スピッツ ライブ 2019 チケット。 SPITZ スピッツ JAMBOREE TOUR 2019

SPITZ JAMBOREE TOUR 2019

スピッツ ライブ 2019 チケット

すでに申し込み終了している情報で恐縮ですが、ファンクラブ会員のみ購入できる「デラックスエディション」には、「GO! SCANDINAVIA VOL. 7」のライブ音源CDも特典で入っていますね。 スピッツの商品でもっともスバラシイと思うのは、このライブ音源CDです。 DVDもいいんですが、なかなか見ているヒマがなく。。。 音源ならいつでもどこでも聴けるし、映像でなくても臨場感たっぷりです。 ライブDVDの初回限定盤でライブ音源がついているのですが、アルバムにもつくようになってうれしいです。 しかも自分が行ったライブの音源なら思い入れもひとしお。 11月30日の静岡エコパアリーナからスタートし、12月28日のマリンメッセ福岡まで2019年はアリーナ公演となっています。 年が明けて2020年からホール公演になるんですね。 年末に福岡でライブ収めということは、そのままマサムネくんは実家へ帰るんでしょうかねぇ。 今年はNHKの朝ドラ「なつぞら」主題歌が大ヒットして、紅白出場か?みたいなインチキな記事がいっぱい出ていましたが、たぶんスピッツは紅白出ないだろうなと思っています。 今年はツアー真っ最中ですからね。 特に冬はマサムネくんの喉がなにより大事なので、慌ただしいテレビ生放送は避けたいでしょう。 この「MIKKE」ツアー、すでに各種ファンクラブではチケット先行販売が終了しました。 自分で再度有料会員登録をポチッとしたあとでチケットの払い込みをして、再度問い合わせると「課金状態が確認できました。 チケットの入金も確認できています」と回答をいただきました。 課金状態が途切れたらアウトかと思っていましたが、解約したあとでもその月内で再登録すればOKのようです。 実家から近くて行き帰りが楽なんですよね。 私、ニャ娘、ニャばーば(私の母)3人で第一希望を12月7日(土)、第二希望を12月8日(日)、第三希望を12月5日(木)として申し込みましたが、まさかの全員木曜日当選でした。 当選しただけでもすっごくうれしいんですが、木曜日か・・・ ニャ娘翌日学校。。。 とりあえずどこでもいいから一会場は確保しておこうと思い、6枚分のチケット代を払い込みました。 手数料その他込みで53,796円也。 このために働いているといっても過言ではないので、チケット代と交通費はニャム家の必要経費です。 こういうとき、自分に収入があって本当によかったなとしみじみ思います。 それにしても残り3枚どうしよう。 誰か行きたい人いませんかねぇ。 車で行けば帰りはニャ娘が寝ても安心して帰宅できます。 ニャム夫が送迎してくれるというのでありがたくお願いしました。 まだ当選してないですけどね笑 そしてモバイル会員が受付を発表しましたね。 9月17日(火)15:00から受付開始になります。 ここでリベンジとして武蔵野の森の土曜日に再チャレンジしてみようかなと思っています。 それでも、すべてのファンクラブを駆使して2公演のチケットを3人分確保することができました。 「FC会員1名につき2枚まで」という制限のおかげで当選確率も上がったのかなと思います。 今回のファンクラブチケット先行受付はすべて、「会員1名につき2枚まで申し込み可能」です。 前回のツアーまでは、ファンクラブ先行で会員1名につき4枚まで申し込みできたので、我が家は誰かひとり当選すれば全員一緒に行かれたのですが、今回は2枚までということに衝撃を受けました。 もし誰かひとりが当選しても、チケットが2枚しかないので、3人一緒には行かれません。 ファンクラブ会員がライブに行かれる確率が高くなるので良い判断だとは思うのですが、我が家にとってはダメージ大でした。 しかし今回のツアーからものすごく厳しい規制が敷かれ、ファンクラブで当選したチケットはファンクラブから送られてきた申し込み番号がないと支払い手続き不可、支払いが完了してもチケットは発行されず、当日会場で会員証提示するという徹底ぶり。 