公文 答え。 公文のような薄っぺらい先取りは時代遅れです

公文のような薄っぺらい先取りは時代遅れです

公文 答え

公文の家庭採点 公文の家庭採点とは、子どもが学習したプリントを採点し、100点になるまで直しをさせる方法です。 公文では、お家で宿題をして教室に持っていき、その出した宿題は次の教室の日に先生に採点されたものが返されます。 その時、100点でないものは、その場で100点になるまで解き直しをして、次にその日の教室でやるべき教材に取り組むというスタイルです。 これはこれでいいのですが、算数などで間違ったやり方で解いてしまっている場合、その間違いの方法で記憶したまま、次の教室の日まで過ごすことになります。 一方、家庭採点をすると、家庭でしっかりとなぜ間違ったのかをすぐに確認・修正することができるのがメリットです。 家庭採点の申込書には次のようなメリットが書かれています。 家庭採点の効果 (1)毎日決まった時間にやれるようになり、学習習慣が身につく。 (宿題をため込んだり、持ち帰った日に全部やってしまうということがなくなる) (2)学習日以外毎日やるので、確実に学習枚数がこなせるようになる。 (教材の進み方に大きな差が出る) (3)学習後の即時採点により、その結果をすぐ確認でき、訂正もその場でできる。 (4)教室で宿題の訂正が不要となり、当日学習分のプリントに集中できるようになるため、子どもの負担がかからず、震度も早くなります。 (5)親の、子どもの学習に対する関心が高まり、子どもに対する接し方が改善される(コミュニケーションがはかれる)ため、子どもの学習意欲が向上する。 (6)採点でお母さん自信が学生時代を思い出しながら、一緒に勉強できる。 上記の(2)にもある通り、進み方にも大きな差がでます。 夏休みや冬休みなどの長期休みの時に毎日決めた枚数をコツコツと進めることができますし、集中的に多く進めることもできます。 家庭採点の申込書のもらい方 家庭採点の申込書は、公文の教室で問い合わせればもらえます。 私の場合、すぐその場で申込書を書いて提出すれば、現在のレベルの3教科の回答冊子を貸与してくれました。 その時に先生が確認していたのは、最新の回答冊子かどうかでした。 家庭採点をすると「親が教えると公文に通っている意味がないのでは?」と思われるかもしれません。 しかし、自分の子が学習のどこでつまづくのかがわかってくるので、教室よりはより細かな指導ができます。 子ども(特に幼児)は「わからないことを自分で調べる」ということができず、それを親が要望すると相当な労力を費やします。 放っておくといつまでもぼーっと座っていたりもします。 それは、教室にいるときも同じです。 そんな時間が無駄だと私は思うので、さっと答えの導き方を教えて、それを繰り返しプリントでこなすという方がよっぽど効率的に思います。 家庭採点のお話をしましたが、公文教室に通わずに教材(プリント)だけを大量にもらって家庭のみで学習ができる制度もあるようです。 (これは他の公文つながりのパパから伺いました。 プリントは自宅に一度にたくさんを宅配してもらったそうです。 )教室に通うことが困難な場合、または一定期間だけ自宅学習させたい時などにはいいかもしれません。 幼児期は親が付き添って連れていくことも多いでしょうから、親の都合とも合わせてうまく活用できる仕組みを利用してみてください。 もちろん、各教室で方針があるかもしれませんので、まずは担当の先生に相談してみるといいですね。 ゆくゆくは子ども自身で採点させる 我が家の長男は幼児期の年中から、家庭採点を行っていましたが、現在、算数だけは、問題に不安な時だけ自分で回答を見ながら問題に取り組ませています。 算数の場合、回答には答えだけのっているので計算過程は書かれていません。 ですから、なぜ間違ったのかは自分で検算する必要があります。 これまで、間違った箇所は計算過程すべて消すのではなく、どこで間違ったかどうかを見つけるように訓練していましたので、その習慣もあり、しっかり検算するようになっています。 それでもわからない場合のみ、私が教えています。 長男が自分で回答を見ながら学習できるようになってから、私自身が楽になりました。 長男自身も自分の問題が間違っていないかどうかすぐにわかるので、私を呼ぶ手間もなくストレスがないようです。 学習後は、自分で赤ペンで丸付けをしています。 それも楽しいようです。 一方、英語と国語は答えをみせてはいません。 答えをみてしまうと、そのまま書き写せてしまいますし、回答冊子には解説も載っていないという理由からです。 公文の先生が使っている赤ペン 公文の先生が教室で使っている赤ペンは、プリントに「〇」と100点「100」を大きく書くのにとても都合がよい水性ペンを使っています。 弱い力でもきれいに書けるので、大量のプリントを採点するときはとても有利です。 ですので、私もアマゾンで同じようなのを探しました。 5本入りをまとめて購入しています。 インクが切れたらすぐ交換できて便利ですのでおすすめです。 学習がよくできたときは、このペンで「花まる」にしてご褒美シール張ってあげると、それだけで長男はとても喜びます。 ちょっとした事でも子どもにとっては特別なんだと気づかされます。 がんばったらちゃんと褒めるって大事ですね。

