エクス プロッ シャー カスタム ギア。 エクスプロッシャー系のメイン性能アップの効果・検証! 塗り性能の上昇が数字でわかる!

エクスプロッシャーカスタムの立ち回りとおすすめギア! ウデマエを上げる3つのコツ!

エクス プロッ シャー カスタム ギア

そのため、もともとメインで後衛的な動きが得意な武器ですが イカスフィアが溜まっているときは味方と一緒に積極的に前線をあげ、ピンチはイカスフィアで切り抜けるという中衛的な動きも可能な武器です。 インク消費量アップ メイン のギアを積まないとメイン8発程度しか打つことができないため インク消費量アップ メイン を積んでインク消費量が多いデメリットを軽減する必要があります。 エクスプロッシャーカスタムの使い方と立ち回り 中衛の位置で味方のカバーを意識しよう エクスプロッシャーカスタムは、塗りも強いですが味方のカバーにも入りやすい武器です。 そのため、普段は エリアなどのオブジェクトの管理をしながら味方の位置を確認し、味方が対面を始めたらカバーに入り、またオブジェクトの管理に戻ることを繰り返しましょう。 エクスプロッシャーカスタムのおすすめのギアパワー 必須枠1:インク効率アップ メイン メインウェポンで消耗するインク量が少なくなります。 ギアパワー構成例 インク効率アップ メイン 以外はスペシャル関係のギアを積もう エクスプロッシャーカスタムは、インク効率アップ メイン が必須である以外は基本的には自由です。 しかし、イカスフィアをできるだけ多く使いたいためスペシャル増加量アップとスペシャル減少量ダウンなどを積んで前線をあげる力を底上げすることと、イカ移動速度の遅い重い武器なのでイカ移動速度アップを多めに積むことがおすすめです。 0(2019. 0 (2019. エクスプロッシャーカスタムの入手方法 エクスプロッシャーカスタムは 「 ランク-」でブキ屋に並ぶでし! 「 12,400G」で購入できるでし! 「ランクが足りなくて武器が使えない」や「必要なお金が足りない」という方は、以下の記事で紹介していますのでぜひ参考にしてみてください。 スプラトゥーン2 関連リンク トップページ エクスプロッシャーカスタム系武器一覧 エクスプロッシャーカスタム• 掲示板 雑談コミュニティ• 対戦・協力コミュニティ• 速報・最新情報 アプデ・新要素の速報• amiiboの最新情報• フェスの最新情報• ランキング ルール別• 武器種別• オクトエキスパンションの攻略情報• お役立ち情報• お役立ち情報人気記事• 基本操作方法• テクニック集• アイテム・ポイント稼ぎ• 武器ごとの基本操作• 武器ごとの立ち回り方• オンラインプレイ関連• その他お困りの方へ• メンテナンス・エラー関連• ブキ(武器) メインウェポン• サブウェポン• スペシャルウェポン• その他武器情報• ギア おすすめのギア• 部位別の一覧• ブランド情報•

