ボウフラ 退治。 ボウフラの駆除に無害な退治方法は?薬剤や殺虫剤のおすすめと対策法

ボウフラの駆除は薬品や銅や油が効果的!排水溝には?

ボウフラ 退治

フマキラー株式会社(本社:東京都千代田区、社長:大下一明)は、たまった水にまくだけで蚊の幼虫(ボウフラ)を駆除できる粒剤タイプの発生予防剤『フマキラー ボウフラ退治』を2016年3月1日(火)より出荷し、同月中旬より順次全国の店頭で発売します。 販売チャネルは、ドラッグストア、ホームセンター、スーパーなどです。 2000年以前の日本では、発生した時に害虫を駆除するという対処法が主でしたが、2000年以降、害虫への嫌悪感・抵抗感が強くなり、「害虫そのものを見たくない」「家の中に入ってくるのが嫌だ」という人が増え、害虫を寄せつけない忌避剤が注目されるようになり、害虫そのものの発生を予防するという根本的な解決法が求められるようになってきました。 各自治体も、感染症媒介蚊対策に乗り出し、蚊の幼虫であるボウフラの駆除を行ったり、地域住民向けに対策に関する情報発信を積極的に行ったりしています。 一方、消費者から「自分でボウフラを駆除したいのですが、発生予防剤はどこで買えますか」など弊社に多くのお問い合わせがありました。 そうしたご要望に応えるため、業務用に薬剤を製造、販売しているノウハウをもとに、消費者が簡単に、そして安全に使える商品として一般向けの駆除剤を製品化しました。 本商品の有効成分として配合した昆虫成長阻害剤 IGR の一種、ピリプロキシフェンは、ボウフラが成虫(蚊)になるのを阻害します。 この薬剤は、自治体や害虫駆除専門の会社でも使用されており、その効果が実証されています。 ボウフラの生息しやすい場所である雨水ます、排水溝、植木鉢の受け皿、水鉢、お墓の花立てなど、少量でも水が溜まりやすい箇所に適量散布すると、速効性はありませんが、薬剤が沈降し、底面に残留、蚊の発生源に直接作用するため、徐々に確実な効果を発揮します。 有効成分のピリプロキシフェンは、昆虫特有の脱皮に作用する薬剤なので、人体への影響はなく、犬、猫、ウサギ、サルなど哺乳類に対しても安全性が高いことを確認しています。 使用量の目安は、1立方メートルあたり10g。 雨水枡など大水域には、20リットルに対して0. 2g(大さじすりきり1杯)、植木鉢の受け皿など小水域には、1リットルに対して0. 01g (小さじすりきり1杯)です。

次の

メダカの稚魚にボウフラ!原因&対策方法はある?

ボウフラ 退治

ボウフラの駆除が10円玉でできる!? ボウフラの駆除というと何か薬剤を使わないといけないような気がしますが、実は、ボウフラの湧いた水の中に10円玉を入れておくだけで駆除ができるんです。 どうして10円玉でボウフラを駆除できるのかというと、10円玉の中の銅イオンが水の中に含まれるようになることで、ボウフラが羽化できなくなるというわけです。 羽化して、あの血を吸う蚊にはなれず、ほとんどのボウフラが水の中の幼虫のまま全滅してしまいます。 これは簡単にできますし、ユニークな方法ですから、ちょっと試してみたくなりますよね。 どのくらいの10円玉を入れておけばいいのですが、1リットルにつき20個くらいが適量のようです。 半分の10個だと半数ほどのボウフラは生き残ってしまい、5個では弱るだけで駆除はできません。 1リットルにつき20枚、200円分ですから、大きな場所では難しいでしょうが、小さい所なら手軽に試してみることができますね。 お金を使うといっても後で回収できますし、お金がかかるわけではないですものね。 ボウフラの駆除は油でもできます! 大きな場所なので10円玉を使うのがちょっと難しい場合には、油でボウフラを駆除するという方法があります。 やり方は簡単。 食用油を水面に広がる程度垂らすだけです。 ボウフラは水面に浮かんできてお尻で呼吸するので、油の膜で水面がふさがっていると呼吸ができなくなってしまうというわけなんですね。 この方法は、側溝のような水が流れている場所ですと、油も一緒に流れていってしまってダメなのですが、水の流れがない大きめの場所なら非常に有効です。 油がいいといっても、灯油やガソリンなどの揮発性のあるものは危険なので避けましょう。 また、食用油以外では、中性洗剤や塩素系漂白剤を水に入れることでもボウフラを駆除できます。 中性洗剤の場合は3日くらい、漂白剤の場合は16時間くらいでボウフラは全滅するようです。 ただこの方法ですと、中性洗剤や塩素系漂白剤は結構な量を水に入れないと効果がありません。 それと、この方法も水の流れのある場所ですと、洗剤や漂白剤も流れてしまって効果を望めません。 手軽なのは食用油で水面に油膜を作る方法ですので、使用場所などのケースに応じて方法を選んで下さい。 スポンサードリンク ボウフラの駆除には魚も利用できます 10円玉を使うにはちょっと大きく、油や洗剤も使いたくないという場合には、メダカや金魚などの魚を利用することでもボウフラを駆除できます。 ボウフラを食べてもらうというわけですね。 メダカも金魚もボウフラをよく食べてくれます。 金魚でしたら安く売られている和金でいいでしょう。 縁日の金魚すくいでお馴染みのあの金魚です。 メダカもヒメダカという種類が安く売られています。 丈夫なメダカなので、ボウフラ駆除に役立ってもらうにもうってつけです。 何匹くらい入れればいいのかですが、多すぎてもいけません。 10リットルに1、2匹くらいがよいでしょう。 生き物を使うのですから、言うまでもなく、排水溝などに入れるのはよくないですよね。 庭の水瓶とか、中の水を捨てるわけにはいかないけど、油や洗剤、薬なども使えないという場所に利用して下さい。 そして、できればメダカや金魚などの魚を入れる前には、中の水を入れ替えてやりましょう。 どんな水質になっているかわからないからです。 買ってきたメダカや金魚は、すぐに水の中に入れず、まずは袋のまま水につけて水温が同じくらいになるまで置いておきます。 すぐに放すと急激な水温の変化で弱ってしまいます。 ボウフラを食べる時期には、餌やりは少なめにします。 餌をやり過ぎるとボウフラを食べなくなりますし、水質も悪くなるので気をつけて下さい。 また、夏場は水温が高くなり過ぎないように気をつけてやることも必要です。 直射日光が当たる場所でしたら、日陰を作ってやって下さい。 何か日差しを遮るものを置くのもいいですし、水面にホテイ草などを浮かべてもいいでしょう。 まとめ ボウフラの駆除を薬を使わずに安全にする方法にも色々あります。 10円玉を使う、食用油を垂らす、金魚やメダカなどの魚を使う…それぞれメリット・デメリットがありますので、ボウフラを駆除したい環境に合わせて方法を選んで試してみてください。

