あだち充 人気ランキング。 【 H2 】歴代アニメ主題歌(OP・EN 全 6 曲)まとめ・人気ランキング

最高傑作はどの作品?あだち充漫画人気ランキング【おすすめ】

あだち充 人気ランキング

amazon. afl. rakuten. 218bc1d1. 17b592bd. rakuten. rakuten. valuecommerce. yahoo. 2012年からゲッサンで連載が始まり、現在も連載中の作品です。 年月が経ち、すっかり 落ちぶれた名青学園野球部の復活を描きます。 タッチの主人公の子供たちが高校生になった頃と考えた担当編者の考えで、始まった作品ですが主人公はタッチの主人公とは無関係です。 ただし、同じ日に生まれた血のつながらない兄弟立花投馬と走一郎が主人公というタッチを連想させる設定になっています。 また、ヒロインは血のつながらない妹という設定は、あだち充さんの代表作「みゆき」を髣髴とさせます。 「MIX」というタイトルは、あだち充さんの過去作品の要素をミックスするという意味があるそうです。 物語は、投馬と走一郎中学2年生の時点から物語は始まります。 投馬はピッチャーとして並外れた才能がありますが、中学時代は実力を発揮することができません。 しかし、高校からは走一郎とバッテリーを組んで、注目を集めていきます。 タッチと世界観が同じ作品ということで、連載開始時の掲載紙のゲッサンが売り切れるなど大きな話題となりました。 上杉達也と浅倉南が登場する可能性もあるということで、今後の展開が楽しみな作品です。 amazon. afl. rakuten. 218bc1d1. 17b592bd. rakuten. rakuten. valuecommerce. yahoo. 主人公の樹多村光と月島四姉妹の関係を中心に、野球と青春、恋愛を描いています。 主人公が小学校の頃から、話が始まるが特徴で第1巻から衝撃の展開になります。 主人公の光は抜群の野球選手の持ち主ですが、ヒロインの月島青葉にピッチングで負けてピッチャーを意識するというのも面白い所です。 ヒロインが高校になっても野球部員として練習に参加しているのも、この作品の特徴です。 光と青葉の関係はタッチの達也と南を連想させるものになっており、野球の上ではライバルという複雑なものになっています。 王道の野球漫画ですが、ラブコメ要素の方が強いので野球を知らない人にもおすすめです。 amazon. afl. rakuten. 218bc1d1. 17b592bd. rakuten. rakuten. valuecommerce. yahoo. 題材は野球ですが、野球は深堀せずに恋愛などの人間関係を中心に描いた作品です。 原作なしで初のヒット作ということもあり、あだち充さんの原点とも呼ばれます。 野球漫画といえば、主人公は4番打者やエースといったチームの中心選手が主人公なのが普通でした。 しかし、主人公は中学陸上の短距離記録保持者の経験を活かして、俊足の1番打者として活躍するという異色の作品になっています。 主人公の設定に近い有名選手として、イチロー選手が文庫版の1巻にエッセイを寄稿しています。 単発ながらアニメが制作され、テレビドラマや実写映画も作られました。 amazon. afl. rakuten. 218bc1d1. 17b592bd. rakuten. rakuten. valuecommerce. yahoo. あだち充さんは制作に関わっていませんが、漫画終了後を描いたアニメも制作されました。 一卵性双生児の上杉達也と和也、2人の幼馴染の浅倉南の関係を描いたラブコメ作品です。 何をやらせてもいいかげんな達也とスポーツも勉強もまじめでピッチャーとして才能を見せる和也の関係が対照的です。 