ロダン フィールズ。 ロダン+フィールズの製品紹介と購入

ロダン+フィールズ エンハンスメンツシリーズを2020年6月1日に発売|ロダン&フィールズジャパン合同会社のプレスリリース

ロダン フィールズ

ロダンアンドフィールズ会社概要 ・本社 アメリカ カリフォルニア州 サンフランシスコ ・社長兼CEO ダイアン・ディーツ ・グローバル売上高 2000億円 ・日本支社 東京都港区元赤坂 ・日本支社長 テリー・ホワイト 【経緯】 ・2002年 同じ大学で研修を受けた ロダンと フィールズ 2人の女性美容皮膚科医師 が設立 ・2003年 エスティローダーに買収される ・2007年 エスティローダーから買い戻し、ネットワークビジネスとして再スタートさせる ・2015年 カナダ、2017年 オーストラリアに展開 ・2016年、2017年、2018年にアメリカでNo. 1スキンケアブランドになる ・2020年 日本上陸! アジア初 ロダンアンドフィールズの製品は数々の賞を取っている ロダンアンドフィールズの コンサルタント登録をしてビジネスをするには、製品の品質が良くなくては話になりませんね。 成功も難しいです。 その点、 ロダンアンドフィールズの製品は数々の名誉ある賞に輝いています。 公式サイトに、賞を取っている製品が載っていますので見てみてくださいね。 こんなに評価されている製品を使ったビジネスなら成功できるかも!? …と思えて来ますよ。 あなたが コンサルタント登録をするには、まず、 ロダンアンドフィールズ の コンサルタント から紹介してもらう必要があります。 その コンサルタントから概要書面を受け取って、 コンサルタント登録をします。 それに必要事項を記入して、 ビジネスポートフォリオというものを購入します。 ロダンアンドフィールズ公式サイトのカスタマーサービスへ相談してみましょう。 ロダンアンドフィールズのコンサルタント登録をしてビジネスを始めるための手順 さて、 コンサルタント登録はできました。 いよいよビジネスを始めよう!と思ったら、どんな手順を踏めばいいのか、説明していきます。 エンロールメントキットを購入する コンサルタント登録が完了したら、やはり自分が使って良さを実感しなければ人に勧めることはできない、つまり、ビジネスもしづらい、ということで、 エンロールメントキットというものを購入します。 しかし、これは強制ではないようです。 エンロールメントキットは3種類。 「わっ、最初にこんなにお金が要るんだ~!」と一瞬思いましたが…考えてみたら、このキットたち、メチャクチャ安いですよね! だって、いちばん安い「パーソナル リザルツキット」で考えてみても… 自分の好みのスキンケア・プログラムを、例えば『ブライトーン スキンケア・プログラム』にしたら、36,300円 R+Fクラブ会員価格。 そして『デイファイン スキンケア・プログラム』は41,000円 R+Fクラブ会員価格。 これでもう77,100円になってるわけですよ…これにサンプルもついてて、49,900円なんですから…安い! 2. 個人用WEBサイト PWS を開設する コンサルタント登録をすると、自分専用の個人WEBサイト PWS を持つことができます。 自分の好みに、自由にカスタマイズできます。 パルスとは、「いつでもどこでも、あらゆるデバイスからビジネスを管理することができるツールのこと。 初月は無料でお試しができます ロダンアンドフィールズのコンサルタントになると得られるタイトルは? ロダンアンドフィールズの コンサルタント登録をしてビジネスを始めると、決められた条件をクリアするごとに、タイトルがどんどん上がっていきます。 これらの報酬をとてもここで詳しくは書けないので、興味があって詳しく知りたいという方は、 ロダンアンドフィールズの公式サイトに載っている詳しい 報酬プランを見てみてくださいね。 ロダンアンドフィールズ コンサルタントの報酬の種類 さて、タイトルの種類はわかりました。 次はざっと大まかに、 ロダンアンドフィールズビジネスの報酬の種類を見てみましょう。 報酬の種類は9つあります。 ロダンアンドフィールズの公式サイトに、 報酬プランに関するわかりやすい表がありましたので、それをご紹介しますね! ちょっと文字が小さいので見づらいかもしれませんが、とてもわかりやすいですよね。 コンサルタント登録後、それぞれのタイトルを取るための条件と、そのタイトルになるとどのくらいの報酬を獲得できるのかがよくわかります! RFXエグゼクティブ コンサルタントなんて凄い!ちょっと金額にするとどのくらいになるのか、想像もつきませんが…笑 まとめ ロダンアンドフィールズの コンサルタント登録をしたあと、どんなタイトルがあって、報酬プランはどんなものなのか、を見てきました。 タイトルの種類・段階もさることながら、報酬の種類・段階も多くて複雑そうです。 でも要は、 ロダンアンドフィールズのスキンケア化粧品を自分が使って、効果・良さを実感し、 コンサルタントして、自分と同じようにお肌のことで悩んでいる女性たちに教えてあげる。 それが ロダンアンドフィールズの コンサルタント登録をしたあなたの役目で、それによってあなたも多くの報酬が得られる、ということですね! 自分もお友達も綺麗になって、報酬も受け取れる…一石二鳥です! あなたも、人生を素敵に変えちゃうかもしれない第一歩、 ロダンアンドフィールズに コンサルタント 登録、してみますか!? でも、勇気とパワーを振り絞って誘いまくったら嫌われた…避けられた…など悲しい結果に。 だったら、興味のない友達はいっさい誘わず、 インターネットで興味のある人だけを引き寄せませんか? 毎月1500人以上、累計28,000人以上が登録している【無料】メルマガで、オンライン集客のノウハウが学べます。 ダウン自動構築システムで、誰ひとり誘わなくてもダウンができる! しかも、 誰にもバレずにネットワークビジネスを展開できる! この1クリックが、あなたのネットワークビジネス観を大きく変えてくれるでしょう!.

