かくれ ねこ 選手権。 「#かくれねこ選手権」に投稿で22円を動物愛護に寄付! グリコが神戸ローストショコラ×神戸市ネコ局コラボ「かくれねこニャンペーン」を開催~トレイになるねこカード封入も

1投稿につき22円が寄付される「かくれねこニャンペーン」 神戸ローストショコラと神戸市ネコ局コラボで実施(2020年2月17日)|BIGLOBEニュース

かくれ ねこ 選手権

2月22日の「猫の日」にちなんで、江崎グリコの人気チョコレート菓子「神戸ローストショコラ」と「神戸市ネコ局」がコラボレーションしているそうです! キャンペーンならぬ「かくれねこニャンペーン」と称して、パッケージのいたるところにネコが隠れた限定商品を販売するほか、ハッシュタグ「 かくれねこ選手権」を付けて、隠れている猫の写真やイラストをSNSに投稿すると、1投稿につき22円が神戸市での地域猫・保護猫活動などに寄付されるといいます。 神戸市では2017年4月に、野良猫の繁殖抑制に特化した条例としては全国初となる「人と猫との共生に関する条例」を制定。 猫の殺処分を減らし、人と猫がともに生きる社会を実現するため、「ネコ局」をたちあげてFacebookで情報発信するほか、公費による不妊・去勢手術や、引き取った猫の譲渡事業などさまざまな取り組みをすすめてきました。 「神戸ローストショコラ」は、洋菓子の街・神戸にあるグリコの工場で自家焙煎したカカオで作った、大人のためのひとくちチョコレートといいます。 江崎グリコは2013年に神戸市と「神戸情報の発信」などについて包括連携協定を締結しており、神戸ローストショコラは「KOBEスペシャルPRパートナー」の第1号に認定されているそう。 担当者によると「神戸市の推進している『人と猫と共生できる街づくり』について共感したことで、コラボが実現しました」とのこと。 商品を通じてさらなる猫と共生する社会の実現に貢献したいといいます。 限定商品にあしらわれた隠れる猫のデザインは、食べ物や楽器などのモチーフの中にひっそりと動物を隠すイラストで注目を集める、イラストレーターのshimizuさん(Twitterアカウント: shiroiinu432)。 を起用。 キャンペーンサイトもshimizuさんの可愛いイラストづくしになっています。 2月18日から始まった写真投稿キャンペーンでは、猫が隠れている写真やイラスト、神戸ローストショコラ限定商品のパッケージ写真などに、ハッシュタグ「 かくれねこ選手権」を付けてSNS(TwitterもしくはInstagram)に投稿すると、1投稿当たり22円が江崎グリコから神戸市の展開する「動物愛護支援事業」に寄付されます。 また、投稿写真の一部はキャンペーンサイトでも紹介されるそう。 投稿期間は4月30日まで。 なお、寄付の上限金額は22万円とのことです。 外部サイト.

次の

「#かくれねこ選手権」で寄付

かくれ ねこ 選手権

2月22日の「猫の日」にちなんで、江崎グリコの人気チョコレート菓子「神戸ローストショコラ」と「神戸市ネコ局」がコラボレーションしているそうです! キャンペーンならぬ「かくれねこニャンペーン」と称して、パッケージのいたるところにネコが隠れた限定商品を販売するほか、ハッシュタグ「 かくれねこ選手権」を付けて、隠れている猫の写真やイラストをSNSに投稿すると、1投稿につき22円が神戸市での地域猫・保護猫活動などに寄付されるといいます。 神戸市では2017年4月に、野良猫の繁殖抑制に特化した条例としては全国初となる「人と猫との共生に関する条例」を制定。 猫の殺処分を減らし、人と猫がともに生きる社会を実現するため、「ネコ局」をたちあげてFacebookで情報発信するほか、公費による不妊・去勢手術や、引き取った猫の譲渡事業などさまざまな取り組みをすすめてきました。 「神戸ローストショコラ」は、洋菓子の街・神戸にあるグリコの工場で自家焙煎したカカオで作った、大人のためのひとくちチョコレートといいます。 江崎グリコは2013年に神戸市と「神戸情報の発信」などについて包括連携協定を締結しており、神戸ローストショコラは「KOBEスペシャルPRパートナー」の第1号に認定されているそう。 担当者によると「神戸市の推進している『人と猫と共生できる街づくり』について共感したことで、コラボが実現しました」とのこと。 商品を通じてさらなる猫と共生する社会の実現に貢献したいといいます。 限定商品にあしらわれた隠れる猫のデザインは、食べ物や楽器などのモチーフの中にひっそりと動物を隠すイラストで注目を集める、イラストレーターのshimizuさん(Twitterアカウント: shiroiinu432)。 を起用。 キャンペーンサイトもshimizuさんの可愛いイラストづくしになっています。 2月18日から始まった写真投稿キャンペーンでは、猫が隠れている写真やイラスト、神戸ローストショコラ限定商品のパッケージ写真などに、ハッシュタグ「 かくれねこ選手権」を付けてSNS(TwitterもしくはInstagram)に投稿すると、1投稿当たり22円が江崎グリコから神戸市の展開する「動物愛護支援事業」に寄付されます。 また、投稿写真の一部はキャンペーンサイトでも紹介されるそう。 投稿期間は4月30日まで。 なお、寄付の上限金額は22万円とのことです。 外部サイト.

