クワガタ 飼育 ケース。 よくある質問 各種クワガタの飼育方法 / クワガタムシ・カブトムシ専門店 イークワ

クワガタ、カブトムシ用コバエ防止飼育ケース販売/クワガタ工房虫吉

クワガタ 飼育 ケース

今回は飼育ケースについてです。 クワガタやカブトの種類や大きさ、その時の状況など 種類別・場面別・目的別に最適な飼育ケースをご紹介します。 今回は単独飼育を想定しております。 単独飼育…ケース内に成虫1頭のみ 多頭飼育…ケース内に成虫2頭以上 観賞用の飼育ケースの選び方 まずは観賞用の飼育ケースの選び方です。 タイプ別にご紹介します。 この飼育ケースは大きい順に、、、です。 国産カブトムシ・クワガタの飼育ケース(観賞用・長生き用) 国産カブトムシの成虫飼育用は、単に観賞するだけであれば、程度のケースでも全く問題ありません。 国産のクワガタも同様です。 ホダオガやハスクチップなども薄く敷いて置くだけで、あとは昆虫ゼリーさえ置いておけばそれでOKです。 ただ、長生きをしてもらおうとする場合などは、それより大きめの以上のケースがオススメです。 ホダオガやハスクチップもケースの4~5分目まで敷き、カブトやクワガタが潜れるようにしてあげる方が良いです。 転倒防止用として枯葉や止まり木を置いておくとベターです。 ただ潜ってしまっている時間も多いため、観賞できない時間なども出てきてしまいます。 外国産カブトムシ・クワガタの飼育ケース(観賞用・長生き用) 外国産のカブトムシ・クワガタの成虫飼育用は、国産と比べて大きい個体が多いため、ケースのサイズも国産のものと比べ大き目をおすすめします。 観賞用であればでも事足りる種類も多いのですが、例えば、ギラファノコギリクワガタや、ヘラクレスオオカブトのような体長100mm以上のものに関しては、以上のほうが良いと思います。 観賞用とはいえ、ケースの中でほとんど動けないようですと観賞してても面白くないのでは、とも思います。 ただ注意点としましては、動き易くなる分転倒の機会も増えるので、転倒防止材などの準備も必要かと思います。 長生きさせるための飼育ケースでいいますと、やはり観賞用よりは大き目で、ホダオガやハスクチップも4~5分目くらい敷いて置く事をおすすめします。 理由としましては カブトムシはその特性としまして、ある程度の広さがある所でないと産卵しないという傾向があるためです。 狭い範囲で産卵すると、一度でたくさん食べられてしまう事も考えられからだと思われます。 ですので狭い空間の中では逆に、産まないという決断をすることも多いと思われます。 クワガタの産卵セットの飼育ケースは、そのサイズに応じて大きさを選ぶ感じでも問題はありません。 くらいあれば産卵しやすい傾向があるようです。 冬越し・冬眠には何が最適か クワガタには冬を越す種類もあります。 国産ではオオクワガタやコクワガタなどです。 では冬越し用の飼育ケースには何が最適なのか。 基本的にはの飼育ケースでもOKです。 ですが、より大きいサイズの飼育ケース(以上)の方が外気温などの影響を受けにくいため、越冬には向いております。 尚、外国産のクワガタの中にも越冬する種類はおりまして、本来の生息地が日本の気候に近い(四季がある)環境に生息しているクワガタは越冬する傾向があるようです。 目的別飼育ケース まとめ 1 国産カブトムシの産卵用飼育セット 又は衣装ケースのような大きな容器 2 国産クワガタの産卵用飼育セット 3 国産クワガタの飼育セット 以上 この記事でご紹介したアイテム 月夜野きのこ園クワガタ菌床販売部でご購入頂けます。 > > > > > > >.

次の

【コバエフリーでカブクワ飼育】飼育ケースや菌糸ビンに湧いたキノコバエを10秒で退治する方法を紹介!

