星野源 病気 くも膜下出血。 星野源の病気くも膜下出血はいつ?手術した病院やaikoはその時?

星野源の病気は現在完治!くも膜下出血で緊急搬送されたエピソード|芸能人の噂メディア

星野源 病気 くも膜下出血

それについて調べてみたところ、 2012年12月のネットニュース記事に、このように書かれていました。 多才な草食系男子として若い女性から人気を集める俳優で ミュージシャンの星野源(31)が、 くも膜下出血のため、しばらくの間休養することになった。 所属事務所は12月22日、 〈先日、星野本人より体調不良の訴えがあり、病院での検査の結果、 くも膜下出血と診断されました〉と発表、病状については〈幸い、検査当日に手術を行い早期対処が出来たことにより、術後の経過は良好で、順調に回復しております〉と説明している。 とのことで、今から6年前に星野源さんは、くも膜下出血を患ったことがあるそうですね。 しかし、命は無事だったとのことです。 くも膜下出血の症状と原因 スポンサーリンク 星野源さんが患ったとされている「くも膜下出血」には、どんな症状と原因があるのでしょうか? それについて調べてみたところ・・・ 星野源さんを襲ったくも膜下出血とは、文字通り 「くも膜下(くも膜と脳の間)」で起こった出血を指します。 「くも膜」というのは、脳を覆っている3つの膜のうちの一つで、頭蓋骨の内側にある脳を、順に 軟膜・くも膜・硬膜という膜で包まれ、脳をショックから守っています。 脳が原因で起こる意識障害や言語障害、半身不随などは主に脳の血管が損傷を受け、血液がうまく回らなくなることで起きるのですが、そういった脳の血液障害のことを脳卒中といいます。 (ちなみに脳卒中の「卒」は、突然という意味で、前触れもなく起こることから脳卒中と言われています) 脳卒中には、大きく分けて脳の血管が詰まるものと脳の血管が切れるものがあり、• 脳の血管がつまる:脳梗塞• 脳の血管が切れる:脳出血・くも膜下出血 という病名がつけられます。 星野源さんを襲った 「くも膜下出血」は、 脳の血管・動脈の分かれ道に大きなこぶができて、そのコブが破れて出血する事でおき、脳出血は脳の内部の細い血管が切れて出血することで起きます。 血液のメインストリートである動脈と、枝分かれ道の毛細血管、どちらの方が破れた時のリスクが大きいかはそうぞうすればわかると思います。 くも膜下出血は脳卒中全体の1割程度ですが、太い動脈から出血するため出血量が多く、 最も命の危険性が高い病気として知られています。 とのことで、くも膜下出血の原因は「脳の血管・動脈の分かれ道に大きなこぶができて、そのコブが破れて出血する」ことだそうですね。 また、ストレスもくも膜下出血のリスクを高める要因の1つみたいです。 くも膜下は、最も命の危険が高い病気とのことですが、星野さんは命を落とさずにすんで本当によかったですね。 くも膜下出血によって起こりうる後遺症一覧 お次は「くも膜下出血によって起こりうる後遺症」について見ていきましょう。 こちらが、くも膜下出血の後遺症一覧です。 失語症、失認・失行、排泄障害、言語障害、嚥下 えんか 障害、手足のマヒ、感情や行動の抑制がきかないといった後遺症が起こりうるとされているみたいですが、 病気の進行具合によって、後遺症のレベルは変わるそうです。 ちなみに星野さんは、術後すぐは体が動かしにくかったそうですが、後遺症はほとんど残らなかったそうです。 2012年12月にくも膜下出血で入院 そんな星野さんが、くも膜下出血になったのは2012年12月のことだったそうですが、当時のエピソードをこのように語っていたそうです。 それまでは持病と言えば「ド変態」くらいなものだった星野源に突如くも膜下出血が発症したのは 2012年12月16日のこと。 この日、後頭部にずーんとした痛みを覚えながらも解熱剤と湿布でごまかしながら新曲のレコーディングを行っていた彼でしたが、録り終えて完成した直後に 今にも 卒倒せんばかりの強烈な頭痛に襲われます。 「スタッフ皆で拍手をしていると、急に目の前がぐにゃっと曲がった」 「バットで頭を殴られたような痛みとともに、立っていられなくなり」 星野源 著書「蘇える変態」より 尋常ではない事態にすぐさま救急搬送され、緊急手術を受けることとなった彼ですが、前兆を見逃したせいか病状は深刻で医師にも 「後遺症の可能性も含め、 全快の可能性は低い。 」と言われるほどだったとか。 とのことで、星野さんは当時、 後遺症の可能性も含め、全快の可能性を危ぶまれていたということだそうです。 