次の

ロダンアンドフィールズにコンサルタント登録して人生を素敵に変える方法!

ロダン フィールズ

日本支社長に就任したテリー・ホワイト氏 現役の皮膚科医が2007年に設立した企業で、プレミアム・スキンケアブランドをネットワークビジネスで展開するロダン+フィールズ(ロダン・アンド・フィールズ、本社米国カリフォルニア州、ダイアン・ディーツ社長兼CEO)が20年春にも日本に進出する。 アジアに進出するのは日本が初となる。 グローバル売上高2000億円とされる同社の日本上陸は大きな注目を集めそうだ。 日本進出にあたり、ロダン&フィールズジャパン(本社東京都)を設立。 日本支社長に、ニューウエイズジャパンやカイアニジャパンの社長を務めたテリー・ホワイト氏が6月1日付で就任した。 来春の開業に向けて準備を加速させているということで、「オープンまでにはセールスやマーケティングなど、30人ほど社員として雇用する計画だ。 エクスペリエンスセンターを設置するかどうかといった、ブランディング手法も含めて検討している」(ホワイト支社長)と話している。 日本で展開する製品は未発表ながら、「日本人向けの『スキンケア・プログラム』を5年の歳月をかけて構築してきた。 この間、日本人女性を対象にテスティングを続けてきた」(同)と言う。 同社のフィールドは、ビジネスとして取り組む「コンサルタント」と、製品を割引で購入する「プリファード・カスタマー」に分かれている。 また、会員登録しなくても製品が買える「リテール・カスタマー」がいる。 米国に次いで15年にカナダ、17年にオーストラリアに進出し、同社のホームページによると、この3カ国だけで「コンサルタント」が30万人超、「プリファード・カスタマー」は200万人を超えるという。 日本では開業するまで登録はできない。 ホワイト支社長は、「法定書面をきちんと整備するなど法律を順守するコンプライアンス経営に徹したい。 そのための準備を各方面と協議しながら一歩ずつやっていく」と慎重な姿勢をみせている。 米国ロダン+フィールズは、現役の女性皮膚科医であるケイティ・ロダン医師とキャシー・フィールズ医師が設立した。 皮膚科学に基づいたスキンケアを開発・販売しているのが特徴だ。 記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