クワガタ 飼育 ケース

カブトムシの飼育ケースを自作してみた! 普通こういう記事って作り方の後に「こんなのが出来ました~」って紹介するパターンが多いのですが、今回は敢えて先に完成した自作ケースをご紹介しようと思います。 と言いますのも、今回はあくまで観賞用の自作ケースを作ったまでですので、実用性に関してはそれほど高いとは言えません。 むしろ使い勝手はあまり良くない・・・ なので先に完成形からご紹介して、作り方に興味のある方だけ読み進めていただければと思います。 今回作った飼育ケースはこのようになりました。 もともとトカゲを飼育していましたので、その名残が出てしまい爬虫類ケースのような仕上がりになりましたが、自分的には満足しています。 背景に使用しているのは自然採取してきた樹皮で、それを接着剤でベニヤ板に貼り付けています。 所々に見える緑の草はエアープランツという植物で、水がほとんど無い環境でも問題なく育っていきます。 緑があると彩りが鮮やかになりますよね。 通常ガラスケースの飼育だと枝などが無いと壁を登ることは出来ませんが、この樹皮のおかげで活動スペースが増えています。 うちのアトラスオオカブトも喜んでいる・・・はず。 本当は全面木で作っても良かったんですが、やっぱり観察の利便性を考えるとプラスチックやガラスが一番ですよね。 まぁこのあたりは好みの問題もあるかと思いますので、個人の好きなものを使用するのが一番良いと思います。 カブトムシの飼育ケースの作り方は? ここからは飼育ケースの作り方を見ていきましょう。 と言っても、ほぼバックボードの作り方になっちゃってますが・・・。 まずは、背景ボードに使用する樹皮を採取しに山へ向かいました。 ネットでも売っているんですけど結構割高なのと、山が本当にすぐ近くにある環境なので私は自然採取で。 ウッドデッキの下がもう山なんですよね。 家のすぐ裏がこんな感じです。 地面よりもかなり高いところにあるので、降りるのには一苦労しますが、それでも街中から山へ行くことを考えれば近いですね。 探し始めてしばらくすると、良い感じの折れた木があったので、これを使うことにしました。 ノミを刺して金槌で打っていきます。 私は結構ガツガツと打ち込みましたが、まだ木に水分が残っていたのかなかなか剥がれませんでした。 ちなみに、折れた木などから樹皮を採取する際は、予め使わない部分を割って中に変な虫が居ないか確認したほうが良いと思います。 私も何本か確認した上で、使う樹皮を選択しましたが、先に調べた木の中には何やら訳の分からない幼虫が居たり・・・ 水分が抜けている木からはシロアリが出たりしました。 こんなのを連れて帰ってしまっては大変ですので、このあたりは注意しましょう。 画像では分かりにくいですが、白いツブツブがシロアリです それにしても家のすぐ近くの山にシロアリが居ると思うと怖いですね。 対策は続けているものの、木造住宅なんで見た時はゾッとしました。 こんな感じのちょっといびつな樹皮がいい味を出したりするので、一応色々な樹皮を採取しておきました。 最後の隙間埋めのためにも細かい樹皮はあった方がいいですよ。 帰り際に何か変わった虫でも居ないかな~と観察していると、木の幹から樹液が出ているところを発見しました。 まだ虫が集まる季節ではありませんが、夏の7月~8月になるとこういうところに虫が集まるんですよね~。 持ち帰った樹皮は、予めテラスに用意しておいたガスコンロと不要になった鍋で煮沸していきます。 時間にして20分~30分ほど 当たり前ですが、煮沸前に室内に持ち込まないように注意してくださいね。 木を割って中身を確認しているとは言え、まだ何か居るかもしれませんので・・・。 沸騰したお湯で煮沸が終わった樹皮は2日~3日直射日光が当たる太陽のもとで乾燥させます。 これで、背景ボードに使う樹皮が完成です。 個人的にはこれが一番気に入っています。 