古希 祝い 花。 古希祝いに贈る花

古希に贈るお祝いのお花

古希 祝い 花

長寿のお祝いは、還暦、喜寿、米寿祝いなどがあり「賀寿」として総称されています。 賀寿は、還暦に始まり必ず数え年で61歳(満60歳)の誕生日や敬老の日などにあわせてお祝いをします。 その他の賀寿祝いは通常は数え年ですが、満年令でお祝いすることもあるようです。 長寿のお祝いにあわせて、大切な方へフラワーギフトを贈ってみてはいかがでしょうか。 ・還暦 61歳(満60歳)1960年生まれ(昭和35年)• ・緑寿 66歳(満65歳)1955年生まれ(昭和30年)• ・古希 70歳(満69歳)1951年生まれ(昭和26年)• ・喜寿 77歳(満76歳)1944年生まれ(昭和19年)• ・傘寿 80歳(満79歳)1941年生まれ(昭和16年)• ・米寿 88歳(満87歳)1933年生まれ(昭和8年)• ・卒寿 90歳(満89歳)1931年生まれ(昭和6年)• ・白寿 99歳(満98歳)1922年生まれ(大正11年).

次の

長寿のお祝い特集 花プリザーブドフラワー

古希 祝い 花

古希のお祝いって? 古希は、 日本の年祝いの一つです。 日本には60歳を祝う還暦(かんれき)をはじめとして、年齢の節目に長寿を祝う行事があります。 古希は、還暦の次に祝う年祝いです。 古希はもともと 中国から伝わってきた風習です。 今から1000年以上も前になる中国の唐時代では、70歳まで生きる人は稀でした。 そこで、その時代に中国の詩人である社甫が書いた「曲江詩」の中にある、「人生七十古来稀なり( 古くから、七十年生きる人は稀である)」という一節が古希の成り立ちとなりました。 現在世界有数の長寿国である日本では、平均寿命が80歳を超えていることもあり、古希の70歳は長寿祝いのスタートラインともいえましょう。 古希は何歳で祝うの? 古希は 70歳 を祝うお祝いです。 一般的に還暦のほかの年祝いは、数え年で祝います。 数え年とは、生まれた年を1歳と考え、元旦を迎える度に1歳ずつ年を取る数え方です。 そのため古希を数え年で祝うと、満69歳(数え70歳)の時に祝うことになります。 ですが、現在の日本では、誕生日を迎える度に1歳ずつ年を取る満年齢の数え方が一般的なため、近年では70歳の誕生日を迎えた時に古希を祝う人が増えています。 満年齢、数え年のどちらでお祝いしても問題はありません。 ご家族や招待客などの予定を合わせて、古希を迎える人の健康状態などを考慮しながら、お祝いを計画しましょう。 古希のお祝いの仕方は? 古希祝いは、一般的に家族や親せきとにぎやかに祝います。 祝い方はおおむね3つに分けられます。 自宅で祝う 自宅でご馳走を作り、祝う方法は人気があります。 なぜならば周りに気兼ねをする必要がなく、大切な人とお祝いができるからです。 特に小さな子供がいたり、ご本人の体調が優れない時でも、自宅であればゆっくりとした気持ちで過ごすことができるのが魅力でしょう。 外のレストランで祝う 自宅でのお祝いは準備が大変なため、レストランを予約してお祝いする人は多くいます。 その場合、お店によっては慶事用の特別メニューやお祝いプランを用意しているところもあるので、相談してみるといいでしょう。 旅行先で祝う なかなか家族が集まる機会がない場合は、古希祝いをきっかけに家族で旅行に行くのもいいですね。 レストランと同じく、お祝いプランを設定しているホテル・旅館も多くあります。 旅行先で祝う場合は、帰宅の心配がないためリラックスできる点が魅力で、長時間家族といっしょに過ごすことができるため、一生の思い出になるでしょう。 古希祝いの色は? 年祝いには、それぞれシンボルカラーがあります。 古希は、「 紫(むらさき)」がシンボルカラーとなっています。 紫色は、 品位や高貴さなど神秘性をあらわす色で、貴重な色として扱われてきました。 また、紫色には 落ち着きや安らぎを与える癒やし効果があるともいわれています。 そのため、古希を迎える人への今後の健康や安らぎを祈る気持ちから、お祝いのシンボルカラーとして用いられるようになりました。 古希祝いのプレゼントには、紫色をアクセントにしたものが多く選ばれています。 古希祝いにふさわしい花の色・種類は? お祝い事へのプレゼントに人気のフラワーギフトですが、古希祝いにはどのような「花」が喜ばれるのでしょうか。 古希祝いにぴったりの花の色 古希祝いには、シンボルカラーの紫色の花がおすすめです。 