ゴールデン ハムスター でかい。 ゴールデンハムスターの飼育方法!値段や体の大きさ、必要なケージは?

ハムスターの金玉が大き過ぎるのは病気?色が黒いのは汚れ?

ゴールデン ハムスター でかい

を飼っています。 ゴールデンハムスターってかわいいです。 殆どの個体が人を噛むことはありません。 ちなみにこんな生き物 画像が少し暗いですが、茶色と白のまだら模様が特徴です。 写真のゴールデンハムスターはもっともオーソドックスなカラーです。 ゴールデンハムスターは品種改良によってカラーバリエーションが沢山あります。 例えば、キンクマハムスター、ダルメシアンハムスター、カラーハムスター等です。 カラーハムスターは色々なカラーパターンのゴールデンハムスターを総称した呼び名でもあります。 いずれも色が違うだけでゴールデンハムスターです。 そのため飼い方は全部一緒です。 かわいいですよね。 懐きません。 しつけも不可能です。 触られるのを嫌がるネズミです。 飼う方は観察用と割り切りましょう。 寿命は約2~3年らしいです。 自分なりの飼い方をここに記そうと思います。 ただ、小動物の飼い方はこれが絶対だ!みたいな話はないと思っています。 なので書籍とかも参考にしつつ、この記事も一つの考え方として捉えて頂けると助かります。 近年流行っている小動物(爬虫類含む)の飼い方はほぼすべて網羅していると思います。 必要な器具• ケージ• 給水ボトル• エサ入れ• 回し車 大体上記の器具があれば事足りると思います。 例えば。 色々試してみた事がある自分からするとハムスター向けケージや、金網ケージはおすすめできません。 例えば、ペットショップにおいてあるハムスター向けケージは、サイズが小さいものばかりでゴールデンハムスターには向いていないと思います。 また変なギミックが一杯ですがあれはハムスター用ではなく人間が楽しむようです。 手入れが面倒くさいだけだと思います。 金網ケージはサイズ、主に幅の広いものならいいのですが、かなりの高確率でハムスターが金網齧りを始めます。 金網を齧りすぎるとゴールデンハムスター(と言うよりげっ歯目全般)はと呼ばれる病気になります。 これに一度なってしまうと完治はほぼ無理だと言われています。 あと、金網を齧る音は人間にとってかなり不快なので同じ部屋に暮らす場合地味に辛いと思います。 そこで・・・・個人的には以下のようなケージをお勧めします。 爬虫類用のケージです。 メリットは広い、噛める場所が少ない、観察しやすい、脱走しにくいです。 デメリットは重い、国内で市販されている小動物用の器具を設置しにくい、値段が高いです。 値段に関しては、それなりに長い付き合いになるのだからケージくらいはいいものを買ってあげてほしいです。 値段が気になる方は以下のタイプもおすすめです。 いずれにしてもゴールデンハムスターに適しているケージの条件は以下の通りだと考えます。 それなりに広いこと(最低でも幅 45cm 以上は欲しい)• 脱走しにくいこと• 頑丈であること ゴールデンハムスターはあまり狭いケージを好みません。 また、環境に慣れてくるとその性質から脱走を試みるようになります。 これはゴールデンハムスターが広いなわばりを持つネズミであることに起因します。 早い話が、認識できる空間をくまなく探索しないと気が済まない性格であると言えます。 ケージの扉を開けっ放しにすれば間違いなく脱走します。 脱走すると部屋の思わぬところに入ったりしてけがをすることもあります。 さらに厄介なのが別荘を作られることです。 別荘を作られると、とにかく外に出たがるハムスターになってしまうので注意するべきだと思います。 給水ボトル 給水ボトルは色々な種類が売られています。 ただし、その殆どが金網ケージに設置することを前提とした作りになっています。 