なかなかカッコイイですよね? お次は、ベニヤ板をバックボードにする大きさにカットします。 最近居座っている野良猫もここぞとばかりに手伝いに?来てくれます。 私は家にもともとあった余っていたベニヤ板を使いましたが、これからベニヤ板をホームセンターへ調達に行かれる方は、針葉樹 しんようじゅ の板を買ったほうがいいですよ。 針葉樹を使うだけでダニの防止に繋がりますので、害虫に悩まされる心配が減ります。 カブトムシに害はありませんのでご安心を。 カットが終われば、周りのささくれをヤスリで削っていきます。 子供の手にトゲが刺さるかもしれませんからね。 バックボードのどの位置にどの樹皮を貼り付けるか思案して・・・。 接着剤でカットしたベニヤ板に樹皮を貼り付けていけばバックボードの完成です。 結構隙間ができてしまうので背景のベニヤ板はもっと濃い色しかよかったかなぁ~と・・・。 あと、隙間を埋めるために細かいパーツが必要となりますが、そこは取ってきた樹皮を手で割って埋めました。 樹皮によっては湾曲が激しいものもありますが、なんとかボンドでくっつきそうです。 貼り終わったらボンドを乾燥させます。 温かい日だと3時間ほどあれば乾くと思います。 ところどころ隙間が目立ちますが、私はボンドが乾いた段階で細かいパーツを重ね貼りしました。 あまり重ね貼りすると厚みができて飼育ケースが狭くなるので、この辺りはお好みで調整してください。 ボンドが乾く間に水槽天井部の隙間を埋めていきましょう。 通常の昆虫用飼育ケースであれば隙間は無いのですが、水槽はもともとお魚を飼育するためのケースなので二酸化炭素発生装置や流水装置の兼ね合いで、蓋をしても隙間が出来るように作られています。 これだけの隙間があればカブトムシが簡単に逃げてしまいますので、BBQ用のネットをニッパーでカットして脱走防止ネットを作ります。 多少乾いてきたバックボードを入れてみて隙間を見つつこんな感じに。 これなら脱走の心配は無いですね。 あとは飼育に必要なものを入れて、床材を入れるだけです。 ハスクチップだとこんな感じ。 卵を産卵させる場合には、土の飼育マットを敷いてこんなこんな感じになります。 初めてにしては良い感じにできたんじゃないかなぁと思います。 樹皮の間に土が入ってしまうので掃除が面倒ではありますが、見た目的には想像通りのものが出来上ありました! アトラス君もバックボードの天然樹皮壁が気に入ったのかやたら登ります。 もっと背の高い水槽でも良かったかも・・・? もっと工夫をして、バックボードに昆虫ゼリーを乗せられるような空間を作っても面白そうですね~。 ちなみに、クワガタは硬い土の上に卵を産卵する習性があるため、飼育ケースにマットを敷く際は飼育ケースの底から5cm程度の土は押し固めた硬い土にする必要があります。 手やスプーンなどを使って、ギュッギュッと強く押し固めていきましょう。 その上に押し固めない柔らかい土を数cmかけます。 このあたりの土の厚みは飼育ケースの大きさに合わせて変えれば良いと思います。 もちろん土は事前にガス抜きを済ませておいてくださいね~。 最悪カブトが死んじゃうので・・・。 カブトムシの飼育ケースを手作りしてみた感想 手間は掛かりましたが、とても良い物が出来て大満足しています。 お金自体もそこまで使っていませんし、思い出にもなったので色んな意味で良かったな~と。 子供がいるご家庭の場合には、子供さんと一緒に作ってみても面白いと思います。 時期的にも夏休みの工作としても使える?かもしれませんね。 今度こういった飼育ケースを作る際には、特大の飼育箱のようなものも作ってみたいです。 観察は行いづらくなるかもしれませんが、広い環境の中でストレス無く育ててあげたいですね。 当ブログでは、この他にもカブトムシ・クワガタの育て方に役立つ内容を複数紹介しています。 良ければ併せて参考にしてください!.

