ジョーカー ヒース。 ヒース・レジャー

ヒース、ジャレッド、ニコルソン… “歴代ジョーカー”俳優に迫る

ジョーカー ヒース

youtube. あのジョーカーの銀行襲撃シーンを含む4シークエンスがジョーカーのシーンに割かれている。 今から12年前の2008年公開当時、IMAXカメラは世界でたった4台のみ。 その貴重な1台で撮影されたジョーカーとSWATの追跡シーンで、リアリティを追求するあまりIMAXカメラが破壊されたという逸話も。 今回は従来のIMAXデジタル上映に加え、レーザー対応劇場では高解像度映像で上映され、IMAXレーザー/GTテクノロジー対応劇場ではIMAXカメラ撮影パートが最大1. 43:1の画角にまで拡張される。 さらに、劇場でしか体験できない4D上映は今回が初! 鬼才ノーラン監督の圧倒的世界観に体ごと没頭できる。 ノーラン監督の新作『テネット』のプロローグ上映も また、『ダークナイト』の上映前には、ノーラン監督の最新作『TENET テネット』のプロローグが約6分間上映される。 9月18日に公開予定の『TENET テネット』は、いまだにその詳細は明かされていないが、第三次世界大戦を防ぐために「時間から脱出」する主人公の姿を描く。 本作では、『ブラック・クランズマン』のジョン・デイビィッド・ワシントンが主演を務め、マット・リーヴス監督による『ザ・バットマン』でバットマンを演じるロバート・パティンソンも出演。 また、ノーラン監督作品の常連であるマイケル・ケインも登場する。 『ダークナイト』および『TENET テネット』は、全国のIMAX/4D劇場にて、7月10日に上映。 (フロントロウ編集部).

次の

ジョーカー (バットマン)

