ローズ ヒップ 由来 ティリロサイド。 美肌やアンチエイジングの強い味方!ローズヒップの効果効能

ローズヒップ

ローズ ヒップ 由来 ティリロサイド

機能性表示食品『アクエリアスS-body』の効果・効能とは? 出典: 4月16日より発売となるコカ・コーラシステムの新商品 『アクエリアスS-body』! 水分補給しながら植物由来の成分が体脂肪を減らす! という素敵なキャッチフレーズが印象的ですね! これから気温も上がり水分補給が欠かせないシーズン到来する前にとても気になるニュースが飛び込んできました。 早速詳しく見ていきたいと思います。 機能性表示食品とは? それではアクエリアスS-bodyの内容の考察の前に 機能性表示食品ってなんぞ? という方のためにまずは機能性表示食品という表記の意味について見ていきたいと思います。 引用: これまで機能性を表示できる食品、いわゆる健康食品の代表と言えば トクホ(特定保健用食品)のイメージが強かったと思いますが、最近はスーパーやコンビニの店頭で 機能性表示食品の表記のある様々な商品を目にする機会が多くなってきましたよね。 両者を比較してみると・・・ んーー国が許可していないってことはあんまり信用できないのかな・・・ と思われるかもしれませんが、機能性表示食品制度設立の趣旨は 『特定保健用食品の許可のハードルの高さ』が背景にあるのではないかと考えています。 つまり、商品の機能性(健康効果)の表示のハードルを下げることによって、 商品選択の判断を消費者に委ねた制度であると言い換えることもできますね! アクエリアスS-bodyの効果・効能は? 機能性表示食品の概要が分かったところで早速 アクエリアスS-bodyの中身について見ていきましょう! 機能性表示食品はその商品の健康効果の根拠となる成分、 機能性関与成分を必ず含む食品です。 そして今回の新商品、アクエリアスS-bodyに含まれる成分は ローズヒップ由来ティリロサイド です! ろ、ろーずひっぷ? と多くの方の頭上にはてなマークが浮かんでいると思いますが、機能性関与成分『 ローズヒップ由来ティリロサイド』の機能により、アクエリアスS-bodyは 水分補給のための最適なバランスを考慮した従来のアクエリアスに 体脂肪を減らすという効能を追加した新たな商品として世に生み出されるのです! 機能性関与成分『ローズヒップ由来ティリロサイド』とは? スポンサーリンク では気になるローズヒップ由来ティリロサイドについてもう少し掘り下げてみたいと思います。 ローズヒップティーに含まれる成分と効能 ローズヒップと聞くと真っ先に思いつくのは ローズヒップティーの方ではないでしょうか。 非常に健康効果が高いお茶として、特に女性に人気の飲み物ですよね。 まずはローズヒップティーの成分と効能について少し覗いてみましょう。 成分 主な効能 ビタミンC 美白・ストレス耐性 ビタミンE 活性酸素の抑制・血管の老化防止 食物繊維 便秘解消 鉄分 貧血・血行不良の改善 カルシウム 骨粗鬆症の予防 健康と美容に効く成分が目白押しですね!特にビタミンCについては レモンの20倍もの量を含有しています。 では本題に入りましょう。 上記のような素晴らしい効能を持つローズヒップから生まれたティリロサイドの効能とは? ローズヒップ由来ティリロサイドの効能 出典: 「ローズヒップ由来ティリロサイド」は摂取することによって 脂肪燃焼効果が期待できる機能性関与成分です。 上記の画像はローズヒップ由来ティリロサイドを含んだ別の商品のデータですが、ティリロサイドを0. 1mg含んだローズヒップエキスを12週間摂取した被験者の 腹部全脂肪面積が、 なんと平均して 18. 5cmも減少したとのことなのです! またコカ・コーラ社にローズヒップエキスを提供している 森下仁丹株式会社のサイトでは、 同様の実験により 内臓脂肪の数値も平均して 9. 3cm減少したとの報告もあります。 内臓脂肪といえば気になるのはやはり メタボリックシンドロームですよね。 アクエリアスS-bodyを継続的に摂取することにより、 メタボ改善効果も期待できる?となれば期待が高まりますね! まとめ 機能性表示食品『アクエリアスS-body』についてまとめます。 アクエリアスS-bodyは4月16日にコカ・コーラシステムから発売される機能性表示食品• アクエリアスS-bodyに含まれる機能性表示関与成分『ローズヒップ由来ティリロサイド』は体脂肪を減らす効能が期待できる• アクエリアスS-bodyは最適な水分補給のバランスを考慮した従来のアクエリアスの効能に加えて体脂肪を減らす機能が追加された画期的な商品! いかがでしたでしょうか? アクエリアスS-body。 今年の夏の水分補給には欠かせない商品となる予感?ですね! 最後までお読みいただきありがとうございました! スポンサーリンク.