次の

飼育ケースの選び方。飼育目的にあったケースサイズを選ぼう!

クワガタ 飼育 ケース

カブトムシの飼育ケースを自作してみた! 普通こういう記事って作り方の後に「こんなのが出来ました~」って紹介するパターンが多いのですが、今回は敢えて先に完成した自作ケースをご紹介しようと思います。 と言いますのも、今回はあくまで観賞用の自作ケースを作ったまでですので、実用性に関してはそれほど高いとは言えません。 むしろ使い勝手はあまり良くない・・・ なので先に完成形からご紹介して、作り方に興味のある方だけ読み進めていただければと思います。 今回作った飼育ケースはこのようになりました。 もともとトカゲを飼育していましたので、その名残が出てしまい爬虫類ケースのような仕上がりになりましたが、自分的には満足しています。 背景に使用しているのは自然採取してきた樹皮で、それを接着剤でベニヤ板に貼り付けています。 所々に見える緑の草はエアープランツという植物で、水がほとんど無い環境でも問題なく育っていきます。 緑があると彩りが鮮やかになりますよね。 通常ガラスケースの飼育だと枝などが無いと壁を登ることは出来ませんが、この樹皮のおかげで活動スペースが増えています。 うちのアトラスオオカブトも喜んでいる・・・はず。 本当は全面木で作っても良かったんですが、やっぱり観察の利便性を考えるとプラスチックやガラスが一番ですよね。 まぁこのあたりは好みの問題もあるかと思いますので、個人の好きなものを使用するのが一番良いと思います。 カブトムシの飼育ケースの作り方は? ここからは飼育ケースの作り方を見ていきましょう。 と言っても、ほぼバックボードの作り方になっちゃってますが・・・。 まずは、背景ボードに使用する樹皮を採取しに山へ向かいました。 ネットでも売っているんですけど結構割高なのと、山が本当にすぐ近くにある環境なので私は自然採取で。 ウッドデッキの下がもう山なんですよね。 家のすぐ裏がこんな感じです。 地面よりもかなり高いところにあるので、降りるのには一苦労しますが、それでも街中から山へ行くことを考えれば近いですね。 探し始めてしばらくすると、良い感じの折れた木があったので、これを使うことにしました。 ノミを刺して金槌で打っていきます。 私は結構ガツガツと打ち込みましたが、まだ木に水分が残っていたのかなかなか剥がれませんでした。 ちなみに、折れた木などから樹皮を採取する際は、予め使わない部分を割って中に変な虫が居ないか確認したほうが良いと思います。 私も何本か確認した上で、使う樹皮を選択しましたが、先に調べた木の中には何やら訳の分からない幼虫が居たり・・・ 水分が抜けている木からはシロアリが出たりしました。 こんなのを連れて帰ってしまっては大変ですので、このあたりは注意しましょう。 画像では分かりにくいですが、白いツブツブがシロアリです それにしても家のすぐ近くの山にシロアリが居ると思うと怖いですね。 対策は続けているものの、木造住宅なんで見た時はゾッとしました。 こんな感じのちょっといびつな樹皮がいい味を出したりするので、一応色々な樹皮を採取しておきました。 最後の隙間埋めのためにも細かい樹皮はあった方がいいですよ。 帰り際に何か変わった虫でも居ないかな~と観察していると、木の幹から樹液が出ているところを発見しました。 まだ虫が集まる季節ではありませんが、夏の7月~8月になるとこういうところに虫が集まるんですよね~。 持ち帰った樹皮は、予めテラスに用意しておいたガスコンロと不要になった鍋で煮沸していきます。 時間にして20分~30分ほど 当たり前ですが、煮沸前に室内に持ち込まないように注意してくださいね。 木を割って中身を確認しているとは言え、まだ何か居るかもしれませんので・・・。 沸騰したお湯で煮沸が終わった樹皮は2日~3日直射日光が当たる太陽のもとで乾燥させます。 これで、背景ボードに使う樹皮が完成です。 