トランペットの練習方法。 「トランペット演奏法」・時間をかけずに上達する方法

トランペットの練習方法!私が初心者のころやっていたこと

トランペットの練習方法

高音を出すイメージと練習 腹筋を使い高速で息を出す まずは 息のスピードです。 勢いよく息は出してください。 口から大量の息を高速で放出するのです。 そのためには腹筋を使って横隔膜を押し上げ、肺から息を早いスピードで出すようにしましょう。 具体的なやり方は練習してやってみましょう。 1秒間隔で「ほっほっほっほっ」と口を大きく開けて裏声を出してください。 軽く腹筋に手を当て、「ほっほっ」と裏声を出すたびに腹筋が「グッグッ」とかたく引き締まる感覚を確かめてください。 お腹はへこませるイメージではありません。 お腹がへこむのは腹筋を使った事にはなっていません。 音は頭上から真上に飛んでいくイメージ 後頭部から上にポーンと息を飛ばすイメージです。 イメージは裏声を出す時にそのタイミングで ちょっと背伸びする感覚です。 ただイメージするだけではなかなか難しいので、裏声を出すタイミングで一瞬背伸びをして裏声を頭上に飛ばしてみてください。 あくまでイメージですので顔は前に向けたままでやてください。 また別のところに力が入ってしまうのでジャンプとかははしないでください。 アンブシュアの真ん中だけ震わせる 次に、唇は少し力をこめましょう。 ほんの少しです、口から出てくる空気の圧力で口の形が変わらない程度に、口の形を固定してください。 アンブシュアの真ん中だけを震わせるようにしましょう。 振動する場所が広いと振動が遅くなり低い音になります。 逆に狭いと振動が早くなり高い音が出るようになります。 吹奏楽部の方は打楽器を見れば良い例になります。 木琴や鉄琴は高い音になるにつれて音板が短くなります。 これと原理は同じです。 口の中を狭める 最後に、 口の中を狭めましょう。 アンブシュアは変えませんが、口の中の広さは変えることが出来ます。 低い音の時は舌の付け根をグッと下げて口の中を広げます。 逆に高い音の時は 舌の付け根をグッと上にあげて狭くします。 口の中だけです。 口の形は変えないように注意してください。 やってはいけないこと 口を締めることはダメ まず、口を締めてはいけません。 口の形を変えては演奏自体に支障が出ます。 例えば 口を「イー」っと伸ばす、ということはやめましょう。 音楽にはいろんなメロディがあり、いろんな楽譜があります。 高音低音が続く楽譜でいちいちアンブシュアを変えることは間に合いません。 口を押し付けてはダメ そして、 口をマウスピースに押し付けてはいけません。 ついついやってしまうのが口をマウスピースに押し付けることです。 押し付けることで息が出る領域が息の勢いによって広がってしまうことがなくなります。 そして息に勢いが出て高音が出せるようになります。 ですがこれは唇に負担がかかり疲れてしまい、しばらく唇の感覚がなくなります。 また、下手をすれば口を怪我します。 これはリスクしかありません。 そもそも、 チープな音になります。 これらのやってはいけないやり方でも高い音は出るには出ます。 しかし音が細く、音色は悪いものになります。 しょぼい音になります。 基礎体力・基礎的な技術の取得が前提条件 もしこのやり方でも出せない場合は、そもそもちゃんと音が出せていないのかもしれません。 その場合はまず低い音を出すことから練習を開始してください。 低い音をしっかりと出せるようになった後に、このやり方を改めて試してみてください。 いきなり高音を出したいという気持ちはとてもわかります。 トランペットを買った理由が高い音出してかっこよく演奏したいからという人も多いでしょうから。 というか私がそうですから。 上記の練習やイメージトレーニングをやってみてもうまくいかない場合や練習自体がうまくできない場合は、基礎的な練習が出来ていないか体力が少ないのかもしれません。 物事には順番があります。 ゲームでいきなりラスボスに挑むようなことはしませんよね?まずはレベルが低いキャラから倒していき、徐々に強い敵に挑んでいく順番ですね。 それと同じです。 いきなり高い音を出す練習をするのではなく、 基礎練習や体力づくりに全力を尽くしてください。 基礎さえ出来てしまえば、もう安心です。 自信もつきますしその後の練習もやりやすくなり、上達しやすくなりますから。 まとめ トランペットで高音を出す方法と間違えやすい方法は下記です。 高音を出すイメージと練習をする ・腹筋を使い高速で息を出す ・音は頭上から真上に飛んでいくイメージ ・アンブシュアの真ん中だけ震わせる ・口の中を狭める やってはいけないこと ・口を締めることはダメ ・口を押し付けてはダメ ただし、基礎体力・基礎的な技術の取得が前提条件! 以上が、高音域の出し方でした。