次の

1投稿につき22円が寄付される「かくれねこニャンペーン」 神戸ローストショコラと神戸市ネコ局コラボで実施(2020年2月17日)|BIGLOBEニュース

かくれ ねこ 選手権

2月22日は、猫の鳴き声の「にゃん」「にゃん」「にゃん」と日本語の「2」「2」「2」の語呂合わせにちなんで「猫の日」です。 」、「癒やされる…」と話題になっています。 はい、かわいいです…。 チラッと?? — しんばぷー shinbaba10 まるで絵画のような隠れかた。 2015年のナッツ君の尻— おれんじ いいねが消える不具合あり kuroneko111577 何故そうなった!? 帽子だよー。 ここには猫なんていないよー。 急にを始めたのには、理由があるんです。 江崎グリコでも、チョコレート「神戸ローストショコラ」と「神戸市ネコ局」とのコラボレーションで「かくれねこニャンペーン」を実施しており、ハッシュタグ「#かくれねこ選手権」を付けて、写真をSNS Twitter および Instagram に投稿すると、1投稿当たり22円が神戸市「動物愛護支援事業」に寄付される仕組みです。 【投稿期間】実施中~4月30日 木 【投稿条件】1. の両方が必須 1. 「#かくれねこ選手権」のハッシュタグが付いていること 2. 神戸ローストショコラの公式Twitterアカウント でも、#かくれねこ選手権 のハッシュタグとともに、かくれねこの写真やイラスト、クイズなどが日々投稿されています。 同社では「SNSを通して動物愛護の機運を高め、神戸市『ネコ局』の取り組みを支援することを目指す」としています。 平成29年4月1日、神戸市は「人と猫との共生に関する条例」を制定。 この条例は、市民の快適な生活環境を守り、人と猫とが共に生きる社会の実現を目的としており、そのために神戸市は野良猫をこれ以上増やさない取り組みや、引き取った猫の譲渡事業を行なっています。 条例に関する活動状況や保護猫の情報、ふるさと納税などについて紹介するために、神戸市が開設している公式フェイスブックが「」です。 「かくれねこ」期間限定パッケージ 「神戸ローストショコラ」は、洋菓子の街・神戸にあるグリコの工場 神戸ファクトリー で自家焙煎したカカオで作った、大人のためのひとくちチョコレート。 江崎グリコは2013年7月に神戸市と「神戸情報の発信」などについて包括連携協定を締結しており、神戸ローストショコラは「KOBE スペシャルPRパートナー」の第1号に認定されています。 神戸で生まれ、神戸で作られているショコラとして、地域に根付いた活動を行なっており、今回のキャンペーンには、神戸市の推進している「人と猫と共生できる街づくり」について商品を通じて発信していくことで、神戸市のさらなる魅力を知ってほしいという思いが詰まっているとのことです。 そんな「神戸ローストショコラ」から、「かくれねこ」がデザインされた「かくれねこニャンペーン」商品が2月18日 火 から数量限定で販売されています。 パッケージのいたるところに猫が隠れている遊び心満載のデザインです。 なお、「かくれねこニャンペーン」商品はなくなり次第終了です。 「かくれねこ」のイラストを担当したのは、イラストレーターのshimizuさん Twitterアカウント:。 食べ物や楽器などのモチーフの中にひっそりと動物を隠す、可愛らしいイラストが特徴で、今、注目を集めている人気イラストレーターです。 フェリーにまざるねこ柄です?? — shimizu shiroiinu432 【神戸ローストショコラ】 パッケージ内面に、神戸がモチーフのデザインに猫が隠れたイラストがプリントされています。 上半分を折り返すとかわいい猫柄バスケットの出来上がり。 「家族との団らんやパーティーなどにおすすめ」とのことです。 神戸ローストショコラの猫への想いが、こんなところにも…!? 2月22日 土 神戸新聞の朝刊一面にも、なにやら思い切った広告が掲載されていたようです。 今朝1面にこんな広告が掲載されていました そういえば今日は猫の日ですね— 神戸新聞 kobeshinbun 神戸新聞の公式Twitterアカウント が、その広告を紹介。 この投稿に対して、神戸ローストショコラ公式Twitterアカウント が思いの丈を綴っています。 さん 愛するホームタウン神戸の活動を知っていただきたい一心で、気づけば猫を広告しておりました…?? ニャンペーン?? 神戸市にとどまらず、全国の猫を愛するみなさんに届いてほしいです。 — 神戸新聞 kobeshinbun この神戸新聞と神戸ローストショコラの猫愛が溢れるやり取りに、SNSでは「朝からほっこり」、「今日の朝刊、あざとい、あざとかわいすぎる」、「神戸ショコラ買います…」と話題になっています。 土曜の朝刊。

次の