アイビスペイントx。 アイビスペイント。イラストにおすすめのタッチペンをタイプ別で比較してみました

アイビスペイントの超基本的な使い方。初心者でもこれだけでイラスト描けます

アイビスペイントx

厚塗りとは? 絵を描く技法のひとつで、油絵のように色の透けない不透明度の高い絵の具で筆のタッチを活かしながら描く方法です。 重厚感のあるイラストに仕上げることができます。 厚塗り以外の塗り方も以下の記事で詳しく解説しています! 1. キャンバスの作成・基本的な使い方 キャンバスの作成 アイビスペイントを起動します。 キャンバスサイズの選択シートが表示されます。 線画 キャンバス上に、好きなペン・ブラシで下描きを描くか、または紙に描いたアナログの線画を写真で撮った画像などを取り込みます。 1 大まかに形をとる まずは全体の大きさやバランスが把握できるように、大きく形をとりましょう。 特にスマートフォン スマホ 、タブレットの場合は画面が小さく、細部を描くときに拡大するため全体を見ながら描くことができません。 細部ばかりを見ながら描いていくとどうしても構図やデッサンが狂ってしまうため、はじめにしっかり決めておくことが大切です。 2 線画を描く 厚塗りの場合は、線画を消しながら色を塗るため、他の技法のように線自体をきれいに描いておく必要はありません。 1 で形を取った線を参考に、色を塗り重ねるときに迷わない程度に描き込んでおきます。 で描いた大まかな輪郭を頼りに、そのまま、または2本の指でピンチイン・ピンチアウトで表示を拡大縮小したり、回転させたりして描きやすい角度にしながらもう線を描き足していきます。 画像を読み込むと自動的に「線画抽出」が表示されるので、案内に沿って操作します。 下塗り 1. で描いた線画の上から直接色を塗っていってもよいのですが、今回はあえて「下塗り」をします。 下塗りすることで、後の細かい描き込みをする工程で色が拾いやすくなり、効率的に色塗りを進めることができます。 1 色塗りのベース(下地)をつくる 下描きのレイヤーの下に新規レイヤーを追加します。 追加したレイヤーに、濃いめの色(色は何色でもかまいません)でキャラクター全体を塗ります。 はじめに下地を塗っておくことで、塗り残しを防ぐことができます。 2 配色の準備 レイヤーのクリッピング 下地ができたら、下地レイヤーの上に新規レイヤーを追加します。 下図のように、新規レイヤーを線画と下地レイヤーの間になるよう重ね順を調整し、「クリッピング」ボタンをタップして適用します。 また、色をはみ出さないように塗る方法、クリッピングの方法については以下の記事をご覧ください。 3 配色を決める 頭の中で大体の配色を決め、下部メインツールバーの「カラー」から色を選択して、クリッピングしたレイヤーに大まかに色を塗っていきます。 肌、髪、目、制服などにベースの色を塗り、配色ができました。 4 影を塗る:簡単な影色の付け方 再び下部ツールバーの「レイヤー」に戻ります。 配色レイヤーの上に新規レイヤーを追加してクリッピングをオンにし、影を塗っていきます。 上の画像を見て「肌の影を青色で塗るの?」と驚いた方がもいるかもしれませんが、レイヤーのブレンドモード 合成モード を変更することで、肌だけでなく服や髪も同じ青色でなじませることができます。 影をつけるときは暗い色を選択して塗っておいて、後から調整すると簡単に影がつけられますよ! 影のレイヤーの不透明度を40%に変更し、ブレンドモードを「焼き込みカラー」に変更して調整します。 「焼き込み」カラーに変更すると、肌の影がピンク色になり血色がよく見えます。 塗る色やブレンドモードは人や作風によって異なります。 いろいろ試して、自分にあった設定を見つけましょう。 ブレンドモード 合成モード について詳しくは、以下の記事をご覧ください。 先ほどと同じレイヤー、同じ色で、大体のところに影を入れていきます。 これで下塗りができました。 レイヤーの統合 だいたいの影がつけられたら、下部ツールバーの「レイヤー」を開きます。 下地にクリッピングしたレイヤーを、「レイヤーの結合」で一枚ずつ下のレイヤーと結合していきます。 最後に、線画レイヤーと下地も結合して、すべてのレイヤーを結合します。 描き込み 結合したレイヤーに直接描き込んでいきます。 描き込みで使用する色は、「クイックスポイト」機能で塗りたい場所の近くの暗い色や明るい色を取ります。 すでに描画されているところから色を取ると厚塗りで塗り重ねていくときになじませやすいです。 ブラシの種類は「ペン フェード) を使用しています。 POINT 「クイックスポイト」の使い方 ブラシツールを選択した状態で色を取りたいところをタップし、長押しするとタップした部分の色を拾えます。 あとはひたすら、下描きの線にかぶせるように描き込んでいきます。 色は、下部ツールバーの「カラー」で調整するか、または目や服の色から取る方法もあります。 顔など、細かい部分を描くときには、表示サイズを拡大して、描きやすい角度に細かく回転させながら描いていきます。 厚塗りの場合は、基本的に線画を前面に出さず陰影や色の変化で形を見せていきますが、メリハリを出したい部分や強調したいところは、部分的に上から線を描き足してもいいでしょう。 顔 身体 目 自分で納得がいくところまで描き込めたら…完成です! スマートフォン スマホ やタブレットでお絵かきをしていて、塗り方や印刷用で描く場合のイラストサイズなど、イラストやマンガの描き方でわからないことがあれば「CLIP STUDIO ASK」に聞いてみましょう。 パソコンでイラストを描いている熟練者さんから良いアドバイスがもらえるかもしれません。 アイビスペイントは、定番お絵かきソフトCLIP STUDIO PAINT クリップスタジオ と連携しているため、スマートフォン スマホ やタブレットで描いたイラストをレイヤー構成やブレンドモードを維持したまま続けてパソコンで作業ができます。

