ぐさ お マイクラ。 黒曜石

【マイクラ】外からは分からない自動隠し扉の作り方 できるだけ回路少なめで!【統合版】

ぐさ お マイクラ

色のアクセントに注意 他の木を使用する時は、濃い色の方をダークオークの代用にしてください。 この家では、濃い色をアクセントとして使用しているためです。 作り方 1.土台作り 土台を作っていきます。 材料は、オークの木材とダークオークの原木です。 土台は、整地した土地の上に設置します。 家の床が、地面より1段高くなる形です。 この時点で、土台に原木を埋めて、柱を立てる部分を決めています。 2.柱を立てる 土台の原木を5ブロック伸ばします。 梁 ( はり )をつくるので、通常の家よりも1~2マス高めにしました。 3.ハリを作る 柱の一番上同士をつなげて、ハリを作ります。 今回は天井に立体感が欲しいので、家の中にも梁を繋げます。 4.ダークオークの木材を設置 壁を作ります。 1段だけ色を変えて2色にしましょう。 1段目はダークオークを並べます。 5.オークの木材を設置 のこり2段目以降は、オークの木材で壁を作ります。 6.窓枠を作る 窓枠を作り、玄関のドアを設置します。 全部で9か所穴を開けます。 正面 中央にはダークオークのドアを設置しましょう。 後でウッドデッキを作るので、玄関が1段高くなっています。 正面左 正面左のくぼんだ部分には、少し大きめの窓枠を作ります。 裏側 裏側には、3か所窓枠を作ります。 右の方は窓を作らず、そのままにしておきましょう。 右側 右側には2か所窓枠を作ります。 他の部分とは柱の位置が違うので、注意してください。 MEMO高さ2マスの窓をたくさん作ることで、光を多く取りこみ、部屋を明るくしています。 注意点 正面から見て 左側は、窓を作りません。 窓を作りすぎてしまうと、チェストや地図などを設置する壁がなくなってしまうからです。 窓を作る場所のおすすめ 私は、いつも東や西に窓を作り、日の出入りが見られるようにしています。 ベッドで眠りたい時に、夜になっているかをすぐ確認することができるからです。 7.屋根裏部屋の床づくり オークの木材で床を作ります。 ハリの上から敷き詰めていきましょう。 後で屋根を設置するので、 手前の2か所は床を作らないでおいて下さい。 それぞれ3マス分です。 8.左側の屋根 階段ブロックを使って、段になるように屋根を作っていきます。 各段の長さは、4・4・4・5・5・6・7です。 5段目(ハーフブロック)と6段目は同じ高さになるので注意しましょう。 階段ブロックを横に伸ばす時は、隣のブロック下半分をねらって設置しましょう。 こうすれば、少ない補助ブロックで、簡単に伸ばすことができます。 9.右側の屋根 右側を作ります。 段や長さなどの作り方は左側と同じで、7段、長さ4・4・4・5・5・6・7です。 頂点だけ、木材ブロックを設置します。 三角屋根っぽいですね。 途中、ハーフブロックの段があるのと、頂点が木材ブロックで作られていることに注意してください。 10.一番端の段を作る 建物の左側に、階段ブロックと木材ブロックで5段の段差を作ります。 2段目だけ木材ブロックになります。 こちらも、建物から1マス分はみ出させてください。 11.手前の屋根まで伸ばす 手前の屋根にぶつかるように、段を伸ばします。 下から7・9・9・11・12マスの長さになります。 ポイント:自分の向きに注意 階段ブロックは、90度向きが違うものが隣同士になると、曲がる性質があります。 自分の向いている方向に段差が来るので、今作っている屋根の方を向きながら設置していくのがポイントです。 12.奥右側の屋根を作る 右側も、一番端の段を作り、伸ばします。 先ほどと同じ作り方です。 こちらも2段目の木材ブロックに注意しましょう。 13.後ろの屋根を作る また先ほどの屋根と同じように段を5段作ります。 対になる形です。 14.反対側まで伸ばす 反対側まで伸ばして屋根は完成です。 長さは21ブロックになります。 屋根を上から見るとこのようになります。 上から屋根を見た図です。 このように滑らかにつながっていれば大丈夫です。 15.2階部分の壁と窓にフェンスを設置 2階部分の壁を作り、すべての窓にフェンスを設置します。 2階部分は、外の光があまり入らないので、フェンスで光を取りこみましょう。 2階の正面には、全面にフェンスを設置します。 フェンスをたくさん使用することで、壁を作るのと同時に装飾を施すことが出来ます。 家がシンプルすぎると思ったら、使えるワザです。 ガラスを入手しているのであれば、窓に板ガラスを設置してもよいでしょう。 16.ウッドデッキづくり オークの木材と、上付き階段ブロックを利用してウッドデッキを作っていきましょう。 わかりやすくするために、よりも1マス分削っています。 上付き階段の上にはダークオークのフェンスを設置します。 濃い色を使用すると、全体が引き締まります。 玄関前は3マス分フェンスを設置しないで空けておきましょう。 13.階段を設置したら基本形は完成 スムーズに入り口にたどり着けるように、入り口前に3マス階段ブロックを設置しましょう。 設置したら基本形は完成です! お疲れ様でした! isiai 零式さん こんにちは。 質問ありがとうございます。 2倍にして作っているというのは、高さではなく幅を2倍にして作っているという解釈でお答えします。 屋根は、家の大きさを2倍にしたからといって単純に2倍にすればいいということにはなりません。 1マス変われば、屋根の形は大きく変わってきます。 当然設計図通りには作れなくなってきます。 特にこの家は、後ろの屋根と正面の屋根の高さをハーフブロックやブロックで調整して合わせて作っているため、再度調整が必要になってきます。 現在できることは、 1.正面の屋根が出来上がっているなら、後ろの屋根を正面の屋根の高さに合わせて作る。 (ハーフブロックや、ブロックを追加して、高さ調整を行う。 ) 2.全く違う屋根を作る。 1の場合は、この記事が参考になるのではないかと思います。

