ロドリゴ モレノ。 ロドリゴ・モレノ(バレンシア)のプレースタイル!スペイン代表のスタメンフォワード候補に?

ロドリゴ・モレノ・マチャド(バレンシア)プロフィール

ロドリゴ モレノ

ロドリゴ・モレノ【写真:Getty Images】 リーガ・エスパニョーラのバレンシアに所属するスペイン代表FWロドリゴ・モレノが、バルセロナ移籍に近づいているようだ。 スペイン『アス』が現地時間の27日に報じた。 バルセロナではウルグアイ代表FWルイス・スアレスが右膝の外側半月板を負傷し手術を行った。 約4ヶ月離脱することが発表されている。 バルセロナはスアレスの代役として、ロドリゴを今冬のトップターゲットに挙げていた。 スペインのラジオ番組『セル・デポルティボス・バレンシア』によると、バレンシアのアニル・マーシー会長がバルサ側と交渉のため、27日の朝にバルセロナ入りしたという。 この交渉が順調ならば、今冬の移籍市場が閉まる前に移籍が決まることになる。 果たして、バルセロナは待望のバレンシアFWを獲得することができるのだろうか。 ルール・注意事項• ポイントは、 PC版で1日最大3P、スマホ版で1日最大3Pを毎日獲得することができます。 午前7:00~翌日午前6:59• ポイントは、 1P~2P目ではそれぞれ2記事にリアクションすることで1P獲得でき、3P目のみ1記事にリアクションすることで1P獲得できます。 毎日、PC版では3P、スマホ版では3Pがポイント獲得上限ですが、 リアクション数に上限はなく、すべての記事にリアクションができます。 ポイントの獲得状況はページ上部の、PC版は「PC」、スマホ版は「スマホ」と記載があるPeXのコインから確認ができます。 ポイント通帳でも獲得状況の確認ができ、PC版は「みんなのNEWSウォッチ PC 」、スマホ版は「みんなのNEWSウォッチ スマホ 」と表記しています。 iPadなど、タブレット端末からのご利用につきましては、現在のところスマホ版としてポイント獲得ができることを完全に保証はできかねます。 スマホ版のポイント獲得ができる環境は「」で確認できます。 現在ご登録されているアカウントで、PC版・スマホ版共にポイント獲得が可能です。 各記事ページにある 「この記事もYOUにおすすめ!」ではポイント獲得はできません。 ルールおよびニュース等は予告なく変わる場合がございます。

次の

ロドリゴ・モレノ(バレンシア)のプレースタイル!スペイン代表のスタメンフォワード候補に?

ロドリゴ モレノ

プロフィール 本名:ロドリゴ・モレノ・マチャド 国籍:スペイン 生年月日:1991年3月6日 身長:181cm 体重:77kg 利き足:左足 所属チーム・経歴 もともとブラジルで生まれたロドリゴモレノは、10代前半でスペインにわたり、その後 レアルマドリードの下部組織でプレー。 ただ、レアルではトップ昇格は叶わずレアルBから ベンフィカへ移籍しました。 その後、 バレンシアへレンタル移籍を経て、2015年に完全移籍で正式に加入。 現在基本的にフォワードのスタメンで出場しています。 代表では、 ブラジルも選択することができたものの、ユース世代からスペイン代表でプレー。 まだキャップ数は多くないけど、A代表でのプレー経験もあります。 先日(2017年10月)のW杯予選アルバニア戦では、初得点もあげていました。 ちなみに、 バイエルンのチアゴアルカンタラは、従兄弟らしいですね。 スポンサーリンク? プレースタイル・ポジション ロドリゴモレノのポジションは、 センターフォワード・ウイングと、前線の中央~サイドまで幅広くプレー可能。 ボールを引き出し前線で起点になれるフォワード ロドリゴモレノは、スペイン人のアタッカーらしく、 足元の技術に優れたテクニカルなタイプのフォワード。 サイドに流れたり、中盤まで引いてきてボールを受けたり、 前線を幅広く動きながらボールを引き出し、そこからチャンスメイクするのが上手い選手です。 スペインの選手は大体みんなそうだけど、ディフェンダーの間の狭いスペースで受けるのが上手く、そこからターンして次の展開につなげる、流れるようなプレーが自然にできる選手だと思います。 一瞬のキレと左足の鋭いシュート ロドリゴの場合は、モラタのようなひとりで長い距離を運ぶようなドリブルがあるタイプではないものの、 サイドやゴール前でディフェンダーをかわすような一瞬のキレは持っている。 また左足のキックはシャープで、 サイドからの鋭いクロスや強烈なシュートが撃てる選手です。 スペイン代表で決めた初得点も、ゴール前での一瞬のキレと左足の鋭いシュートと、まさに特徴が表れたゴールだったと思います。 *ロドリゴ・モレノの上手さが分かるプレー動画.

