サハラ リール。 シマノ 17サハラの特徴、評判・口コミまとめ

サハラ|リール 通販・価格比較

サハラ リール

エクスセンス 827• エメラルダス 683• オシア 986• オシアジガー 745• アンバサダー 646• オーシャンフィールド 199• キャタリナ 1160• ソルティーステージ 96• ブラスト 829• ライトゲーム 280• REVO 2712• 炎月 5299• 月下美人 254• スティーズ 3849• ステファーノ 1907• セフィア 741• ソアレ 225• ソルティガ 1837• タトゥーラ 1250• トーナメント 573• トーナメントISO 338• プロマリン 2089• モアザン 415• リバティ 252• リバティクラブ 251• BG 559• EM MS 227• REVO MGX 263• ワカサギマチック DDM 240• BB-X 6362• AR-Cエアロ 175• Cardinal 814• CardinalSTX 305• CardinalSX 261• COMMAND 254• NASCI 4501• アオリスタ 1739• アセレーション 694• アリビオ 154• アルテグラ 683• アルデバラン 425• アルファス 332• アンタレス 540• アンタレスDC 947• イグジスト 706• インパルト 104• ウインドキャスト 265• ヴァンキッシュ 962• エアノス 4118• エクセラー 337• エルフ 1730• オシアコンクエスト 731• カルカッタ 1777• カルカッタコンクエスト 1121• カルディア 840• クラド 907• クレスト 606• クロスキャスト 229• コンプレックス 216• 紅牙 639• サーフリーダー 1384• シーボーグ 1575• シーライン 125• ジョイナス 291• ジリオンTW 930• スーパーエアロ 4989• スコーピオン 1279• ステラ 1294• ステラSW 750• ストラディック 7197• スピンジョイ 245• スフェロスSW 298• セルテート 691• タナセンサー 327• チタノス 77• チヌマチック 220• ツインパワー 1565• ティアグラ 144• バイオマスター 121• バイオマスターSW 128• バルケッタ 1145• バルトム 718• パワーサーフ 273• フォースマスター 1098• フリームス 1272• プロカーゴ 241• ベイゲーム 224• ミリオネア 441• メタニウム 742• メタニウムDC 385• リョウガ 588• リョウガベイジギング 136• 鱗夕彩 112• ルビアス 474• レオブリッツ 494• レガリス 396• レブロス 653• ワールドスピン 344• ワカサギマチック 210.

次の

17サハラ&17セドナ ラインローラーのベアリング交換

サハラ リール

スポンサーリンク 遊びで使える低価格リールが欲しくなってきた 昨年、アンダー1万円リールとして初のHAGANEギア搭載リールとして話題となった シマノの低価格帯リールのエースこと16ナスキー。 正直、自分も16ナスキーが出た時はかなり心惹かれました。 個人的に 「ワンピースベール」「ねじ込み式ハンドル」が両方とも搭載されているリールが欲しいところでしたが満を持して登場した 17アルテグラがまさかのクラシックベールでなおかつマグナムライトローター非搭載と、残念仕様だったことからストラディック以下については正直どれでも一緒かって気持ちになってました。 最近になってソルトに行く機会も結構増えてきており、ルアーだけじゃなくてチョイ投げやサビキ、ブラクリなんかも少しやるとなってきて、遊び感覚で使えるリールが欲しいなと思ってきたのです。 ソルトだと特にサビとか余計なことに気を使わないといけないし、どっちにしろ釣行後の水洗いは個人的にやらなきゃと思ってたので安くて気にせず使えたらまあいいかと。 17アルテグラは先代の完成度を考えると例えHAGANEギア搭載だろうと値打ち感に薄く、それだったら12アルテグラに12レアニウムのCFギア移植とかのほうがとか思ってしまうが、そこまでの熱意もなく、 必然的に16ナスキー、17サハラ、17セドナの3択に。 簡単に言えば、16ナスキー - 防水パーツ=17サハラ 17セドナに心が傾きかけたものの、X-SHIP非搭載というのと17サハラとの価格差があまりないため却下。 正直X-SHIPの恩恵ってよくわからないってのはありますが、ないよりはあったほうがという貧乏人的発想。 残すところは16ナスキーか17サハラか、といったところでいろいろ調べていると、なんと 両者の違いはコアプロテクトに関するパーツくらい。 具体的に言えばドラグノブのパッキン、ローターナットパッキン、ロータークラッチパッキン、ハンドル支持部のパッキン。 正直、ダイワのマグシールドもそうでしたが、イマイチスピニングリールの防水性能は信用していないのと、いずれにせよ釣行後のメンテナンスはきちんとやるべき、そしてなにより使い捨て感覚で使ことを考えると、防水性能はあったほうがいいかもですが、価格差との兼ね合いになってきます。 では、防水性能だけでどのくらいの差があるかというと、僕が購入したC3000HGで比較します。 17ナスキーで約8500円(2018. 24現在) なんと、2 ,500円の差。 16ナスキーでもC2000Sあたりだとなぜか差額は1500円程度になるので悩ましいところですが、そもそものボディ剛性、基本性能からのアップグレードの差額として考えると高額。 しかも、旧モデルのサハラ/ナスキーではハンドルノブの仕様が違っていたそうですが、今回はそれも同様で、ボールベリングの追加も両方可能。 速攻で2BB追加しましたよ。 HAGANEギアはなんちゃってだけども、十分安心感ある巻き心地 HAGANEギア搭載、といえど実は軸の部分は旧来の亜鉛ダイキャストで歯面だけHAGANEのなんちゃって仕様。 これが17アルテグラになると全面的にHAGANE仕様になるそうですが、だからといって巻き感に大きな差があるかと言えばそうでもない。 また、ストラディックもそうでしたが妙にシャリシャリした巻き心地なのはHAGANEギアの仕様なのだろうか。 さらに、YTフュージョンのナノトリートメントオイルをメインギア破面に少しつけることで滑らかさもアップ。