次の

第50回 小さい音でのハイトーンの練習

トランペットの練習方法

私がトランペットに触れるきっかけになったのは、中学校の吹奏楽部でした。 小学校の頃に近くの中学校の吹奏楽部の定期演奏会を見に行き、そのパワフルなサウンドに魅了されました。 でも、この時は、サウンドに魅了されただけで、まさか自分が吹奏楽部に入るとは思ってもみませんでした。 私が中学校に入学し、部活見学して、科学部か吹奏楽部がいいと、家族に伝えたところ、家族会議で 「科学部は地味。 吹奏楽部の方が派手でよい。 」という結論で吹奏楽部に決定。 吹奏楽部に仮入部。 もう入部すると決めていたので、2週間の仮入部期間ずっと、吹奏楽部に行ってました。 入部したはいいですが、担当する楽器がなかなか決まりません。 サックス、トロンボーン、トランペットとたらいまわしされ、結局トランペットに落ち着きました。 別に口がトランペット向きとかそういうのじゃなくて、単に人がいなかったから。 今考えてみると、先輩方の口車に上手いことのせられていたような気もするんですが、 「女子の楽器はやだな~」と軽い気持ちでトランペットをOKしました。 それから仮入部期間が終わり、本入部へ。 仮入部期間が終わった途端に態度が厳しくなった先輩に「あ~あ」と思いながらも、トランペットの練習が始まったのです。 この記事では、 目次• 理由は簡単、 この音しか出せなかったからです。 音はもちろん汚くて。 タンギングをしようものなら、確実に音は出ませんでした。 1か月くらいはこの状態が続きましたね。 まともに曲をできるようになるまでに、 1日2時間練習で、3か月はかかったでしょうか。 その間やった事というと、• アーバン金管教本1巻の最初の簡単な練習曲• 腹筋100回• 1、5㎞のジョギング は鮮明に覚えています。 それを上がったり下がったりパラパラとやってましたね。 アーバン金管教本1巻の最初の簡単な練習曲 中学校にあったアーバン金管教本の最初の方を練習してました。 価格:3,024円(税込、送料別) 腹筋100回 腹筋100回3か月、毎日やってました。 先輩に「やれ!!」と言われて。 ただ、 当時は有効な練習法とされてましたが、現在では腹筋だけ鍛えても意味がないというのが多くの意見です。 1、5㎞のジョギング 毎年、吹奏楽部恒例の体力づくり月間が1か月あって、その時にやったものです。 これもエリック宮城さんによると、 「そんなのやってる暇あったら、トランペットの練習していた方がいい。 」 そうで、今ではすたれ気味ですが、当時は情報もなかったので闇雲にやっていました。 そして1年で、何とかほかのパートの同期にも追いつき、「下手くそ!」と言われなくなりました。 ただ、この時もまだ楽譜は読めませんでしたが、絶対音感を持っていたので、先輩の演奏を耳コピしてしのいでました。 大変なのは最初の1年だけでしたね。 中学2年目から高校3年間は、順風満帆に進んでいきました。 高校でやった事といえば、ハイノートの範囲を伸ばすことくらいでした。 周囲からも「上手い、上手い」とおだてられ、より技術の向上を目指すべく、音楽の専門学校へ進学したのです。 ところが、その専門学校で、一時、音が出なくなるほどの徹底的なフォーム改造を受けることになります。 この記事を見ていただいているあなたにはそうなってほしくないので、どのような状態になっていると改造されるか、書いていきたいと思います。 音色が変わった• 2オクターブの跳躍ができるようになった• 音を外すことが格段に減った• 高音をきれいな音で鳴らせるようになった です。 音色が変わった 中学の仮入部の時、サックスも試奏したせいで、下唇を極端に丸めたアンブシュアで中高と吹き続けていました。 専門学校で「タンギングが不鮮明」「音に張りがない」という指摘を受けて直したものです。 直した後は中高時代ずっと思い続けていた「レコードの音色と自分の音が違う」という悩みが解決されました。 音を外すことが格段に減った 中高時代は特にハイノートで音を外すことが多かったですが、呼吸法を直したことで、ハイノートに余裕ができ、音を外すことが格段に減りました。 HiCは、どんなに唇がつかれていても、出せて当たり前の音になっていました。 高音をきれいな音で鳴らせるようになった これも呼吸法を直したことで、高音を余裕をもって出せるようになり、きれいな高音を手にすることができました。 こちらもHiCまでは余裕をもってだせましたね。 それでは、1か月かけたフォームの改造で、なぜここまで変化が起こったか。 どんな練習をしたのかを次の章で、お伝えします。 私が専門学校で教わり、改造した内容 アンブシュアの矯正 下唇の極端な丸め込みをなくし、普段、口を閉じている状態に矯正。 それと共に、上の歯と下の歯がかみ合うように、下あごを気持ち出す様にしました。 そして、下あごを前後に動かす練習をしましたね。 但し、顎を出すとき、唇がビロ~ンとなってはいけません。 たとえるなら、志村けんさんの「アイ~ン」の唇を横に引っ張らないフォーム。 