くも膜下出血を経験された方のエピソードがテレビなどでよく放送されていたりしますが、みなさん必ずと言って良いほど「バッドで頭を殴られたような・・・」とおっしゃいますよね。 それほどの衝撃と痛みが頭にくるのでしょう。 退院後、お仕事に復帰されるまでに回復されて、本当によかったです。 星野源がくも膜下出血になったのは「ものづくり地獄」が原因? 星野源さんがくも膜下出血になったのは 「ものづくり地獄が原因」と言われているそうです。 「ものづくり地獄」とは聞きなれない言葉ですが、一体何なのでしょうか? それについて調べてみたところ、星野源さんが、ファッション誌『GINZA』で2011年から2013年まで連載していたエッセイを書籍化した 『蘇る変態』についてのインタビュー記事が見つかりました。 2014年9月頃の記事です。 『Casa BRUTUS』において、さまざまなプロダクトの製作の現場に立ち会われることが多い松原編集長から見て、 「ものづくり地獄」とは? 星野さんの場合、音楽活動の最中に倒れたんですよね。 曲作りに悩んで悩んで、やっとできたっていうときだったそうです。 そして倒れた後、今度は病室で地獄の歌を作る。 すさまじいですよね。 本当に、すごいバイタリティだと思います。 ものづくり地獄については、星野さんの「蘇える変態」に詳しく書かれているみたいなので、興味がある方は読まれてみてはいかがでしょうか。 復帰からわずか4ヶ月で再発 2012年にくも膜下出血になって入院し、手術を受けた星野さんですが、どうやら復帰から4ヶ月で再発したという噂があるそうです。 昨年12月にくも膜下出血の手術を受け、今年2月に仕事復帰した俳優兼シンガー・ソングライター、星野源(32)が24日、 HPで再び活動を休止することを発表した。 (サンケイスポーツ) 先週の定期検診で手術した頭部が万全な状態ではないことが判明。 現在、普通に生活しているが、 再発防止のための治療が必要と診断され、当面活動を休止することになった。 そのため、この日、都内で行われた主演映画「箱入り息子の恋」のトークイベントを欠席した。 こちらは2013年6月頃の記事です。 どうやら病気が再発したのではなく、 「再発防止のための治療が必要と診断された」ということだったそうですね。 入院した病院はどこ? 星野さんはどこの病院に入院したのでしょうか? それについて調べてみたところ・・・ 最初の緊急搬送され手術した病院はどこだったのでしょうか。 しかし医者、病院というのは守秘義務があるため、病院名は特定されていません。 ただし、クモ膜下出血で緊急手術ができるということは、設備が整った大きな病院で脳の専門医がいる必要があります。 このため、 「東京大学病院脳神経外科」か「帝京大学医学部付属病院」あたりではないかと予想されます。 しかし、ある番組で星野源は 「 笑福亭鶴瓶さんに病院を紹介してもらった」 と答えています。 とはいえ、一回目の緊急搬送の時には「紹介」などということは不可能でしょうから、これは再発した時の入院先の病院のことだと思われます。 しかしこれとは別に、星野源が入院して手術を受けたのは、 北海道は札幌の「札幌禎心会病院」だったのではないか?という推測もあります。 この病院には上山先生という脳神経外科の権威の医師がおり、NHKのテレビ番組でも取り上げられたことがある有名な人です。 執刀医としての回数も日本一と言われています。 しかし多忙を極めていると思われるこの医師の所に緊急搬送されることは考えにくく、最初の救急搬送先の病院とは言えないでしょう。 だそうで、星野さんが入院していた病院は、 「東京大学病院脳神経外科」「帝京大学医学部付属病院」 「札幌禎心会病院」と推測されているみたいで すね。 しかし、守秘義務のため、病院名は特定されていないとのことです。 闘病生活のエピソードまとめ スポンサーリンク そんな星野さんの闘病生活のエピソードについてまとめてみました。 ・手術前に担当医は本人に「絶対に助かります」と力強く宣言したが、周囲の人には「後遺症の可能性も含め、全快の可能性は低い」と言っていたというから、重篤な状態だったことがうかがえる。 食べ物はもちろん水も飲めず、「爆発的な」頭の痛みだけが、ただただ続く。 動けないストレスからか、神経が過敏になり、ほかの患者の息遣いや機械の音が気になって眠ることもできない。 「24時間、不眠不休で痛みと神経過敏に耐え続ける。 それが三日間続いた」と、想像を絶する過酷な状況だったのだ。 ・「集中治療室で、『動いちゃだめです』って言われて。 