紫色で統一してもエレガントで素敵ですが、その季節の花と組み合わせてフラワーアレンジメントにすると、さらに華やかになりお祝いに向いています。 古希祝いに人気の花の種類 バラ 紫色のバラを70本花束にして贈ると、上品で喜ばれるプレゼントになります。 バラの花言葉は、「誇り」「気品」「尊敬」で、70歳を迎える人にふさわしい花と言えましょう。 胡蝶蘭 さまざまなお祝いに向いている胡蝶蘭は、古希祝いにもぴったりです。 気品があり華やかさもある胡蝶蘭の花言葉は、「幸せが飛んでくる」です。 70歳という新たな門出を祝う花として最適です。 ダリア 一輪だけでも存在感があるダリアは、気品あふれる優雅な雰囲気が魅力です。 ダリアの花言葉は外見通りに、「華麗」です。 ダリアは他の花と組み合わせても素敵な演出ができるため、お祝いへの花に多く選ばれています。 トルコ桔梗 華やかで気品あふれるトルコ桔梗は、結婚式などでも人気が高い花です。 トルコ桔梗の花言葉は、「希望」「永遠の愛」です。 他の花と組み合わせて花束にすると上品な雰囲気がだせるのが魅力です。 紫のトルコ桔梗と組み合わせてすてきな花束を贈りましょう。 ガーベラ ガーベラは、赤、オレンジ、ピンクのイメージが強いのですが、紫色のガーベラも存在しています。 ガーベラの花言葉は、「希望」「前進」「神秘」です。 ガーベラは、花束だけでなく、プリザーブドフラワーなどのフラワーアレンジメントに多く使われているので、特別感のあるセンスのよいプレゼントを演出してみてください。 このように、古希祝いのプレゼントには紫色を意識したフラワーギフトが最適です。 上品で気品がある紫色だけだとさびしいと思われる方は、他の花と組み合わせて華やかなアレンジメントにするとお祝いにふさわしくなります。 ですが、紫色と白色の花の組み合わせは法事や法要を思い起こさせるため、避けた方がいいでしょう。 フラワーギフトの種類は? 花はお祝いへのプレゼントに老若男女問わず喜ばれる人気の贈り物です。 お祝いの場を華やかにする花は、特別なお祝いには欠かせないプレゼントでしょう。 では、花をアクセントにしたプレゼントにはどのような種類があるのでしょうか。 生花 生花は、花束やアレンジなど、さまざまな用途に使われています。 新鮮さと香りのよさが人気の生花は、時期により入手できる花が異なるため、季節感を感じるとして贈り物に喜ばれています。 なお、形に残らない生花は、記念になるプレゼントといっしょに贈ると魅力を演出します。 こちらの記事もおすすめ 古希祝いの平均予算相場は? 古希祝いに贈るプレゼントの全体的な相場は贈る相手との関係性によって予算相場が異なります。 日頃の感謝と心からのお祝いの気持ちを込めて、自分の予算に応じた金額でプレゼントを贈りましょう。 花といっしょに贈りたいメッセージは? 古希祝いには、花といっしょにメッセージカードを添えて贈ると、お祝いの気持ちが伝わります。 メッセージ例を参考に、日頃伝えきれない感謝とお祝いの気持ちを文章にしてみてください。 一般的なメッセージ 古希おめでとうございます。 〇〇さんの元気な笑顔が大好きです。 古希おめでとうございます。 いつも感謝しています。 これからもはつらつとお元気でいらっしゃいますようにお祈りしています。 古希おめでとうございます。 これからも元気に楽しくお過ごし下さい。 二人の元気な姿に私も力をもらっています。 いつも本当にありがとう。 これからも元気でいてください。 古希おめでとうございます。 これからも身体を大切にして、元気な姿を見せて下さい。 古希のおめでとうございます!ずっとお元気でいて下さいね。 古希おめでとうございます。 いつも温かく見守ってくれてありがとう。 夫婦仲良く円満に、これからも楽しい毎日を過ごして下さい。 古希のお誕生日おめでとう。 いつも気にかけてくれて本当にありがとう。 心から感謝しています。 いつまでも、すてきなじいじでいてね! 恩師、上司へのメッセージ 古希をお迎えになられ心からお祝いを申し上げます。 いつまでも明るく元気にお過ごし下さいます様お祈りいたします。 古希おめでとうございます。 これからもより一層お元気でいらっしゃいますように。 古希おめでとうございます。 これからもますますのご活躍をお祈り申し上げます。 古希祝いにおすすめの花のプレゼントは? 花束 ボリュームがある華やかな紫のバラの花束。 古希祝いへのプレゼントにぴったりです。