次の

サハラ[SAHARA]|スピニングリール|リール|製品情報|シマノ

サハラ リール

Xシップとは何か・・・ 出典:シマノHP これがXシップのイメージ写真です。 シマノによると、 ドライブギアの大径化、ピニオンとドライブ両ギアの最適配置、ピニオンギアのベアリングによる2点サポート。 これら頑強なギアの噛み合わせが、負荷に強い軽快なリーリングを保持する。 という効果があるんだとか。 これがサハラにはある。 セドナにはない。 セドナのピニオンギアを支持するのはひとつのベアリングとカラーと呼ばれる樹脂素材。 サハラの方が高性能感あるのは否定できません。 サハラの分解図です。 続いてこちら。 セドナの分解図。 違いが判りますでしょうか。 違いなんですが・・・これです。 これはサハラの分解図。 赤丸のところ。 なんとセドナには赤丸で囲ったサハラの40番のパーツがないんです! 40番のパーツは何かというと、「フリクションリング」というもの。 前に中古の09レアニウムのハンドルが、手を離すとピタッと止まらず困っていたのですが、その原因がフリクションリングの劣化によるものじゃないか、とシマノの人が教えてくれました。 新しいものに変えたら若干よくなりました。 ローターが重いと慣性でハンドルとともに回ってしまうんですね。 フリクションリングは、ベールを起こしてからローター部が回転しないようにするためのリングなんだとか。 ローター部がキャスト時に回ってしまうとベールが下りてしまいます。 急に降りてしまうとキャストでラインが切れてしまうかもしれません。 これがないとどうなの?っていう感じですよね。 調べていたらなくてもまあいいとか(笑)。 もし本当に使っていてやばかったら200円だしサハラの買ってつけます(面倒だから初めからサハラ買えっていう)。 最後に それでもセドナにする意味はあるのかっていう話なんです。 普通ならサハラでしょう。 サハラが良いと思います(笑)。 じゃあなぜツリラクはそれでもセドナにするつもりでいるのか。 以下が理由です。 サハラはブラックっぽいんです。 カッコいいです、イメージ写真は。 そうなんですイメージ写真は、なんです。 実物のカラーの感じがどうも少し気に入らなかったんです。 じゃあセドナがカッコいいかと言われれば、ドラグ部なんかやすっぽすぎてびっくりするほどです。 でもドラグのとこなんて、シルバーが少し入ったサハラのものか、もっと華美なナスキーのものを買えばいいんです、変えたかったら(流用できるはず)。 2つめは巻き心地について。 正直巻き心地に違いがあるように感じなかったんです。 Xシップだから巻き心地が明らかに違う、っていうのならサハラにしてました。 が、ベアリングはダメになりますからね。 カラーだったら海水使用しても錆びないですし。 ちなみに海釣り考えてます。 セドナのベアリングがだめになっても変えるベアリングの数少なく済みますし。 たかが一個だけですけど。 3つめは意味不明ですね。 ロースペックなのになぜ買うのか。 ロースペックだからこれでやり通したいわけです。 釣りウマの友人とボートで釣りに行ってもセドナで釣り勝つ。 そんなんが面白いかなって。 ということで17セドナと17サハラの違い、そして揺れる理由、それでもセドナな理由についてでした。 セドナ、間違いなく紹介しますので少々お待ちを。 This error message is only visible to WordPress admins Error: API requests are being delayed. New posts will not be retrieved. There may be an issue with the Instagram access token that you are using. Your server might also be unable to connect to Instagram at this time. Error: API requests are being delayed for this account. New posts will not be retrieved. There may be an issue with the Instagram access token that you are using. Your server might also be unable to connect to Instagram at this time. よく読まれている記事•

次の