ある日お姫様になってしまった件について74話。 偽装結婚のススメ〜溺愛彼氏とすれちがい〜#8/感想ネタバレ

第23話 拠点の整備と拡大

ある日お姫様になってしまった件について74話

原作が小説とは知らず、スマホに出てくる広告で知り、面白そうだなと購入。 まず、全ページカラーに驚きました 笑 個人的には白黒が見やすくて好きですが…。 殿下と関わり合いになりたくないとの発言にそりゃそうだろうなと、ものすごく納得しました 笑 主人公にはぜひ新たな道を歩んでほしいですが、ルブリスと関わらない訳にはいかないんでしょうね、多分。 2巻が楽しみです!白黒でいいんだけどなぁ。 その分安くしてください。 絵が綺麗、日本の某創作集団を彷彿とさせるデザインが多いです。 ストーリーに関しては一言で言うと主人公のアリスティアが可哀想すぎる、もうなんていうか可哀想すぎてそれ以外の言葉が浮かばない… 国民思いで真面目で賢くて王妃になるのにこれ以上ないってくらい逸材なのに… 9歳に戻ったからには絶対に幸せになって欲しい! 自分が幸せになることも考えて! もちろん素敵なパパンも一緒に!! 相手役?に関しては ムカつきすぎて名前忘れた 、とにかくクソ、その一言に尽きる、なんか言おうとすると全部罵詈雑言になりそう 過去に色々あったのかもしれんがお前だけじゃねえんだよ色々考えろ、むしろよく国が維持できてたな クズ、ゲロ以下、自意識過剰、こじらせ、勘違い野郎、服装に関してはどこの夜王だよ(笑) アリスティアに対する発言が自意識過剰過ぎてむしろ笑える、つーか、なんだかんだ言って先にヤることヤってる時点で鞍替えした女子高生に対する愛情もたかが知れてる 少なくとも自分に対して本当の愛情向けてくれる相手を理解しよともせずに足蹴にして嘲笑ってる野郎とか、いくら求愛されても私は絶対無理、お断り申し上げる こんな好きになる要素がコンマ1ミリも無い王子に対して向けるアリスティアの一途な恋慕が勿体無さ過ぎる…。 (神様補正め…) はよ素敵なお相手が掻っ攫っていってくれることを祈る(仮に9歳からのリスタートでクソ王子がアリスティアのこと好きになっても個人的にはくっついて欲しくない) 転移してきた少女に関しては限りなく濃い灰色だがなんとも言えない つーか、妃がやるべき事を側室にやらせるとかおかしいだろ、最初はしょうがないとはいえちゃんと教育しろよ、それで後で困るのは絶対に本人とかなんだから、現代の女子高生がいきなり転移してきたらそりゃ本人も大変だろうけど「いきなり妃になれとか言われても困る」とか本気で思ってるなら徹底的に拒絶すれば良い、拒絶したとしても国からぞんざいには扱われないだろうし、結局のところ妃生活楽しんでるだけ 礼儀作法が堅苦しいから軽い口調で良いっていうのはフレンドリーなのとは違う、それを重んじる意味とか理由とか考えてない、その国を国王と一緒に背負って国民を導かなきゃならない王妃って立場を軽く見過ぎ、そりゃアリスティアも怒るわ 少なくとも本当にアリスティアに悪いと思ってるなら、クソ王子がなんて言おうとちゃんと妃教育受けて、その世界の事情とか背景とか理解しようとしたり、言葉遣いとか身近なとこから少しずつでも改善していくべき アリスティアがそれまで王妃になる為に続けてきた血が滲むような努力とか、重責とか、あきらめたものとか、国母になることに対しての覚悟とか、なによりも偽りのない恋心とか、そういうものを全部ぶち壊してそれでもその上に立つなら、ちゃんとそれがどういうことか理解してものを言うべき いくら現代の女子高生だからって、すぐにとはいかなくともそういうことはちゃんと理解できるはず、 現に世界が違うとは言え一歳年下のアリスティアがそれだけの覚悟してるんだから 私がアリスティアだったらとっくに張っ倒してる ある意味この女子高生も悲劇的っちゃ悲劇的、王子がしてるのは盲目的に甘やかして愛でてるだけ、女子高生自身のことはちゃんと見ていない、本当の意味で愛してるとは言えない 中はびっくりフルカラー!最初から最後まで! そのせいか重い?(笑) 表紙と中のイラストがちょっとだけ違う気が。 あと年齢設定がよくわからないメンズが沢山出てくるし、主人公が年齢を遡ってしまってから、よく悪夢にうなされ起きちゃうのがあるんですがその時の顔の1つのシーン、まるで小さな子ではない…。 そこらへんが期待を込めつつマイナス1。 主人公にはただただ幸せに自分の道を生きてほしい。 head e. getElementsByTagName "head" [0] e. createElement "script" ;d. onload ;c. insertBefore d,c. ssl-images-amazon. tags. indexOf "usesAppStartTime" b. transition. type?! transition. u :l ;a. previousSibling e. nodeName;1! getAttribute return a. getAttribute k? getAttribute k :f a. indexOf c. unshift c. b f a :d.