次の

FPロドリゴ(モレノ・マチャド Fans’ Choice 1/30) 【ウイイレアプリ2020】能力と評価

ロドリゴ モレノ

Rodrigo Moreno Machado• 国籍スペイン /ブラジル• 誕生日1991. 出身地リオ・デ・ジャネイロ リオデジャネイロ州/ブラジル• ポジションFW, LH, RH, WG• 契約期間2022. 加入時の移籍金3000万ユーロ• 契約解除金1億2000万ユーロ• 代表歴U-19代表 09-10 , U-20代表 11 , U-21代表 11-13 , U-23代表 12 , A代表 14,17-19• 国際大会U-16サンタレム国際カップ2008 優勝 , U-17欧州選手権2009, U-17W杯2009, U-18大西洋カップ2010 優勝 , U-19 SBSカップ2010, U-19欧州選手権2011予選, U-20W杯2011, ロンドン五輪2012, U-21欧州選手権2013 優勝 , W杯2018• バレンシア公式戦デビュー2014. 8- SL Benfica POR - - Bolton Wanderers ENG 17 1 レンタル 11-12 SL Benfica POR 22 9 12-13 SL Benfica POR 20 7 13-14 SL Benfica POR 25 11 14-15 Valencia CF 31 3 15-16 Valencia CF 25 2 16-17 Valencia CF 19 5 17-18 Valencia CF 37 16 18-19 Valencia CF 33 8 19- Valencia CF バレンシアでの通算成績 コンペティション 出場 得点 1部リーグ 145 34 国王杯 21 13 UEFA CL 9 0 UEFA CL プレーオフ 2 1 UEFA ヨーロッパリーグ 9 4 合計 186 52 チームタイトル• お父さんのアダウベルト・マチャドも元プロのサッカー選手。 1980年代にフラメンゴで活躍した。 チアゴ&ラファエル・アルカンタラ兄弟は従兄弟にあたる。 19年10月1日、長女ダニエラちゃん誕生。 03年、スペイン、ガリシア州に移住。 04年、チアゴ・アルカンタラと共にバレンシアのトライアルを受ける。 ロドリゴ本人はバレンシアでのプレーを好んだが、お父さんがセルタでのプレーを選択したため、セルタに入団。 フベニールのCopa de Campeonesでも決勝まで進んだもののマルティン・モントーヤが居たバルセロナに敗れて準優勝となる。 09年夏、セルタからレアル・マドリーに移籍。 09年11月、マケドニアU-19代表戦でスペインU-19代表デビュー。 10年7月、U-19欧州選手権に背番号9をつけて参加。 4試合出場2ゴール。 10年7月、5年契約、移籍金600万ユーロでベンフィカに完全移籍。 1200万ユーロでの2年間の買い戻しオプションが付けられるが、11年7月のファビオ・コエントランのレアル・マドリー移籍の際にオプションを撤廃する。 10年8月、ボルトンへ1年間のレンタル移籍。 10月のウィガン戦でプレミアリーグデビュー。 11年7月、U-20ワールドカップに背番号9をつけて参加。 4試合出場3ゴール。 11年9月、グルジアU-21代表戦でスペインU-21代表デビュー。 12年7月、ロンドン五輪に背番号9をつけて参加。 2試合出場でグループステージ敗退。 12年8月、ベンフィカとの契約を2019年まで延長。 13年3月、ノルウェーU-21代表戦でスペインU-21代表史上最多となる13得点を記録。 後に15得点まで記録を伸ばす。 14年5月、UEFAヨーロッパリーグ決勝:セビージャ戦でPK戦の3番手として登場するもPKをベトに止められ失敗。 14年7月、バレンシアに加入。 リムのクラブ買収プロセスの都合で1年間のレンタル移籍での加入となる。 14年8月、リーガ開幕戦:セビージャ戦でバレンシア公式戦デビュー。 14年10月、欧州選手権予選に向けたスペイン代表に初招集される。 ルクセンブルク代表戦で途中出場でデビュー。 14年12月、リムのクラブ買収が完了し、バレンシアと正式に2019年6月までの5年契約を結ぶ。 違約金は5000万ユーロ。 15年6月、クラブがMeritonから保有権を購入し、正式にバレンシアの選手となる。 2019年までの契約で、違約金は5000万ユーロ。 15年10月、第9節:アトレティコ戦で左ヒザ前十字靭帯を損傷。 全治3ヶ月。 17年1月、練習中に右足首を負傷し、手術。 全治3ヶ月。 17年10月、リーグ戦5試合連続ゴールを記録。 3年ぶりにスペイン代表にも復帰する。 17年11月、クラブとの契約を2022年まで延長。 契約解除金は1億2000万ユーロに。 18年3月、リーガ月間最優秀選手に選ばれる。 18年6月、ロシアW杯に背番号9をつけて参加。 4試合中3試合に出場。 19年5月、国王杯優勝のお祝いとファンへの今までの感謝のメッセージをSNSに投稿したため「退団するのか?」と話題になってしまう。 19年8月、アトレティコ移籍決定的と報じられたものの、アトレティコの都合により破談となる。 19年9月、リーガ第7節:アトレティック戦後のミックスゾーンにて、ダニ・ガルシアがインタビューを受けているのに気付かず、音楽をガンガンに流して通り過ぎたため、敬意がないと批判を受ける。 これに対して「インタビューの邪魔をするつもりはなかった。 5秒間で不快な気持ちにさせてごめんなさい」と微妙な謝罪。

次の