カナヲと炭治郎。 【炭カナ】炭治郎とカナヲの接点は何話?竈門炭彦と竈門カナタは子孫?結婚理由はなぜ?出会いや恋愛のきっかけ考察!

栗花落カナヲは炭治郎のことが好きだ!!!【鬼滅の刃】

カナヲと炭治郎

鬼滅の刃の栗花落カナヲとは? 栗花落カナヲとは、鬼滅の刃の主人公である炭治郎と同期の鬼狩りの剣士です。 紫色の瞳にサイドテール、蝶の髪飾りが特徴。 常に微笑んでいますが、栗花落カナヲは 自ら話すことはない感情のつかみにくい性格です。 【本日『鬼滅の刃』コミックス最新刊発売!! 】 『鬼滅の刃』最新第18巻が本日発売!!! 幸いにも、人買いに連れさられているところを助けてくれたのが胡蝶カナエ・しのぶ姉妹。 その後カナヲは鬼を討伐するために鬼殺隊に入隊し、 胡蝶しのぶの継子となりました。 胡蝶しのぶの継子として認知されている栗花落カナヲは、今後のヒロインの一人になりそうな美少女です! >> >> 栗花落カナヲは炭治郎が好き?やり取りが微笑ましい! 考えることはおろか、自発的に話すことがなかった栗花落カナヲ。 そんな彼女の今後を大きく変えるきっかけとなる出逢いがありました。 その出逢いとは、 栗花落カナヲの心をこじ開けることに成功した炭治郎です。 お礼を言いにきた炭治郎に対し、話すか話さないかをコインで決めていたシーンは印象的でした。 竈門炭治郎 栗花落カナヲ 鬼滅の刃#竈門炭治郎#栗花落カナヲ — 鬼滅の刃 名言、名シーン T55601462 ちょっとだけ心を開いてくれた栗花落カナヲに、グイグイ迫っていた炭治郎は男らしいです。 心を閉ざしていた彼女に「人の心は原動力だから!心はどこまでも強くなれる!」と言ったセリフ。 こういうセリフが自然と出てきてしまうなんて、女の子なら惚れてしまいますよね。 炭治郎の言葉をきっかけに、 栗花落カナヲは少しずつ自分の考えを口にするようになりました。 小さな変化ですが、彼女にとっては大きな一歩になったのでしょう。 カナヲは炭治郎のことが好き? ただ微笑んでいるだけで、何も喋らなかったカナヲが自分の気持ちを言葉で表すようになったのは大きな変化です。 さらに2ヶ月間も昏睡状態だった炭治郎が目覚めた時は「目が覚めて良かった」と言っていましたね。 【人物情報ページを更新!! これから訓練や戦いを通じて、切磋琢磨していくうちに炭治郎はカナヲにとって大切な存在になるかもしれません。 >> 鬼滅の刃:栗花落カナヲが目に血を集める終ノ型で失明?。 その呼吸で最大の大技とも言えるのが、「終ノ型 彼岸朱眼」という技です。 「終ノ型 彼岸朱眼」という技は、血を眼に集めて、限界を超えて視覚を得ることが可能になります。 そのため、相手の攻撃の回避能力が格段に上がります。 しかし回避能力が格段に上がるリスクとして、 過度の負担が目にかかって失明してしまいます。 視力を極限まで高めるのは凄いですが、失明するリスクがあるなんて危険な技ですよね。 栗花落カナヲは上弦の弐・童麿との戦いで失明寸前になった? 姉同然の命を奪った敵に対して、カナヲも全てを出し切る覚悟で挑んでいましたね。 吉ちゃんは鬼滅の刃の童麿好きそう 個人的な感想です — けちゃっぷちゃっぷ🖌 Chakachapi3 そして童麿との戦いで、「終ノ型 彼岸朱眼」を使用。 この時は使用時間が短かったので右目だけの失明で済み、 左目の視力は無事でした。 やはりこの型は、並外れた視覚を持つカナヲにしか扱えないですね。

次の

【鬼滅の刃】202話ネタバレ!カナヲが両目失明で死亡!?