しかも座席は会場の受付で抽選により決定するという、素晴らしいシステムになっています。 これは一般発売のチケットも同じなのでしょうかね。 自分の席がどこだか直前までわからないなんて、ある意味ワクワクします笑 これで最前列とかだったら泣きますよね。 最後列でも泣きますけど笑 今回のツアーでチケット対策はなにかしら講じると思っていましたが、ここまで徹底するとは思っていませんでした。 スタッフの本気が見えて頼もしいかぎりです。 私も「ロビンソン」で一発KOを食らって以来、25年近くチケット争奪戦に参戦してきました。 初めて取ったチケットは、アルバム「ハチミツ」リリースツアーでした。 母とふたりで公衆電話にスタンバイし、朝10時からチケットぴあに電話しまくり、やっとつながった!と思ったら「NHKホールは売り切れました」という無機質なアナウンス、じゃあ関東ならどこでもいい!ということでやっと神奈川県民ホールのチケットを確保したのでした(しかも3階のめっちゃ後ろの席)。 あまりにもチケットが取れないことに驚愕し、そのあとすぐにファンクラブ「Spitzbergen」に入りました。 この当時はベルゲンしかファンクラブはありませんでしたね。 「ロビンソン」バブルもはじけて人気も落ち着くかと思いきや、なぜかその後ますますチケットが取れなくなり、数年後に母もファンクラブ入会。 それでもついに、ファンクラブ先行でさえチケットが取れず、ツアー中一度もライブが行かれなかった年もありました。 また、ファンクラブ限定ライブ「GO! SCANDINAVIA」のチケットさえ取れなかったことも・・・ さすがにこのときは、いったいなんのためのファンクラブ?と憤慨しました。 そういう意味では、今回の2枚までという制限は正しいですね。 ファンクラブ会員のみなさんは無事にチケット確保したでしょうか。 過去にはファンクラブ限定ライブで申込用紙に会員番号を記入し、私と母が家族なので同じ会場にしてほしいと希望したら一緒にしてくれていました。 その当時を思うと、まだまだスピッツもそこまで人気ではなかったんですかね。 というか、いまはいったい誰が望んでライブに行きたがっているんでしょう? 私の周辺にスピッツのファンってひとりもいないのですが・・・ さて、スピッツのアルバムとツアーの予想が大当たりした記事でも書きましたが、スピッツの前回のツアー「3050」ではチケット運に恵まれ、横浜アリーナと武道館公演に行くことができました。 なかでも武道館は5列目という奇跡的なチケットをゲットし、目の前に出てきたメンバーを見た瞬間「やばい!近い!やばい!」しか口から出てきませんでした。 ライブが終わったあと、となりや後ろの席の年配のご婦人と「本当に素晴らしいものを見ましたねぇ」「もう悔いはないですね」となかば涙ぐみながら握手を交わした思い出があります。 まさかこんないい席を取れるとはまったく思っていなかったのですが、なんでこんないい席だったのかを考えてみると、おそらくこれが理由ではなかろうか、ということに思い当たりました。 スピッツがもっとも信頼している人のうちのひとり、若林さんが代表取締役であるVINTAGE ROCK std. では、「VINTAGE TICKET」としてインターネット・チケット予約サイトを運営しています。 「3050」の武道館チケットが取れたのはまさに、ヴィンテージでの申し込みでした。 今回ももちろん、関東のプロモーターはヴィンテージロックですね。 VINTAGE TICKETでは、ファンクラブ先行、チケットぴあなどの各種プレイガイドの先行が終わったあと、ひっそりと抽選販売を行います。 80年代にロック大好き少年少女だった人なら誰でも知っているヴィンテージロックですが、スピッツをはじめとするアリーナ級のアーティストしか聴かない、という人はあまり知らないかもしれません。 若林さんは「3050」ライブDVDの特典映像にも登場しました。

