背中 の 痛み 右側 肩 甲骨 の 下。 右背中の痛み!肩甲骨の下が痛い時の原因と対処法

私、4月にぎっくり背中になりました。今回の症状について経絡的なアプローチによる手当と経過の記録。

背中 の 痛み 右側 肩 甲骨 の 下

体の突然のサイン 肩甲骨の近く、背中が急に 痛いって感じることありますよね。 もし背中に しこりが出来ていたら、皆さん、 病院に行った方がいいのかな? 何科がいいんだろうって考えてしまうと心配になりますよね。 体は突然サインを発するので、驚きと心配が入り乱れてしまいます。 たとえ、突然のサインを出しても、自分の知識の引き出しにある場合には、適切な対処ができます。 しこりが体の前にある場合は、気づきやすいのですが、背中にある場合は、なかなか自分では気づかず、人に指摘をされて気づく方もいることでしょう。 また、椅子の背もたれに当たったときに違和感を感じたり、お風呂に入った後タオルで背中を拭くとなんだか痛いような感じがするなどなど。 不安な気持ちから行動に移すまでの時間に完治すれば良いのですが、必ずしも治るというわけではないので、まずはしこりについて知っていきましょう。 しこりの種類 そもそもしこりってどんな種類があるのでしょうか?• 肩こり• 脂肪腫• 粉瘤腫(ふんりゅうしゅ)• 軟部肉腫• ガングリオン しこりにはだいたいこの5種類があるようです。 この中で今回は、肩こりが原因のしこりについてもう少し詳しく調べてみることにしました。 肩こりが原因のしこり 肩や肩甲骨を動かすとコリコリとした音が鳴ることはありませんか? もしかしたら、肩こり、首こりや腰痛の原因は、しこりが原因になっているのかもしれません。 トリガーポイント 今このしこり《トリガーポイント》が新しいコリの原因ではないかと注目を浴びているようです。 トリガーポイントを簡単に言うと、筋肉に出来たしこりで、肩甲骨あたりできることが多く、マッサージをしてもらうと、ゴリゴリという音を出すものです。 このしこりを押すと、違う部分に痛みを感じることが多く、関連痛(痛みの原因になる部分と実際に痛みを感じる部分が異なる)を引き起こすので、トリガー(引き金)ポイントと呼ばれています。 トリガーポイントができると、肩こりや冷え性、しびれやむくみ、耳鳴り、腰痛、頭痛などを引き起こすことがあります。 そしてひどくなると自律神経がさらに乱れてしまいます。 このトリガーポイントは、筋肉にできることから体のどこにでもできる可能性があるのすが、出来やすい部分があります。 それは肩甲骨の背骨側に沿った部分と、肩甲骨の下部分、そして、背中の中心と、お尻にもコリコリというところがあります。 トリガーポイントを解消するには? このトリガーポイントを解消するためには、「筋肉をほぐす」ことがとても重要です。 筋肉が縮んだ状態が長く続いてこわばっているので、体をしっかり温めた後に、軽くストレッチをして筋肉を伸ばしてから、トリガーポイントの周りを軽く押してほぐしていきます。 この時に強く押しすぎないようにするのがポイントで、肘の筋肉を押しすぎたら、肩が痛くなった!ということもあります。 力をかけすぎないように気をつけて行ってください。 専門家によるトリーガーポイント治療 もう一つは専門家に治療してもらう方法もあります。 鍼灸院へ行くと、トリガーポイント鍼治療というものもあります。 この場合は先生によく相談し行いましょう。 