個人的にこの状況は好ましくないのですが業界的にそうなっているみたいなので仕方ありません。 ゴールデンハムスターが一日に必要とする水分量を十分に賄える上に、置き型なのでどんなケージにも設置できます。 また陶器なため噛むのも困難です。 ケージの項目で紹介したミニデュナならば、専用の給水ボトルがあります。 巣箱 必ずしも必須ではないと思います。 床材がしっかりしていればそれで巣を作ります。 設置したとしても使ってくれるかどうかは個体によると思います。 陶器の巣箱なので破壊される心配がありません。 床材 床材は定期的に入れ替えるものになるため、継続的な出費が必要です。 自分の経済力と相談しつつ決める必要があります。 床材には以下の種類があります。 紙資源を加工したマット• 針葉樹マット• 広葉樹マット• 牧草(敷藁) 上記以外に、土やコーン等が考えられますがそれらはゴールデンハムスターの床材にするメリットは殆どないと思われます。 床材は、ハムスター自身が巣を作るための材料にしたり、怪我を防いだり、また糞尿等の消臭効果もあるため必須だと思います。 それぞれの床材にメリット・デメリットがあります。 メリットは、散らばりにくい、掃除しやすいです。 デメリットは量の割に値段が高いです。 新聞紙を加工した床材です。 吸水性が良く消臭効果も期待できます。 なにより kg あたりの値段が安いのでコストパフォーマンスも抜群です。 ただ、デメリットもあります。 見た目が悪いのと、動物の足裏等に色が付くことがあります。 針葉樹マット パインチップとか呼ばれます。 メリットは kg あたりの値段がとにかく安いです。 香りもいいためそれなりに消臭効果も期待できます。 また、沢山入れることでハムスターが床材を掘り、本能を少なからず満たすことができます。 デメリットは固い、掃除しにくいです。 床材にあまりお金をかけたくない場合は有力候補だと思います。 一つ注意点として、。 例えば、毛が抜けたり、全身の痒み・かぶれ等です。 ただ、床材のアレルギーはパインチップに限らず他の物でも発生する可能性があるので、個体に合うものを選ぶのが一番だと思います。 広葉樹マット 床材としての性質は針葉樹マットとほぼ同じですが、針葉樹マットに比べると柔らかいです。 値段は若干高くなります。 牧草(敷藁) チモシーやバミューダヘイと呼ばれる、主にうさぎやモルモットの餌あるいは床材として販売されているものです。 値段的には針葉樹・広葉樹マットに比べ単位当たりの値段が若干高めです。 バミューダヘイと呼ばれるタイプの牧草を敷くといい感じで巣を作るのでちょっと見物です。 ゴールデンハムスター以外にモルモットやウサギ等の草食動物を飼っているのであればおすすめな床材です。 エサ入れ おすすめは陶器製のものです。 齧りにくく重いのでいたずらされる心配も少ないです。 回し車 必要派と必要ない派の宗教論争が続いている器具です。 スクーリングの講習に来た獣医師さん曰く、何だかんだであったほうがいいかもしれないとのことです。 他の小動物はともかく、ゴールデンハムスターはとにかく動きます。 毎日部屋を散歩させる気がない場合は設置してあげるのが優しさかもしれません。 基本的には個体のサイズがすっぽり入って余裕のあるサイズのものを選ぶといいと思います。 回し車は上記で紹介したタイプより一回り小さいものです。 予算に余裕があるのであればハムスターの成長に合わせて回し車のサイズを替えていくといいと思います。 回し車で走っている姿です。 日常の世話 以下の項目についてまとめていきます。 エサやり• 水替え• トイレ• コミュニケーション・散歩 エサやり 一日2回(朝・夕)位を目安にするといいと思います。 与えるエサはペレットが望ましいと思います。 