次の

【MIKKE】祝★ツアーチケット確保&スピッツのチケット取れない問題と25年戦ってきた思い出をつらつらと語ります

スピッツ ライブ 2019 チケット

MIKKEツアーは年またぎの開催で2019-2020となっていますがまだ詳細はあきらかにされていません。 NHK朝の連続テレビ小説の記念すべき100作品目「なつぞら」のオープニング曲として「優しいあの子」が注目を浴び、さらにファンを増やし続けるスピッツ。 チケットゲットは熾烈を極めることが予想されるため、先行受付や一般発売の日程が気になるところですよね。 日程に余裕があるようならファンクラブに入会して今からでも先行受付から応募を狙うこともできるかもしれません。 2017年にはバンド結成30周年を迎えたばかりのスピッツ。 今回は、 スピッツライブ2019チケット先行と一般発売いつから?発表日は? と題して、MIKKEツアーのチケット受付情報について予想してみたいと思います。 10月9日にリリースされるアルバム『 見っけ』を引っ提げてのツアーなのは間違いないでしょう。 となるとツアー初日は10月9日以降のはずです! また、スピッツは例年通り夏のライブイベントも盛りだくさんです。 スピッツの夏イベ最後は新木場サンセットの9月5日となっています。 全国35ヶ所45公演開催の大型ツアーでしたが、MIKKEツアーはこれ以上のスケールで開催して欲しいと思っています。 となると開催は10月下旬もしくは11月頭スタートの半年くらいかけた大型ツアーとなる可能性もあります! いずれにしても、今後、詳細が発表されるでしょうから引き続き公式事務局からの情報を待ちたいと思います。 スピッツライブ2019のチケット先行受付と一般発売はいつから? 30周年のアニバーサリーライブよりも醒めないツアーが MIKKEツアーに近いスケジュール感だと思われますので 醒めないツアーを参考に予想してみます。 ファンクラブ会員限定先行受付は 2016年5月24日 火 12:00~2016年5月30日 月 18:00でした。 ツアー初日は 2016年8月26日。 ツアー初日から計算すると3か月前の受付開始でした。 MIKKEツアーが11月頭スタートとすると、8月頭にはFC会員限定の先行受付が始まりそうな気がします。 と思っていたら、オフィシャルページのスピッツベルゲンでファンクラブ入会についてお知らせがありましたね。 <新規入会> 「7月21日 日 23:59までにご入金を完了された方」がお申し込み対象となります。 入会特典が届かない方は、入金控えをご用意の上、8月13日 火 ~8月16日 金 の間にスピッツベルゲンまでお電話でご連絡ください。 もしくは8月14日から受付開始して8月20日までとか。 そうなると一般発売は9月中旬以降ですね。 どちらもこれまで解禁された情報を元に予想しているものなので、詳細が出ましたらまたこちらでお知らせします! スピッツライブ2019チケット受付開始の発表日はいつか予想! MIKKEツアーのチケット先行予約の受付開始ですが、8月中旬からと予想しました。 では、実際に「先行予約受付するのは何月何日からです!」と発表があるのはいつでしょうか? 公式ページにはこんな風にも記載されていました。 ツアースケジュールや先行予約の詳細は、7月末発行の会報109号と一緒にお送りする予定です。 会報発送前のツアーに関するお問い合わせには一切お答えできませんので、到着までいましばらくお待ちください。 ・会報109号には、先行予約に必要なアクセスナンバーも同封されております。 紛失されますとお申し込みできませんので、大切に保管してください。 ・今回の先行予約は、インターネットからのみの受付を予定しております。 予めご了承ください。 8月まで待たなくても、MIKKEツアーについて予定を立てられる!!! ということは、夏のスピッツを何の不安もなく楽しめるということです!! あぁ、うれしすぎて、オレは猫になっちゃいそうだ。 こんな記事も読まれています。 受付についての発表は7月末発行の会報109号と同時に判明するようです。 そして、そのあとはモバイル会員先行がスタートします。