ヒロインの南は非常に人気の高いキャラで、あだち充さんの作品だけでなく日本の漫画を代表するヒロインの1人といえます。 和也が唐突に亡くなってしまい達也は南を甲子園に連れていくため、野球部に入部します。 野球漫画としても王道の展開で楽しむことができ、ラブコメとしても完成度の高い作品です。 あだち充さんの作品を読んだことが人が最初に読む作品としてもおすすめです。 amazon. afl. rakuten. 218bc1d1. 17b592bd. rakuten. rakuten. valuecommerce. yahoo. あだち充さんの作品としてタッチ以上の評価をする人も多く、 野球に関して最も深く描かれた作品といわれています。 タイトルの「H2」は、ヒーローが2人とヒロインが2人という意味が込められています。 主人公の国見比呂は中学の地区大会で二連覇を果たしたピッチャーでしたが、肘を故障したと診断され野球部のない高校に進学します。 しかし、誤診が発覚し新設の野球部を作り、甲子園出場を目指すことになります。 もう1人のヒーローで親友との甲子園出場をかけた対決はもちろん、恋愛での決着も見どころになっています。 ヒーロー2人とヒロイン2人の恋模様は切なくほろ苦いです。 商品名• タッチ• ナイン• クロスゲーム• あだち充最長連載作品• 国民的人気作• あだち充野球漫画の原点• 少年サンデーでの最後の連載を飾った傑作• 681円 税込• 639円 税込• 639円 税込• 800円 税込• 連載時期• 1992年から1999年• 1981年から1986年• 1978年から1980年• 2005年から2010年• 単行本全34巻・文庫版全20巻・ワイド版全17巻• 単行本全26巻・文庫版全14巻・ワイド版全11巻・完全版全12巻• 単行本全5巻・文庫版全3巻• 単行本全17巻・ワイド版全9巻• メディアミックス展開• アニメ・テレビドラマ• アニメ・実写映画・テレビドラマ• アニメ・実写映画・テレビドラマ• アニメ• 商品リンク• amazon. afl. rakuten. 218bc1d1. 17b592bd. rakuten. rakuten. valuecommerce. yahoo. 「 KATSU」は、あだち充さんの漫画で初めてボクシングを主題にしています。 天才肌の主人公が多い、あだち充さんの漫画の中でも主人公が得に強く描かれている作品です。 そのため、主人公が努力して強くなっていく感じが弱いですが、家族の絆や恋愛などあだち充さんらしい魅力が詰まっています。 ヒロインの水谷香月は思い込みが激しい性格で、主人公に近付く異性に露骨に嫉妬するなどあだち充さんの作品では珍しいタイプのヒロインです。 しかし、この作品の最大の魅力ともいわれる人気の高いヒロインになっています。 amazon. afl. rakuten. 218bc1d1. 17b592bd. rakuten. rakuten. valuecommerce. yahoo. 主人公とヒロインの親が対立しており、2人の関係もかなり悪いところから、物語は始まります。 しかし、お互いの性格を知ることで、少しずつ惹かれあっていきます。 あだち充さんらしい掛け合いや三角関係などが描かれますが、さまざまな点でバランスが良いと評価される作品です。 水泳に関してはあまり深く描ないところがあだち充さんらしいですが、友情に関してかなりしっかりと描かれています。 単行本で12巻とあまり長い作品ではありませんが、話の完成度が高くあだち充さんの最高傑作と呼ぶ人も少なくありません。 アニメ化はされていませんが、長澤まさみさんと速水もこみちさん主演で映画化されました。