次の

サキナ ローズヒップ(D116)

ローズ ヒップ 由来 ティリロサイド

ローズヒップティーとは ローズヒップティーとはどのようなものなのでしょうか。 まず、ローズヒップはバラ科の植物の実をさします。 ローズヒップティーとして売っているものは大概ローズヒップとハイビスカスがブレンドされているものです。 ローズヒップは 「ビタミンCの宝庫」とも呼ばれているように、ビタミンCがとても豊富なハーブです。 通常ビタミンCは熱に弱いと言われますが、ローズヒップに入っているビタミンCは ビタミンPの働きのおかげで壊れにくくなっています。 ですから効率的にビタミンCを摂ることができます。 またビタミンA、ビタミンE、ビタミンKやミネラルなども多く含んでおり、 しみを防いでくれる働きや、 毛穴を引き締める働き、 ニキビや吹き出物をできにくくする働きが期待され、 美肌効果にも繋がります。 食物繊維も含まれているので、便秘解消にも役立ちます。 また、脂肪燃焼を促進してくれたり、 中性脂肪を減少する働きがあることも分かっており、ダイエットにも効果があると言えます。 — 2019年 4月月27日午後6時21分PDT 先程、ダイエット効果も期待できると書きましたが、具体的にはどのような働きかけがあるのでしょうか。 ローズヒップには、 ポリフェノールが多く含まれています。 ポリフェノールには内臓に脂肪をつきにくくする働きや、自律神経を刺激し、脂肪燃焼に働きかける役割があります。 また、ポリフェノールの中の ティリロサイドという成分は、肝臓や筋肉で行われる脂肪代謝を促進する働きや、脂肪の燃焼を助ける酵素を活性化させる働きがあります。 そして、ダイエットで気になる体脂肪に働きかけてくれるのです。 体脂肪には、運動や食事制限などで落としやすい 「内臓脂肪」と、運動や食事制限などでは落としにくい 「皮下脂肪」があります。 ローズヒップに含まれるティリロサイドという成分は、この 両方に働きかけてくれるので、ダイエットに効果的と言えるのです。 また、マウスを使った実験では、ローズヒップを与えたグループはそうでないグループと比べ、体重の増加がなく、内臓脂肪や中性脂肪、コレステロールが減少したという発表もあります。 ローズヒップに含まれているクエン酸が コレステロールの分解にも役立つそうです。 コレステロールが気になる方は、ローズヒップだけでなく、クエン酸を多く含む食品を積極的に食べるといいかもしれません。 クエン酸を多く含む食品にはビタミンCも豊富に含まれていることも多いようですね。 レモンやライム、などの柑橘類や、アセロラやパイナップル、キウイなどの果物、あとハーブティーのハイビスカスにもクエン酸が入っているそうでよ。 ローズヒップティーは薬ではないので、副作用はないと言えます。 しかし、ローズヒップティーに多く含まれるビタミンCを 多く摂りすぎてしまうと、 倦怠感や吐き気、嘔吐、下痢、また睡眠異常を起こしてしまうことがあります。 そのような症状をおこさないためには、 ローズヒップティーは一日3杯程度にとどめるのが良いとされています。 また、ローズヒップティーはカフェインが含まれていないので、妊娠中や授乳中にも飲むことができます。 ですが、アレルギー体質の方が飲むと稀にアレルギー反応を起こしてしまうことがありますので、 初めて飲む際は少量を様子を見ながら飲むようにしましょう。 また、ローズヒップティーは漢方薬としても使われるものですので、なにか薬を常用している場合は、医師や薬剤師などに相談してみるのが良いかもしれませんね。

次の

新爽健美茶、健康素材の麦茶の効能は?ローズヒップ由来ティリロサイドで脂肪燃焼!