次の

Xが教えるスロッシャー武器研究(編)【スプラトゥーン2】

エクス プロッ シャー カスタム ギア

0以前はのギアなしで11回振れました 特徴 圧倒的な塗りの強さを誇る武器 エクスプロッシャーは1発1発の間隔がすごく長いが、1発の塗りの強さがものすごく強いです。 射程も長いので 敵に攻撃されずに塗り広げることが可能なブキです。 味方の交戦のカバーが強い エクスプロッシャーの強い点は、塗りの強さだけではなく、カバー力もあります。 味方が交戦している敵を一緒に攻撃したり、味方の足場を塗ってあげたりするのがとても強いです。 エクスプロッシャーを使用するときは味方の位置に気を使うことが大切になるでしょう。 1発で最大90ダメージを与えられる エクスプロッシャーのダメージは上の性能に書いてありますが、直撃を当てると55ダメージ、爆風を当てると35ダメージ与えることが出来ます。 基本的に 床にいる敵には直撃を当てると直撃と爆風のダメージがどちらとも入るので90ダメージ与えることが可能です。 なのでエクスプロッシャーを使用するうえで与えたダメージが爆風だけなのか、直撃+爆風ダメージなのかを把握することは大切になります。 近接戦や空中、網の上の戦闘は苦手 エクスプロッシャーは直撃を当てるのが難しいので 基本は爆風を3発当てて倒したたり、味方が交戦してダメージを受けている敵に爆風を当てて倒したりする武器のため 近づいて倒してくる敵は直撃を当てないと3発当てる前にやられてしまうことが多く、 金網にいる敵、ジェットパックなどで空中にいる敵は爆風が当たらないので直撃を当てないとやられてしまうためかなり不利になります。 立ち回り方 射程と塗り力を生かして塗りまくる! 圧倒的な塗り能力を誇る武器なので基本的には射程をいかしつつ遠くから塗っていくことが大事になります。 特にやではやられないように塗るだけで勝ててしまう試合も出来てくるでしょう。 しかし、塗りが強い武器のためチャージャーや敵の前線武器に狙われやすくなります。 塗りながら 敵の位置を出来るだけ把握し、詰められたりしてやられないように気をつけましょう。 味方が戦っていたら積極的にカバーしてあげよう! 基本は塗りつつ、 敵と交戦している味方を見つけたら積極的に一緒に攻撃したり、味方の足場を塗ってあげたりしましょう。 エクスプロッシャーは1人でキルをとるのは難しいですが、爆風ダメージを与えることは難しくないので味方と一緒に敵を倒すということには向いています。 なので射程もいかしつつ、味方の交戦しているところにカバーへ行き、敵を倒していきましょう。 スペシャルがたまっているときは少し前に詰めよう エクスプロッシャーカスタムは近接戦が苦手なので前に詰めると短射程のブキなどに前に詰められてやられてしまいますが、 で生存することが可能なのでスペシャルがたまっているときは前に出てどんどん敵に圧をかける動きはかなり強いです。 立ち回り参考動画 おすすめのギアパワー エクスプロッシャーは通常だとメインを11発撃つとインクがなくなってしまいます。 メインで塗っている時間も長くとっさに味方の交戦にカバーしようとしてもこのギアがないとインクが足りない!ということが少なくありません。 インクがなくてメインを撃てない時間を減らすためにも積んだほうが良いでしょう。 おすすめは メイン1サブ3 19 ちょうどインク満タンから11発撃てるようになります。 エクスプロッシャーは重量級武器に分類されているためイカ移動速度が通常の武器と比べて遅くなっています。 近接戦が得意でないのでのギアがないと敵に近づかれたときに距離を取ることができず、やられてしまうことが多くなってしまいがちです。 おすすめは サブ3 9 ~メイン2 20 後衛武器なのであまりデスをすることは多くはありませんが近接戦が得意でなかったり、が苦手だったりするのでどうしてもデスしてしまう場面は出てきます。 そんな時に 発動してるカムバックは上の2つの効果を同時に得られるためおすすめです。 New!! New!! 初心者ガイド• 最強武器ランキング• New!! Xランキング上位者使用武器• モード別攻略• スペシャルウェポン• 基本情報・旧情報• Wiki編集に困ったら• 外部リンク•