あれが当てはまります。 ハイノートに行くにしたがって顎が前に出てくるようにしたのです。 これで不鮮明なタンギングが直り、音に張りが出て、2オクターブのアップダウンに耐えられるアンブシュアになりました。 フォームの矯正をして 呼吸法が変わった 中高でも、息を限界まで吸ったり、出したりのトレーニングはしていましたが、力を入れるポイントを矯正することで、もう1ステップ、限界が伸びました。 一番大きかったのは肩。 それまでは息を吸うと肩が上がっていたのですが、これを肩の力を抜いて、息を吸うと肩が後ろへ下がるようにしました。 これで 「すうううう~(肩の力が抜けて)すっ!」ともう一段入る手ごたえを感じました。 この呼吸法に直してから、音を外す回数が劇的に減りました。 音の出し方を変えた これも呼吸法に入るかもしれませんが、音を出すための、体の筋肉の使い方を変えました。 ウォームアップのメニューにストレッチを加え(ラジオ体操第一で十分です)筋肉をほぐし、体全体で音を出すイメージを作りました。 音を出すときの力点は、おへそのあたりに設定し、他の部分は、力を抜き、バネにするようなイメージ。 これで、音が太くなり、ハイノートも楽に出せるようになりました。 これらの練習方法は初心者さんにアリかナシか? 専門学校に行ったことで、正しい知識も手に入り、初心者さんにもシェアできる事ができてきました。 具体的に以下の4項目について、説明しようと思います。 マウスピースを使う練習 初心者さんに向けてというのなら 「ナシ」です。 マウスピース単体で鳴らすと、「アヒルの鳴き声」みたいな音が出ますよね。 では、実験なんですが、トランペットを吹きながら、マウスピースをトランペットから外してみます。 すると、マウスピースからは息の音しかしないんです。 つまり、マウスピース単体で鳴らすのと、マウスピースをトランペットに着けて吹くのでは、違う吹き方をしているということ。 ウォームアップや唇の筋肉をほぐすのに、短時間軽く吹くのならいいですが、 練習といって長時間吹くのはおススメしません。 高音の練習方法 これも初心者さんに向けてというのなら 「ナシ」です。 練習場所 消音ミュートは使っていいか等々 練習場所に関しては、吹奏楽部に入っていれば困ることはまずないでしょうが、さらに個人練習をしたいという方のために言うと、 まず、初心者さんには、ヤマハ・サイレントブラスなどの消音ミュートは、理想を言えば 「ナシ」です。 オープンで吹いたときとの吹奏感があまりにも違いすぎますので。 でも、環境によっては、使わざるを得ないという人もいるでしょう。 個人練習はしたいけれど、近所にスタジオやカラオケボックスがない。 借りるおこずかいがない等。 消音ミュートを使って毎日個人練習するのと、使っちゃダメと言われたからと言って、スタジオやカラオケボックスなどで、不規則な周期で練習するのでは、やはり毎日音を出したほうがいいですから。 だから、あくまで、初心者さんには、 理想を言えば「ナシ」です。 音を出す環境がなければ「アリ」です。 あと、公園とか、河原なんてのもありますが、初心者さんにはハードル高いですね。 何よりも慣れるまでが恥ずかしい。 私も経験がありますが、都市部では、気にも止められないんですが、田舎でやってると、来るんですよね…野次馬が。 なので、度胸のある方向けです。 ただし屋外での練習は、やると、 音の伸びが良くなるというメリットがあります。 練習曲やフレーズ 初心者さん向けの、練習曲やフレーズというのはたくさんありますが。 初心者さんが100人いれば、100通りの練習曲やフレーズが必要になります。 実際にどの辺が問題か、この目で見ないと分からないので「この練習曲がおススメ」といいきれるものが、残念ながらありません。 最後に 私が2度のトランペット初心者時代、何をやってきたのか、書かせていただきました。 ぶっちゃけて言うと、私はトランペットが下手でした。 音自体が出るまでに1か月はかかったでしょうか。 それも当然汚い音です。 それまでは息が出るばかり、マウスピース単体でも、トランペットを構えても。 「吹奏楽部始まって以来の下手くそ」 とも言われました。 当然ですね。 ほかのパートの同期たちは、 音が出せるようになっていて、教則本や曲をやり始めていたのですから。 でも、1年もやってたら、気が付いたら、ほかの同期と同じくらいにやれるようにはなってました。 吹奏楽部という環境で、否応なしに練習しなくちゃならなかったので、当然といえば当然なんですが。 私たちの頃はインターネットなんて言うものがなかったので、「情報を検索する」なんてこともできずに、ただ先輩の言うことを聞くだけしか手段がありませんでした。 なので、初心者さんに合った情報というのもなかなか手に入らなくて苦しみましたね。 今はインターネットで検索すれば、いろいろ情報が出てきます。 なので、その中から、自分に合いそうなものを取捨選択していけばいいと思います。