天井だけ見つめてじっとしてると、自意識で爆発しそうになるんですよ。 自分がどうなっちゃうんだとか、今までこうしてたからこれがいけなかったのかなとか。 (中略)自分のことばっかり考えすぎちゃうのって、辛いんだなって」と、いつも通り、淡々とした口調で、病気が発症した頃のことを振り返る星野 とのことで、読んでいるだけでも辛さがひしひしと伝わってきますね。 頭の痛み、飲み食いできず、不眠不休で痛みに耐え続け・・・ と、この苦しみは経験した人にしかわからないことであり、きっと想像を絶する大変さだったのではないでしょうか。 情熱大陸で語られた闘病エピソード「窓から飛び降りたい」程に追い詰められた 星野さんはエッセイ集「蘇える変態」の中で、闘病生活について「窓から飛び降りたい」と語っていたそうです。 食べ物はもちろん水も飲めず、「爆発的な」頭の痛みだけが、ただただ続く。 動けないストレスからか、神経が過敏になり、ほかの患者の息遣いや機械の音が気になって眠ることもできない。 「24時間、不眠不休で痛みと神経過敏に耐え続ける。 それが三日間続いた」と、想像を絶する過酷な状況だったのだ。 そうなると、体だけではなく、精神もむしばまれてくる。 「今すぐにでもベッドの頭上にある窓から飛び降りたい。 早く死んでしまいたい。 こんな拷問のような痛みはもうたくさんだ」と、心まで消耗していく過程が赤裸々に描かれている。 だそうで、あまりの痛みや辛さに「早く死んでしまいたい」とまで思ったそうですよ。 そこまで追い詰められていたなんて、闘病生活の過酷さを物語っていますよね。 闘病中に歌「地獄でなぜ悪い」をリリース!歌詞の意味について 星野源さんは、6枚目のシングルである「地獄でなぜ悪い」を闘病中にリリースしたそうです。 「地獄でなぜ悪い」の歌詞は、定期検査のために一時入院をしていた星野源が、 病室で書いた歌詞です。 その検査の結果、前回のくも膜下出血の手術をした箇所に問題があり、 今度は3ヶ月間の入院することになるなど本人は思っていなかったため、 呑気な気持ちで歌詞を書いて一人で盛り上がっていたそうです。 そうした経緯から、この曲がリリースされた時には、星野源は皮肉にもこの曲の歌詞の通り「病室」で本当に「地獄」のような日々を過ごすことになってしまいましたが、そのことを「ちょっと勘弁して欲しいです 笑 」と冗談交じりのコメントで公式サイトに寄せたのでした。 とのことで、「地獄でなぜ悪い」は当時の星野さんは再入院しなければならないと思っておらず、病室でのんびりと書き上げた曲だったそうです。 そこで気になるのは歌詞の意味ですよね。 そんな苦しい時ですら気丈なコメントを残す、星野源が書いたこの歌詞は、 苦しい時を苦しいと、つまり、「地獄」であると認めた上で乗り越えていくような明るく力強い歌詞です。 だそうで、人生は地獄であるけど、希望を見つけて生きていこうといった、前向きな歌詞だそうです。 地獄を乗り越えた星野さんに言われると、より説得力が増しますね。 動画サイトにもこの曲のMVがあるので、興味がある方はぜひチェックしてみてはいかがでしょうか。 当時の彼女・aikoに支えられていた どうやら星野源さんは入院中、当時の彼女だった歌手のaikoさんに支えられていたそうです。 そんな星野源さんですが、2012年に くも膜下出血で倒れ入院という一大事を迎えます。 その後2013年2月に復帰しますが、その矢先、再手術が必要となり、また 活動休止を余儀なくされてしまったのです。 ライブツアーも中止、始まったばかりのラジオ番組も終了…星野源さんがどれほど悔しかったことでしょうか。 星野源さんは、 死にたいほど苦しい入院生活だったと後に語っています。 そんな辛い時期、 星野源さんの 闘病生活をそばにいて支えていたのがaikoさんだったんですね。 aikoさんのファンも星野源さんのファンも、ふたりの熱愛を温かく見守っていました。 私もこのカップルが大好きで、早く結婚しないかな〜と心待ちにしていたものです。 しかし、そんなふたりの関係に異変が起こります。 別冊カドカワ総力特集aikoにて、2014年に発売されたaikoさんのアルバム「泡のような愛だった」に収録された「透明ドロップ」という曲について、aikoさんは 「好きな人にさようならと言われたことを曲にした」と解説していたそうなのです。 これにより、ネット上では aikoさんと星野源さんの破局説が囁かれ始めました。 そして、星野源さんと二階堂ふみさんの熱愛報道により、破局説が確実なものとなったのです。 だそうです。 