次の

捨てられた皇妃 1 (FLOS COMIC)

ある日お姫様になってしまった件について74話

原作が小説とは知らず、スマホに出てくる広告で知り、面白そうだなと購入。 まず、全ページカラーに驚きました 笑 個人的には白黒が見やすくて好きですが…。 殿下と関わり合いになりたくないとの発言にそりゃそうだろうなと、ものすごく納得しました 笑 主人公にはぜひ新たな道を歩んでほしいですが、ルブリスと関わらない訳にはいかないんでしょうね、多分。 2巻が楽しみです!白黒でいいんだけどなぁ。 その分安くしてください。 絵が綺麗、日本の某創作集団を彷彿とさせるデザインが多いです。 ストーリーに関しては一言で言うと主人公のアリスティアが可哀想すぎる、もうなんていうか可哀想すぎてそれ以外の言葉が浮かばない… 国民思いで真面目で賢くて王妃になるのにこれ以上ないってくらい逸材なのに… 9歳に戻ったからには絶対に幸せになって欲しい! 自分が幸せになることも考えて! もちろん素敵なパパンも一緒に!! 相手役?に関しては ムカつきすぎて名前忘れた 、とにかくクソ、その一言に尽きる、なんか言おうとすると全部罵詈雑言になりそう 過去に色々あったのかもしれんがお前だけじゃねえんだよ色々考えろ、むしろよく国が維持できてたな クズ、ゲロ以下、自意識過剰、こじらせ、勘違い野郎、服装に関してはどこの夜王だよ(笑) アリスティアに対する発言が自意識過剰過ぎてむしろ笑える、つーか、なんだかんだ言って先にヤることヤってる時点で鞍替えした女子高生に対する愛情もたかが知れてる 少なくとも自分に対して本当の愛情向けてくれる相手を理解しよともせずに足蹴にして嘲笑ってる野郎とか、いくら求愛されても私は絶対無理、お断り申し上げる こんな好きになる要素がコンマ1ミリも無い王子に対して向けるアリスティアの一途な恋慕が勿体無さ過ぎる…。 (神様補正め…) はよ素敵なお相手が掻っ攫っていってくれることを祈る(仮に9歳からのリスタートでクソ王子がアリスティアのこと好きになっても個人的にはくっついて欲しくない) 転移してきた少女に関しては限りなく濃い灰色だがなんとも言えない つーか、妃がやるべき事を側室にやらせるとかおかしいだろ、最初はしょうがないとはいえちゃんと教育しろよ、それで後で困るのは絶対に本人とかなんだから、現代の女子高生がいきなり転移してきたらそりゃ本人も大変だろうけど「いきなり妃になれとか言われても困る」とか本気で思ってるなら徹底的に拒絶すれば良い、拒絶したとしても国からぞんざいには扱われないだろうし、結局のところ妃生活楽しんでるだけ 礼儀作法が堅苦しいから軽い口調で良いっていうのはフレンドリーなのとは違う、それを重んじる意味とか理由とか考えてない、その国を国王と一緒に背負って国民を導かなきゃならない王妃って立場を軽く見過ぎ、そりゃアリスティアも怒るわ 少なくとも本当にアリスティアに悪いと思ってるなら、クソ王子がなんて言おうとちゃんと妃教育受けて、その世界の事情とか背景とか理解しようとしたり、言葉遣いとか身近なとこから少しずつでも改善していくべき アリスティアがそれまで王妃になる為に続けてきた血が滲むような努力とか、重責とか、あきらめたものとか、国母になることに対しての覚悟とか、なによりも偽りのない恋心とか、そういうものを全部ぶち壊してそれでもその上に立つなら、ちゃんとそれがどういうことか理解してものを言うべき いくら現代の女子高生だからって、すぐにとはいかなくともそういうことはちゃんと理解できるはず、 現に世界が違うとは言え一歳年下のアリスティアがそれだけの覚悟してるんだから 私がアリスティアだったらとっくに張っ倒してる ある意味この女子高生も悲劇的っちゃ悲劇的、王子がしてるのは盲目的に甘やかして愛でてるだけ、女子高生自身のことはちゃんと見ていない、本当の意味で愛してるとは言えない 中はびっくりフルカラー!最初から最後まで! そのせいか重い?(笑) 表紙と中のイラストがちょっとだけ違う気が。 あと年齢設定がよくわからないメンズが沢山出てくるし、主人公が年齢を遡ってしまってから、よく悪夢にうなされ起きちゃうのがあるんですがその時の顔の1つのシーン、まるで小さな子ではない…。 そこらへんが期待を込めつつマイナス1。 主人公にはただただ幸せに自分の道を生きてほしい。 head e. getElementsByTagName "head" [0] e. createElement "script" ;d. onload ;c. insertBefore d,c. ssl-images-amazon. tags. indexOf "usesAppStartTime" b. transition. type?! transition. u :l ;a. previousSibling e. nodeName;1! getAttribute return a. getAttribute k? getAttribute k :f a. indexOf c. unshift c. b f a :d.