上記のようなハムスター専用のものを与えるのが一番安心だと思います。 夕方(あるいはそのハムスターが一番活動する時間帯の少し前)に多めにエサ箱に入れてあげましょう。 野菜・果物・穀物類は時々与えることをおすすめします。 ゴールデンハムスターはエサをため込む習性があります。 生ものを与えると腐らせる可能性があるので食べきれる量を与えるといいと思います。 ちなみに与えても問題ない野菜・果物・穀物類には以下のものがあると思います。 ブロッコリー• にんじん• 小松菜• きゃべつ• かぼちゃ• りんご• キウイ• かぼちゃの種• 各種ドライフルーツ(マンゴー・パパイヤ・パイナップル) 上記は、過去に私が飼っているハムスターに与えて特に問題がなかったものです。 いずれの野菜・果物・穀物類も与えすぎは良くないです。 時々適量を与えるべきだと思います。 野菜等変わったものを与える場合は必ずその栄養成分を調べて、害がないかどうか調べてから与えるべきだと思います。 水替え 一日一回は替えるべきだと思います。 水道水で問題ないと思います。 トイレ ゴールデンハムスターの多くの個体は決まった場所でおしっこをします。 ハムスター用のトイレも売っていますが、思い通りの場所にトイレをさせるのは難しいと思います。 またケージの掃除等も繰り返すことからトイレはハムスターの思い通りにさせてあげるのが優しさだと思います。 掃除 ケージ・器具の掃除頻度は一か月に一回で十分だと思います。 ただ、ゴールデンハムスターは独特の臭いがあります。 いわゆる、ハムスター臭です。 これは一週間もすればケージから臭ってきます。 臭いが気になる方は1~2週間くらいの頻度で掃除をするといいと思います。 よく、綺麗に掃除しすぎず少し匂いを残すとハムスターが安心するなんて話がありますが。 綺麗に掃除しても巣作りなど、始めから飽きずに作り出すためあまり気にせず水洗いを行って綺麗にしてしまって構わないと思います。 床材も丸替えして問題ないと思います。 人間自身のためにも衛生面を優先すべきだと考えます。 コミュニケーション・散歩 ペットショップまたは里親になってゴールデンハムスターを迎え入れたら一週間くらいは水替えとエサ替えだけして放置しましょう。 一週間ほどたったらケージを開けて手の平を差し出してみてください。 毎日こまめに繰り返していると手のひらに乗ってきてくれるかもしれません。 また、エサやりの項目で挙げたおいしい野菜や果物を手渡してあげるのもハムスターを人間に慣れさせるのに有効です。 散歩をさせる時は部屋を整理整頓することをおすすめします。 ベッドや棚の隙間は塞ぐと安心です。 電源コードは可能な限り綺麗にまとめておくといいです。 散歩中はハムスターから目を離さないことが重要です。 一日 15~30 分位がベストです。 ただ散歩を日課にさせるとケージから出せ出せコールが酷くなるので、バランスを見ながら外に出してあげるといいと思います。 細かいこと• ハムスターに触った後は手洗いを忘れずに• ゴールデンハムスターは多頭飼いできないので飼うなら一匹ずつケージを用意• ゴールデンハムスターを極度に怖がらせると失禁するので注意• ゴールデンハムスターのオスの金玉はでかい• ゴールデンハムスターのお尻が湿っていたら動物病院へ• 粘着性のある食べ物は与えないこと(ほお袋にくっついて取れない可能性がある)• 巣材としてティッシュを与えるのもやめたほうがいい(上記と同じ理由から)• 室温は 20~26 度, 暑くても 30 度以内には抑えること• 参考文献・Webサイト• 河野朝城監修 2014 「ワイド版・動物図鑑シリーズ 小動物の飼い方図鑑」日東書院•

次の

ゴールデンハムスターのおすすめの餌の量は?体重や季節によって量の調整が必要?