次の

【画像】あだち充漫画の可愛い女の子ランキングベスト10発表するで!!

あだち充 人気ランキング

そのやわらかい線で描かれた繊細な作風から、少年誌だけでなく、少女漫画誌や学年誌などでも掲載され、幅広い層に指示される漫画家となっている人物あだち充。 代表作は『タッチ』『みゆき』など多数。 この2作品は、1982年に小学館漫画賞少年少女部門を受賞しました。 特に女性の体の曲線には定評があり、度々描かれる女性キャラクターの着替えのシーンなどは見せ場の一つとなっています。 少女漫画であってもそういうシーンが出てきたりします。 とにかく女性の体のラインを描くのが上手なのです。 原作のあるもの以外は、ほぼ全て同じ世界観を持ち合わせているといわれており、一環して現代的な日常の風景の中で物語が進行していきます。 特にスポーツをからめた青春ラブコメを描く作品は、設定や時代は少々違っていたとしても、同じ匂いがするといいますか、これぞあだち充ワールドといった世界観で物語が展開していきます。 あだち充の代表作としてあげられる作品で、妹萌えの先駆けとも言われています。 主人公と二人の魅力的なヒロインが織り成す青春模様は、まさにラブコメ作品の醍醐味と言えます。 主人公である若松真人はある日、海外から6年ぶりに帰国した血縁関係のない妹若松みゆきと一緒に生活することになり、徐々に妹である彼女に惹かれていってしまいます。 しかし真人は同級生である鹿島みゆきにも憧れを抱いており、彼女もまた真人に気があるようなのです。 と、こうして真人と二人のみゆきの三角関係が始まっていくことになります。 物語を要約するならば、二人のみゆきが真人の事を好きになり、真人も二人のことが気にかかる、さぁどちらを選ぶことになるのかな?という話です。 この作品の最大の魅力は、何と言ってもその素晴らしい最終回でしょう。 3人の結末がはっきりと描かれていますし、この作品らしいほのぼのとした幸福感を感じさせます。 そしてあだち充らしく、多くを語らずに人物の表情と風景でその先を語らせるように物語が幕を閉じていく様は、読者に先を想像して楽しませるという粋なはからいなのかもしれません。 最終回には、テレビアニメ版のエンディングテーマ「思い出がいっぱい」の歌詞が使われており、その感動的な歌詞の内容と物語が絶妙にマッチしたことで、多くのファンに大きな感動を与えました。 今もなおファンを増やし続ける名作です。 5位:亡き幼なじみの思い出と共に紡がれる四葉の物語『CROSS GAME』 四葉のクローバーをモチーフにした4姉妹と、主人公樹多村光(コウと読みます。 )を中心に繰り広げられるあだち充の真骨頂。 スポーツ用品店の息子樹多村光は、バッティングセンターを営む月島家の四姉妹とは幼なじみ。 しかし特に親しかった、というか両想いだった次女の若葉が、ある日河川事故で亡くなってしいます。 そして成長し高校生となった光と、若葉の妹である青葉の恋愛模様が、亡き月島若葉の思い出と共に綴られていきます。 三女青葉は姉の若葉が大好きでした。 だからその姉を独り占めしていた光のことが最初は大っっっ嫌いなのです。 徐々に自分の気持ちに素直になり始めますが、でもやっぱり最後までツンツンしてます。 そのためツンデレ作品として名前があがることもあるのです。 物語序盤は、高校でピッチャーとなった光が、分かりやすいほど嫌味な先輩や監督と対決してそれを打ち負かしていきます。 そして中盤以降、それをきっかけにまとまったナインを率いて甲子園を目指すという部分もまた、王道の野球漫画の様相を成しています。 そういった意味では野球漫画としての見応えも十分なのですが、この作品の大きなポイントは、ヒロインである青葉も野球部員として野球をやっている、という点です。 野球という舞台を使い、青葉の野球への熱意や想いをエッセンスに加えることで、光との恋愛模様を彩っていると言えます。 恋愛感情を抱く相手としてだけでなく、同じ部活の仲間であったり、投手としてのライバルでもあるのですから。 野球部分よりもラブストーリー寄りの本作品は、野球に興味の無い方や知らない方にも楽しめる内容になっています。 恋愛ときどきスポ根漫画として、みなさんにも是非楽しんで頂きたい作品です。 4位:あだち充の代表作の26年後を読める!『MIX』 舞台はあの名作『タッチ』から26年後の明青学園。 