしいとは思いません。 ・笑っていいとものような、ゲストを招いてのおしゃべりコーナーや日替わりのコーナーがあっていろいろなゲストが出るような番組があるといいなと思う。 ただ、お昼の時間帯ではなく夜の時間帯にあるとなおよいとおもう。 ・いいともです。 いいともは、好きでとても好きな番組でした。 日替わりで豪華なメンバーが次々と、出演する番組は、いま考えると凄いと思います。 テレフォンショッキングも、とても画期的なシステムで豪華なゲストも出演していました。 復活してほしいです。 ・「笑っていいとも」は復活してもらいたいなぁ、と思います。 平日のお昼はなかなか見ることができませんでしたが、学校が休みの日や仕事を休んだ日などの楽しみでした。 日曜日の「ダイジェスト版」を見て一週間分を楽しんだりもしていたので、「お昼休みの定番」を復活させてもらいたいです。 ・笑っていいともです。 お昼の番組と言うとなぜか笑っていいともを思い出します。 またタモリさんに司会を務めて欲しいです。 笑っていいともが終了してしまってこんなに寂しいものかと思ってしまいました。 ぜひ新笑っていいともが復活して欲しいです。

次の

Official髭男dism Pretender 歌詞

プリテンダー 替え歌 下ネタ

アイデンティティの意味 まず、「アイデンティティ」 の意味を辞書で引くと、 次のように書かれています。 主体性。 自己同一性。 また、身分証明。 出典: デジタル大辞泉(小学館) 「 アイデンティティ」は、日本語では 「 自己同一性(じこどういつせい)」 と訳されることが多いです。 「 自己同一性」とは、簡単に言うと 「 自分とは何か」という意味だと思ってください。 「 自分らしさ」と訳してもいいでしょう。 使い方としては、 主に以下のように使います。 「 アイデンティティが確立されている。 」 これはつまり、 「 自分自身とは一体何なのか?どういう存在なのか?」 というのが分かっている状態を指します。 具体例を挙げると、• 世界の人種の中で、私は日本人だ。 家族の中では、私は父親だ。 仕事でいえば、私は政治家をしている者だ。 性格でいうと、私は社交的な人間だ。 趣味でいうと、私は野球が好きな人間だ。 といった認識ですね。 このように、「自分とは何か」ということを 説明している内容そのものが、 あなたの「 アイデンティティ」ということです。 難しい言い方だと、 「 アイデンティティー」=「 存在証明」とも言えるでしょう。 例えば、以下のような認識は 「アイデンティティ」とは言えません。 きのうは自分は人見知りだと思ってたのに、今日は人見知りではないと思った。 アフリカでは私は日本人だと思ったのに、中国に行ったら、日本人だと思わなかった。 つまり、 時間や場所によって変化する自己像は、 「アイデンティティ」とは呼べないということですね。 「アイデンティティ」は、 過去でも未来でも、そしてどんな環境でも 変わらない自己像でなければいけないのです。 また、身分証明。 」 というのは日常生活でもよく使われています。 最も分かりやすいのが、 IDやパスワードを入力する時の「 ID」です。 「ID」とは、 「 Identity Document(アイデンティティ ドキュメント)」の略で、 ドキュメントは「書類」を意味します。 つまり、「自分」と「書類」が 一致しているかを確認するのが「ID」ということですね。 「アイデンティティ」には、 「 同じであることを確認する」 という意味も含んでいるのです。 免許証や保険証などは、まさに 「ID」の典型的な例と言えるでしょう。 スポンサーリンク アイデンティティ=帰属意識 「アイデンティティ」は、 他者や社会との関係の中で作られるものです。 私たちは、学校や会社などの 組織の中で日々生活していますよね? 組織の中にいることにより、周りの人から 「 あなたはこういう人間だ」と言われます。 つまり、集団の中にいるからこそ、 「自分はこういう人間だ」という意識を持てるわけです。 そのため、アイデンティティには 「 帰属意識(きぞくいしき)」という意味も含まれています。 「 帰属意識」とは、 自分が企業や団体、民族など 様々な集団に属しているという意識のことです。 「アイデンティティ」は、 自分一人だけで確立することはできません。 例えば、海外旅行に行ったときに 様々な人種に出会ったとしましょう。 「あの人はアメリカ人だ」• 「あの人はスペイン人だ」• 「あの人はナイジェリア人だ」 そんな時、ふと自分を見つめ直すと、 「 私は(周りと比べて)日本人なのだ」と再認識できるはずです。 また、今までずっと会社員をしていた人が、 芸能事務所に所属することになったとします。 すると、 「今まで自分は明るい性格だ」と思っていたのに、 「 自分は芸能人と比べると、全然明るくない」と感じました。 そんな時に、 「 私は(周りと比べて)明るくないんだ」と再認識できます。 このように、自分が勝手に思っている自己像ではなく、 鏡のように機能する他者を通じて、自己像をクリアに理解すること。 これが、 「アイデンティティ」の構造なのです。 ポイントは、 「他者の存在にある」と言えるでしょう。 「自分が考えている自分」と 「他者が考えている自分」は同じではありません。 