次の

公文国語は効果あり!幼児におすすめ【メリットとデメリットも解説】|みなでラボ

公文 答え

「うちの子、くもんを3教科やっているけど、国語は必要なのかしら?」 「うちの子、国語の点数が低いからくもんの国語どうかしら?」 と公文の国語を検討しているママさん達は多いのではないのでしょうか? なぜなら 公文3教科の中で、一番評判が良くないのが「国語」なのです。 公文の国語の評判が良くない理由は、他の算数・英語と比べて効果が出にくいからです。 その理由ですが、 国語のテストの点数をあげるには3つのポイントがあります。 本日は教育業界に5年いた筆者が、公文の国語について評判を交えながら解説してまいります。 では小学校低学年の子供にはどのようにするのが良いのでしょうか? 国語の読解力が全くなかった私が国語が得意科目になった理由 まず、国語に関しては私の経験を話したいと思います。 小学2年か3年くらいだったと思います。 当時、私は算数などの点数は100点満点だったのですが、 国語の点数が60点程度とすごく苦手としておりました。 (ちなみに小学校低学年のテストは100点満点がとれるようになっています。 ) 母も国語の点数だけが低いの気になったのか、いつもはテストの点しか見ないのですが、テストの問題を見たようです。 そうすると大人の母から見ると 「なんでこんなカンタンなことがわからないのかしら?」と思ったようです。 」と思い、それから母が国語の問題集を買ってきて、私と一緒に問題を解く日々が始まりました。 母「この文章はどういうことを言っているの?」 母「この文章を2つにわけてみて?」 母「この人の言葉づかいはどこがおかしいかな?」 こんな親子のレッスンが毎日数問ずつのペースでしたが始まりました。 その結果、わたしの国語の点数はみるみる上がっていきました。 そしてそのまま小学校高学年には国語は得意科目になり、私は大学受験まで、読解が必要とされる現代文が得意でありつづけました。 こういった問題は公文の自習スタイルでは無理ですし、公文の先生もプリントをこなして、採点するだけですから、「なんで違うのか?」「作者の気持ちは?」といったことを丁寧に教えてくれません。 熟語や接続詞などもプリント学習で身につけることができるでしょう。 いわゆる「テストの問題に素直に従う」系の問題がこれです。 読解力というよりは、余計なことをしないで 素直に問題を解くコツや慣れが必要な部分です。 このあたりから、プリント式の公文が厳しくなってきます。 公文ですから当然、間違ったところを正解になるまでやるのですが、プリント学習ですと子供が完全に間違った理由を理解しないまま進みがちになります。 国語が苦手な子供には大人や教師がちゃんと教えてあげる必要があります。 またこの種類の問題は実は読解力とは何の関係もありません。 問題作成者の意図を見抜き、問題文からその部分を切り取るコツが必要なだけです。 「筆者の気持ちを50文字でまとめてください」といった問題です。 公文はプリント学習のため、 間違えに対しても先生が、細かくケアをできません。 そうすると子供も国語に対する苦手意識がとれないために、 「お母さん、公文の国語を辞めたいんだけど。。 」と言い出す子が多いのです。 読解力をつけるためには、有名塾の国語講師などは、読解力の問題にたいしても、問題を体系化して攻略方法を伝えるのですが、小学生ですから、そこまでしなくても 親と一緒に問題を解いてみて「これはどういう意味?」とやってみる方がよいでしょう。 公文の国語のよくある3つの評判 それでは、実際の公文の国語の評判はどうなのでしょうか?よくある3つの評判をまとめてみました。 