星野さんとaikoさんが別れた理由は不明ですが、aikoさんの歌詞の内容からして星野さんがaikoさんをふったみたいですね。 ちなみに二階堂ふみさんとの熱愛報道については、「単なる噂」という説が強いそうです。 星野源は現在は病気から復帰し「SUN」をリリース そんな星野源さんは病気から復帰した後、2015年に「SUN」をリリースしたそうです。 ライヴ映像作品 『星野 源 ツービート IN 横浜アリーナ』をリリースしたばかりの星野源が、通算8枚目となるニュー・シングル 『SUN』を5月27日にリリースすることを発表。 併せて最新アーティスト写真も公開した。 そして、暗闇から希望の光が差していく世界を描いたという歌詞も魅力となった楽曲になっているので楽しみにしていただきたい。 とのことで、この曲は 「病気の経験から生まれた曲」とも言われているそうです。 紅白歌合戦に出場した時にも歌われていたそうですよ。 10年以内には80%は再発すると言われています。 特に高齢者は要注意です。 70歳以上の場合に手術が成功しても、5年以内に30%は自立した生活が送れなくなるといったデータも出ております。 この病気は再発率が非常に高い病気で、 星野源も 現状完治しただけで常に再発の可能性を抱えている状態なんです。 ただ、これに関しては手術で二度も長期的な休養を余儀なくされている以上、足繁く検診に通うなど 必ず人並み以上のケアしているはずです。 一度、くも膜下出血という病気になられた場合、治療後も定期的な健診が必要とされている病気なのです。 だそうです。 現在の星野さんには奇跡的に後遺症などはないそうですが、再発率を見る限り心配になるので、無理せずに気をつけてもらいたいところですね。 あまりの多忙さに再発を心配する声も 星野源さんはすっかり元気になったかと思いきや、あまりの多忙さに再発を心配する声もあるそうです。 シンガーソングライターで俳優の星野源が、過労による体調不良でダウン。 11月29日に生放送の歌番組を急きょ出演辞退しました。 NHK大河ドラマ「真田丸」とTBS系「逃げるは恥だが役に立つ」という放送中のヒットドラマ2本で重要な役を演じており、多忙なスケジュールを送っていただけに、ファンにとっては「心配しつつもダウンするのも納得」という状況だったのかもしれません。 しかし、多忙なスケジュールが祟ったようです。 11月29日放送の日本テレビ系 「ベストアーティスト2016」の出演を急きょキャンセルしました。 放送当日になっての公式サイトでの 「過労による体調不良のため、十分なパフォーマンスが出来ない」という発表で、本当に急な決定でした。 ネット上では、「ベストアーティスト2016」の放送時間が「逃げ恥」と一部かぶってしまうためではないかという憶測もありますが、裏かぶりとはオファーの時点でわかりそうなものなので、あまり考えられない可能性ではないでしょうか。 星野は9月にもパーソナリティを務めるラジオ番組「星野源のオールナイトニッポン」を体調不良で欠席しており、 あまり体が強いほうではないのかもしれません。 さらに星野は2012年12月22日にくも膜下出血の診断を受けたことを発表しています。 一度の復帰、再入院を経て2013年9月26日に再手術が成功して退院したことを報告。 現在に至りますが、一般的にくも膜下出血は再発しやすいと言われています。 それだけにファンは今回の体調不良も一層心配になってしまうようです。 Twitter上では、 「ほんとにほんとに源くんが心配でたまらない。 やっぱり健康第一だから良くなるまでゆっくり休んでほしい」 「星野源くんが体調不良と聞くとまた重篤な病気が再発したのかとドキドキしてしまう」 「働きすぎてあの時みたいにならないで、完全復活した源さんを待ってます」 「ファンはテレビで見れるのも嬉しいけど元気でいてくれることが当たり前に嬉しいんだから体調悪いならほんと休んで、てかほんと忙しそうすぎて無理心配すぎる大丈夫かよ」 といった声が上がっています。 発表するまでもないような、ただの風邪ということなのかもしれませんが、具体的な病名や症状が明かされていないだけに不安をかきたてられるのかもしれません。 だそうで、星野さんはスケジュール多忙のため、体調不良に陥っていたそうですね。 これを読む限り、星野さんは確かにあまり体が強くない人なのかもしれません。 体を壊してしまったら元も子もないので、体調には気をつけて欲しいですよね。 星野さんの病気が再発しないように願っています。 以上、星野源の病気についてのまとめでした。