次の

【スプラトゥーン2】ナワバリバトル最強武器(ブキ)ランキング【5/11更新】

エクス プロッ シャー カスタム ギア

運用 無印と同じくグレネードランチャーのように味方の援護として攻撃、塗りを行おう。 交戦時に弾を叩き込むことも変わらないが、があるため味方と情報共有することができるようになった。 完全に用途が丸被りしていた無印のと違い、曲射ブキに欲しかったが搭載されたため恐ろしく相性がいい。 また制圧力と打開に優れた無印のではなく、苦手な自分手前の安全性を保証するを手に入れた。 相も変わらず自分より長射程のブキには打つ手はあまりなく、単体での打開力もやや失われてしまったものの、味方と連携を高める能力は爆上げされたと言えるため打開や防衛では積極的に台頭しよう。 長射程ブキに対しての対抗手段はほとんど無いが、死なない程度にちょっかいをかけてヘイト集めしておくと他の味方が動きやすくなるので苦手な相手といえども無視・逃避はしないようにしよう。 前線の味方を意識し積極的に援護すること、味方が倒れたら可能な限り前線を保つ努力をすること メインはDPSがとても低い。 そのため、劣勢時、他武器メインのように一人で2キルを取って状況を覆すというワンチャンがほぼできない。 SPも制圧力がなく劣勢時を覆す方法に乏しい。 以上のように劣勢を単体で何とかする方法がほぼない。 したがって、可能な限り味方を援護し数的有利を作られないようにする必要がある。 味方が前線をあげているのに後ろに引っ込んでいると、援護できず数的不利になり、結果的に自分も苦しくなるということは認識しておきたい。 無印とは違いスフィアがあるので前に出ることも楽なのであまり臆病になりすぎないようにしたい。 また、 前線の味方がやられた場合、強い地形があるからと早々に後ろに引っ込むと敵はその分前線を上げることができ、味方全体が不利状況で敵と戦うことになる。 味方がやられても早々には引っ込まず可能な限りラインを維持していきたい。 幸い、下がりながらの射撃やがあるので前衛が戻ってくるまでならば生存することはそこまで難しくない。 前線を維持することの意味が大きいホコ、アサリではかなり重要になってくるので特に意識しておきたい。 敵サイドを取ることが有効 武器の特性上、敵サイドを取ることが有効。 他武器と違い射撃は地形をある程度無視でき、長射程により移動の時間も減らすことができ、エクスのヘイト稼ぎ能力が高いことからサイドを取る動きに適性がある。 サイドを取ることにより敵に自身を狙わせ、正面を担当する味方の負担を減らすことができる。 警戒されていない状態ならば横やりも入れやすく武器の特性をしっかり生かせる。 さらに、自身は向かってきた敵を長射程で迎撃し、近づかれた場合もスフィアで逃走、迎撃が可能なため狙えるときは積極的に狙っていきたい。 弾を一か所から何発も撃つ場合は注意が必要 弾がとても目立つ、2~3発撃てば相手に居場所を知られているとみていい。 位置が知られると敵が詰めて来たり、ボムを投げられることが多い。 敵が詰めてくる場合、位置が知られているので決め打ちで死ぬことがほとんどだが、射撃での迎撃可能性もあるにはある。 しかし、射撃時の硬直を狙われてスプラボムを投げられるとスフィアも間に合わず死ぬしかない。 また、敵にこちらの射程範囲をしっかり認識されれば敵は当然逃げるのでキルが取れない。 一か所にとどまる場合は以上のデメリットがあるので覚えておこう。 2~3発ほど撃ったら移動するのがおすすめ。 有利地形をうまく使う(高台、障害物) DPSが低く敵の射程圏内で戦えばほぼ負ける。 地形のメリット、デメリットを把握して少しでも不利を埋めていこう 高台のメリット 見通しがよいため、長射程、障害物を無視できる武器特性をうまくいかせる。 また、足を取りやすいため撃ちおろす形での迎撃もしやすいと射撃面での恩恵がとても大きい。 また、相手に撃たれ始めたら高台の後ろに下りれば逃走も容易なため生存能力も高い。 