ゴールデン ハムスター でかい

この記事でまとめたこと• ハムスターとは? ハムスターは、げっ歯目キヌゲネズミ亜種に属する小さな動物です。 「げっ歯類」はネズミの仲間のことで、現在見つかっているほ乳類全種類の半数を占めるほど反映しているグループです。 ハムスターの犬歯は退化しており、切歯と呼ばれる前歯2本が生涯伸び続けます。 歯はとても丈夫なので、硬い木の実も割ることもできます。 ハムスターは夜行性で、天敵から身を守るために日中は地中の巣穴で眠り、夜暗くなってから活動します。 優れた嗅覚と聴覚を使って餌を探し、ほお袋にたくさん詰めた餌を巣に持ち帰ってから食べます。 縄張りの確認や餌を探すために1晩で3㎞前後も移動することもありますよ。 ハムスターの値段は? ハムスターの値段相場• 種類や毛並で多少の変動はありますが、通常は1万円を超えることは稀です。 小学生くらいの子どもでも、お小遣いを貯めて買える程度の価格なのも、ハムスターがペットとして人気の秘密ですね。 珍しいハムスターは高額? ハムスターも他のペットと同じで、生後間もない個体の方が高くなる傾向があり、希少な品種ほど高値で取引されます。 希少なハムスターには、左右で目の色が違う「オッドアイ」や、通常の体色よりも薄い「アルビノ」などがあります。 これらはマニアや愛好家の間で高価で取引されている希少な品種です。 繁殖には偶然の要素も多く含むので、入手の困難さで値段も高騰します。 レア品種は相場価格の数倍になる場合もあり、1万円を超えることもありますよ。 ドワーフハムスターとは? ドワーフハムスターは小型のハムスターの総称であり、特定の種類をさす名前ではありません。 「ドワーフ」は英語で「小さい」や「小人」の意味を表します。 飼育に一般的であったゴールデンハムスターと比較して、体の小さい種類に総称がつけられました。 「ジャンガリアン」「キャンベル」「ロボロフスキー」「チャイニーズ」などの種類のハムスターはドワーフハムスターに分類されますよ。 たくさん遊びたい方にオススメ!ゴールデンハムスター ゴールデンハムスターの値段• ゴールデンハムスターは日本での知名度が高く、飼育の歴史も長い品種です。 人になつきやすく温和な性格のため、たくさんかまってあげると喜びますよ。 ただ、縄張り意識が強いため多頭飼いには適していません。 他の品種であれば多頭飼いができることもありますが、ゴールデンハムスターはケンカや共食いで同居しているハムスターを殺してしまうこともあるのです。 多頭飼いをする場合でも1匹ずつ別々のケージにいれてあげてください。 流通量は多いので一匹1,000円未満〜2,000円程で購入できます。 平均寿命は2〜3年ほどです。 ハムスターの中では大きく、手のひらに1匹乗るくらいです。 見るだけではなく、触れ合って遊びたい方に向いている品種です。 おっとりした性格!キンクマハムスター ジャンガリアンハムスターの値段• 1,000円程度 シベリア生まれのジャンガリアンハムスターはゴールデンと並んで知名度が高く、初心者にもおすすめのハムスターです。 性格は個体差があり、人になつく・なつかない、噛む・噛まないなど飼育環境で異なります。 触らせてもらえるペットショップで触れ合ってみてから購入するのがおすすめです。 パールドワーフ(白い毛色にグレーまたは黒のライン)、サファイアブルー、プティングなど毛色のバリエーションが豊富で、飼い主好みの子を選べることも人気の秘密です。 大きさは、手のひらに2匹乗るくらいです。 ジャンガリアンハムスターも多頭飼いには不向きです。 平均寿命は2~2年半程で、比較的流通量が多く、一匹1,000円ほどで購入できます。 野性的で獰猛!キャンベルハムスター 珍しいハムスターの種類• ヨーロッパハムスター クロハラハムスター• カンガルーハムスター• ダルメシアンハムスター• ニュートンハムスター• アルメニアンハムスター• ブラントハムスター• トリトンハムスター• スナネズミ• パンダハムスター• トリコロールハムスター 大きい体!ヨーロッパハムスター ハムスターの中でも大型の種類です。 おなかの黒い毛が特徴的なことから「クロハラハムスター」とも呼ばれます。 カンガルーハムスター 大きな耳に長い尻尾が特徴的なハムスターです。 