ジョーカー ヒース

クリストファー・ノーラン監督による(2008年公開)で、 バットマン最大のヴィラン・ジョーカーにキャスティングされたのがヒース・レジャー。 デビュー当時のアイドル人気から、20年に渡る秘めた同性間の純愛と悲恋の物語『ブロークバック・マウンテン』(2005年)の主役を演じて高く評価され、演技派と認められる存在となっていました。 そんなヒース・レジャーの急すぎる 死が伝えられのは2008年1月22日。 『ダークナイト』の撮影が終わって2008年7月の公開までのポストプロダクションの時期に、完成を待たずに亡くなってしまったのです。 ヒース・レジャーの演じるジョーカー役のあまりの凄まじさに、死亡を伝えた当初の記事には、 「ジョーカー役にのめり込み過ぎて神経をすり減らして衰弱していた」、同じく人気絶頂のタイミングで早すぎる死を迎えた伝説的な俳優リバー・フェニックスのように 「ドラッグのオーバードーズ(過剰摂取)で死んだ」など、まことしやかに伝えられていましたが、後に家族が噂を公式に否定。 原因は処方薬の飲みあわせが悪かったことによる 急性薬物中毒死のようです。 instagram. 姉のケイトによると、 「彼は素晴らしいユーモアのセンスの持ち主だった。 もしかしたら家族や友人しか知らなかったかもしれないけれど、ヒースは楽しんでいた。 ジョーカーのことで鬱になったりなんかしていない」 と完全否定。 ドキュメンタリー映画のプロデューサーを務めたマット・アマトは、 「世界中にたくさん存在しているウワサ話への解毒剤になることを願う」 と、いまだに根強い噂の存在を嘆いていたとのこと。 それでは、なぜ「ジョーカー役にのめり込んだ挙句の、事故か自殺か不明の死」という説が広く流布されるようになったのでしょうか。 それは、本人が『ダークナイト』出演に際して受けたインタビューで、「 平均で2時間しか眠れない」「 考えることを止められない、体が疲れてるのに心は動き続けている」と不眠症による睡眠薬の服用を認めており、噂の裏付けとなる事実と受け止められていました。 また私生活では、2005年に婚約し、同年に娘マティルダをもうけた『ブロークバック・マウンテン』で共演した女優ミシェル・ウィリアムズとの関係を2007年9月に解消し、それまで3人で暮らしていたところから一人別居していたことも、信憑性を高めていました。 死因としては、インフルエンザに罹患していたヒース・レジャーが、どれも処方箋薬であった 風邪薬と睡眠薬を同時服用した時に、不幸にも急性薬物中毒してしまった、という事故死のようです。 ジョーカー俳優スーサイドも役作りで精神に異常が? ただ、ジョーカー役は「狂気を体現した存在」という役柄の性質上、演じる俳優はのめり込んでしまう何かがあるのも事実のようです。 評判の高いジャック・ニコルソン、ヒース・レジャーのジョーカーとは違ったジョーカー像を作り上げるのに心血を注いで、極悪犯罪を犯した精神病質者への面会、またジョーカーのキャラクターになりきり、 共演者たちに撮影中に使用済みのゴムや動物の死骸などのプレゼントを送るなど、驚きの行動を繰り広げたそう。 ここまで作り上げたジョーカー役なのに、作品の都合上で『スーサイド・スクワッド』での登場シーンは15分足らず、公開後に「カットされたシーンだけで映画が作れると思う」という悲しい本音も語ったジャレッド・レト。 企画されていたジャレッド・レトのジョーカー単独主演作も頓挫し、ジャレッド・レトのジョーカーをたっぷり見る機会は無くなってしまったかもしれませんね。 A post shared by on Nov 22, 2019 at 5:13am PST アメコミ映画ながら、第81回アカデミー賞で8部門ノミネートされ、名画との誉れ高い『ダークナイト』ですが、「ダークナイトの呪い」と言われる都市伝説もささやかれています。 