ローズ ヒップ 由来 ティリロサイド

ローズヒップのティリロサイドの効果のすべて ローズヒップの種に含まれるポリフェノールの1種「ティリロサイド」。 この成分については10年以上前から森下仁丹と京都薬科大学・近畿大学が共同で研究されてきました。 今回のからだ巡茶には 「体脂肪を減ら す機能があることが報告されています。 」という表現されています。 その根拠は下図のように、3ヶ月間で18.5cm2の脂肪の面積が減っていたというデータです。 正直、脂肪の面積が18.5cm2減ったと言われても、 その効果は分かりづらいですよね。 しかし、根拠に使用されている論文を見てみると、もっとも 分かりやすい 「体重を低下さる効果」も報告されていました。 このグラフから分かるとおり、 3ヶ月後には1.4kg体重が減っていました! なぜ、からだ巡茶が分かりやすい表現の「体重を低下させる」を使わないのか?というと、 機能性表示は健康増進の目的で特定の機能を表示する制度です。 「体重を低下」という表現は無理な減量を誘発しかねない危険な表現と捉えられるからです。 賢い消費者は、データを見て自己判断してくださいね。 という事なんです。 驚くべきティリロサイドの効き目 そしてもっとも驚くべきことは、このローズヒップに含まれる有効成分「ティリロサイド」です。 この「ティリロサイド」はローズヒップの種の部分にしか含まれていないのですが、 1本に配合されているローズヒップエキス100mg中に たった 0.1mgしか含まれていないのに、体脂肪や体重を減らす 効果があることです。 0.1mgはどれだけ少ない量かというと、角砂糖1個(1g)の1万分の1の重量です。 耳かきですくっても、ほとんど見えるか見えないないくらいの量です。 スポンサーリンク コカ・コーラとローズヒップの歴史 これまでコカ・コーラはこのローズヒップの効果に注目してきました。 2009年には「ラブボディ スマートダイエット」 2010年には「ラブボディ ローズヒップワークス」 をそれぞれ130万本、100万本を出荷してきました。 両商品とも話題にはなりましたが、コカ・コーラの中では それほどのヒット商品とは言えない存在でした。 私自身も注目はしていましたが、この有効性については確認していませんでした。 というのも、 飲料の世界では有効性よりも商品イメージが専攻するので、 「どうせ有効量は入ってないんでしょ!」って勝手に思っていました。 これは、 大きな間違いでした。 コカ・コーラは、 当時からちゃんと有効量(ティリロサイド0.1mg)を配合していました。 これは、ひとえにこれほどの 低用量でも有効なティリロサイドのお陰です。 コカ・コーラとからだ巡茶の歴史 それでは、なぜ「からだ巡茶」に「ローズヒップ」なのか? これまでにコカ・コーラでは「からだ巡茶」では様々な出来事がありました。 2006年には、当時のCMのキャッチコピー 「広末涼子、浄化計画」 が東京都より 「浄化は老廃物除去を連想させ、医薬品の効能があると勘違いされかねない」と指摘を受け、CMは放送中止となりました。 売れ筋だった商品だけに痛手は大きかったと思います。 一方、真面目に有効成分を入れたローズヒップの「ラブボディ」シリーズは定着せずイマイチの売れ行き。。 そして、この二つの商品が、 お互いの不足する部分を補うようにして生まれたのが 「からだ巡茶 Advance(アドバンス)」なのです。 まとめ 「からだ巡茶 Advance(アドバンス)」は少量でも有効な ローズヒップのティリロサイドを0.1mg含み体脂肪に有効なお茶です。 コカ・コーラの威信をかけて開発されたと言っても過言ではないこの商品。 果たして、どこまで売れるのでしょうか? 陰ながら応援していきたいと思います。 スポンサーリンク• レガネットには118円からだ巡茶advanceあり、レガネットまで、いかないときは7i緑茶ティロリサイトいり、130円位をかうのだ、通常からだ巡茶advance160円くらいするからね。 コメント有難うございます! コカ・コーラではこれまでもローズヒップのティリロサイドを商品化してきましたが 機能性表示食品制度のお陰で消費者ニーズに上手く合致させることができたのでしょうね。 コメント頂いた通り、セブン&アイとの共同で「一(はじめ)緑茶一日一本」を発売していますね。 恥ずかしながら、知りませんでした! その他にもコカ・コーラの定番商品「爽健美茶」からも ティリロサイド入りで機能性表示した商品が発売されています。 これらの商品はすべてティリロサイドの有効性を謳ったものなので、 ダイエット目的であればどの商品も効果は同じと考えられます。 そういう意味では、実勢販売価格は消費者にとっては重要なポイントですよね。 桑原さん!貴重な情報、有難うございました。

次の