次の

アイビスペイント pc ダウンロード

アイビスペイントx

「透過PNGってどうやるの?」 というわけで、アイビスペイントで透過PNG保存する方法を ブログに 描いて書いておきますね。 透過PNGとは 「PNG」はデータの保存形式やで。 「透過」は背景が透明になってる状態やで。 押した? 押したね? よっしゃ。 画面の通り、この白チェックを選択するんや。 もともとキャンバスが白色やで。 イラストの免責事項と著作権について 当サイト内に含まれる素材及び、素材以外の画像、イラスト、写真、文章他、すべてに おいて著作権は当サイトが所有しています。 サイト内の画像に文章を付け足したり アイキャッチなどに使用したいという方はご連絡ください。 転売・再配布など著作権を侵害するような使い方はお断りいたします。 サイト内の素材をご利用になったことで、何らかの損害が発生しても 当方は一切の責任を負いかねます。 smzats2017.

次の

アイビスペイントはこんな風に使えます!iPadとApple Pencilで絵心がなくても楽しくデジタルお絵かき

アイビスペイントx

これがないと、ぼやけた感じになってしまいます。 まず中心に楕円っぽい丸を描いてください。 このように中心部分だけでもいいんですが、わたしの場合は大抵上の部分も塗ります。 中心に描いた楕円と同じ描画色で、画像の赤の点線のように山を描いて… 塗りつぶし。 白を選んで、目の上あたりにふたつくらい光を入れてみましょう。 下にも小さめの光をふたつ。 目に力が出ましたね! 基本の目はこれで完成です! ポイント 反射部分の描き込みは、瞳の色の濃い部分と薄い部分、どちらにもまたがる方が透け感が増して奥行きが出ます。 少し物足りないな…という方は、もう少し描き足しても構いませんので自分で調整してみてください。 わたしは小さな光をいくつか描き足してみました。 これで光の反射の描き込みは完了です! 目のフチの色を変えてみよう! やらなくてもいいのですが、より描き込んだ感が増すわりに、大した手間でもないので一緒に覚えてしまいましょう。 これで新規レイヤーに描いたものは目のフチレイヤーからはみ出すことがなくなりました。 クリッピングについてはこちらの記事で詳しく解説しています。 選ぶペンはエアブラシ。 どのエアブラシでも大丈夫ですが、今回は「 エアブラシ(標準)」を選択しました。 描画色ですが、いくつか選択肢があります。

次の