公認会計士 転職 公務員。 公認会計士の転職理由やキャリアパス・商社や公務員への転職は?

既卒の公認会計士試験撤退後の就職活動

公認会計士 転職 公務員

ページコンテンツ• ライバル多数!そもそも独立して成功するのは至難の業? 資格を取るのも取ってからも大変 公認会計士は大変難しい国家試験をパスしなければ就けない職業です。 資格さえ取ればその後の人生は安泰、と思われがちですが、独立開業後も全員が成功者の地位を得られるわけではありません。 増え続ける公認会計士 現在公認会計士の資格を持っている人は日本全国で約30000人です。 今度も毎年合格者は増え、 定年がなくシニアになっても働ける仕事であるため公認会計士の人数はこれからも増え続けます。 独立開業で成功するには、 専門分野を持っていないと生き残れず、競争が激しい業界といえます。 公認会計士が独立失敗する理由 営業力・人脈が足りない 独立して個人事務所を開設すると、公認会計士としての能力だけでなく 経営者としての才覚が求められます。 特に人脈をつないで営業をかけ、 クライアントを獲得するスキルは大切ですが、営業力は監査法人で自然に身につく能力ではありません。 公認会計士として能力の高い人でも営業力を思ったように発揮できず開業で失敗するケースは山のようにあります。 コンサルティング能力の不足 独立した公認会計士の個人事務所が請け負う仕事の多くが小~中規模の企業です。 監査法人時代に担当していた大企業や中堅クラスのクライアントの仕事と求められるものが大きく変わってきます。 個人事務所の公認会計士は、 クライアントの会計や経営に関するアドバイスをする コンサルティング能力が求められます。 コンサルティング能力も監査専門業務をこなしてきた公認会計士に自然に身につくものではなく、自分のスキル不足を開業してから痛感する公認会計士がたくさんいます。 景気で仕事が左右される 小~中規模の企業クライアントを抱えている個人会計事務所は、 景気に仕事が左右されるというリスクを抱えています。 メインのクライアントが景気の影響で倒産してしまうと、会計事務所の収入が激減という可能性もあります。 リスクを減らすために特定の顧客に依存しない経営をすることが大切ですが、限られた人数で 抱えられるクライアントの数は限られており、安定した収入を得る難しさに悩む個人事務所は数多くあります。 税理士と仕事が競合 公認会計士は税理登録をおこなえば税務の業務をおこなうこともできます。 税理士登録すれば毎月安定した収入が得られるので、 税理業務の顧問料をあてにして開業にふみきる公認会計士もたくさんいます。 ですが税理士業界も会計士同様に資格保有者が多く競争が厳しく、税理を専門に扱う税理士であっても仕事が獲れない状況にあります。 税理業務による収入が確保できず資金難から廃業に追い込まれる個人事務所もあります。 中間管理法人での職務経験を持つ公認会計士の転職市場における評価は高く、再び監査法人に出戻りするケースもかなりあります。 Big4も中途採用を強化 中小規模の監査法人や個人事務所の立ち上げを経験した転職者は、会計士として鍛えられているためBig4をはじめとする 大手監査法人からも需要があります。 経験者の場合はシニアマネージャーのポストで中途採用されるケースが多いです。 特に 監査以外の業務をおこなうセクションの求人では、監査法人は生え抜きの会計士にないキャリアを持つ人材を募集することもあるので、以前と同クラスの中堅監査法人よりも大手の監査法人で働いてみたい気持ちがあるのなら積極的に応募してみましょう。 公認会計士で独立失敗した人におすすめの再就職先 経験スキルを活かすならコンサルティングファーム 監査法人に出戻り以外にも、公認会計士で独立に失敗した人におすすめの転職先はあります。 監査法人や独立後の経験をいかす転職先に、 コンサルティングファームがあります。 会計のスペシャリストとしてクライアントにコンサルティング業務をおこないます。 安定を求めるなら一般事業会社 開業の失敗から とにかく安定を求めたいという気持ちが強い人には、 一般事業会社の会計部門への転職がおすすめです。 企業内会計士の採用をおこなう中堅・大手クラスの企業は多く、年齢とキャリアを考慮の上年収が決まる一般企業なら、 顧客確保に奔走する必要がなく会計士の仕事に打ち込むことができます。 