潮来 停電。 緊急・被害状況

台風24号2018関東(東京/神奈川/千葉/埼玉/栃木/茨城)停電情報!復旧はいつ?│沖縄県民の島ぞうり通信

潮来 停電

茨城県潮来市付近の東京電力の事業所 茨城県潮来市付近で展開しているの事業所は、です。 お引越しの手続き、電気料金プランの切り替え、停電、各種お問い合わせは最寄りの支店・営業所にてご相談いただけます。 茨城県潮来市のお近くには、以下の事業所もあります。 また停電など緊急時の電話番号は 0120-995-007です。 電話番号が0120もしくは0800から始まるフリーダイヤルの場合は無料で通話することができます。 その場合はフリーダイヤル以外の番号をお試しください。 茨城県潮来市で電気のお申込みをご希望のお客様 にて新たに電気の契約をお申込みご希望の場合 必要な情報は以下になります。 どこでお使いになるか(使用場所)• どなたがお使いになるか(契約名義)• お使いになるご契約メニュー 契約種別• いつからお使いになるか(使用開始希望日)• 契約の大きさ(契約電流・容量・電力)• お使いになる電気器具(契約負荷設備)• 料金のお支払い方法(口座振替・クレジットカード支払い・振込みのいずれか) 東京電力エリア内で東京電力以外にも選べる新しい電気料金プランがあります。 電力自由化によって、地域の大手電力会社()以外の電力会社からも、電気料金プランを選ぶことができるようになりました。 こうした新電力会社のプランは の規制料金よりもお得になる可能性があります。 まずはセレクトラ・ジャパンの電気料金シミュレーションサイトで、電気料金がどれくらい変わるか確認してみましょう。

次の

台風15号2019の茨城の停電復旧はいつ?停電地域や被害状況まとめ

潮来 停電

那珂川沿岸の広い範囲で浸水した水戸市のほか、大洗町や城里町などの浸水被害は調査中で、全容はなお明らかになっていない。 12日に強風で転倒し重傷だった桜川市の男性 85 が死亡し、県内の死者は2人、行方不明1人、負傷14人となった。 11市町で計329人が消防や自衛隊、県警などのボートやヘリで救助された。 同本部によると取り残された人はいないとみられる。 県が県建設業協会と協力して小型無人機ドローンを使い、県内河川を調査した結果、堤防決壊は5河川計12カ所と分かった。 内訳は国管理の那珂川3カ所 常陸大宮市野口・下伊勢畑、那珂市下江戸 、久慈川も3カ所 常陸大宮市富岡・塩原・下町。 県管理では藤井川2カ所 水戸市藤井町・成沢町 、里川2カ所 常陸太田市茅根町・常福地町 、浅川1カ所 常陸太田市松栄町 、県管理の久慈川1カ所 常陸大宮市小貫。 このほか、涸沼川 茨城町 、桜川 つくば市 、西仁連川 古河市 など計29カ所で越水が起きた。 国土交通省常陸河川国道事務所は13日夜から、決壊した堤防の復旧工事を開始した。 避難所は15日午後2時現在で、6市町14カ所でいまだ開設され、6市町で37世帯計338人が避難している。 内訳は水戸市164人、常陸大宮市92人、常陸太田市55人、大子町24人。 県と市町村は被災者に公営住宅を提供する準備を始めた。 提供可能戸数は同午後1時時点で942戸 県営667戸、市町村営275戸 となっている。 水道の断水は15日午後2時現在、常陸大宮市の1万2800戸 3万3200人 を最高に、大子町7288戸 1万1703人 、水戸市200戸。 水戸市では停電も約700軒で続いている。 鉄道はJR水郡線常陸大宮-郡山間を除き、全線で平常運転。 高速道路も全区間で通行止めが解除されたが、常磐道水戸北スマートインターチェンジは閉鎖されている。 公立学校は16日、水戸市の小中・義務教育学校の計3校と鬼怒商高、常陸大宮高、水戸飯富特別支援学校で臨時休校が続いている。 浸水被害に遭った県内各地では15日、住民が後片付けや清掃に追われた。 浸水が続く水戸市の那珂川沿岸ではポンプ車による懸命の排水が続いた。 水戸市、大洗町、城里町など調査中.