ダルメシアンハムスター 白の毛色にグレーや黒のまだら模様が入っているハムスターです。 ゴールデンハムスターの品種改良の過程で誕生した品種です。 ニュートンハムスター 頭から背中にかけての黒い線のような模様と、灰色がかった黄色をした腹部が特徴的なハムスターです。 野生の生息数が減少傾向にあるため、絶滅危惧種に指定されています。 ペットとしての飼育もできません。 アルメニアンハムスター 頭に黒い線のような模様がある、モンゴルキヌゲネズミ属のハムスターです。 背中の毛色が灰色であることから「ハイイロハムスター」とも呼ばれています。 ブラントハムスター ゴールデンハムスターに近いハムスターで、胸の辺りが少し黒くなっているのが特徴的です。 ペットとしては馴染みが薄く、動物実験用に飼育されている事が多いです。 トリトンハムスター 少し長いしっぽとクリクリとした目が可愛らしいハムスターです。 人に懐きやすい性格をしているので、ペットしても飼育しやすいですよ。 スナネズミ ペットとしての歴史も長いネズミです。 ペット用・研究用としての品種改良も行われているので、毛色の数もハムスターのように豊富ですよ。 パンダハムスター 白と黒のパンダのような模様が特徴的なハムスターです。 品種改良の過程で誕生した毛色で、キャンベルハムスターとゴールデンハムスターの2種類で見ることができます。 トリコロールハムスター ゴールデンハムスターを品種改良した種類で、3色の毛色が特徴的なハムスターです。 三毛の多くはメスであり、オスは生まれてきても繁殖能力がないと考えられていますよ。 「ジャンガリアンハムスター」「キャンベルハムスター」「ロボロフスキーハムスター」「チャイニーズハムスター」「カンガルーハムスター」「アルメニアンハムスター」が該当します。 中型 ペット用として飼育されているハムスターの中では、「ゴールデンハムスター」「スナネズミ」「ダルメシアンハムスター」「トリコロールハムスター」「ニュートンハムスター」「パンダハムスター ベースの種類による 」「ブラントハムスター」が該当します。 大型 野生化には大型種も多いですが、ペットとして飼育されているハムスターの中では「クロハラハムスター」「トリトンハムスター」が該当します。 ハムスターを飼うための準備とは? ハムスターを飼うための準備• 飼育ケージ• 巣材・床材• 給水器• 回し車• 多頭飼い 飼育ケージ 飼育ケージはストレスを与えないためにも、可能な限り大きいサイズを選ぶようにしてください。 「ハムスター用の飼育ケージ」「水槽」「衣装ケース」など様々なものが販売されています。 巣箱 「巣箱」は、木製とプラスチック製があります。 木製は湿気がこもらないので快適に過ごせますが、カビが生えるなど掃除が大変です。 プラスチック製は湿気はこもりますが、掃除は楽です。 巣材・床材 「巣材」は巣箱の中に敷くもので、「ハムスター用の布団」「わら」「牧草」などがあります。 細かく切った「キッチンペーパー」や「新聞紙」でも代用は利きますよ。 「床材」はケージの床に敷くもので、「木のチップ」「紙」「わら」「牧草」などがあります。 給水器 給水器は「取付型給水器」「吊り下げ型給水器」「金属ボール入り給水器」「お皿」など様々なタイプが販売されています。 ハムスターはあまり多くの水を飲みませんが、新鮮な水を飲める環境を用意しておかないと結石になる可能性が高まるので必ず用意してくださいね。 回し車 回し車は運動不足の解消にも最適です。 転倒や落下事故を起こさない為にも、ハムスターのサイズに合ったものを選んであげてくださいね。 名前 ハムスターは聴覚がとても優れています。 「餌を与える時に呼びかける」を繰り返していると、名前を理解して反応してくれるようになりますよ。 名前は飼い主さんからの初めてのプレゼントにもなるので、愛情を込めて名前を付けてあげてくださいね。 多頭飼い ハムスターは多頭飼いも可能ですが、縄張り意識が強いので単独飼育が基本です。 オスとメスの組み合わせであっても、ケンカや殺し合いに発展してしまうこともありますよ。 多頭飼いを考えているのであれば、ケージを分けたり、多頭飼いに向く品種を選ぶ必要があることを知っておいてくださいね。 心構えと注意すること ハムスターの飼育を始める前に、最後まで責任を持って正しく育てられるかをもう一度よく考えてください。 