グラニュー 糖 の 代わり に 砂糖。 普通の砂糖では、グラニュー糖の代わりにはなりませんか?砂糖とグラ...

グラニュー糖と砂糖の違い!これって代用はきくの?

グラニュー 糖 の 代わり に 砂糖

日本で「砂糖」と言えば「上白糖」を指し、消費の半分以上を占めているが、上白糖を使用するのはほぼ日本のみ。 世界で最も一般的な砂糖は、グラニュー糖である。 砂糖の主原料は、サトウキビやテンサイ。 この原料を洗浄・濃縮し、不純物を排除して加熱精製することで、ブドウ糖と果糖が結合し、結晶化したショ糖が抽出される。 ショ糖の純度が最も高いのがグラニュー糖で、その割合は99. 甘さにクセがなく淡泊で、サラサラしていて溶けやすいため、コーヒーや紅茶などに使用される。 また、上白糖に比べて焦げ付きにくいため、ケーキ・焼き菓子を作る際にはグラニュー糖が適している。 上白糖の製造工程は、ショ糖が抽出されるまではグラニュー糖と同じだが、最終工程で1. 3%程度の転化糖(ショ糖を果糖とブドウ糖に加水分解したもの)がまぶせられる。 転化糖が含まれているため、表面に水分が保たれ、しっとりとした感触になる。 グラニュー糖のように淡泊過ぎず、三温糖のように濃厚過ぎないため、料理で幅広く使用される。 三温糖は、純度が高いグラニュー糖や上白糖を精製した後に残った糖蜜を数回加熱したもの。 この加熱により、カルメラ成分が形成され、薄茶色になる。 3つの中で最もショ糖の糖度が低いの三温糖だが、人間の味覚は純度の高い単調なものよりも、雑味が加わった方が味を強く感じるため、濃厚な甘さと独特の風味を感じるのは三温糖である。 強い甘みとコクを活かし、煮物などに使用される。 三温糖は、ミネラルが豊富で体に良いといわれることもあるが、グラニュー糖と上白糖と比べれば、ミネラルを含む割合がわずかに高いというだけである。 ミネラルを摂取することが目的であれば、野菜や海藻から摂取した方が効率が良い。 また、漂白していない三温糖の方が体に良いと誤解している人もいるが、白砂糖(上白糖など)が白いのは漂白剤や染料を使っているためではない。 不純物を取り除いた砂糖は無色透明の結晶で、雪が白く見えるのと同様に、光の乱反射によって白く見えるのである。

次の

お菓子作りでグラニュー糖を上白糖で代用した場合の違いは?

グラニュー 糖 の 代わり に 砂糖

グラニュー糖より上白糖の方が少し甘みが強いんですが、同量で大丈夫です。 グラニュー糖は結晶が粗く、結晶化したあとそのまま仕上げられているのに対して、上白糖は結晶がとても細かく、表面に「転化糖」がまぶされています。 転化糖はブドウ糖と果糖でできていて、そのせいで上白糖はしっとりしています。 焼き菓子に上白糖を使うと、果糖の影響でねっとりした甘味をもち、大変湿気を吸いやすくなります。 また、果糖とブドウ糖の影響で焦げ色が早くつきます。 クッキーなどに上白糖を使うと焦げやすくなり、メレンゲ焼き菓子などは焼き色がつきやすく湿気やすくなるので注意が必要です。 逆に、カステラなど表面を茶色く仕上げ、しっとりさせたいお菓子には、グラニュー糖じゃなくてわざと上白糖を使うこともあります。 ちなみに、砂糖の主成分は「ショ糖」で、グラニュー糖はショ糖の割合は99. 9%位、上白糖はブドウ糖や果糖や水分が多く含まれるためショ糖の割合は97. 8%位になります。

次の

「上白糖」「グラニュー糖」「三温糖」

グラニュー 糖 の 代わり に 砂糖

レシピに「砂糖」と書いてあると、何を使っていますか? お菓子ならグラニュー糖、お料理なら上白糖を使っている方が多いでしょうか。 グラニュー糖は、サラサラとしていて光沢があり、結晶状となっていてさっぱりした甘味を持ちます。 上白糖は、キメが細かくしっとりとしていて、コクのある甘味です。 同じ砂糖でも、このように形状や味に違いがあります。 上白糖とグラニュー糖で性質が違う理由は、製造過程にあります。 グラニュー糖も上白糖も、サトウキビやてん菜(ビート)が原料ですが、これらを洗浄、濃縮、不純物の除去、加熱、精製してショ糖が、抽出されます。 グラニュー糖 ショ糖の中でも純度が高いのがグラニュー糖で、グラニュー糖中に含まれるショ糖の割合は、99. 95%です。 クセのない甘さでコーヒーや紅茶用の砂糖として用いられたり、 焼き色を強くしたくないケーキや焼き菓子をつくるなら、グラニュー糖が適しています。 上白糖 ショ糖が抽出された後、転化糖が添加されます。 グラニュー糖に比べて、 吸湿性があるため、和菓子やカステラをつくるときに用いられます。 転化糖が含まれていることで、焼き色がつきやすいのも特徴です。 全ての砂糖に含まれているが、上白糖を生成する際にはあえて、添加されている。 砂糖 使用上の注意!? 普段のお料理では、グラニュー糖や上白糖を多量に使う場合はまれですが、計量する際には注意が必要です。 グラニュー糖は大さじ1=12g、上白糖は大さじ1=9gです。 同じ大さじ1でも、砂糖の量が変わりますので、コントロールが必要な方は意識してつかいたいものです。 また、お菓子作りなどでは、グラニュー糖や上白糖の性質を踏まえて、レシピが作成されているので、砂糖の種類を変えずにつくると、失敗が少ないお菓子になります。 焼き色が付きやすく、甘味の強い上白糖 焼き色は付きにくく、あっさりした甘味のグラニュー糖 この違いを踏まえてお料理に使い分けすると楽しくなりそうですね。 ちなみに、料理日和では、お料理はきび砂糖、お菓子はグラニュー糖かきび砂糖を中心に使っています。 本サイトにご訪問&記事をお読みくださり、ありがとうございます。 この記事では、料理日和がこれから料理を楽しみたい方、既に料理を楽しんでいる方のために、さらに料理が好きになり、楽しんでいただきたいと思い、食材や料理、栄養・健康などの情報を提供させていただいております。 料理日和とは、北海道札幌市にある料理教室です。 料理をするのが楽しくなり、家庭的で季節や行事にこだわってつくられる料理のレシピや食に関わる情報を提供しています。 マンツーマンレッスンを中心に少人数制でレッスンをしていますので、初心者さんも安心してご参加いただけます。 若干、北海道目線で記しておりますので、一般的で無い食材や目安の分量なども存在するかもしれません。 今後ともお読みいただいたり、何かのお役に立てますと嬉しいです。 参考・引用文献 お菓子「こつ」の科学 柴田書店.

次の