次の

SPITZ JAMBOREE TOUR 2019

スピッツ ライブ 2019 チケット

すでに申し込み終了している情報で恐縮ですが、ファンクラブ会員のみ購入できる「デラックスエディション」には、「GO! SCANDINAVIA VOL. 7」のライブ音源CDも特典で入っていますね。 スピッツの商品でもっともスバラシイと思うのは、このライブ音源CDです。 DVDもいいんですが、なかなか見ているヒマがなく。。。 音源ならいつでもどこでも聴けるし、映像でなくても臨場感たっぷりです。 ライブDVDの初回限定盤でライブ音源がついているのですが、アルバムにもつくようになってうれしいです。 しかも自分が行ったライブの音源なら思い入れもひとしお。 11月30日の静岡エコパアリーナからスタートし、12月28日のマリンメッセ福岡まで2019年はアリーナ公演となっています。 年が明けて2020年からホール公演になるんですね。 年末に福岡でライブ収めということは、そのままマサムネくんは実家へ帰るんでしょうかねぇ。 今年はNHKの朝ドラ「なつぞら」主題歌が大ヒットして、紅白出場か?みたいなインチキな記事がいっぱい出ていましたが、たぶんスピッツは紅白出ないだろうなと思っています。 今年はツアー真っ最中ですからね。 特に冬はマサムネくんの喉がなにより大事なので、慌ただしいテレビ生放送は避けたいでしょう。 この「MIKKE」ツアー、すでに各種ファンクラブではチケット先行販売が終了しました。 自分で再度有料会員登録をポチッとしたあとでチケットの払い込みをして、再度問い合わせると「課金状態が確認できました。 チケットの入金も確認できています」と回答をいただきました。 課金状態が途切れたらアウトかと思っていましたが、解約したあとでもその月内で再登録すればOKのようです。 実家から近くて行き帰りが楽なんですよね。 私、ニャ娘、ニャばーば(私の母)3人で第一希望を12月7日(土)、第二希望を12月8日(日)、第三希望を12月5日(木)として申し込みましたが、まさかの全員木曜日当選でした。 当選しただけでもすっごくうれしいんですが、木曜日か・・・ ニャ娘翌日学校。。。 とりあえずどこでもいいから一会場は確保しておこうと思い、6枚分のチケット代を払い込みました。 手数料その他込みで53,796円也。 このために働いているといっても過言ではないので、チケット代と交通費はニャム家の必要経費です。 こういうとき、自分に収入があって本当によかったなとしみじみ思います。 それにしても残り3枚どうしよう。 誰か行きたい人いませんかねぇ。 車で行けば帰りはニャ娘が寝ても安心して帰宅できます。 ニャム夫が送迎してくれるというのでありがたくお願いしました。 まだ当選してないですけどね笑 そしてモバイル会員が受付を発表しましたね。 9月17日(火)15:00から受付開始になります。 ここでリベンジとして武蔵野の森の土曜日に再チャレンジしてみようかなと思っています。 それでも、すべてのファンクラブを駆使して2公演のチケットを3人分確保することができました。 「FC会員1名につき2枚まで」という制限のおかげで当選確率も上がったのかなと思います。 今回のファンクラブチケット先行受付はすべて、「会員1名につき2枚まで申し込み可能」です。 前回のツアーまでは、ファンクラブ先行で会員1名につき4枚まで申し込みできたので、我が家は誰かひとり当選すれば全員一緒に行かれたのですが、今回は2枚までということに衝撃を受けました。 もし誰かひとりが当選しても、チケットが2枚しかないので、3人一緒には行かれません。 ファンクラブ会員がライブに行かれる確率が高くなるので良い判断だとは思うのですが、我が家にとってはダメージ大でした。 しかし今回のツアーからものすごく厳しい規制が敷かれ、ファンクラブで当選したチケットはファンクラブから送られてきた申し込み番号がないと支払い手続き不可、支払いが完了してもチケットは発行されず、当日会場で会員証提示するという徹底ぶり。 