また、アレルギーの人が家族にいないかも必ずチェックしてください。 アレルギーの人はハムスターアレルギーを発症しやすいとされていますよ。 ハムスターの選び方は? ショップの選び方 ハムスターの扱われ方や食事内容をチェックすると、良い販売店かどうかを見極めることができます。 オスとメスを分けてケージに入れているか、種類別にショーケースを分けているかを確認するようにしてください。 食事については、ペレットを与えているかをチェックします。 ヒマワリの種やミックスフードばかり与えているようなお店は、ハムスターの健康を考えていないといえますよ。 ハムスターの選び方 健康なハムスターを選ぶためには、毛並みが良いか、目がしっかり開いているかをチェックします。 ハムスターは体調が悪くなると毛づくろいをしなくなるので、毛並みがボサボサだったり、つやが無い場合は不健康である可能性が高いですよ。 また、目ヤニなどによって目がしっかり開いていない場合も、体調不良だったり病気を抱えていることが多いです。 ハムスターを飼う小学生もいるけど、お世話は意外に大変 小学生くらいの子供がいる家庭のなかで、その手軽さからハムスターを飼っていた家庭もあったでしょう。 しかし、ハムスターはなつかなかったり、脱走したりと世話がかかるものです。 手軽だからといって飼いはじめると、世話に疲れてしまう人がたくさんいるので、世話ができるかしっかりと考えてから飼いましょう。 飼い主さんの存在を理解してもらうためにも、ハムスターの身の回りを整えてあげることは有効的です。 また、ハムスターが健康であるかをチェックすることも飼い主さんの大事な役目です。 うんちやおしっこの量、餌や水の減り具合などを確認して、普段と比べて大きな変化がないか確認します。 目ヤニ・歯の欠け・呼吸の異常・毛並み・爪の伸び具合など見た目の変化もチェックするとなお良いですよ。 ハムスターは夜行性なので、世話は行動し始める夕方以降に行います。 以下の項目で、そうじや餌の準備など毎日のお世話の流れを紹介しています。 ぜひ参考にしてくださいね。 飼い方のポイント• 慣らし方• トイレ• 暑さ・寒さ対策• 臭い ハムスターの慣らし方 ハムスターの飼育を始めたら、「最初はそっとしておく」「匂いを覚えてもらう」ことが大切です。 信頼関係を築くことができれば、飼い主さんの手から餌を食べるようにもなりますよ。 ハムスターのトイレ ハムスターの習性を利用することで、トイレをしつけることが可能です。 ハムスターにトイレを覚えてもらえれば掃除が楽になるだけでなく、ハムスター自身がケージで快適に過ごせることにも繋がりますよ。 オシッコをした床材を少しトイレに混ぜておく方法がおすすめです。 トイレ以外の場所で粗相をしてしまった場合は、オシッコを含む床材をすぐに捨ててください。 トイレ以外をいつでも清潔な状態にしておくことで、トイレの場所を覚えやすくなりますよ。 ハムスターの餌 ハムスター専用ペレット(固形の粒状の餌)を主食として与え、副食として葉物野菜を与えます。 ハムスターの餌というと「ヒマワリの種」のイメージが強いですが、カロリーが高いのでおやつ程度にしてくださいね。 ハムスターの暑さ・寒さ対策 ハムスターは暑さにも寒さにも弱い動物です。 冬場は、暖房やペット用ヒーターを併用しながら室温を15度以上に保つようにします。 寒すぎると内臓に負担がかかる「疑似冬眠」をしてしまうので、気をつけてくださいね。 疑似冬眠というものの、実際は「低体温症」を起こしている状態です。 この状態は大変危険で、最悪の場合は命を落とすこともあります。 上記の寒さ対策を参考に、ハムスターにとって適切な室温になるように徹底した管理を行ってください。 硬直して動かないハムスターを発見したら、「タオルでくるむ」「室温を20度以上にする」「カイロなどで徐々に温める」などの救命処置を行ってください。 ハムスターの掃除 「オシッコで汚れた砂や床材、巣材の交換」「回し車の洗浄」「ウンチの片づけ」は毎日行います。 毎週ごとに「ケージと設置しているグッズの洗浄」「ウンチの除去」を行い、「床材を全交換」は月に1回を目安に行ってくださいね。 ハムスターの臭い ハムスターは体が小さく糞も少ないので、犬や猫などと比べると臭いの少ないペットです。 ハムスターの臭いの原因は、尿や食べ残しなどです。 