次の

古希祝いに感謝を伝えたい♪ おすすめの花束と花言葉を紹介!

古希 祝い 花

1、古希祝いには花を贈るのがおすすめ 還暦祝いの次に訪れる古希祝い。 還暦が60歳なのに対して、古希は70歳を迎えた際の長寿祝いです。 また、還暦祝いのカラーは赤ですが、 古希祝いのカラーは紫になります。 還暦祝いを盛大に祝う方は多いですが、意外と見過ごされがちなのが古希祝いです。 そのため、何をプレゼントしていいのか分からないという方は多いです。 しかし、基本的に還暦祝いも古希祝いは同じ長寿祝い。 還暦祝いの時と同じようにプレゼントを選び、食事会などで祝いことをおすすめします。 古希祝いも長寿祝いの一つであり、迎える方にとっては重要なイベントであることには変わりありませんので、きちんとお祝いしましょう。 そして、古希祝いはキーカラーが紫になります。 なので、何をプレゼントしていいか分からない方は、 紫の入ったプレゼントを意識しましょう。 例えば、紫の洋服やグラス、アクセサリーなどがおすすめです。 これらのプレゼントの中でもおすすめなのが 「花」のプレゼントです。 還暦祝いでは、キーカラーの入った赤いバラをプレゼントした方は多いと思います。 それと同じく、古希祝いでも紫の入った花束をプレゼントする方が多いです。 紫の花で統一するのも素敵ですし、さまざまな色の花を組み合わせてフラワーアレンジにするのも人気です。 また、花束だけでなくブリザードフラワーやフラワーアレンジメントなどをプレゼントする方も多く、花は古希祝いのプレゼントの中でも人気です。 2、古希祝いの花の相場を知っておこう 古希祝いの花にはさまざまな種類があります。 紫色の花を中心にした花束をはじめとして特別な加工してある花も人気が高いです。 ここでは、花の種類ごとの相場に関してご紹介していきます。 ネットで購入する場合はすでに完成された花束を購入しますが、花屋で購入する場合は予算に応じて最適な花束を作ってくれます。 そのため、予算を前もって購入する花屋に伝えておきましょう。 例えば、予算5,000円で古希祝いの花束を作りたいと伝えれば、紫をテーマにした花束を作ってくれます。 その時に仕入れてある花を中心に作るため、 季節に応じた素敵な花束をプレゼントできます。 また、予算によってはさらに豪華な花束を作ることも可能なので、使いたい花がある場合は余裕を持って花屋に伝えておきましょう。 古希の方に花束を持ち帰ってもらう時のことを考えて、持ち運びやすさやサイズの調整なども相談してみましょう。 水やりの必要がないため、プレゼントしてすぐにお部屋に飾っておくことができます。 また、加工された花なので 長期間鮮やかな色合いが楽しめます。 ブリザードフラワーの予算は3,000円ほどから。 予算が低いほど小さい花になってしまいますが、食事会でプレゼントしたり、他のものと一緒にプレゼントしたりする場合にはぴったりです。 10,000円以上予算がある場合は大きなブリザードフラワーをプレゼントできます。 すでに花瓶に入っているため、ご自宅に飾る場合も楽チンですよ。 スポンジに水を吸わせるだけで花の手入れができるため、花束を渡すよりも管理が楽です。 また、さまざまな花の入れ物が用意されており、プレゼントする方に合わせて種類を選ぶことができます。 基本的に予算は5,000円程度あれば十分です。 もちろん、これ以上の予算があれば、それなりに大きなフラワーアレンジメントが購入できます。 3、古希祝いの花はどこで購入するの? 最後に気になるのが古希祝いの花を購入する場所です。 古希祝いにプレゼントした花によって、購入場所が異なるため、それぞれの購入場所を確認していきましょう。 ・花束なら花屋さん 基本的に 花束を購入するなら花屋がおすすめです。 