次の

緊急・被害状況

潮来 停電

さらに、66kV送電線「湖南線」の鉄塔1基 鹿嶋市鰐川 折損、1基倒壊した。 鹿嶋、龍ヶ崎市、神栖町などの計 198,000世帯が約1時間20分〜5時間45分にわたって停電した。 鉄塔の基礎工事の不備が原因と推定される。 【事象】 茨城県潮来市延方で、水田地帯に設置された275kV送電線「香取線」の鉄塔8基 高さ約39〜94m のうち、No. 22鉄塔が 強風により、設計値を下回る風圧荷重下で風上側2脚の基礎が浮上がり最初に風下側に倒壊 推定。 22鉄塔の倒壊により、送電線に引張られて隣接するNo. 21、23、24の3基が風下側に倒壊、これら4基に隣接し送電線屈 曲部に位置するNo. 20、25の2基は風上側に倒壊した。 22以外は地上14〜17mで折れて倒壊。 鹿嶋市鰐川のNo. 19 高さ約67m は高さ約46m付近で折損。 さらに、66kV送電線「湖南線」の鉄塔No22 鹿嶋市鰐川 折損、No. 23倒壊 潮来市延方。 鹿嶋、 龍ヶ崎市、神栖町などの計198,000世帯が約1時間20分〜5時間45分にわたって停電した。 【経過】 10月1日21:40頃 21:27頃 、台風の進行方向右側に当たる茨城県潮来市延方で、水田地帯に設置された275kV 送電線「香取線」の鉄塔8基 高さ約39〜94m のうち、No. 22鉄塔が強風により、設計値を下回る風圧荷重下で風上 側2脚の基礎が浮上がり最初に風下側に倒壊 推定。 22鉄塔の倒壊により、送電線に引張られて隣接するNo. 21、23、24の3基が風下側に倒壊、これら4基に隣接し送 電線屈曲部に位置するNo. 20、25の2基は風上側に倒壊した。 22以外は地上14〜17mで折れて倒壊。 鹿嶋市鰐川の No. 19 高さ約67m は高さ約46m付近で折損した。 さらに、66kV送電線「湖南線」の鉄塔No22 鹿嶋市鰐川 折損、No. 23倒壊 潮来市延方。 これにより、鹿嶋、 龍ヶ崎市、神栖町などの計198,000世帯が約1時間20分〜5時間45分にわたって停電。 潮来市では1基が有料道路 「水郷道路」をふさいだ。 付近の倒壊しなかった送電鉄塔上部 地上68. 5m に東京電力が設置していた風速計は、21:12に最大瞬間風速56. また、21:20に銚子で52. 【原因】 No. 22鉄塔の井筒基礎工事において、井筒 円筒形プレキャストコンクリート、外径2m 先端部で筒径より大きめに土砂 を掘削して摩擦を減らしながら井筒を円滑に沈下させ、沈下後に筒外側と地盤との間の摩擦力を高めるためにグラウト セメントと水、混和剤、砂などを混ぜてできた液 を注入した。 しかし、基礎周辺が粘度の小さい砂質地盤だったため、 グラウト層がほとんど形成されず、基礎と地盤間の極限摩擦力が設計値を下回り、引上げ耐力も設計値より小さくなった ためである。 【対処】 原子力安全・保安院は、鉄塔損壊の原因について究明するため、送電線鉄塔倒壊事故調査ワーキンググループを原子力 安全・保安部会電力安全小委員会に設置し現地調査、解析、審議を開始した。 その結果、既存の送電線鉄塔のうち、井筒基礎を用いて設置されている送電線鉄塔について、その基礎および周辺の状況 建物の有無など について調査し、設計耐力と同等以上かを検証し、不足する場合は補強することを決めた。 【対策】 井筒基礎を用いた送電線鉄塔を新設する場合には、井筒基礎の特徴を十分踏まえ、安全かつ合理的な設計、施工、 管理の徹底することを決定した。 【背景】 倒壊した9基は1970〜72年に設置されたものだが、電気事業法で定めた電気設備技術基準による、「地上15mで10分 間の平均風速40mに耐える構造」の強度基準を満たし、秒速60mの突風や変動する風速にも耐えられる設計だった。 東京電力は川沿いの倒壊現場では基準以上の強度にしていた。 送電線用の鉄塔は茨城県内に約5,500基あり、年4回、定期的に目視で点検している。 被害を受けた9基も2002年7月 に点検していた。 検討の過程で出てきた項目も含めて対策されるべきである。 【総括】 直接の原因はもちろん関東地方を直撃した台風21号の暴風であったが、送電用の鉄塔が9本も折れたり曲がったり するなど予想もしない事態が起きた。 送電線の近くには住宅もあり、地域住民からは将来に向けての不安の声が上 がった出来事であった。 当初、電気事業法の技術基準や電力会社の設計基準は、風の吹き方の変化 強さや方向など を考慮していないとの指摘も専門家の間に上がったが、今回の原因は鉄塔基礎工事の欠陥という別の要素が原因であ った。 しかし、だからといって専門家の指摘を無視するわけにはいかない。

次の