排泄物で汚れた床材を毎日交換するようにすれば、臭いはほとんど気にならなくなりますよ。 トイレを覚えさせると、掃除が比較的楽になりますね。 キャベツやニンジンなど生野菜を与えた後は食べ残しを回収し、腐ってしまうのを避ければ臭いを防止できます。 ハムスターの行動の意味は? 飼育下においてハムスターは様々な行動をしますが、それぞれの行動には意味がありますよ。 代表的な行動を紹介します。 毛づくろい 眠りから覚めた時や餌を食べた後などリラックスをしている時に多くみられる行動です。 毛並みを綺麗にして、自分の臭いを体中に付けていますよ。 ひっくり返ってキーキー鳴く 怒っていたり・嫌がっている時にみられます。 敵を攻撃する手段を持たないハムスターの抵抗でもあり、敵に対して攻撃をする警告でもありますよ。 前足をあげて首をすくめる びっくりした時にとる行動です。 大きな音がした時や急に体に触ったりした時に見られますよ。 仰向けになって寝る ハムスターの弱点であるお腹を見せて眠るのは、飼い主さんを信頼しており安心している証拠です。 夏場などの気温が高い時にも、お腹を出して眠っていることがありますよ。 ハムスターが噛む 人の手を噛む時は、餌と間違えていたり動物性たんぱく質が不足している時などがほとんどです。 ケージを噛む時は「空腹」や「部屋が暑すぎる」「ケージから出たい」などの欲求が多いですね。 ハムスターの鳴き声 ハムスターはめったに鳴かない動物なので、鳴いている場合は必ず意味があります。 嬉しい時には「キュキュキュッ」、怒っていたり威嚇している場合には「ジージー」と鳴いたりしますよ。 ハムスターのストレス ハムスターはストレスを感じると、「ウンチやオシッコを漏らす」「顔を洗う」「頬袋に入れた餌を取り出す」などの行動をとることもあります。 これらの行動をとっている時は強いストレスを感じていることもあるので、早急にストレスの原因を取り除いてあげてください。 ハムスターはどんな病気になる? かかりやすい病気• アレルギー性皮膚炎• 結膜炎• 下痢 野生のハムスターは敵に弱っているところを見せまいと体調が悪くても隠そうとします。 この行為はペットとして飼われていても同じなので、飼い主さんが早期発見をしてあげることが大切ですよ。 かかりやすい病気としては、食べ過ぎによる「肥満」、床材や餌の種類による「アレルギー性皮膚炎」、伸びすぎた爪で引っかくことで起きる「結膜炎」、ストレスや細菌感染による「下痢」などが挙げられます。 ハムスターが欲しいなら ペットショップにハムスターを見に行こう 今回は6種類のハムスターをご紹介しましたが、ハムスターの種類はたくさんあります。 流通量が多い動物なので、おおくのペットショップで販売されていますよ。 気になる方は一度見にいってみるのがおすすめです。 ハムスターの里親になる インターネットで「ハムスター 里親」と検索すると、ハムスターの里親を募集するサイトがいくつか表示されます。 利用上の注意点などをよく読み、お気に入りのハムスターを探してくださいね。

次の

ゴールデンハムスターとキンクマの違いは何?【徹底比較】

ゴールデン ハムスター でかい

[ ] は [ ] で見ることができます。 分類 齧 歯 目 ネ ズ ミ 亜 目 ネ ズ ミ 科 キ ヌ ゲ ネ ズ ミ 亜 科 ゴールデンハムスター属 ゴールデンハムスター ヒメキヌゲネズミ属 ヒメキヌゲネズミ キャンベルキヌゲネズミ ロボロフスキーキヌゲネズミ キヌゲネズミ属 モンゴルキヌゲネズミ 海外ではシリアンハムスター(Syrian Hamster)や、シリアンゴールデンハムスター(Syrian Golden Hamster)と呼ばれます。 野生色は、体の上半分が茶色く、ほお袋あたりに黒いライン、おなかが白いのが特徴です。 金色には見えませんが、その容姿からゴールデンハムスターと、名前が付いたのだと思います。 マンガやアニメなどでよくみる、頭が茶色く白い体に茶色いブチがあるのは、ノーマルとして売られていますが、本来なら野生色がノーマルで、ノーマルと呼ばれているのはミックスという方が正しいです。 特徴 初心者には一番オススメの、最もハムスターらしいハムスターです。 なつきやすく、情報も多く、扱いやすい大きさで、人間を噛むことはほとんどありません。 