個人的にはこれが一番気に入っています。 なかなかカッコイイですよね? お次は、ベニヤ板をバックボードにする大きさにカットします。 最近居座っている野良猫もここぞとばかりに手伝いに?来てくれます。 私は家にもともとあった余っていたベニヤ板を使いましたが、これからベニヤ板をホームセンターへ調達に行かれる方は、針葉樹 しんようじゅ の板を買ったほうがいいですよ。 針葉樹を使うだけでダニの防止に繋がりますので、害虫に悩まされる心配が減ります。 カブトムシに害はありませんのでご安心を。 カットが終われば、周りのささくれをヤスリで削っていきます。 子供の手にトゲが刺さるかもしれませんからね。 バックボードのどの位置にどの樹皮を貼り付けるか思案して・・・。 接着剤でカットしたベニヤ板に樹皮を貼り付けていけばバックボードの完成です。 結構隙間ができてしまうので背景のベニヤ板はもっと濃い色しかよかったかなぁ~と・・・。 あと、隙間を埋めるために細かいパーツが必要となりますが、そこは取ってきた樹皮を手で割って埋めました。 樹皮によっては湾曲が激しいものもありますが、なんとかボンドでくっつきそうです。 貼り終わったらボンドを乾燥させます。 温かい日だと3時間ほどあれば乾くと思います。 ところどころ隙間が目立ちますが、私はボンドが乾いた段階で細かいパーツを重ね貼りしました。 あまり重ね貼りすると厚みができて飼育ケースが狭くなるので、この辺りはお好みで調整してください。 ボンドが乾く間に水槽天井部の隙間を埋めていきましょう。 通常の昆虫用飼育ケースであれば隙間は無いのですが、水槽はもともとお魚を飼育するためのケースなので二酸化炭素発生装置や流水装置の兼ね合いで、蓋をしても隙間が出来るように作られています。 これだけの隙間があればカブトムシが簡単に逃げてしまいますので、BBQ用のネットをニッパーでカットして脱走防止ネットを作ります。 多少乾いてきたバックボードを入れてみて隙間を見つつこんな感じに。 これなら脱走の心配は無いですね。 あとは飼育に必要なものを入れて、床材を入れるだけです。 ハスクチップだとこんな感じ。 卵を産卵させる場合には、土の飼育マットを敷いてこんなこんな感じになります。 初めてにしては良い感じにできたんじゃないかなぁと思います。 樹皮の間に土が入ってしまうので掃除が面倒ではありますが、見た目的には想像通りのものが出来上ありました! アトラス君もバックボードの天然樹皮壁が気に入ったのかやたら登ります。 もっと背の高い水槽でも良かったかも・・・? もっと工夫をして、バックボードに昆虫ゼリーを乗せられるような空間を作っても面白そうですね~。 ちなみに、クワガタは硬い土の上に卵を産卵する習性があるため、飼育ケースにマットを敷く際は飼育ケースの底から5cm程度の土は押し固めた硬い土にする必要があります。 手やスプーンなどを使って、ギュッギュッと強く押し固めていきましょう。 その上に押し固めない柔らかい土を数cmかけます。 このあたりの土の厚みは飼育ケースの大きさに合わせて変えれば良いと思います。 もちろん土は事前にガス抜きを済ませておいてくださいね~。 最悪カブトが死んじゃうので・・・。 カブトムシの飼育ケースを手作りしてみた感想 手間は掛かりましたが、とても良い物が出来て大満足しています。 お金自体もそこまで使っていませんし、思い出にもなったので色んな意味で良かったな~と。 子供がいるご家庭の場合には、子供さんと一緒に作ってみても面白いと思います。 時期的にも夏休みの工作としても使える?かもしれませんね。 今度こういった飼育ケースを作る際には、特大の飼育箱のようなものも作ってみたいです。 観察は行いづらくなるかもしれませんが、広い環境の中でストレス無く育ててあげたいですね。 当ブログでは、この他にもカブトムシ・クワガタの育て方に役立つ内容を複数紹介しています。 良ければ併せて参考にしてください!.

次の