しかも座席は会場の受付で抽選により決定するという、素晴らしいシステムになっています。 これは一般発売のチケットも同じなのでしょうかね。 自分の席がどこだか直前までわからないなんて、ある意味ワクワクします笑 これで最前列とかだったら泣きますよね。 最後列でも泣きますけど笑 今回のツアーでチケット対策はなにかしら講じると思っていましたが、ここまで徹底するとは思っていませんでした。 スタッフの本気が見えて頼もしいかぎりです。 私も「ロビンソン」で一発KOを食らって以来、25年近くチケット争奪戦に参戦してきました。 初めて取ったチケットは、アルバム「ハチミツ」リリースツアーでした。 母とふたりで公衆電話にスタンバイし、朝10時からチケットぴあに電話しまくり、やっとつながった!と思ったら「NHKホールは売り切れました」という無機質なアナウンス、じゃあ関東ならどこでもいい!ということでやっと神奈川県民ホールのチケットを確保したのでした(しかも3階のめっちゃ後ろの席)。 あまりにもチケットが取れないことに驚愕し、そのあとすぐにファンクラブ「Spitzbergen」に入りました。 この当時はベルゲンしかファンクラブはありませんでしたね。 「ロビンソン」バブルもはじけて人気も落ち着くかと思いきや、なぜかその後ますますチケットが取れなくなり、数年後に母もファンクラブ入会。 それでもついに、ファンクラブ先行でさえチケットが取れず、ツアー中一度もライブが行かれなかった年もありました。 また、ファンクラブ限定ライブ「GO! SCANDINAVIA」のチケットさえ取れなかったことも・・・ さすがにこのときは、いったいなんのためのファンクラブ?と憤慨しました。 そういう意味では、今回の2枚までという制限は正しいですね。 ファンクラブ会員のみなさんは無事にチケット確保したでしょうか。 過去にはファンクラブ限定ライブで申込用紙に会員番号を記入し、私と母が家族なので同じ会場にしてほしいと希望したら一緒にしてくれていました。 その当時を思うと、まだまだスピッツもそこまで人気ではなかったんですかね。 というか、いまはいったい誰が望んでライブに行きたがっているんでしょう? 私の周辺にスピッツのファンってひとりもいないのですが・・・ さて、スピッツのアルバムとツアーの予想が大当たりした記事でも書きましたが、スピッツの前回のツアー「3050」ではチケット運に恵まれ、横浜アリーナと武道館公演に行くことができました。 なかでも武道館は5列目という奇跡的なチケットをゲットし、目の前に出てきたメンバーを見た瞬間「やばい!近い!やばい!」しか口から出てきませんでした。 ライブが終わったあと、となりや後ろの席の年配のご婦人と「本当に素晴らしいものを見ましたねぇ」「もう悔いはないですね」となかば涙ぐみながら握手を交わした思い出があります。 まさかこんないい席を取れるとはまったく思っていなかったのですが、なんでこんないい席だったのかを考えてみると、おそらくこれが理由ではなかろうか、ということに思い当たりました。 スピッツがもっとも信頼している人のうちのひとり、若林さんが代表取締役であるVINTAGE ROCK std. では、「VINTAGE TICKET」としてインターネット・チケット予約サイトを運営しています。 「3050」の武道館チケットが取れたのはまさに、ヴィンテージでの申し込みでした。 今回ももちろん、関東のプロモーターはヴィンテージロックですね。 VINTAGE TICKETでは、ファンクラブ先行、チケットぴあなどの各種プレイガイドの先行が終わったあと、ひっそりと抽選販売を行います。 80年代にロック大好き少年少女だった人なら誰でも知っているヴィンテージロックですが、スピッツをはじめとするアリーナ級のアーティストしか聴かない、という人はあまり知らないかもしれません。 若林さんは「3050」ライブDVDの特典映像にも登場しました。

次の