トリガーポイント治療って、どんなふうにするのでしょうか? それぞれの鍼灸院によって、様々な、効果的な対応の仕方があるようですが、ここでは代表的な方法の一つをご紹介します。 そもそもトリガーポイントは、その出来ている場所がとても過敏になっていたり、またその出来ている場所の筋肉の状態として、血液がとても不足した状態、いわゆる虚血の状態になっているのです。 そのために、トリガーポイント治療を受けると、 ・過敏になっている時 長く過敏状態になってしまっている場所に刺激を与えて、元の状態になるようにしていきます。 ・血液がとても不足した状態になっている時 血液が不足した状態になってしまって痛みを起こす物質が出ています。 なので、まず初めに血流を改善することから始めて、痛みを抑える物質が出るようにして、痛みを緩和するようにしていきます。 トリガーポイント治療の参考書籍 それから、トリガーポイント治療の参考書籍もたくさん出ていますね。 ご自身で知識を増やしてから治療をうけるのもまた、先生の言われたことが、より一層理解しやすいと思いますので、一つの方法かもしれませんね。 特に治療となると、専門用語での説明を聞くことになりますので、?マークもたくさん頭の上を飛び回りまってきます。 事実、私がそのタイプです。 でも予め知識があると、初めて聞く言葉にストレスや不安を感じることも少なくなりますし、予備知識を持っていると安心感につながる効果もありますので、ご心配な方はさ~っと流し読みしておくのもよい方法ではないでしょうか。 参考までに、アマゾンで調べてみましたら幾つか見つかりましたので、ご紹介します。 たくさんあり過ぎて迷ってしまわないように! すべて専門家のかたの書籍ですので、ご自身でピンときたもの!、読みやすそうだなと思えたもので良いと思います。 書籍は、知識を吸収していくのが目的でもありますので。 こんな時は、第一印象でいいなって感じたものが意外に一番ハマっていることが多いですね。 あ!? これ、私だけの経験則でした。 すぐ使える! 数日後には届けてくれるんですもの。 人気の記事一覧• 体の突然のサイン 肩甲骨の近く、背中が急に痛いって感じることありますよね。 もし背中にしこりが出来てい... 15,021ビュー• 肌が乾燥して、かゆい! 寒くなってくると肌が乾燥してしまい、かゆみを伴うことがありますよね。 痒みのメ... 11,953ビュー• 360ものツボ 私たちの体には様々なツボがあります。 なんと360ものツボが体にあるそうなのです。 11,704ビュー• 前屈みで生活する時間が多い わたしたちは、家事をしたりパソコンやスマホをしたり、横になりながら本を読んだりと... 8,799ビュー• 気温と体調 本格的に寒さが厳しくなってきました。 体調はいかがでしょうか?... 7,570ビュー• 肩こりに効果がある「立甲」 先日運動選手が肩甲骨のケアをするテレビを見ていたときに、肩甲骨を後ろに飛び出した... 7,478ビュー• 体のどこかしらに痛みを感じるのは不快ですよね。 またどこかが悪いのではないかという不安にもなります。 6,919ビュー• 肩甲骨を上手に動かす 寒くなってきたこの季節、仕事で同じ姿勢をして仕事をしている人や、外で仕事をして... 6,018ビュー• 肩甲骨はがしという言葉が注目されてから、にわかに肩甲骨が注目されたように思います。 肩甲骨を動かすことで... 4,992ビュー• 背中が痛く体がだるい! 背中から腰にかけて痛みを感じたり、 だるく重いと感じたりすることはありませんか... 4,988ビュー.