学校の授業だけでなく、 幅広く接する機会があるのは良いことです。 そして残念ですが、公文などのプリント詰め込み形式の学習スタイルでは、そういった力がつくはずもありません。 本をたくさん読むことで、創造力やイメージ力をつけることはできますが、そもそも本が好きな人は、最初から国語や感想文が好きな子が多いです。 もし、全く作文とかがダメだとしたら、親子のコミュニケーションも一方的になっている可能性があります。 まずは子供に 「今日はどんな日だった?」「学校の授業はどう?」と子供自身に話をさせるコミュニケーションをとることが必要です。 国語が苦手な子に強制的に本を読ませても、子供は返って本が嫌いになります。 この評判は間違っていません。 しかし、 公文式の学習に身につけることができるのは「漢字などの語彙力」がほとんどです。 公文のプリント方式では、国語が苦手な子が読解力を磨くことはできません。 ですから、公文の国語を習わせるのでしたら 「言葉や漢字をしっかり学んで欲しい」と割り切って考えられるのなら、良いでしょう。 小学校低学年が読解力をつけるためには親と子供が一緒に問題を解いてみよう! 小学校の低学年の問題は大人から見れば「ものすごく優しい」です。 解けない大人はいないでしょう。 しかし、子供は違います。 まだ文章に慣れていないため、主語と述語も区別がついていないため、読み解くことができません。 ですから学校の教科書に含まれている問題文でも良いですし、何かドリルを買ってきても良いでしょう。 親と一緒に文章問題を解いてみるのが一番です。 また、今はコロナウイルスが流行っているので、なるべくなら子供を外出させたくないと思います。 国語でしたら家の中で親子で特訓するのが良いでしょう。 ちなみに 公文出版から国語の自宅用のドリルが販売されているので、 Amazonでも購入することができます。 下記のリンク先を見てみてください。 国語が苦手な子に本を読ませても続かない! 本を読めば読解力がつくという風潮がありますが、どちらかというと国語が好きで読解力がもともとある子が本が好きな傾向があります。 無理に子供に本を読ませても興味がなければ読解力はつきません。 もしどうしても本を読ませたいのでしたら、 なるべく子供に興味のある方面の本を探してみましょう。 例えば昆虫が好きなら「ファーブル昆虫記」。 サッカー選手が好きなら、子供向けのサッカー選手の自伝があります。 文学ばかりが本ではないのです。 まずは 子供の興味に合わせた本を買い与えてみましょう。 また、スマイルゼミならタブレットなら、国語嫌いのお子さんもゲーム感覚で、国語を学ぶこともできます。 スマイルゼミがどんなものなのか?知りたい方は 下記の公式ホームページをご覧ください。 公文の国語を習わすなら、親もサポートしてあげよう 公文の国語を全て否定するわけではありません。 プリント方式の学習では、子供が飽きなければ 額実に文字や漢字の読み書きが得意になるでしょう。 でも、もし国語のテストの点数が悪かったりする場合は、公文教室まかせにするのではなく、子供と文章題を一緒に解いてみましょう。 そうすると 「こんなカンタンなことでつまづいていたの!」ということがわかります。 その時は怒らずに丁寧に教えてあげてください。 きっと私のように国語が好きになりますよ。 私は幼いころに親が国語の文章題を教えてくれたおかげで、国語がずーと得意だったことにとどまらず、大人になってからもプレゼンテーションが得意で、今のキャリアを築くのに大変役にたっています。 大人からみると小学校低学年の国語の問題は本当にカンタンですから、試してみてくださいね!•