ネットでも花束を購入できますが、写真と実物のイメージが違うことがあるため、想定していた花束を違う場合があります。 また、直接渡してくれる花屋と、さまざまな費用がかかっているネットでは、同じ予算でも花束の大きさが異なります。 もし、花屋で花束を作る場合は イメージをしっかり伝えることを心がけてください。 古希祝いなら紫を基調に、またプレゼントされる方が好きな花があればそれも伝えておきましょう。 イメージをしっかりと伝えれば、バランスの良い花束を作ってくれます。 また、持ち運びやすさやお部屋に飾る際のサイズ感についてもその場で相談しやすいです。 予算を伝えておけば、 予算に合った最適な花を作ってもらえますので、花束を贈る際には近くの花屋さんなどにまずは行ってみましょう。 ・フラワーアレンジメントやプリザーブドフラワーはネット通販 続いて、 フラワーアレンジメントを購入する場合は店舗、ネットどちらでも構いません。 完成品の場合は質が統一されているので、全く写真と違うということは少ないです。 また、ブリザードフラワーも生花ではないので、時間のない方はネットで購入することをおすすめします。 どちらも古希祝い用の花を提供している場合があるため、 紫を基調にした花がすぐに手に入ります。 フラワーショップや花屋さんでもプリザーブドフラワーを取り扱っているお店はありますが、 種類が豊富で好みに応じたものが選びやすいのがインターネットのショップです。 シーンや予算に応じて選ぶこともできますので、お店に行く時間がない方やさまざまな種類と比較したい場合にはおすすめ。 ただ、インターネットでの注文の場合は、 注文から配達までに時間を要する場合がありますので、古希祝い当日には間に合うように手配しましょう。 ぜひ、これらの購入場所を参考に古希祝いの花を手に入れましょう。 4、古希祝いの花束におすすめの花を8つ紹介 古希祝いにはどういった花を贈るのが人気なのでしょうか。 イメージがなかなか付かないという人も多いのでは。 ここでは、古希祝いに花束をプレゼントしたいという方のためにおすすめの花を紹介します。 もし、好みの花があれば花屋に行った際に伝えてみてください。 同じ花がなくてもイメージに沿った花を使って花束を作ってくれます。 さっそく、古希祝いにおすすめの花を8つ見ていきましょう。 ・バラ 花言葉:エレガント、尊敬 古希祝いのキーカラーにぴったりなのがバラ。 もちろん、赤いバラではなく紫のバラがおすすめです。 花言葉は 「エレガント」や「尊敬」など。 両親どちらの古希祝いにも適した花です。 還暦祝いの際に60本の赤いバラをプレゼントするように、 古希祝いでは70本の紫のバラをプレゼントする方が多いです。 紫のバラは花束にすると上品で素敵な印象になります。 赤いバラに比べてプレゼントされる機会も少ないため、喜ばれやすい花のひとつです。 古希祝いに花束をプレゼントする方はぜひ紫のバラも入れてみてください。 ・胡蝶蘭 花言葉:幸福が飛んでくる、純粋 お祝いといえば胡蝶蘭というイメージのある方は多いでしょう。 特にお店の開店祝いに胡蝶蘭が送られることが多いです。 その理由として胡蝶蘭の花言葉である 「幸福が飛んでくる」があります。 新たに門出を祝い際に胡蝶蘭は適しています。 また、年中作られている花ということもあり、花屋でも用意してあることが多いです。 古希祝いでも花束を作る際に豪華な見た目の胡蝶蘭はよく使われています。 古希祝いという新たな門出に合わせて胡蝶蘭を入れてみてはいかがでしょうか? ・ダリア 花言葉:華麗、優雅、気品 気品溢れる優雅な雰囲気が魅力的なダリア。 さまざまな色が存在しているダリアですが、 古希祝いにプレゼントするなら紫色のダリアがおすすめです。 ウェディングブーケなどでも使われているため、花束の主役になるような存在感が魅力的です。 