次の

漫画「よくあるファンタジー小説で崖っぷち妃として生き残る」21話のあらすじと感想!ネタバレ有り

ある日お姫様になってしまった件について74話

優介から大事な話があると、仕事帰りに待ち合わせ。 優介の部下の女性に絡まれるものの、持ち前の強さでやり込めました。 そしてお互いにこれから先の時間をかけて好きだと証明すると宣言。 前回の7話はこちら 偽装結婚のススメ第8話あらすじ感想 さて、今回の第8話は偽装結婚なのに溺愛してくる彼氏ってどういうこと?っていうタイトルの謎が解き明かされました。 これまでは紗雪目線で話が進んでいたから、紗雪が優介に対してどう思っているかはわかっていたけど、優介が何を考えているのかさっぱりわからなかったんだよね。 まさか優介の一目惚れだったとか、家を飛び出した紗雪を自分の家に連れてきた時もまだ紗雪がお見合い相手だと知らなかったとか。 紗雪を一人で寝かせた後で見合い写真を見て気づくとか。 優介が無表情すぎてわからなかったけど、心中は結構えらいことになってたんだね。 一目惚れの相手が紗雪と知らずにお見合いを断ろうとしたことやいろいろやらかしたことで優介は紗雪に嫌われてるかも・・・と思いつつ。 そばにいる口実と他の人とお見合いさせられないようにするために偽装結婚を持ちかけるなんて! そしてその間に紗雪に自分のことを好きになってもらおう計画だなんて。 そりゃあ「安心しろ。 これは偽装結婚だから」とか言いながら、やたらと紗雪にチュウしたり抱きしめたりするよね。 自分のことを好きになってもらいたいというのもあるけど、優介が紗雪のことが好きでいろいろダダ漏れだっただけってことか。 紗雪も優介を好きな部下の女性に当られてたけど、そこで怯んだりせずに堂々とこれからの人生かけて優介を好きだって証明してみせる!って宣言したところは良かった。 そういう真っすぐなところに優介も惚れたんだろうな。 さてこれまで両片思い状態だった優介と紗雪だけど、お互いに好きだと宣言しあってこの次はどうなるのかな。 甘々な展開になるのでしょうか。 次回の第9話はこちら.

次の