喪中 範囲。 喪中で年賀状を出さない範囲は?|期間・喪中はがき・マナー|終活ねっと

喪中の範囲はどこまで?何親等まで喪中はがきを出す必要があるの?|喪中はがき.com

喪中 範囲

喪中はがきを出す故人の範囲・続柄 喪中はがきを書く人(差出人)となる人は? 喪に服する期間に厳密な決まりごとはありませんが、1年というのが通例です。 従って年内に近親者が亡くなった方が、年賀状ではなく、 年賀欠礼状(年賀の挨拶を欠礼するという詫び状)、通称喪中はがきを出すことになります。 喪中はがきを出すべき故人の範囲・続柄は? 喪中はがき(年賀欠礼状)を出す範囲については、喪中となる範囲です。 故人が自分の両親、配偶者、兄弟姉妹、子ども、配偶者の両親というのが目安(下の図の薄いオレンジの枠)といわれていますが、 厳密なルールではありません。 二親等までという説明もある一方で、 同居をしていない、世帯が別ということであれば、二親等であっても年賀を欠礼する必要はないという考え方もあります。 反対に、三親等だから喪に服してはいけないというわけではありません。 また、喪中はがきを出す際には、世帯主から見ての続柄で判断するのが一般的です。 親等図(二親等まで) 喪中はがきの基本的な書き方 喪中はがきの書き方には、いくつかのルールがありますが、大まかな要素と順番は次の通りです。 そのため、冒頭にこのことをはっきりと記す必要があります。 また、誰が他界したのかという故人の情報についても、きちんと記す必要があります。 特に昨今は、喪中はがきが亡くなったことを知らせる訃報通知の役割も担っており、喪中はがきの重要性は増しています。 故人の名前だけだと、亡くなった方がどのような関係に当たる人なのかがわからず、受け取った側もお香典を出すべきなのかどうかというように、対応に困ることもあります。 故人の続柄はきちんと記す方が丁寧です。 また、 喪中はがきで近況を伝えるのはマナー違反です。 近況を伝えたい場合は喪中葉書とは別に送りしましょう。 義理の親が亡くなった場合の喪中はがきの書き方 配偶者(妻)の親が亡くなった場合、喪中はがきの書き方については義理の父、すなわち「義父」を用います。 このほか、妻の父親を意味する言葉としては「岳父」(がくふ)という言葉があります。 続柄を書かないという方法もありますが、先述の通り、 なるべく書いた方が受け取った人にとってもわかりやすいでしょう。 また、配偶者(妻) の母については、「義母」のほか、「丈母」(じょうぼ)と書く場合もあります。 丈というのは丈人、つまり年老いた人という意味があります。 夫婦連名で喪中はがきを出す場合は? では、夫婦連名で喪中はがきを出す場合、例えば故人が配偶者(妻)の親だった際にはどのように記せばよいのでしょうか? 答えは、「義父(岳父)」または「義母(丈母)」です。 喪中はがきは世帯主からみた続柄を書くのが一般的 です。 そのため、世帯主が夫で、配偶者(妻)の親が亡くなった場合は、「義理」の親せきというのが通例です。 ただ、「義父(岳父)」「義母(丈母)」と書いたものの、配偶者(妻)にとっては実父、実母です。 亡くなったのは自分の親なのに「義理」と記すことには抵抗があるかもしれません。 もしくは、 喪中はがきは連名としないというのもひとつの方法です。 どうして喪中は悩ましい?喪中の難しさの理由 喪中とは、ご家族や親せき、近しい人などが亡くなった際に、 喪に服する期間です。 古くは家の門を閉ざして外部との交わりを避けるといったこともありました。 しかし、現在はお祝い事などは控える、派手な行いはしないなど 、それほど厳しいものではありません。 ただ、喪に服するという行為は、 故人の冥福を祈り、生活を慎むという 自主的な行為です。 喪に服する期間や、喪中にやっていいこと、いけないことなど、明確な決まりがあるわけではありません。 ある意味、それぞれの気持ちの問題でもあるため、忌中とは異なり「亡くなってから何日目に、これこれの追善供養をする」というものではありません。 これはある意味、非常に難しい部分でもあります。 ルールがない分、 自分で判断しなければならないことも多く、せっかく故人を偲んでいても他人からは「マナーを知らない人」と見られてしまう可能性もあります。 さらに、忌中と喪中の違いもわかりにくいといったこともあり、頭を悩ます方もいるようです。 まとめ 喪中はある意味あいまいな部分があるため、わかりにくいといえばわかりにくい習わしのひとつかもしれません。 しかし、そのぶん、決まりではなく心から故人の死を悼み、冥福を祈ることがもできます。 特に年末、年始にかけてはお正月などお祝い事も多い季節です。 ご不明な点などありましたら、もあわせてご参照ください。 いい葬儀で葬儀場・斎場を探す エリアを選択してください 北海道・東北地方 探す• 関東地方 探す• 中部地方 探す• 関西地方 探す• 中国・四国地方 探す• 九州地方・沖縄 探す• いい葬儀の鎌倉新書が運営するサービス•