日本で発売されている飼育書に書かれているハムスターの飼い方は、ほとんどゴールデンハムスターについて書かれています。 また、ハムスターを診察できる病院は、ゴールデンハムスターのことなので、病院探しも比較的簡単です。 他のハムスターに比べて体が大きくおとなしいので、診察が行いやすいというメリットもあります。 日本ではジャンガリアンハムスターが一番人気なのもあり、ゴールデンハムスターに合った飼育セットが、売っていないのが残念なところです。 しかし、自分で調べて考えて、飼育用品を揃えていくという方法が、エキゾチックアニマルといわている、ハムスターの飼育の醍醐味にもなります。 個体の値段は、他のハムスターと比べて少し値段が高めですが、飼育する喜びを最も感じられるハムスターでもあり、飼育の上級者が一番にお薦めするハムスターでもあります。 長所 おとなしい 大きいので、体調の確認もしやすいです。 なつきやすい あまり緊張感がないうえ、頭の良い生き物です。 好き嫌いが少ない 与えた餌は、ほとんど受け取ってくれます。 しかし、食べないときもあります。 繁殖が比較的簡単 比較的簡単に繁殖できますが、たくさん子供を産むうえ、集団飼育(多頭飼い)ができない種類のハムスターなので、子供が産まれると飼育が困難になります。 正確な情報が多い 飼育書やホームページなどの情報は、ほとんどがゴールデンハムスターのことを書いています。 病院で診てもらいやすい ハムスターを診ることができる病院は、ゴールデンハムスターなら必ず診てくれます。 逆にハムスターを診れると書いてある病院でも、ロボロフスキーハムスターのような小さなハムスターだと断られる可能性があります。 飼い主を噛まない よほどのことがないと、ゴールデンハムスターが人を噛むことはありません。 人間が怖い存在だということを、知っているからです。 ゴールデンハムスターに噛まれるような飼い方をしている人は、ジャンガリアンハムスターだと確実に噛まれてしまいます。 確実にトイレを覚える 買ってきたその日に、トイレでオシッコをしてくれます。 飼い主の思い通りの場所に、オシッコをしなくても場所は同じ場所にするので、その場所にトイレを移動させればOKです。 ケージを汚さない トイレを覚え、ケージの中を散らかしたりしません。 広いケージは必要になりますが、掃除の回数が他のハムスターより少なくなるので、ウッドチップなどの床材・巣材をあまり使わなくてすみます。 短所 よく食べる 体が大きいので他のハムスターに比べて、よく食べます。 体の小さいドワーフハムスターだと、体が小さいので、野菜などの腐る餌は捨てる所が増えてしまいますが、ゴールデンハムスターは体が適度に大きいので、餌のロス分が少なく、効率的に餌を消費してくれます。 餌を腐らないように効率よく与えていると、餌代は他のハムスターと同じくらいに抑えることができます。 野菜が多く必要 他のハムスターに比べて、水分を多く必要としますが、ハムスターなので他の動物に比べると、かなり少ない量です。 季節によって違いますが、キャベツの大きい葉の部分を、1日に1〜2枚くらい食べます。 集団飼育(多頭飼い)ができない 縄張り(なわばり)意識が強く、必ず単独飼育する必要があります。 同じ親から生まれたメス同士を、小さいときから一緒に飼えばケンカになることはありませんが、過密飼育が原因で病気になったりするだけでなく、ストレスが溜まり長生きできません。 オス同士なら、親兄弟関係なく確実にケンカになります。 また、ケージを分けて飼う場合でも、他のゴールデンの臭いが気になって気が荒くなったりすることがあります。 大きな飼育用品が必要 ほとんどに飼育用品は、ジャンガリアンハムスターに作られているために、ゴールデンハムスターの体のサイズに合わせるのには、他の動物の飼育用品を使わなくてはなりません。 特にケージが狭いと、いろいろとトラブルになります。 大きな水槽や爬虫類用ケージを使って飼育と壊れにくく長持ちするので、結果的に安くつくこともあります。 散歩が必要 ケージの外の散歩は、めんどくさいと思ってしまうとデメリットです。 しかし散歩を習慣化させていると、ケージから出してもらおうとハムスターから手に乗ってくるので、ストレス無く触ったり、じっくり観察したりできるので病気も防げます。

次の