次の

ロダンフィールズ

ロダン フィールズ

Contents• 最近は,バイナリー型といって,自分のラインだけではなく,アップのラインとのペアボーナスが付くシステムを採用しているネットワークビジネスもあります。 沢山の人に、ロダン&フィールズの商品、ビジネスを広めることで収入が雪だるま式に増える。 収入の上限がないという魅力的なビジネスです。 また,ダウンがタイトルをとると,やはり自分にもボーナスが増えます。 そのため,いかにダウンを増やし,仲間を集めるかが重要になります。 そのため,商品自体は良いです。 サプリメントなどは,使い続けることで,自分自身が健康でいられます。 化粧品などでも同じく,綺麗でい続けることができるでしょう。 しかし,良いものは価格もそれなりにかかります。 ビジネス会員になることで定価より安価に購入できる仕組みを導入しているところも多いので、会員になるメリットは大きいようです。 それだけで,権利を得て,在庫を抱えて売りさばく,というようなことはなく始められます。 誰もが自分の意志で会員になり、ビジネスオーナになれる。 チャンスが得られるという大きなメリットがあります。 ロダン&フィールズのビジネスにおける6つのデメリット デメリットについて,体験談も交えながら考えたいと思います。 呼び名は様々で,「ディストリビューター」,「代理店」,「サロンスタッフ」などです。 以前,妹がしていた某化粧品のネットワークビジネスでは,3か月連続15万購入しなければ,代理店資格を得られなかったようで,会社によっては在庫になってしまうかもしれません。 ダウンができ,収入があるようになれば気にならないかもしれませんが,ダウンを構築するまでは支出となってしまいます。 そのためによく言われるのは,自分の周りの人間のリストアップ。 家族,友達,親戚,遠い過去につながりがあった人など,紹介できる人脈のリストアップです。 これがなかなかつらい所ではないかと思います。 グループのアップの人が,ダウンの活動をフォローしたり,士気を高めたり,ビジネスについての理解を深めるためのセミナーの参加を義務付けられます。 タイトルを持っているアップさんはもはや神の様です。 全国を飛び回ってセミナーを開催している方もいます。 自己啓発などのセミナーも多く、勉強になることも多いですが、開催場所が都心部で地方の人は参加しにくい、また参加費用も数千円から何万円もかかるということもあり、交通費、参加費、食事代と1回のセミナー参加にかかる費用もばかにならないようです。 」とシャッターを下ろされてしまうことも多々あります。 まだ世の中の「ネットワークビジネス=マルチ・ねずみ講」という悪いイメージが消えていないという現実があります。 いくら商品でも,良いシステムでも結構出鼻をくじかれます。 その後は,何を説明しても聞いてもらえているのかな?という反応だったりします。 対面で,営業をかけるような集客はどうしても悪いイメージが先行するからです。 友達との関係を崩したくない・・友達を勧誘できない・・でも、誘う人がいない・・100人リストアップがうまくいかない・・と悩む人が多いようですね。 ネットワークビジネスに誘われた私の体験談と結末 私も最近ネットワークビジネスにオンラインで勧誘されました。 アメブロからの勧誘でした。 起業を誘われて,内容を聞くとT社のネットワークビジネスでした。 でも,集客は従来通りの口コミ,リストアップ,目標設定,セミナー参加でした。 集客の入り口はアメブロやFaceebookなどだったとしても、「実際合わないと契約ができない」という規約を設けているネットワークビジネスの会社もまだまだ多いです。 集客法も,オンラインであればデメリットに挙げていたような友達を勧誘するという方法ではなく,選択肢が広がってきていますね。 ただし、成約につながるクロージングまでもオンラインで完結できるところはまだ、相対的に少ないのかもしれません。 ネットでも,ブログやFacebook,Instagram,Messengerなどいろいろな集客方法があるので調べてみるとよいですね。

次の