カナヲと炭治郎

下記クリックで好きな項目に移動• 『鬼滅の刃』原作での炭治郎・カナヲの関係 はじめて会話をするシーン 引用元:『鬼滅の刃』単行本より 那田蜘蛛山で戦った後、炭治郎たちはリハビリのために「蝶屋敷」で訓練をします。 ここで炭治郎は、はじめてカナヲと会話をしました。 きっかけは炭治郎の応援 カナヲは優秀な隊士ですが、 自分で意思決定することができず感情も表に出さない性格です。 というのも、幼い頃に虐待された経験から考えることを放棄してしまったのです。 そのため、指示されていないことはコイントスで決定。 炭治郎に話しかけられた時も、会話をするかどうかコイントスで決めていました。 その様子を見た 炭治郎は、カナヲが心のままに生きられるように励まします。 「頑張れ!人は心が原動力だから心はどこまでも強くなれる!」と真っすぐな言葉で応援してくれたのです。 その後で自分の行動に「!?」となるあたり、もうカナヲちゃんは本当に可愛い。 自分意思でアオイ・なほを助ける 音柱・宇髄天元は、吉原を調査するために女性隊士を連れて行こうとします。 その時、宇髄天元に無理やり連れ去られそうになったのは、 アオイとなほ(カナヲと同じく胡蝶しのぶの継子)でした。 アオイは助けを求めますが、カナヲは動くことができません。 そもそも宇髄天元は上官であり柱の1人。 鬼殺隊の一員として、助けることはできないのですが… この時、カナヲは 炭治郎の「心のままに」という言葉を思い出します。 引用元:『鬼滅の刃』単行本より そして カナヲは目をぎゅっと閉じたまま、アオイの手となほの服を掴んだのです。

次の

鬼滅の刃の炭治郎とカナヲは今後くっついてしまうのでしょうか?

カナヲと炭治郎

鬼滅の刃26話 感想…『鬼滅の刃』の感想と言うよりカナヲの感想を書く。 自分で何も決められないから、コイントスで自分をどう動かすか決める少女、栗花落カナヲ……何事にも興味を示さない彼女が何故、炭治郎を好きになった…? アニメと原作、両方から考えてみる。 栗花落カナヲ 幼少期は貧しい家に生まれ、両親から虐待を受けて育った(兄弟が何人かいたが、殆どが虐待による暴力で命を落とした模様)。 やがてその中で苦しみから逃れるために心を閉ざし(曰く『ある日ぷつんと音がして 何も辛くなくなった』)、 親に売られ人買いに縄で連れ歩かされているところを胡蝶カナエ・しのぶ姉妹に保護されたが、その頃には自分の頭で考えて行動できなくなっていた。 当人曰く「全てがどうでもいいから何も決められない」ため言われないと何もできず、食事をするかどうかさえ自分で決められなかった。 そのため指示されていないことはカナエに貰った「表」「裏」と書かれた銅貨を投げて決めている。 引用:• しのぶとカナエと出会ったカナヲの回想… 原作の番外編(7巻)、アニメ25話で胡蝶カナエが発した台詞。 「いつか好きな男の子でもできたらカナヲだって変わるわよ」 そこで映し出されるのは竈門炭治郎…。 この場面が無ければ、「カナヲは炭治郎に恋に落ちた!!」なんて思わなかった。 それ位に後押しされるシーンでした。 マンガ(7巻のコイントス) もしかしたら前述したカナエの台詞が無ければ、そうは思わなかったかもしれない。 「全部どうでもいいから」。 というカナヲの心のバリアを少し溶かした様に見えた…でも、とてもじゃないけどカナヲが炭治郎のことが好きになった様には思えない。 炭治郎のことが、これから好きになるかもしれない。 と、思わせる程度の淡白さだった。 けれどその後の背後から話しかけられてズッこけたシーンから、炭治郎とのやり取りはカナヲが大きく動揺していたのが伝わってくる。 アニメ26話のコイントス まず最初にそのシーンを見入った最大の理由…ただカナヲが好きなだけではない。 炭治郎役の花江夏樹さんの無邪気に落としにくる演技(あれは男でも惚れる)と、カナヲ役の上田麗奈さんの動揺して声をうわずらせる演技…… 原作で魅せたカナヲが炭治郎に心を開く。 だけでは留まらない…!! その声優さんの演技力に加えて、コイントスの音色が心地よく反響させる静寂さや、色合い綺麗な作画、動揺して振るえるカナヲの眼…そして何より演出。 最後の炭治郎がカナヲへ向けた、優しさ溢れるキラースマイル… カメラがヒキから、一気にカナヲへ吸い寄せられる様にアップになる演出…ドアップになったカナヲの藤色の眼が煌く。 カナヲと炭治郎 このシーン好きだなぁ〜 — RonieのMAD部屋 Ronie0077 この一連の流れを見て、カナヲは炭治郎のことが好き!!としか思えない。 いや、実際にはまだマンガもアニメも、カナヲの心を溶かし始めた段階なのかもしれないけれど、私自身が「好きだ!!!」と思いこみたい。 そんで早く炭治郎とカナヲは両思いになって欲しい。 さいごに 今更ながらに鬼滅の刃のアニメを視聴した。 それから予告を観てマンガを読んだ。 こりゃあ人気出るワケですね(確信) 敵も味方も回想を交えて感情移入させて共感させる…残酷な奴でも、憎みきれない爽やかさと儚い悲しさが残る読み応え、アニメは演出と、声優さんたちの演技力で一度も目が離せません。 とりあえず無限列車の映画を早くやって欲しいのと、カナヲのフィギュアを発売して欲しい。 3万まで出すので是非、よろしくお願いします…… では読んで頂き、ありがとうございました。 Baskerville.

次の