次の

喪中の年賀状の範囲は?叔父や叔母の場合年賀は出しても良いの?|ココシレル

喪中 範囲

喪中はがきの対象範囲 年賀はがきの喪中欠礼をするのは 一般的に配偶者か父母が亡くなった場合です。 しかしこれ以外にも様々なケースがありますよね。 祖父母や伯父伯母、配偶者の祖父母等など親戚は幅広いです。 またその家庭や地域によっても違いがあります。 この場合は喪中になるのか?と迷ったら、まずは同居かどうかで判断すると良いです。 たとえば故人が祖父母で一般的には喪中欠礼には当たらなくても、同居していれば喪中、していなければ関係なく年賀状を出すところもあります。 また義父母と同居をしていてたとえば故人が義理の叔父の場合、自分は喪中欠礼に当たらないけれど義父母が喪中欠礼をするというなら自分も喪中とした方が良いです。 義父母が喪中欠礼しているのに自分には年賀状が届いていたら、気まずいですよね。 同居家族ですから、そこは合わせた方が良いでしょう。 もしも、義父母は喪中欠礼だけど自分は平年通り年賀状を送りたいしもらいたいなら、まずは義父母と相談しましょう。 スポンサーリンク 喪中はがきを出す範囲 また喪中はがきはどの範囲まで出せば良いのかというと、基本的には いつもやりとりをしている相手に送りましょう。 普段から年賀状を送っていない相手に喪中はがきを送る必要はありません。 自分も送る相手も喪中だった場合、自分が喪中はがきを出す前に相手から喪中はがきが届いたとしても自分も喪中はがきを出しましょう。 また、あえて自分が喪中だと伝える必要がないと感じる間柄の相手なら、普段から年賀状のやりとりがあっても喪中はがきを出さなくても良いです。 たとえば故人が義祖父で自分も関係性が薄いという場合ですね。 喪中であることを相手によって使い分けるのは本来は間違いではありますが、しかし自分の気持ちと親族の考えとは必ずしも一致しないこともあります。 状況にもよりますが、この場合なら配偶者側の関係者などには喪中はがきを出して、自分の知人や友人とは変わらず年賀状のやり取りをする、というのも考え方としてはアリです。 仕事上のみの付き合いで故人と面識のない場合や気遣いをさせたくない相手には、喪中を知らせずに平年通り年賀状を送ることもあります。 故人と自分との続柄や、故人と喪中はがきを送る相手との関係を考慮して、必要と思われる範囲に出すようにすれば良いでしょう。 喪中はがきの書き方 喪中はがきにはコレと決まった書き方はありませんが、一般的な書き方としては まず 「喪中につき年末年始のご挨拶を失礼させていただきます」と喪中につき年賀欠礼する旨を述べます。 「賀」はおめでたい言葉なので喪中はがきでは使用しません。 代わりに年頭や年始を使います。 拝啓や敬具なども不要です。 また喪中はがきには上記以外のこと、近況報告などは書かないでおきましょう。 喪中はがきの対象者と出す範囲 まとめ 先述のように、一般的に配偶者か父母が亡くなった場合、喪中はがきを出します。 しかし、身内に不幸があったから年賀状は出さないものだ、出せなくなる、と考えるのは間違いです。 喪に服すということは、自分の大切な身内を失って悲しみの中にある、だからお祝い事などからは距離をおいているという状態を言います。 そして喪中はがきは、自分は今悲しみの中にいて新年を祝う気持ちになれないので新年の挨拶を失礼します、ということを相手に伝えるものです。 その喪中の基準は、自分が悲しいかどうか、そのひとつのみです。 たとえば故人が疎遠な身内だったら、正直あまり悲しみに暮れることはないと思います。 その場合、親戚間の年賀状のやりとりは控えますが、知人や友人などとの年賀状のやりとりは平年通り行うことも多いです。 あえて親戚の不幸を伝える必要もないと思う人もいるでしょう。 私も今年伯母が亡くなりましたが、数年に1度会う程度の関係性だったので今回の年賀状はいつも通り送る予定ですし喪中はがきも送りません。 逆に義理の叔母だけれどしょっちゅう一緒にでかけていつもとても仲良くしていた、などの深い関係であったなら等親に関係なく悲しみ喪に服すでしょう。 喪中はがきを受け取った相手が、え?義理の叔母さんなのに?など思うかもしれませんが、気にする必要はありません。 自分が悲しい、新年を祝う気持ちにはまだなれない、そう感じているならそれは喪中として良いです。 世の中には愛犬が亡くなったから喪中、という人もいます。 一般的な喪中の期間、などの指標もありますがそれはあくまで考え方の一つです。 喪中かどうかは自分の気持ちで決めて良いものです。 ですが、配偶者や両親、同居家族の意向もあるでしょうから、その場合はお互いに話し合って決めるのが一番でしょう。