次の

【2020年】星野源の病気は現在完治済み!くも膜下出血再発の可能性と辛い闘病生活のエピソード

星野源 病気 くも膜下出血

基本的に激しい痛みなどがないため、こういった症状が出ても大丈夫だと見過ごしがちだが、この段階ですぐに病院へ行かないと、命を落とす危険性もある。 また、助かったとしても障害が残る可能性もある。 「脳卒中」とは、脳の血管が詰まったり、切れたりして発症する病気だ。 血液が流れないと、障害が起きた先の神経細胞が死んでしまうため、体に麻痺が発生するのだ。 脳卒中は、血管が血栓(血のかたまり)で詰まる脳梗塞と、血管が裂けて出血する脳出血の2つに大別される。 さらに、脳梗塞はラクナ梗塞。 アテローム血栓性梗塞、心原性脳塞栓があり、脳出血のなかにはくも膜下出血がある。 脳卒中に苦しんだ著名人も少なくない。 星野源(39才)は、2012年にくも膜下出血で倒れ、一度は仕事を再開したが、2013年に再手術。 2014年に再復帰した。 症状が出たときの様子について「バットで頭を殴られたような痛みを感じ、地面にへたり込んだ」と話していた。 2014年に自宅で脳梗塞を発症したのは磯野貴理子(56才)。 1か月半ほどの治療とリハビリを経て、仕事復帰した。 「最初は二日酔いかと……。 左腕を触ったときの感覚がマネキンを触っているようだった」と、その症状を振り返る。 麻木久仁子(57才)は2010年に脳梗塞と診断される。 幸い後遺症もなく、大事には至らなかったが、「急に右手、右足が震え、動かそうとしても動かなかった」と不安な症状について語っている。 2003年、公演先の韓国で脳梗塞を発症したのは、故・西城秀樹さん(享年63)は「朝、目が覚めると、顔がゆがんでいて、ろれつが回らなかった」と、症状について語っていた。 復帰後も再発を繰り返していたという。

次の

星野源の病気『くも膜下出血』はいつで現在は完治?後遺症やパニック障害・モニカ病にしついても!