名作の世界を受け継いだ、精神的続編として注目を浴びるファン待望の作品です。 類まれな投手としての才能を持つ立花投馬と、捕手の立花走一郎。 義理の兄弟である彼らが中学2年の頃から物語は始まります。 投馬は、中学時代は先輩からの妨害やらなんやらで実力が出せずにいますが、やがてその力を存分に発揮し兄弟バッテリーとして活躍を始めます。 そしてそこへ登場する、投馬にとってはこれまた義理の妹立花音美や、野球部マネージャー大山春夏。 そんな彼らを中心として様々な人間関係が描かれていく群像劇ともなっています。 見どころはなんといっても『タッチ』との絡み。 あの頃のあのキャラは出てくるのだろうかという期待が否応なしに高まります。 実際に出てくるかどうかというのは見てからのお楽しみとなりますが、物語の内容は勿論、名作との共通点を探しながら読み進めるのも一つの楽しみ方ではないかなと思います。 さらに本作品で気になる部分はタイトルの『MIX』。 主人公バッテリーの義兄弟という設定や、投馬と義理の妹立花音美との恋愛模様など、複雑な人間関係をミックスすることで物語が彩られていくという意味を示すのか、それは各々が読み、感じてみるしかないのかもしれません。 いやしかし、実に気になるタイトルではないでしょうか。 名作『タッチ』の設定や登場人物が見え隠れする本作品は、野球部分がより強く描かれているという点でも共通点を見いだせます。 あだち充が得意とする青春野球漫画の新しい境地が見れるのか、それとも懐かしくも王道の物語が見れるのか、期待を持たせてくれる作品となっています。 英雄(ひでお)と比呂(ひろ)二人のヒーローと、二人のヒロインとのちょっと切ない恋愛を描く傑作野球漫画。 良い意味で期待を裏切ってくれたともいえる作品になることでしょう。 子どもの頃に出会った親友でありライバルでもある二人、国見比呂と橘英雄。 やがて高校野球界で注目されるこの二人はちょっと複雑な関係にありました。 英雄と比呂の幼なじみの雨宮ひかりは学校公認のカップル、そして数年前二人が付き合うきっかけを作ったのが比呂だったのです。 当時ひかりはチビだった比呂を男性としては意識せず、大人っぽかった英雄に憧れる少女でした。 彼と親友だった比呂に紹介してもらい、ひかりと英雄は交際することになるのですが、時が経つにつれ成長した比呂は身長も伸び、よく見るとわりと男前。 いつしか彼女の心は大きく揺れ動いていきます。 橘英雄と国見比呂の間で揺れ動くひかりの心と、それと同様に、成長した幼なじみを好きだったことに気付いてしまった比呂の心。 この二人の気持ちの行き先がこの物語の最大の見どころです。 超高校級の投手となった国見比呂と真の天才スラッガー橘英雄との戦いを描く野球漫画部分も濃厚に描かれ、終盤の甲子園での対決などは名シーンと言えます。 しかしその背景に描かれている、二人のヒーローのひかりへの想いは、野球、そして甲子園という舞台を上手く使い、感動的でちょっと切ない締めくくりを迎えます。 この作品でも、登場人物に多くを語らせないあだち充の手法が盛り込まれていて、その独特な話運びによって描かれる登場人物の細やかな心情は、きっと読む人の心の琴線に触れることでしょう。 是非みなさんにも、この暖かくも切ないラブストーリーを体感してもらいたいものです。 2位:あだち充が選んだテーマは「水泳」!『ラフ』 あだち充作品の中では珍しく、野球ではなく水泳を描いた作品。 親が経営する和菓子屋が敵同士の二人。 最悪に仲の悪い二人ですが、過去の接点や、部活での交流を経て徐々に近づいていきます。 和菓子屋「やまと」の跡継ぎであり、栄泉高校の競泳選手でもある大和圭介は、和菓子屋「にのみや」の一人娘二宮亜美とは犬猿の仲でした。 過去の経緯により祖父の代からライバル同士の両家。 親から恨みつらみをきかされて育った亜美は、一方的に圭介を嫌っていたのです。 しかし実は二人は、幼いころ仲の良かった幼なじみ同士だったということが判明し……。 本作で描かれる、最初仲の悪かった圭介と亜美が、お互いの人間性に触れ徐々に惹かれ合っていくというラブストーリー。 圭介が高校水泳界で活躍し、後にライバルとして登場する、日本記録保持者である仲西弘樹と水泳対決をしますが、それもまた二人の恋模様を彩る素材の一つとなります。 最大の見どころは、読者の評価も高い最終回。 