再就職したいと思ったらまずは求人をストックしておこう 再就職に成功するかどうかは、良い求人に出会えるかどうかで決まります。 良い求人に出会えるかどうかは 運とタイミング次第なので、常日頃から求人サイトをチェックしておく必要があります。 あらかじめ 転職サイトに希望条件を登録しておけば、 条件にマッチする求人が出たらすぐにお知らせしてくれますので、 良い求人に出会える確率が上がりますし、取りこぼしも防げます。 転職したいと思ったら、まずは転職サイトで網を張っておくのがおすすめです。 リクナビNEXT 転職希望者の8割が利用する 求人数No. 1の転職サイト。 希望条件を登録しておけば求人開始と同時にメールで届くので、 優良求人を見逃すこともありません。 会員登録することで 履歴書や職務経歴書のテンプレートもダウンロードでき、 作成したレジュメは保存できるので、応募の度に作成する必要がなくなります。 転職したいと思ったら、まずはリクナビNEXTで求人をストックしていくのが良い求人に出会う第一歩です。 独立失敗からさらに転がり落ちていかないための転職方法 求職活動での独立失敗の影響を最小限に 転職活動では志望動機や退職理由が合否に大きく影響します。 独立失敗という経験をマイナスに受け取られないために 応募書類作成や面接対策で入念な準備が必要となります。 廃業の影響が及ばない転職先を選ぶ 公認会計士同士の横のつながりでは、事務所廃業など悪い噂ほど早く伝わる傾向があります。 転職の際にこれまでの人脈を頼りたくなる気持ちは理解できますが、イメージダウンをさけるため、 以前の職場と横のつながりがある職場を避けるのがおすすめです。 ブランクをつくらない 個人事務所をたたむ際には、抱えていたクライアントや雇用していた従業員への対応など責任の重い作業がつきものです。 責任感の強い人ほどこれらの対応に追われて自分の今後の身の振り方は後回しになりがちですが、 会計士としての長いブランクを作らないことが今後のキャリアの立て直しにとって大切です。 転職エージェントの活用 独立失敗からの転職を考えている公認会計士にとって、おすすめしたいのは総合型転職エージェントの活用です。 残務処理に追われる人でも転職エージェントから求人紹介を受けることで効率よく、 人脈に頼らず転職活動をすすめることができます。 大手の転職エージェントであれば、公認会計士専門の転職エージェントや大手監査法人とも取引があるため、今後のキャリア選びに必要な情報を担当のコンサルタントから入手することができます。 書類や面談の対策といった転職者サポートも充実しているため、 独立失敗の影響を最小限にとどめ最適な転職を見つけることができます。 リクルートエージェント リクルートエージェントは約20万件もの非公開求人を抱える国内最大の転職エージェントです。 転職実績も非常に高く、さまざまな理由から転職を希望する転職者が手厚いサポートを受けられる総合型の転職サービスです。 リクルートエージェントは公認会計士や税理士といった士業の転職も得意で、 業界に精通する専任のキャリアアドバイザーがひとりひとりに最適な求人紹介を行うので、忙しい社会人でも効率よく転職活動をすすめることができます。 税理士・公認会計士の転職におすすめの転職エージェント・転職サイト24社を比較してランキング形式で紹介しています。 税理士・公認会計士として年収アップ転職したい人、税理士・公認会計士から異業種転職したい人、未経験で税理士・公認会計士に転職したい人それぞれおすすめの転職エージェントを紹介します。 まとめ 公認会計士は資格保有者が多いためその後の キャリア形成でも競争が激しい業界です。 営業力・コンサルティング能力不足や、税理士との競争や景気の影響を受け、独立に失敗する公認会計士もたくさんいます。 独立開業に失敗しても公認会計士には ・ 監査法人 ・ コンサルティングファーム ・ 一般事業会社 などの活躍の場があります。 志望動機や退職理由を念入りに準備し、 ブランクを作らない迅速な転職を意識すれば、独立失敗の影響を最小限にすることができます。 求人紹介をおこなう転職エージェントの力をかりて、公認会計士としてのキャリアの立て直しをはかり転職を無事成功させ、公認会計士としてのリスタートを切りましょう。