「アイデンティティ」は、 他者による認証を得て初めて確立されるのです。 スポンサーリンク アイデンティティの使い方 次に、「アイデンティティ」 の具体的な使い方を見ていきましょう。 「アイデンティティ」という言葉は、 個人に限らず幅広い分野で使われています。 今回は、その中でもよく使われる 3つを紹介していきたいと思います。 すなわち、「 コーポレートアイデンティティ」とは、 「 企業の特徴や個性を出し、共通のイメージで 顧客が認識できるようにすること」を意味するのです。 身近な例だと、 企業のマークやロゴ・ブランド名などが 挙げられます。 一目見ただけで、 「あ!この会社だ!」と分かるような マークは世の中にたくさんありますよね? マクドナルドのロゴマークなんかは、 本当に分かりやすいです。 黄色のマークの「 M」という文字を見れば 誰もがマクドナルドという会社を 簡単に思い浮かべるでしょう。 他には、 「トヨタ」や「ローソン」のロゴマークなど、 企業のほとんどはオリジナルのマークを持っています。 このように、 「コーポレートアイデンティティ」は、 企業の独自性を打ち出すために使われるのです。 主に、「心理学の用語として使われる言葉」 だと思ってください。 「クライシス(crisis)」は「 危機」という意味なので、 「アイデンティティの危機」とも呼ばれます。 つまり、 自分らしさが分からなくなってしまった状態 ということですね。 例えば、以下のような ケースが挙げられます。 学校や会社など新しい環境になじめない時• 自分の働き方について悩んでいる時• 海外に行き、異文化に接した時• 自分の生き方そのものを見つめ直す時 このように、 自分の存在意義について悩んでしまった時に 「アイデンティティクライシス」が使われるのです。 「ポリティクス(politics)」は、 「 政治」という意味です。 つまり、直訳すると 「 自己同一性(のための)政治活動」ということですね。 世界には、 「不当な扱いを受けている」 とされる集団は一定数います。 例えば、 「人種差別・民族差別・性的差別」 などを受けている人たちですね。 こういった集団が、 自分たちの存在意義を強調するための活動を 「アイデンティティポリティクス」と呼ぶのです。 スポンサーリンク アイデンティティの例文 では最後に、「アイデンティティ」の使い方を 実際の例文で確認しておきましょう。 日本人にとっての アイデンティティは、和食である。 大きな会社に入ってから、自分は内向的な性格であるという アイデンティティを確立した。 実家に帰ったとき、改めて自分の アイデンティティを再確認した。 関西人としての アイデンティティを、皆で共有する。 その会社は、企業独自の コーポレートアイデンティティを確立している。 彼は仕事の悩みによって、 アイデンティティクライシスに陥ってしまった。 アイデンティティポリティクスにより、黒人差別の問題が注目されるようになった。 「アイデンティティ」は、専門書などだと、 「 独自性・同一性・主体性・自己認識」 など難しい用語が書かれている場合もあります。 しかし、一般的な意味として使う分には それほど難しく考える必要はありません。 基本的には、「アイデンティティ」の部分を 「 自分とは何か。 自分らしさ」と訳せば大丈夫です。 例文5. のように、会社が一つの単位になる場合は、 「会社らしさ」と訳せばよいでしょう。 また、用例としては、 「アイデンティティを 確立する」 「アイデンティティを 認識する」 といった使い方が多いですね。 「アイデンティティ」は、 生まれた時から備わっているわけではありません。 なので、「(ある時を境に)確立・認識する」 という意味でこのような用例が多くなるのでしょう。 関連記事: まとめ いかがでしたか? 内容を簡単にまとめると、 「 アイデンティティ」= 自己同一性。 ( 帰属意識の中で生まれる言葉) 【 使い方】=「 コーポレートアイデンティティ・アイデンティティクライシス・アイデンティティポリティクス」など。 【用例】=「 アイデンティティの確立・認識」などが多い。 ということでしたね。 「アイデンティティ」について、 完璧に理解するのは難しいです。 なぜなら、元々日本にはない概念を、 日本語で考えようしているからです。 ある程度割り切って 「 アイデンティティ」=「 自分とは何か。 自分らしさ」 このように考えれば問題ありません。 後は、実際の文章や例文を読みながら 少しずつ意味を理解していきましょう。 いつもお世話になっております。 私は、こちらのサイトが素晴らしくて感謝しています。 言葉の意味を調べることがよくあるのですが、ネットで調べても結局はハッキリ意味がわからないということがよくあります。 あちこちのサイトや辞書を調べて、説明を何度も読むのですが、分かったような分からないような、、、という言葉って、けっこう多いです。 でも、こちらのサイトでは言葉の意味や使い方がクリアに理解できます。 特に、ご説明を読んでいるうちに、途中で、「ということは、この場合はどうなるんだろう?」などと思っていると、その答えがその後に例文など用いて出てくることに驚いています。 Twitterもフォローさせて頂いておりますよ。 これからもよろしくお願いします!.

次の