圭介に素直に好意を示すようになる亜美ですが、幼いころから知るお兄ちゃん仲西弘樹と圭介どちらを選ぶかの選択を迫られます。 圭介と仲西の対決直前、亜美は答えを出し気持ちを伝えるのですが、二人には直接それが伝わらないまま物語は幕を閉じます。 直接伝わってはいないけど、読者にはその答えがわかり、物語の行先を想像させてくれる——。 そんな最終回となっています。 あだち充の作品に一貫して言えることは、はっきりと答えは語らせないけれど、それをわかりやすく読者に示すということではないでしょうか。 彼独自の技法といってもいいかもしれませんね。 本作品はそんなあだちワールドが味わえる作品に仕上がっていると思います。 1位:あだち充による王道青春スポ根漫画!『タッチ』 言わずと知れた名作、あだち充といえばこの作品。 交通事故により亡くなってしまった弟の意志を継ぎ、ダメ兄貴が幼なじみの女の子を甲子園に連れていくため高校球児となり奮闘する感動作。 グータラでいい加減なダメ兄貴上杉達也と、頭もよく運動もでき女子にモテモテの弟上杉和也。 二人は双子の兄弟。 そして才色兼備で非の打ち所のない美少女朝倉南。 そんな幼なじみの三人が中学生になったころ、和也は幼いときに南と交わした「南を甲子園に連れて行って(『タッチ』より引用)」という約束を叶えるため野球に打ち込んでいて、その高い運動神経により高校からスカウトされるほどの才能を発揮していきます。 しかしそんな矢先、和也は突然の交通事故によって若くしてこの世を去ってしまうのでした。 「きれいな顔してるだろ。 ウソみたいだろ。 死んでるんだぜ。 それで…(『タッチ』より引用)」 あまりにも有名な達也のセリフ。 夢を叶えるための一歩を踏み出した矢先の和也の死は、多くの読者に衝撃を与えました。 そんな和也とお似合いだった南は、実は幼いころから達也のほうが好きだったのです。 そして達也もまた南のことが好きでした。 しかし弟思いの兄達也は、和也が亡くなってしまったことで南のことが好きだった弟に気を遣い、自分の本音を表に出さないようになってしまいます。 三人の幼なじみの野球への想いと、その原点となる朝倉南との約束を主軸に描かれる本作品は、野球漫画としての演出も見事です。 最初は野球のやの字もわからないようなダメ兄貴達也は、徐々に弟を越えるほどの才能を発揮し、明青学園ナインからも信用を得ていきます。 そうやって徐々にではありますが、南を甲子園に連れていくため、そして亡き弟の夢を叶えるため、死に物狂いの努力をして様々な強敵に打ち勝っていくのです。 まさに王道を行くストーリーですね。 そんな王道の野球漫画である本作品は、登場人物の細かい心理描写がなされている作品でもあります。 登場する人物たちの恋愛感情や、野球への熱い想いは、高校野球を舞台として描かれるこの青春漫画に素晴らしい色を添えてくれています。 一度は読んで欲しい作品です。 あだち充作品における最大の魅力は、各キャラクターたちの心の動きです。 絶妙な表情の変化や独特の言い回しで人物の心情を描き出す手法は、まさに青春や恋愛を描き出すには打ってつけといえます。 ついつい感情移入してしまうこと間違いなしの作品です。

次の

全部読んだ?【保存版】あだち充マンガ 感涙ランキングベスト5!|メガネ丼

あだち充 人気ランキング

【名シーン】ジャンプ史上最高の『敵同士の対決』ってなんだと思う?• 【名言】昔のルフィって船長の貫禄メチャクチャあったよな。。。 【ワンピース】• 強さ議論厨「悟空が最強で~」「一方通行が~」「いやワンパンマンが~」ワイ「はぁ・・・」• コナンの鈴木園子さんが前髪を下ろした結果wwwwwwww• 【画像比較】人気漫画の「黙れ」シーンをご覧くださいwwwwwww• 『ワンパンマン』と同じ筋トレメニューを実践した結果wwwwwwwwww• 【画像】からかい上手の高木さん、とんでもないイチャラブをみせてしまうwwww• ワンピースの尾田先生「背景を手抜きするのは漫画家として失格」 ブリーチ「・・・」• ワンピースの「斬撃」とかいう薄皮一枚削るだけの無能技wwwwww• 【朗報】神と人間を13vs13で戦わせる漫画「終末のワルキューレ」、ガチで人気が出てしまうwww• 【比較】初期から最も画力が上がった漫画家が凄すぎるwwwwww 関連記事.

次の