スタッフの事故死 最初の悲劇は撮影中の事故。 2007年9月にカーチェイスの準備中にバットマンの愛車バット・モービルを追って並走していたカメラ搭載のトラックが木に激突して、乗っていた特撮技師が死亡してしまいました。 キャスト陣は現場にいなかったのですが、仲間の突然死に撮影クルー一同が悲しんだそうです。 ヒース・レジャーの死 2008年1月22日に 急性薬物中毒死によりヒース・レジャーが死去。 見た人を圧倒する凄まじいジョーカーを演じたヒース・レジャーでしたが、世界からの絶賛の声を聞くことなくこの世を去ることになったのは本当に残念でなりません。 クリスチャン・ベールの逮捕 全米で『ダークナイト』が公開された2008年7月18日から4日後の22日、主役のバットマンを演じたクリスチャン・ベールが、プレミア上映のために訪れていたロンドンのホテルで 母親と姉に対する暴行容疑で逮捕される衝撃的なニュースも。 実際には直接的な暴力ではなく、突き飛ばしたくらいで二人に怪我はなく、不起訴となりました。 モーガン・フリーマンの自動車事故 バットマンを武器や装備でサポートする科学者でもあるルーシャスを演じたモーガン・フリーマンが、クリスチャン・ベールの事故から2週間足らずの2008年8月3日の深夜にミシシッピ州の自宅近くで、 交通事故を起こして骨折。 命に別状はなかったものの、ヘリコプターで搬送される大事故となりました。 監督の実兄が逮捕 賞レースがあけた2009年3月には、監督クリストファー・ノーランの実兄マシュー・フランシス・ノーランが殺人その他容疑で FBIに逮捕されました。 確かに撮影中から公開半年の約1年半の間にこれだけ辛いニュースが続くと、呪いと噂されても仕方がない気がしてしまいますね。 監督のクリストファー・ノーランが弟ジョナサン・ノーランと共同で書き上げた脚本におけるジョーカー像が、自分の利得や欲望を出発点としない、人間の自由意志とは何かという実存主義を体現した存在だというインパクトも当然あったのですが、その脚本に完全にジョーカーになることで応えて見せたヒース・レジャーのすごさに圧倒されたのです。 撮影中にジョーカーになりきるために1ヶ月以上もロンドンのホテルに缶詰になり、社会との接点を断ち、ジョーカーとしての思考、独特な喋り方、特徴的な笑い声などを作り上げて撮影にのぞんだそうです。 のちに公式に否定されますが、CGなしの病院の大規模爆破のシーンでは、爆破トラブルが起きたのに危険をかえりみずにヒース・レジャーが続けたアドリブ演技が素晴らしすぎて採用されたという話が全世界に流れたほど、ジョーカーになりきっていたヒース・レジャー。 この ジョーカーの演技で、アカデミー助演男優賞やゴールデングローブ賞の助演男優賞など、多くのメジャーな映画賞が死後に授与され、評判を決定的なものとしました。 instagram. 世間一般では、ジョーカー役にのめり込みすぎ説が広まり、ヒース・レジャーの 役者魂に感服しながらも、悼む声が続々と世界から寄せられました。 また死去のタイミングで撮影中だったテリー・ギリアム監督の『Dr. パルナサスの鏡』では撮影が終わっておらず、完成が危ぶまれましたが、生前のヒースと友人関係にあったジョニー・デップ、ジュード・ロウ、コリン・ファレルの3人が別世界にトリップした際には顔が変わる、という設定を導入することによりヒース・レジャーの役を分担して演じ、完成にこぎつけました。 3人は、本作のギャラ全額をヒースの遺児である娘マチルダ(当時2歳)に寄贈したことでも話題になりました。 つい先日も、生きていたら2019年で40歳になるヒース・レジャーへ俳優仲間からSNSでメッセージを送られるなど、死してなお、存在感のある名優といって過言ではありませんね。