また、ダリアは他の花と組み合わせても華やかさを演出してくれます。 大きな花なので 予算が少なくても様になる点は嬉しいところ。 紫色のダリアにも濃度が異なるものが多いので、花屋と相談して花束にするダリアを決めても良いでしょう。 ・トルコキキョウ 花言葉:優美、希望 5月~11月と半年近く出回っているトルコキキョウは、古希祝いの開催に合わせて手に入れやすい花と言えます。 大きくやわらかな花びらが印象的で花色が豊富、見栄えの良い花の一つです。 トルコキキョウには 「永遠の愛」という花言葉もあるため、結婚式などで人気が高いです。 特に純白のトルコキキョウは人気が高いです。 また、トルコキキョウは品種改良を加えられて美しさを極めた花であるため、 「変わらぬ美しさ」という意味が込められており、女性への贈り物としておすすめです。 紫のトルコキキョウの場合は花全体が紫のものと、花びらの先が紫のものがあります。 花束にして組み合わせると上品な雰囲気が出せるため花束全体が締まります。 花束のメインにもサブにも使える万能は花なので花束を使う際にはぜひ入れてみてください。 ・ガーベラ 花言葉:神秘、常に前進 ガーベラといえばピンクや赤、オレンジをイメージする方が多いですが、 実は紫色のガーベラも存在しています。 ただ、人工的に色づけしたものなので自然のガーベラではありません。 ガーベラの花言葉は 「神秘」や「常に前進」などです。 古希祝いにぴったりな紫のガーベラはブリザードフラワーやフラワーアレンジメントに多いので、ガーベラを入れたい方は花束ではなく、こうした特殊な花をプレゼントしてみてはいかがでしょうか? ・カーネーション カーネーションといえば、母の日を連想する方も多いのでは。 母の日の定番プレゼントの一つですが、古希祝いのプレゼントとしても最適です。 カーネーションには赤やピンク、白色、青色など多彩な色合いがありますが、 古希祝いにはイメージカラーに合わせた紫のカーネーションがおすすめ。 紫のカーネーションの花言葉は、「誇り」や「気品」なので、古希を迎える方に敬意を表すのにぴったりな花と言えます。 紫のカーネーションを中心として、ピンクや赤、白色などさまざまなカーネーションを組み合わせたり、ほかの花と組み合わせたりして贈るのも素敵ですね。 ・ユリ 花言葉:純粋、無垢 紫のユリは存在しませんが、白いユリが古希祝いにおすすめです。 キーカラーが紫だからといって全て紫色の花で花束を作ってしまうと重い印象を与えてしまいます。 そこで、花束に入れたいのが純白の花です。 ユリはオレンジやピンク、黄色などの華やかな雰囲気の花や紫の花との相性がよく、全体的に優雅な気品のあるイメージに仕上げてくれます。 ユリはどの花屋でも置いてあることが多いため、注文する際にもユリを入れて欲しいと伝えれば、理想の花束が作りやすいです。 ・ブラックリーフ 最後に紹介するのはブラックリーフです。 花ではありませんが花束に使いやすい植物。 ブラックリーフは真っ黒な葉っぱですが、 ツヤがありしなやかに曲がるため、花束を豪華な雰囲気にしてくれます。 少しゴージャスな雰囲気の花束にしたい場合は、ブラックリーフを入れるといいでしょう。 まとめ 古希祝いの花についてご紹介しました。 祝い事のプレゼントに欠かせない花の存在。 お祝いムードを高めて場を華やかにしてくれる花束のプレゼントを古希祝いにも贈りましょう。 古希祝いでも花は喜ばれるので、本記事でどんな花があるのか?そして相場や購入場所を知って、ぜひ購入してみてください。 また、花束を作る方はおすすめの花を参考にしてみてはいかがでしょうか?季節によってない花もありますが、花言葉を含めてさまざまな思いを伝えられます。 本記事で興味を持っていただけたら幸いです。

次の