次の

公文の解答(ID:179330)2ページ

公文 答え

公文の算数「数をこなして理解していていくもの」なの? さくらのお友達は「繰り下がり」や「繰り上がり」をまだきちんと理解していないようでした。 そして学校でやっているところと同じ内容からスタートなので、お友達の場合先取り学習にはなりません。 公文の強みは先取り学習だと私は勝手に思っています。 でもお友達の場合、この初歩の初歩のドリルはあまりやらなかったようです。 そして小学校の授業内容に合わせるかのようにどんどん進み・・・繰り上がりの足し算、そして繰り下がりの引き算、今はなんとひっ算をやっています。 まずさくらんぼ計算というのは繰り上がりのある足し算を 10のまとまりを作って「10といくつ」で答えを求めていく計算方法です。 具体的にはこんな感じ。 足される数(左の8)が10になるように、足す数(右の3)をさくらんぼのように分解して計算していくんですね。 このように 分解した数をさくらんぼのように書くことから名付けられたとも言われています。 html より でも公文の先生は、時間がかかる!という理由からさくらんぼ算を禁止! どんどん計算をさせて「暗記」させたいようです~! さくらやお友達だって、ず~~~~とこのめんどくさいさくらんぼ算を使っていくわけじゃないと思います。 なんか・・・・余計わけわからなくなるや~~ん!! そしてそんなこんなで混乱しているうちに、小学校の算数の内容はひっ算へ。 それを「書いちゃダメ」って、絶対混乱しますよね?? 先取り学習でまだ公文だけでひっ算をやっているときだったら良いけど、同時進行でやっているときにバラバラのやり方だったら混乱するに決まってる~~🔥 ええ~~そんなぁまさか!!??と耳を疑った私でしたが、先ほどネットでいろいろ調べていたらこんな事が書かれていました。 Q 2年生女子の母です。 今年の1月から公文の算数を始め、現在B教材に入ったところです。 学校の授業では、すでに足し算の筆算を習っていて、 繰り上がりを必ず書くように先生から言われていたのですが、 公文では、繰り上がり・繰り下がりを書かないように指導されます。 私自身、公文は習ったことがなく、この繰り上がりを書かないやり方に戸惑っています。 書いた方がミスが減ると思うので・・・。 公文に通われているお子さんは、皆さん、繰り上がり・繰り下がりを書かないやり方で進まれているのでしょうか?それとも、教室によって、先生の指導が違うのでしょうか? 中学受験も考えておりますが、進学塾では繰り上がりを書かないやり方については 肯定的なのでしょうか? A 公文の先生がおしゃるには、書かないことによって集中力が増して、記憶の能力が開発されるそうです。 確かに、繰り上がりを書いておくと、気を抜いても答えを書くことができます。 うちの娘の場合は気を抜いてしまい時間がかかりましたが、繰り上がりを書かない方が、短時間で計算できました。 少し、遠回りでしたが両方の計算をしたおかげで学校のやり方にも問題なく使い分けています。 A 以前、先生から受けたお話では、「足し算の繰り上がりは必ず1ですから、書かなくても 大丈夫です」ということでした。 「そうか」と納得していました。 書かなくてミスがない分には、書かない方が速いですし、それくらいまで計算能力を高めた 方がよいのでしょうね。 公文では「書いてはいけない」ではなく「書かなくてもできるようにしましょう」という 感じではないかと思うのですが。 ふむふむ。 確かに公文のドリルは、 はまるとすごく力を付けてくれると思いますが、合わないのを無理やりやっても伸びません。 Z会でも、学研でも、自分の子供に合う教材を見つけられることが一番大事だと思ったのでした~🌸 お読みいただきありがとうございました。

次の