次の

戦闘[1]|効果音ラボ

ぐさ お マイクラ

粘着ピストン:12• ドロッパー:2• ホッパー:2• ボタン:2• レッドストーンのたいまつ:2• レッドストーン反復装置:5• レッドストーンコンパレーター:1• ハーフブロック:6• レッドストーン:いっぱい• 建築用ブロック:いっぱい 外から隠すための仕組み 従来の自動扉は粘着ピストンを使っている関係上、 ピストンを隠すとこんな風に不自然なくぼみができていました。 それをこういう風にしたいので、 (上から見た図) 扉が開くときはまず粘着ピストンで扉を奥に引っ込ませて、 更にサイドの粘着ピストンで横に引っ張れば良さそうです。 まあそれが難しいんですけど!(白目) 実際に作ってみよう! では、作っていきます。 前提として、地下にレッドストーン回路を敷くため、高さ3ブロック分の空間が必要です。 私は見やすいよう地上に確保しましたが、適宜掘りながら進めた方が楽。 まずは先ほど紹介したように扉と粘着ピストンを置きましょう。 扉なので置くのは地上ですね。 地面が無いとブロック置きづらすぎてこの時点で後悔したのは内緒。 扉に向かって左側からチャッチャッと回路を敷いていきます。 茶色のウールは扉より低い位置(つまり地面)を表しています。 ここでハーフブロックの登場。 反対側から見た方が分かりやすいかな? ハーフブロックはこのように、空間の上半分に置くようにしてください。 でないとレッドストーンを敷けません。 右側も全く同じように作ります。 上側にブロック6個置いて全てにレッドストーンを張り巡らせ、 地上部分は完成。 続いて地下部分。 粘着ピストンの真下に、レッドストーンのたいまつをサンドイッチするような形でブロックを置きます。 これで粘着ピストンが2つ作動。 レッドストーンのたいまつからレッドストーンを敷いて、ハーフブロックに繋げましょう。 「なんでこれで繋がるの!?」って思うかもしれませんけど、後述します。 反対側も同じように。 これで全てのピストンが作動しているはず。 していなければどこかが間違っています。 あとは信号を送ってレッドストーンのたいまつのON・OFFを切り替えることで、扉の開閉を実現します。 レッドストーンのたいまつから4ブロックほど離してドロッパーを 上向きに置いて、 その上に横向きドロッパー。 下段ドロッパーにホッパーを接続。 そのホッパーにホッパーを接続。 どちらのドロッパーでも構わないので、アイテムを1つだけ入れておきます。 上段ドロッパーを測定するようにコンパレーターを置いて、その先に反復装置。 先ほどアイテムを上段ドロッパーに入れた場合、画像の様にコンパレーターや反復装置に信号が流れます。 その信号をレッドストーンのたいまつが設置してあるブロックに繋げましょう。 上段ドロッパーの後ろ側に反復装置を置けば 装置部分は完成! この反復装置に繋がるレッドストーンが入力部分になるので、 お好きなところにボタンを置いて回路を引っ張ってきましょう。 ただし、あまり装置の近くに置くと信号が飛び火して狙い通りの挙動をしない可能性があります。 早速動かしてみます!ポチー ファッ!? いびつになりました。 もし1回目でこうならなくても、何回か動かしてると大体こうなります。 こういう時は、焦らず地上部分の反復装置を1段階遅延させましょう。 これで私の環境では問題なく動きます。 扉の内側にもボタンが欲しいので、地下の回路に干渉しないよう入力部分からそろりそろりと引っ張ってみます。 信号を引っ張れるのは15ブロック分まで。 それ以上引っ張る場合は間に反復装置を挟んで延長をお忘れなく。 内側のボタンを押しても問題なく開閉します。 周りをブロックで囲んであげれば、 本当の意味で完成。 天井にレッドストーンを敷いている関係で、高さはこれくらい必要になります。 内側からも問題なし!.

次の

戦闘[1]|効果音ラボ

ぐさ お マイクラ

多機能型事務所 労働と教育の場「雑草」 〒362-0051 埼玉県上尾市地頭方438-6• Tel. 048-726-5720• Fax. 048-726-7177• 相談支援事業 障碍者生活支援センターあらぐさ 〒362-0051 埼玉県上尾市地頭方438-6• Tel. 048-726-5862• Fax. 048-726-5862• グループホーム 第1クローバーハウス 〒362-0066 埼玉県上尾市領家114-4• Tel. 048-726-3997• Fax. 048-726-3997• グループホーム 第2クローバーハウス 〒362-0052 埼玉県上尾市中新井748-1• Tel. 048-726-7180• Fax. 048-726-7180• Tel. 048-788-2340.

次の