次の

トランペット初心者の吹き方のコツ!うまくなる練習方法はこれだ!

トランペットの練習方法

トランペットで高音をだせる人には、「 共通点」があります。 長年、多くの生徒さんを指導してきた結果・・・ また、多くのプロの演奏家と接してきた結果・・・ 皆さん、何かが同じなのです。 練習方法も、、何かが同じなのです。 もちろん、教室の生徒さんには、それらをふまえて指導させて頂いています。 様々な分析をしていますが、共通していることは多数あります。 高校生の生徒さんも吹けてました。 大人の生徒さんも吹けてます。 しかも、その音だけを無理して出しているのではなく。 101小節目~113小節目まで、 テンポよく演奏しています。 高音を吹けるために必要なことは・・・ 良い練習方法を続けることです。 がむしゃらに吹いていても、バテてしまいますね。 唇が痛くなって、他の音がカスカスになってツラいですね。 その音だけが出ても、前後がつながらないと、悲しいですね。 マウスピース?どんな音でも出せるマウスピースがあるなら、 誰も苦労しませんよね。 あれば、皆が買うはずです、プロの方を中心に。 しかし、 ある基本的な部分が、トレーニングされていれば、 まず吹けるようになるでしょう。 なんとなく思いつきの練習を3カ月やるか、 効果的な練習を3カ月やるか、 どちらのほうが良い結果が出るでしょう。 もちろん、後者です。

次の