次の

国家公務員からの転職は可能?後悔しないために確認すべきポイント4つ|キャリズム

公認会計士 転職 公務員

年齢が若いほうが勉強しやすい 受験の年齢は合格に関係ありませんが、実際に受験する人は20代がほとんどで、大学卒業後や社会人経験が2~3年のうちに公認会計士を目指す人が多いです。 実際に、平成30年度の合格者の平均年齢は25. 0歳となっています。 若い世代の受験が中心になる理由として、公認会計士の資格をとるために長い期間が必要とされることがあげられます。 公認会計士は、筆記試験に合格したらすぐに資格を取得できるというわけではなく、難関といわれる「筆記試験」に合格できたら、次は監査法人や会計を専門にする企業で2年間以上の「業務補助経験」を積まなければいけません。 その後、年に一度行われる「修了考査」と呼ばれる筆記試験を突破できた人だけが、ようやく公認会計士として登録できます。 全てのステップをクリアするためには3年~5年を必要とするため、少しでも年齢が若いうちに最初の筆記試験を突破したいと考えて挑戦する人が多くなっています。 大手監査法人への就職を目指すのなら30代前半までが現実的 公認会計士として監査法人で働きたいのであれば、30代前半までが現実的といえるでしょう。 特に大手監査法人の場合は毎年志望者が殺到するので、わざわざ高齢の人を取る必要はなく、若くして資格取得ができた優秀な人を育てたほうが将来性に期待できたり、人材育成的にもやりやすかったりするようです。 働く側としても、監査法人に入った年から公認会計士としてのキャリアがスタートするとしたら、年齢が高くなるほど出世できるスピードも遅くなってしますし、自分よりも年下の人が上司になるなど働きやすい環境とはいえません。 ただし、年齢が高かったとしても「会計業務に携わっていた」「経営戦略の仕事をしていた」というような経験をもつ社会人の場合は、その経験を生かした公認会計士として活躍できる可能性もあります。 しかし、特に職歴もなく何年も試験に落ち続けてやっと受かったという場合、30代以降は採用されにくいということを理解する必要があります。 独立して働くなら年齢は関係ない 監査法人で働きたい場合は年齢が高くなると難しくなりますが、独立して働くならばクライアントさえ確保できればよいので、年齢はさほど関係ありません。 監査業務は監査法人でしか扱うことができないので、独立して働く場合は、公認会計士の能力を生かしてコンサルティング的な仕事をする人が多いようです。 たとえば、一般企業の経理部勤務の経験をしたのちに公認会計士資格を取得する場合、経理部の立場と公認会計士の立場の両方が理解できるので、非常に頼りになる存在として重宝されるでしょう。 社会人経験なしにいきなり独立して働くのは難しいですが、前職での会計の知識などがあれば、高齢であってもその経験を生かして働くことができます。

次の

公認会計士で独立失敗、廃業した後の転職先は?

公認会計士 転職 公務員

7つのキャリアフィールド• ・独占業務と専門性• ・幅広いクライアントを経験• ・社会貢献性• ・スピーディーな成長• ・クライアントの事業を後押し• ・キャリアの汎用性• ・中小企業への経営支援• ・税務の専門性を高める• ・独立可能性• ・ファイナンス領域での専門性• ・社内での多様なキャリアパス• ・比較的高収入• ・自社への貢献と社会的影響力• ・長期就業の可能性• ・ワークライフバランス• ・語学力を活かす• ・比較的高収入• ・ワークライフバランス• ・CFO候補• ・経営管理全般の経験• ・IPOや企業成長へ貢献• 公認会計士の転職成功事例 公認会計士の転職成功事例をご紹介します。 公認会計士の転職FAQ• 年収 監査法人と事業会社では、どちらが年収が高いですか?• 年代別 40代公認会計士、監査法人のマネージャーです。 事業会社への転職を考えていますが、年収はあまり落としたくありません。 転職できますか?• 働き方 ワークライフバランスを取りながら働くための選択肢としては、どのような会社があげられますか?• 転職活動全般 現在大手の監査法人に勤めているのですが、繁忙期を避けて転職をしたいと考えております。 企業や会計事務所、コンサルティング会社でそれぞれの転職活動期間はどの程度見込んでおけばよろしいでしょうか。 業界研究 メーカーへの転職を希望していますが、企業研究の方法が分かりません。 公認会計士の職務経歴書 マーケット動向と業界トピックス 公認会計士の転職市場と求人動向 公認会計士を対象とした求人数は年々増加傾向にありましたが、2016年に入り若干の減少となっています。 この背景には、監査法人業界が働き方改革を進め始めたこと、その影響もあり監査法人内の就業環境が改善に向かうという期待感が出てきたことで、若手公認会計士を中心に外部への流出が減ったことが大きく影響していると考えられます。 その結果、今まで公認会計士を積極的に採用していた業界や企業においても、公認会計士以外もターゲットにして採用を始めたことが、純粋に公認会計士を求める求人数の減少に繋がったと考えられます。 一方で、世の中の流れとしても新規事業の取り組み、海外ビジネスの強化、不正リスクへの対応、IPOを目指すベンチャー企業の増加など、公認会計士が活躍できる領域は拡大中です。 一旦は飽和状態にまで達した公認会計士対象の求人がどのように推移していくのか、注目が集まっています。 転職トピックス 業界情報や転職に関する情報等さまざまなトピックスを発信しています。 転職をお考えの方もそうでない方も、ぜひご覧ください。

次の