高台のデメリット 高台は迎撃に有効な地形なため敵も当然警戒している。 そのため、高台で射撃を開始すればヘイトを大きく稼ぐことになる。 常時いると敵がうようよ寄ってくる。 武器のDPS的に二人以上でこられたり、射撃の隙が大きいためボムを投げられたりすれば死ぬので、敵の数や距離をしっかり把握し撤退の判断を素早く行うことが必要になる。 また、高台の真下に攻撃することはあまり得意でないので潜伏されると排除しにくいことは頭に入れておこう。 障害物のメリット 障害物に隠れて射撃時だけ顔を出すことで相手の射撃を防ぐことができる。 これにより相手の射程圏内であってもこちらが勝てる可能性が上がる。 また、ボムを足元に投げられても壁の後ろに隠れることで死を免れることがある。 さらに、なので遮蔽物を無視できるのも有利な点。 この武器にとって障害物を使うメリットはとても大きく、前に出ることも助けてくれるので積極的に使っていこう。 障害物のデメリット 障害物に近づきすぎていると射撃が障害物に吸われてしまうのである程度の慣れが必要。 メインとのクリアリングの性質を理解しておく メインのクリアリング能力はとても高い。 しかし、壁の裏に張り付く敵に対してクリアリングするのは射撃の特性上なかなか大変。 敵が張り付いて潜伏するような壁裏にはでのクリアリングがいいだろう。 強みを押し付ける 長射程、かつ、敵の足場を取りやすいことから接近する敵を下がりながら迎撃することがとても得意。 敵に無謀な接近をさせる環境を地形やオブジェクト、ルールでいかに作るか考えておけば活躍できるだろう。 特に一方からしか敵が来れないところではかなり有利に戦えることは覚えておきたい。 敵が複数の方向からくる場合、をどちらかに投げておくことでそちらを見なくていいので瞬間的だがかなり有利な状況を作れる。 エリアやホコではあまり使わないが複数の防衛地点をつぶす必要があるヤグラではなかなか有効。 塗りについて 武器の塗り性能が高く、遠距離から塗れることから塗は得意。 塗の役割を把握しておこう。 これにより味方は敵の位置を把握することができ待ち伏せ等撃ちあいを有利に進めることができるだろう。 余裕があるとき、敵の侵入経路をつぶしてあげよう。 他塗武器と違い遠距離から塗れるので敵は近づいてきてくれる。 敵の侵入経路を把握し迎撃をしっかり行うことで敵に不利な状況での接近を強いることができる。 なお、エリア確保後もエリアを管理し続けるために後ろにとどまり続けると味方3対敵4での対決時間が多くなり、前線で敵の対応を行う味方の負担が非常に大きい。 大抵味方がやられるだろう。 前述のように自身武器単体には数的不利を覆す力はほぼないことも考えると戦況が不利になる可能性がとても高い。 エリアを確保し敵が周辺にいなくなった場合前を担当する味方の援護に行ってあげたい。 の記事にも詳しく書いてあるが、まずを使う大前提として、• まず、 クリアリングはメインで行うこと• このは自分より 短い射程の相手の自由な行動を停止させる・詰ます性能に優れているであること• 人数有利時の残党狩り時や、裏取りをしようとしている相手を目視できた場合に 自分一人では即座に倒せなくとも味方に知らせることができること• センサーをつけた相手を倒す為にも、 味方との連携が重要になること という点を理解しよう。 それを踏まえた上でのメインの性能を考えると、• 塗りが強く、 遠くからのクリアリング性能に優れている• 射程が長いが、 接近戦に弱い為にセンプクからの急襲が命取りとなる• キルタイムが遅くて即座に相手を倒しづらく、裏取りを見つけたとしても 一人で倒しきれない可能性がある• 敵の足元塗りや追撃で 味方の援護を得意としている このメインとの相性は 極めて良い。 自分が目立った活躍をするのではなく、負けの芽を摘み、味方を輝かせる事に特化したセットだと言えるだろう。 逆に言えば、このメインとの組み合わせでは自力で不利な状況を打破することは極めて難しい。 