次の

右背中の痛み!肩甲骨の下が痛い時の原因と対処法

背中 の 痛み 右側 肩 甲骨 の 下

背中が痛む、特に左肩甲骨の下辺り。 4~5年前には首が回らない時があった。 自転車や車の運転時ひびき、しびれ感も。 40代 男性 からだ全体をチェックするとかなり歪みが見て取れます。 訴えられている肩甲骨周辺には硬くなった塊がはっきりと確認でき、しかも相当な硬さです。 その辺りを押圧すると手にしびれを感じられました。 これでは、首も回らない事が出てくると思われました。 初回、足元から歪みを整え、左だけでなく右の肩周辺も整え、からだの全体のバランスを整えました。 2回目(2日後)、3回目(1週間後)と全体を整えながら問題箇所を調整、自覚される状態はあまり変わらないと言われました。 受けた後は、痛みが強く感じるとも言われました(この反応もままあることですね、回を重ねるうち無くなってきます)。 4回目(1週間後)、前回受けた後はあまりわからなかったがだんだん良い感じ。 5回目(1週間後)、はじめのころは自転車に乗っていると3分ぐらいで痛みが出ていたが、今はだいぶ時間が経ってから出てくるようになったと状態の変化。 6回目(1週間後)、痛いという感覚が無くなって、気にならなくなった。 (状態が良くなってきたので少し感覚を伸ばしていただきました) 7回目(2週間後)、楽で、痛み無く、自転車に乗っても大丈夫。 その後も、定期的に歪みとコリの調整に来られています。 この方の場合、歪みも酷く、硬くなった筋肉の所をいくら揉みほぐしてもまた硬くなってくることは容易に想像できましたので、からだの歪みもしっかり整え、問題個所の塊をとくようすすめました。 この辺りをご説明し、はじめの頃は、自覚される状態があまりかわらないと言われましたが納得しながら続けていただき、不快な状態から脱出していただきました。 腰痛・肩こりをはじめとする筋骨格系の痛みやこり・しびれなど、全身調整により多くの不調から脱出する治療系の整体。 つらい慢性症状に適切なアプローチが得意です。 お問い合わせ・ご予約はこちら カテゴリー: , , , 投稿日: 投稿者: 投稿ナビゲーション 京都の整体 お腰やす やまだ整体の家 腰痛・肩こりをはじめとする筋骨格系の痛みやこり・しびれなど、全身調整により多くの不調から脱出する整体。 つらい慢性症状に適切なアプローチが得意です。 京都市南区西九条東柳ノ内町20 最近の投稿• 過去の日記• 114• 17 アーカイブ アーカイブ リンク.

