電通 テレワーク。 電通/汐留の満員電車はすくのか?全従業員をコロナで在宅テレワーク

テレワーク活用事例紹介

電通 テレワーク

新しい電通を創る労働環境改革 電通は、社員の心身の健康を経営の根幹に置き、「労働時間の短縮」と「業務品質の向上」を目指して2016年11月「電通労働環境改革本部」を設置しました。 2017年7月には経営と社員で取りまとめた「労働環境改革基本計画」を発表、「労務管理の徹底と見守りの強化」「業務棚卸しによるワークダイエットと業務プロセスの改善」「健康管理体制の強化」などを柱に、2年間で3桁に及ぶ施策を実施するとともに、その実効性を検証するために外部識者で構成される「労働環境改革に関する独立監督委員会」によるモニタリングを継続的に行ってきました。 労務管理においては、担当管理職(HRM)を配置し、タイムマネジメントダッシュボードによる勤務実態の可視化を行い、業務の平準化・効率化においては、ワークダイエットやアウトソーシングの推進、RPA(RoboticProcessAutomation)化などを実施しました。 その結果、電通単体社員一人当たりの総労働時間(年間)は、2016年度に「2,166時間」であったものが、2018年度は「1,952時間」となりました。 加えて、一人あたりの有給休暇取得率(年次)が、2016年度に「56. 4日」であったものが、2018年度には「21. 2018年度も新たな施策として、社員の毎日のコンディションをPCで可視化する「バイタリティノート」や、毎月1回、全社一斉に休暇を取得する法定外休暇「インプットホリデー」などを導入しています。 今後も当社は働き方改革関連法など社会の動きも見据えながら、多面的かつ総合的な見地から改革を推進し「労働時間の短縮」と「業務品質の向上」の両立を実現させてまいります。 テレワーク推進賞表彰式の様子 電通グループは働き方の多様化を推進しており、2018年度も「フレックス勤務適用」「在宅勤務制度の適用」「サテライトオフィスの活用」等の施策を継続して実施しました。 このようなテレワークの推進における当社の取り組みが評価され、日本テレワーク協会「第19回テレワーク推進賞」において、テレワーク実践部門で奨励賞を受賞しました。

次の

新型コロナウイルス対策に「テレワークの正論」は通じない! (2ページ目):日経ビジネス電子版

電通 テレワーク

電通は2月25日、東京・汐留の本社ビルに勤務する50代の男性従業員1人が新型コロナウイルスの感染検査で陽性となったことを発表した。 2月26日から当面、電通本社ビルに勤務する全従業員を対象にリモートワークに切り替える。 男性従業員は2月24日に陽性と確認された。 所轄する保健所から4人の濃厚接触者の認定と検温や体調などの健康観察の経過報告に加えて、男性従業員が勤務していた一部の業務スペースを消毒するよう指示を受けた。 経過報告は3月5日まで。 濃厚接触者は2月25日から在宅勤務となっている。 該当する一部業務フロアを使用禁止にする。 在宅でのリモートワークとなった従業員は自身の健康状態を各局の労務管理担当者に報告することを義務付けている。 電通では、ビル単位で運用していくことにしており、今回は汐留の電通本社ビルの執務スペースのみを対象にしている。 電通本社ビルで働く従業員は2月26日からリモートワークが基本だが、緊急を要する業務について体調不良でない限り、取引先と合意した上で取引先のオフィスでの打ち合わせや制作、プレゼンテーションなどを継続する。 The Japanese edition of 'CNET' is published under license from CBS Interactive, Inc. , San Francisco, CA, USA. Editorial items appearing in 'CNET Japan' that were originally published in the US Edition of 'CNET', 'ZDNet', 'TechRepublic', 'GameSpot' and 'CNET News. com' are the copyright properties of CBS Interactive, Inc. or its suppliers. Copyright c CBS Interactive, Inc. All Rights Reserved. 'CNET', 'ZDNet' 'GameSpot' and 'CNET News. com' are trademarks of CBS Interactive, Inc.