いかにチームに不利な状況や危険な状況を招かないように出来るかを考え、劣勢時にも味方との連携を意識して運用していこう。 無印では接敵された時の対抗手段が無かったが、カスタムではで自己防衛できるようになった。 メインによる援護・牽制、による裏取阻止・打開阻止を切り抜けてやってきた相手に逃げるしかない状況をおみまいしてやろう。 この自己防衛手段を持っているという保険により、多少詰められても身を守れるため無印よりも積極的に前に出て戦うことができる。 が貯まったら積極的に前に出て前衛との連携を図っていこう。 ただし、このキル速度の遅いメインではと組み合わせて敵を複数人倒す「攻め」目的の運用は難しい(出来ないわけではないが)。 人数不利状況になってから使っても複数人の敵に対処され、発動後の隙に倒されることが多いので常に画面上の敵味方の人数は把握しておこう。 特に、自分が支援していた味方がやられた時に次のターゲットにされやすいため、そのような時は特に「攻め」目的で使うのはキケンだろう。 を発動する状況になる前にを付けておくと、立ち向かってくるのか、どこのポジションへ移るかなど敵の次の行動を追いかけやすくなるので余裕があればマーキングしてから発動したい。 で敵撃破に失敗したり、敵前線に突っ込み過ぎた場合は爆発後すぐになどで撤退することをオススメする。 Ver. この条件に合うのはこのブキだけであり、 の性能が唯一他のブキよりも低いことになる。 カウンターで使用しよしんばキルを取ることは以前より狙い辛くなっているため、 よりメインによる攻めに重きを置く必要がある。 なお、ポイズンの強化により、エクスのにポイズンをあてられると絶望的な遅さになる。 逃げることさえも不可能になるほど遅いため、相手にポイズンもちがいるときは警戒が必要。 必要ポイントがかなり重いのが難点。 抱え落ちしないよう適切なタイミングで使うこと。 8発 9 10 11 12 13 14 15 0 6 12 18 25 31 39 48• , 相性抜群のポイセンを積極的に活用するなら。 性能を積めばポイセンの飛距離と効果時間が増加する。 接近を許すと脆いブキなので積んでおくと逃げやすくなる。 位置変えも素早くできるようになる。 ver4. 0のアップデートにより57表記で6積めば中量級と同速に、10積めば軽量級と同速となった。 少量のでも効果が高いので余裕があれば積むとよい。 非常に目立つのでポジションを変えたくなることがある、接近されると非常に脆い、味方と共に戦うのが得意、イカ速が遅いので戦線復帰が遅い…と地味ながら相性がいい要素が多い。 撤退やポジションチェンジに気軽に使えるように57表記でGP20以上は欲しいが、いろいろ欲しくなるブキなのでこれに割く余裕があまりないのが難点。 少量でもジャンプ前の溜めが体感で少しわかるぐらい短くなるので、積む余裕はなくとも1だけでも積んでおきたい。 痒いところに手が届くを発動しやすくなる。 が発動可能な状態だと、強気で前に出れるのでそれを重視するなら。 度重なるポイントのナーフと燃費悪化によって減少量アップのほうが優先度が高くなったか。 前線ブキではないためデスが少なくイカしどころが少ないように見えるが、自前のキルに比べてアシストキルの機会が多いので、発動条件を満たしやすい。 ハイリスクハイリターンな。 上とは反対に生存して連キルとれる人向けになる。 中・遠距離というポジションなので相性は良いが、相手の行動を予測できる上級者向け。 弾から落ちる飛沫による塗りが大きくなる。 効果自体は塗り性能アップであるが、これにより飛沫塗りの道をイカダッシュする際に引っ掛かりにくくなるため、機動性が上昇すると考えてよいだろう。 カスタムは無印よりも前衛寄りの立ち回りになるため、比較的重要性は高いと言える。 イカ速度アップも併用したい。 ほか、塗り性能アップによって増加量アップとしての効果も見込める。

次の