次の

水たまりにまくだけで蚊の発生を防ぐ『フマキラー ボウフラ退治』新登場!

ボウフラ 退治

ボウフラの駆除・10円玉で出来る! まず、ボウフラの駆除が 10円玉でできる というのをご存じですか? 水溜りに10円玉を入れるだけで、 ボウフラを撃退できるんです。 銅製品を使うと 銅イオンの効果で 死滅しますので、10円玉でも同じ効果 が得られるというわけなんです。 10円玉なら家庭にありますし、一番 身近な銅製品なのでお手軽ですよね。 ただし、10円玉を何枚入れればいいのか というと、結構な数が必要になります。 細かな検証をされた方の話によると、 1リットルの水溜まりの場合、5枚ほど から弱り始め、10枚で半減、 20枚で 完全に死滅するそうです。 もちろん水の量が変わってくると 必要な枚数も変わってきます。 ですから水の量が少ない場合でしたら これで解決できそうですね。 貯金箱から数枚出してくるだけで ボウフラの駆除ができてしまいます。 あまり大きな場所だと、そんなに 10円玉を入れるわけにも行かないので、 難しいかもしれませんね。 ボウフラの駆除・洗剤や漂白剤で! また、ボウフラの駆除には、 中性洗剤や、 ハイターなどの 塩素系の漂白剤で退治 するという方法もあります。 これは側溝や排水溝など、水の流れの ある場所ではダメです。 洗剤や漂白剤も一緒に流れて行って しまいますからね。 でも、水溜りなどには効果的です。 ボウフラの湧いている水溜りや植木鉢の 下の 「鉢受け皿」などに、中性洗剤もしくは 塩素系の漂白剤を数滴垂らします。 どちらも効果は確認されていますが、 漂白剤の場合は、入れてから8時間後に 徐々に死に始め、 16時間後に全滅した という実験結果もありました。 中性洗剤の場合は、死滅までには 3日程 かかるようですが、効果はあるようです。 塩素系漂白剤をあまり使いたくないという 人は、中性洗剤でゆっくり駆除しても問題 は無さそうです。 どちらも 台所にあるものですし、 手軽で簡単にできる方法ですね。 ボウフラの駆除・排水溝には錠剤を! それでは、水の流れのある 排水溝の 場合はどうしたらよいのでしょうか。 代表的な殺虫剤には 「デミリン発砲錠」 「ボンフラン」「ハイカプシン錠剤」 といったものがあります。 業務用の錠剤なのですが、 ホームセンター 等で購入することができますよ。 業務用なので量も多いですが、少しずつ 使うこともできますので便利です。 浄化槽でも使用することができますので、 ボウフラ対策をしたい場所が複数ある 場合にはおすすめです。 プロが使うものですから、やはり駆除の 効果も十分期待できますしね…。 排水溝や浄化槽に錠剤を入れるだけなので、 手軽にできるのも嬉しいですね。 毎年、蚊が気になるという方は、 是非試してみてくださいね。 そして、ボウフラを発生させないために、 こまめに 掃除や 水換えをするのも大切な ことですね。

次の