星野源 病気 くも膜下出血

星野源の病気のエピソード|2012年12月16日にくも膜下出血で救急搬送 ORICON NEWSより画像引用 2012年12月に 星野源さんは くも膜下出血で搬送されています。 くも膜下出血とは、くも膜と呼ばれる脳表面の膜と脳の空間(くも膜下腔と呼ばれ、脳脊髄液が存在している) に存在する血管が切れて起こる出血です。 より引用 くも膜下出血の発症では50%に近い方が命を落とし、後遺症なく元の生活に復帰できる人は約30%と言われています。 くも膜下出血は命の危険にさらされる恐ろしい病気で、多くの方が発症するまで、自覚症状がないそうです。 2012年12月16日の新曲のレコーディン中に頭に痛みが走りました。 しかし、鎮痛剤を飲んでなんとか最後までレコーディングを乗り切り、撮り終えた音源を聴いて、完成となってみんなで拍手をしている時に、立ってられないほどの痛みに襲われました。 棒でずっと殴られているような痛みと、めまいもすごかったと星野源さんが当時を振り返っていました。 すぐに救急車を呼びましたが、12月の年末に差し掛かった、忘年会シーズンと重なった上に深夜の日曜日で、緊急で受け入れてくれる脳外科の病院が見つからず救急車の中で20分以上痛みに耐えていたそうです。 結局、脳外科ではなく内科に救急搬送されて診てもらい検査、手術となりました。 この時に下された診断が「 くも膜下出血」でした。 手術前に「絶対に助かる」と医者は励ましていたようですが、実際の星野源さんの診断結果は決して良い状態とはいえず、 後遺症が残ってもおかしくなかったそうです。 手術後は集中治療室で過ごしたそうですが、 かなりの 地獄だったそうです。 病院でのエピソード|辛すぎた入院生活 CINRA. NETより画像引用 集中治療室での生活は辛く、動いてはダメと言われていたため、じっと天井を見ていると色々なことを考えてしまい精神的に一人追い込まれてしまいました。 さらに 肉体的にも激痛に見舞われていたため24時間痛みとの格闘で、神経が休まることもなく、次第に些細な物音に敏感に反応してしまい、眠ることなどできなかったそうで、苦痛すぎて 病院の窓から飛び降りたいと思ったそうです。 手術は無事に成功し、術後経過も良好で年が明けた2月の初めくらいから外に出て、人とも会い徐々に普通の暮らしになっていきました。 退院後は以前持っていたエゴや自己顕示欲が消えて、周りに興味を持つようになりました。 病気の再発で2回目の手術と体調不良 術後の経過について星野は「ありがたいことに、 まわりの人たちが唖然とするほどにどんどん元気に回復し、無事に退院することができました」と順調な様子を報告。 より引用 ところが、発症から半年後の 2013年6月の定期検査で 異常が見つかり、再入院、再手術を行いました。 この時8時間に及ぶ大手術だったそうです。 怖いよ… ちなみに「モニカ病」の由来は吉川晃司さんのモニカを歌う時の動きから来ているそうで、 星野源さん命名です。 病気の実態は「突発性肛門痛」と推測されていますが、病 院で診てもらっても異常は無しとのことで、原因不明ですし、星野源さんはあまりモニカ病について語らないため。 現在の状態は不明です。 学生時代から精神病を患っていた 星野源さんの学生時代は、いじめにあったり、引きこもりを経験していたりと暗黒で闇属性を抱えていました。 小学校時代にはお漏らしがきっかけでいじめられるようになり パニック障害を患うなど精神安定剤を服用していました。 高校時代は不安神経症を患い引きこもりに突入し塞ぎ込んでしまう生活を経験しました。

次の