次の

喪中の範囲はどこまでの親族にあたるの?祖父母や兄弟、叔父叔母は?

喪中 範囲

喪中とは 「喪中」とは、近親者が亡くなった際、その死を悼んである一定の期間、喪に服することを言います。 一般的に、喪に服している間は、公に行われる慶事から外れることになり、「忌服(きふく)期間」「服喪(ふくも)期間」とも言われます。 では、一体、この慣習は何のためにあるのでしょうか。 一定期間、故人の死を悼むだけにあるものなのでしょうか。 少し、詳しくみていきましょう。 忌中と喪中の違いは他界してからの日数 実は、喪に服する期間でも、故人が他界してからの日数によって、名称が異なり、外れる慶事も異なってきます。 「忌中(きちゅう)」他界後、四十九日の忌明けまで• 「喪中(もちゅう)」一周忌まで 冒頭に別名として記載した名称に使われている「忌」は忌中を、「服」は喪中を指しています。 「忌中」は、故人に対して祈りを捧げる期間とされ、この期間は死の穢れ(けがれ)が身についているため、外部との接触を避けていました。 「喪中」は、故人を偲ぶ(しのぶ)期間とされ、慶事の執り行い、また参加することを控えていました。 喪中の期間は一年ではない? 喪中の期間は、故人との関係性にもよりますが、一般的には長くて1年間とされています。 一周忌法要を境に喪明けとされています。 ちなみに、明治時代には太政完布告で喪中に関する取り決めがありましたが、昭和22年に撤廃されました。 続柄による、一般的な喪中の期間は、以下の通りとなります。 父母・義父母:12ヶ月〜13ヶ月• 子供:3ヶ月〜12ヶ月• 祖父母:3ヶ月〜6ヶ月• 兄弟姉妹:30日〜6ヶ月• 曾祖父母(そうそふぼ):喪中としない• 伯叔父母(はくしゅくふぼ):喪中としない 喪中の範囲は何親等まで? 喪中は、一般的に亡くなった人が2親等までが範囲とされ、3親等からは喪中としないことが多いです。 しかし、3親等以降でも、同居しているなど、故人との関係性が深い場合には、喪に服すことがあります。 喪中に控えた方がよい行事 遊興(ゆうきょう) 遊び興ずることを指します。 特に、酒色に興じることを指します。 結婚式参列 結婚式への参列は、一般的に控えます。 しかし、現在は、友人や会社関係の場合は出席することもあります。 結婚式の執り行い 一般的に、喪中に結婚式を執り行うことは避けた方が良いとされていますが、最近は、四十九日の忌明け以降であれば、執り行うことが多くなってきています。 喪中の旅行 以前は、遊興を控えるということから、喪中の旅行は避けた方が良いとされていましたが、現在は、忌明けを目処に行うことが多いようです。 まとめ 喪中に関して説明をしてきましたが、いかがでしたか。 喪中という言葉の持つ意味や喪中の期間・範囲、期間中に控えた方が良い行事など、参考にして頂けると幸いです。

次の