次の

背中や肩甲骨の下の痛みの原因は病気?思わぬサインとは

背中 の 痛み 右側 肩 甲骨 の 下

肩甲骨や背中の症状でお悩みの人の中には、首を動かすと痛みが強くなったり、首が動かなかったりまわらないという人もおられると思います。 中には首の寝違えのような症状を発生させている人も少なくないでしょう。 (もしくは頻繁に首の寝違えを発生させているなど) こういった症状を発生させている背中の症状の場合、実はその症状の正体は単なる肩こりじゃない可能性が高いんです。 そこでこのページでは、首を動かすと痛い、首が動かない、まわらない、こういった症状と背中や肩甲骨の痛みが常態化している場合の正体についての説明をさせていただきたいと思います。 ちなみに私は医療系の国家資格である柔道整復師という資格を持っている人間です 医療系の国家資格を持っている人間の端くれとして、出来るだけ丁寧で分かりやすい説明を心がけていますので、こういった事に興味のある人は是非参考にして下さいね。 スポンサーリンク 首を動かして痛みが強くなる場合は肩こりじゃなく頚椎症(けいついしょう)や頚椎ヘルニアの可能性あり 肩こりという症状は首の動きと密接に関わっており、首や肩、背中周辺の筋肉の緊張と炎症が異常に強くなれば、首が動かない、動かした時に肩こりが強くなるという事はあり得ます。 寝違えなどの疾患が特にこういった症状を発生させる代表的な疾患でしょう。 しかし、一般的に肩こりや寝違えという症状はそう長続きするような疾患ではありません。 肩こりは血行不良などが原因で発生する筋肉痛のようなものです。 筋肉痛は通常では数日で改善しますし、長引いても1週間程度でしょう。 寝違えの症状は急激に炎症が強くなる事が特徴ですが、改善にかかる時間もそう長くはありません。 大まかな症状は数日である程度軽減するでしょうし、長引いても1、2週間もすればほとんど完治するはずです。 つまり、もし首が動かない、首を動かした時に背中の痛みがひどくなるという症状が数週間以上も続いている場合、その症状の正体は単なる肩こりではない可能性が高いんです。 同じような症状を発生させる可能性が最も高い疾患は、頚椎症(けいついしょう)や頚椎ヘルニア、ストレートネックなど首の骨の変形によって神経を圧迫して神経痛が発生する疾患でしょう。 頚椎症や頚椎ヘルニアとは、首の骨や軟骨が変形する事によって近くの神経を圧迫し、その神経が支配している領域に痛みや痺れなどの症状を発生させる疾患です。 軽症から重症例までの症状がかなり幅広く、重症であれば夜も疼いて寝れない、握力がなくなって手や腕や首を動かせないなどの症状を発生させる事もありますが、軽症であれば肩こりに似た痛みや筋肉の張り感だけを感じる場合もあります。 このように重症であれば、ただの肩こりでは考えられない症状を発生させますので分かりやすいんですが、頚椎症や頚椎ヘルニアなどで症状が発生していたとしても、軽症であれば肩こりに近い症状を発生させますので分かりにくいんですね。 少し極論かも知れませんが、本来の肩こりという症状はそこまで長引いたり、強い痛みを発生させる疾患ではないと思いますので、どこに相談しても治らない背中の肩こりや、わずかな首の動きによって背中に痛みを感じる症状の多くは、この頚椎の問題が関わっている可能性が高いと思います。 スポンサーリンク 頚椎症や頚椎ヘルニアであっても、初期であれば異常なしと診断される事が多い もし頚椎症や頚椎ヘルニアを疑った場合、病院へ行ってレントゲンやMRIなどの画像検査をされると思いますが、初期の頚椎症や頚椎ヘルニアの場合は「異常なし」と診断される事も決して珍しくありません。 お医者さんの診断基準はどうしても手術をするべきかどうかで判断される事が多く、首の骨や軟骨の変形、神経の圧迫などの問題点があったとしても、手術するほどの大きい問題じゃなければ「異常なし」と言われる事が多いんですね(こういった事は実際にお医者さんに聞いた事のある話です) そのため、異常なしと言われたとしても本当に異常がないとは限らないんです(決してお医者さんを否定するつもりはありませんが) 首を少しでも動かすと背中に激痛が発生する場合はコルセットなどで固定すると改善する事もある こういった首の動きの制限というのは、治療が非常に難しい疾患の一つなのですが、首のコルセットやカラーなどで首を固定すると、症状が軽減する事もあります。 しかし、首のカラーやコルセットによる固定の効果は人によって非常に個人差が大きい印象を持っています。 首を固定する事によって症状が改善する人もいれば、全く効果が無い人もいますし、場合によっては症状が悪化される人もいるんですね。 首を固定する目的は、首を動かした時の負担によって背中の症状が悪化する事から、動きを止めて首に加わる負担を軽減させる事を目的にしています。 