次の

コロナで一斉テレワーク パナソニック、電通の対応は? (1/3):日経doors

電通 テレワーク

「時代なんかパッと変わる」 …という名コピーがありましたが、本当にパッとテレワークの時代がやってきてしまいました。 社会が落ち着いても、この変化が後戻りすることはないでしょう。 私たちの働き方は、テレワークを前提にしたものにシフトしていきます。 テレワーク時代では、話し言葉以上に、書き言葉が重要になります。 この記事を見ているみなさんも、メールやTeams、Slackでのやりとりの激増を痛感されていることと思います。 こんな中、 もろもろ悩ましいところですが、ご確認・ご検討のお願いをご相談させていただきたければ幸いです。 みたいなダラダラとした文章が送られてきたら、それだけで生産性が落ちますよね。 プレゼンテーションでも、「細かい部分は口頭で説明する」やり方が通じなくなります。 筆者も、企画書を先方にメールで送り、フィードバックもメールで受ける、というプレゼンを経験しました。 イノベーティブなコンセプトとアイデアでインパクトのあるモメンタムを醸成します。 みたいな企画書は、「な、何?」で終わってしまうことでしょう。 ビデオ会議も同様です。 相手の顔色や場の空気を読むことが、ビデオ会議ではできません。 自分の意志や議論の流れをロジカルに組み立てていく、書き言葉的な発想が求められます。 テレワークは、書き言葉の時代なのです。 大量のメールや添付ファイルに埋もれない、短く、端的な文章を書く必要があるのです。 そのためのスキルを僕は「言葉ダイエット」と呼んでいます。 「短い」は正義 メールであれ企画書であれ「短いは正義」が鉄則です。 当たり前のようで、よほど意識しないと文章は必要以上に長くなります。 メールであれば、相手への気遣いや配慮から、言葉を重ねがちです。 企画書であれば、ある種のサービス精神で情報を盛り込み、気づいたら100ページ超の大作になっていたりします。 つねに「短いは正義」を頭の片隅に入れておくようにしてください。 「卑屈語」メールを送らない お打ち合わせにてお伝えしたお戻しのおまとめのご反映をご相談させていただければ幸いに存じます。 …のような、気持ち悪いメールを受け取ることが本当に増えました。 僕はこういう言葉を敬語ではなく「卑屈語」と呼んでいます。 「嫌われたくない」という意識が強いあまりに、卑屈さが前面に出てしまっているのです。 キツイ言い方をすれば保身です。 卑屈な人が尊敬されたり信頼されたりすることはありません。 メールやチャットツールの文章を書くときは、嫌われないことより、伝えることを優先しましょう。 伝えづらい内容のときほど、端的な文章にすることが、本当の意味で相手を敬う姿勢です。 具体的には、 ・「させていただきます」は使わない。 「いたします」に言い換える。 ・「お」をつけない。 「企画書文学」を忘れよう 企画書っぽい文体って、ありますよね。 ターゲットの興味を醸成するために、衝撃的なインパクトのあるソリューションでエンゲージメントをドライブします。 …みたいな。 ビジネスで、ビジネスにふさわしい文体で書くことは必要です。 しかし、この文体で書くことを優先した結果、内容がスカスカになってしまうことも多いのではないでしょうか。 カタカナ語と修飾語を連発すれば、内容がないそれっぽい長文を量産してしまうことができます。 僕はこれを「企画書文学」と呼んでいます。 「衝撃的なインパクトによるアクティベーションでメッセージを伝えます」 「デジタルによるスキームの改革・革新で、ユーザーのインサイトを深掘り」 「コンセプト(アイデア)を起点に、ベネフィットを訴求する」 …のような文章ですね。 企画書をつくるときは、まずは企画書文学を忘れて、ふつうの言葉を使うようにしましょう。 その後、内容が固まった時点で、必要に応じてビジネス用語を使えばいいのです。 具体的には、• カタカナ語を使わない• 修飾語を使わない• 具体的なことだけを書く といったことに気をつければ大丈夫です。 身軽な言葉で、身軽に働く時代へ テレワークによって、惰性で続いてきた無用な習慣が見直されようとしています。 言葉も、そのひとつです。 卑屈語やカタカナ語まみれの、ぜい肉たっぷりの言葉は、もう通用しません。 ダイエットした身軽な言葉で、身軽に働く。 効率的に、堂々と、自分らしく働く。 そんな時代がはじまろうとしているのです。

次の