しかし、人によって首の楽な位置や角度は微妙に異なる為、カラーやコルセットで固定した角度が、必ずしもその人にとって楽な位置に固定出来るかどうかは固定してみなければ分かりません。 ちなみに、首のカラーやコルセットを使用してみて症状が楽になったという人の話を聞いていると、普段から仕事などで長時間に渡って下を見続けるような作業をされている人が多い印象があります。 下を見て作業をする場合は、出来るだけ首だけじゃなく背中も丸めて下を見るようにすれば、首周辺の負担は少なくてすみます。 おそらくですが首を固定する事によって、首だけの動きでは下が見にくくなってしまうため、自然と背中なども丸めて下を見るような動作に変化する事で首への負担が軽減されているんでしょうね。 こういった事からも分かるように、もし普段から仕事や勉強で長時間に渡って下を見続けて症状が悪化する人は、カラーやコルセットとの相性は良いかもしれません。 逆に、カラーやコルセットを使用してみて症状が悪化したという患者さんの話を聞いていると、コルセットをつけると力が入ってしまい余計に肩がこったという話をよく聞きます。 首の固定は、首の動きを抑制する事によって首の負担の軽減を目的に行われます。 しかし、悪く言えば正常な首の動きの「邪魔」もしています。 普段から肩や背中に力が入りやすい人からすれば、一つ一つの動作で邪魔や抵抗感を感じる事によって余計に肩に力が入りやすくなってしまうんですね。 必要以上に肩や背中に力が入る事は、首を痛める大きな原因の一つですので、普段から肩に力が入りやすい人は、カラーやコルセットとの相性はあまり良くないかもしれません。 効果には非常に個人差が大きい事ですので、結局は使用してみないと誰にも答えは分からない事ではありますが、首の固定に興味を持っている人は是非参考にして下さいね。 頚椎症や頚椎ヘルニアから発生している背中の症状なのであれば、弱い刺激で行う治療が効果的 もしあなたが現在感じている背中の症状や、首が動かしにくいという症状が頚椎症や頚椎ヘルニアが原因で発生しているのであれば、残念ながら一般的な整骨院などで行われているマッサージや治療では改善しにくい症状のはずです。 実は頚椎症や頚椎ヘルニアの症状は非常に治療が難しく、お悩みの人が非常に多い疾患でもあります。 頚椎症や頚椎ヘルニアのように、首の骨や軟骨の変形などが症状に大きく関わっている場合、その周辺には常に強い炎症が発生しています。 炎症は近くの神経を興奮させて、感覚を過敏にさせる特徴を持っています。 感覚が過敏になると、簡単に言えば少しの負担やちょっとした動作でも痛みを感じやすくなってしまうんです。 つまり、こういった症状の方にマッサージやバキボキするような、比較的強い刺激で行う治療を行うと、あまり効果がない所か逆効果になってしまう可能性があるんですね。 どこの治療院やマッサージに通っても改善しなかったという人は多いと思いますが、そのほとんどの治療が割と刺激量の多い治療である事が多いと思います。 (そちらの方が患者ウケは良いと思いますので) 逆に、優しく弱い刺激で行う治療であれば、治療行為が負担になりませんので改善する可能性があります。 頚椎症や頚椎ヘルニアのように、骨や軟骨の変形や神経の圧迫が痛みに大きく関わっていたとしても、その症状には筋肉の緊張状態や炎症の有無も痛みにはかなりの部分で関わっています。 強い刺激で行う治療では、強い炎症による過敏性が邪魔をして改善する可能性は低いと思いますが、弱い刺激で行う治療であれば、しっかり首や背中周辺の筋肉を動かし、血行を促進する事が出来れば炎症や筋緊張は軽減して症状が改善する事も珍しくありません。 弱い刺激の治療を行っている治療院は、あまり多くはないと思いますが、もしよろしければこのページで書かれている事を治療院選びの参考にして下さいね。 (もちろん、首の固定も場合によっては効果的な方法です) 首の動きの改善に関しては、骨や軟骨の変形の重症度によっても改善には限界はありますが、優しい治療であれば改善する事も決して珍しくありませんので、信頼できる治療院があれば出来るだけ早く相談するようにして下さい。 (時間が立てば立つほど変形は進んで症状が取れにくくなりますので) もしどこに相談していいか分からない、どこに相談してもダメだったという人は一度私にお気軽にご相談して下さいね。 どこに行っても治らないしつこい背中の痛みや、頚椎から発生している症状の治療にはそれなりに自信を持っていますのできっとお力になれると思います。 以上で「首が回らない、動かすと背中や肩甲骨が痛い人は注意」のページの説明を終了させていただきますが、下記に背中の痛みに関連するページのリンクも載せていますので興味のある人はそちらも是非参考にして下さいね。 おすすめ記事 スポンサーリンク 背中や肩甲骨の痛みに関しての記事 このページを読んで頚椎症や頚椎ヘルニアの疑いがある人は以下のページも参考にして下さい。

次の