次の

ジョーカー俳優が死去でヒースの死因は呪い?名優の死亡理由が怖い!

ジョーカー ヒース

受賞 『』 『』 『ダークナイト』 『ダークナイト』 『ブロークバック・マウンテン』 『ダークナイト』 『ダークナイト』 『ダークナイト』 『ダークナイト』 その他の賞 インディペンデント・スピリット・ロバート・アルトマン賞 『』 備考 故人のアカデミー賞受賞は、以来当時32年ぶり2人目 ヒース・アンドリュー・レジャー(Heath Andrew Ledger, - )は、出身の。 オーストラリアでテレビ・映画に出演した後、に『』でハリウッドデビューを果たす。 当初はアイドル路線的な注目だったが、ほどなくして本人がこの路線を拒否し、以後出演作品を選ぶようになった。 『』()の演技が絶賛され、26歳でにノミネート、一躍若手演技派俳優と目されるようになった。 その後も順調にキャリアを重ねていったが、、睡眠薬などの薬物併用摂取による急性薬物中毒により急死した。 死後、『』(2008年)の演技により、を受賞した。 28歳での同賞受賞は、史上4番目の若さだった。 生い立ち [ ] 1979年4月4日、にて生まれる。 ファーストネームのヒースはの小説『』の主人公ヒースクリフに由来する。 父親のキム・レジャーは兼鉱山エンジニア、母親のサリー・レジャー(旧姓レンショー)は教師だった。 レジャー家はスコットランド人とアイルランド人の血を引くパースでは有名な家系で、先祖は「レジャー・エンジニアリング・ファウンドリー」という鋳物工場を経営して、パースからへ至る有名なパイプライン建設の際には原材料を供給していた。 また、ヒースの曾祖父の名前を冠した団体「サー・フランク・レジャー慈善信託」は、地元の大学に対して、講師を招いたり才能ある学生へ奨学金を支給するために財政援助をしており、地域の人々から尊敬を集めている。 ヒース・レジャーが11歳の時に両親は離婚した。 その後、父親はエマ・ブラウンと、母親はロジャー・ベルと再婚した。 兄弟には実姉(ケイト)と異母妹(オリヴィア)、異父妹(アシュリー・ベル)がいる。 学生時代は選手として活躍し、演劇部の部長を務めた。 飛び級で16歳の時に高校を卒業。 キャリア [ ] オーストラリア時代 [ ] 10歳の時に地元の劇団に所属し、国内の舞台やテレビに出演。 小さい役ながら1992年公開の『 Clowning Around』に出演している。 1996年、オーストラリアのテレビドラマ『』でレギュラー役をつかむ。 番組自体あまり人気がなく、また役柄がゲイ役だったこともあり、この頃、街中で嫌がらせやいじめを受けることもあったというが、彼の演技は業界関係者の注目を浴び、これが本格的なキャリアの出発点となった。 その後、1997年公開の『』で本格的に映画デビューを果たし、同年に放送のテレビシリーズ『 Roar』でさらに注目を集めた。 ハリウッド進出 [ ] 1999年公開の『』でに進出。 この映画の成功で、ヒース・レジャーのもとにはアイドル路線的な役柄のオファーが殺到するようになったが、本人がこの路線を拒否し、エージェントにはシリアスで重みのある役柄を演じたいと申し入れた。 しかし、大した実績もない駆け出しの若手俳優にそうしたオファーがそうそう来るはずもなく、その後ほぼ1年間、本人いわく「ヌードルと水」だけの貧窮生活を送ることになった。 2000年、ヒース・レジャーは『』に出演しての息子役を演じた。 この映画の評価自体は二分されたものだったが、レジャー自身は「メジャーなスターになれるだけの才能とルックスを備えている」と評価されるなど、その演技は好感をもって受け入れられた。 2001年公開の『』では、の息子役を演じた。 冒頭40分足らずの出演であったが、その演技は「短いながらも強烈な存在感」との批評を得るなど 、単なる若手アイドル俳優ではないことを示した。 も、後年のでの追悼スピーチの中で、『ブロークバック・マウンテン』とともにこの映画での彼の演技を讃えている。 2001年公開の『』でハリウッド作品に初主演する。 この作品は全米興行収入初登場1位を記録、約5600万ドルのヒットとなりトップスターの仲間入りを果たす。 この年のの「最も美しい人物50人」にも選出された。 その後も『』や『』、『』など、様々なジャンルの映画に出演した。 これらの映画において、ヒース・レジャーの演技はそれなりに評価される向きもあったものの、映画自体の興行がいずれもふるわず、また批評家からの作品レビューも辛辣なものがあった。 『ブロークバック・マウンテン』 [ ] 2004年製作、2005年公開の映画『』に役として出演した。 ヒース・レジャーは、せりふの少ないこの主人公の20歳から40歳近くまで20年に及ぶ役柄を、わずかなメイクと、あとは歯を食いしばるようなしゃべり方や声の調子を変えることで演じた。 抑制的な、ときに激情を爆発させる彼の演技は、批評家からやのそれに比せられるなど、手放しの絶賛を受けた。 ヒース・レジャーはこの役でなどを受賞。 また、史上9番目(26歳と302日)の若さでにノミネートされ、の会員に招待された。 『ブロークバック・マウンテン』は2005年度の各映画賞を総なめにした。 また、当初全米で5館のみという上映であったが次第に上映館を増やし、興行収入もこの種の映画では考えられないほど記録的なものになった。 『ブロークバック・マウンテン』以後 [ ] にて。 左から、、、ヒース・レジャー。 『ブロークバック・マウンテン』の後、映画『』に出演した。 作品自体評価のあまり高くないドタバタ喜劇で、「レジャーのカリスマ性と知性は、発想が陳腐で演出も不器用なこのバロック風駄作には、もったいなさすぎる」(『』) と、前作で名声を得た彼がこうしたB級映画に出ることを惜しむ批評もあったが、レジャー自身はこの映画の出演を楽しんだ。 2006年公開のオーストラリア映画『』では、ドラッグに溺れる詩人志望の役柄を演じた。 映画自体は『ブロークバック・マウンテン』以前に撮られていたが、公開は2006年まで先延ばしにされていた。 低予算で作られた映画だったが、『ブロークバック・マウンテン』以降のヒース・レジャーの人気もあって、公開されるとそれなりの興行収入を叩きだした。 彼の演技も「レジャーは、まっすぐに生きられない人間を、傑出した才能で演じた」「彼は冒頭からキャラクターになりきっている」(『』) と評されるなど、批評家から高い評価を受けた。 2007年公開の『』では、役を演じる6人の俳優の1人として出演した。 この映画がヒース・レジャーの生前に公開された最後の映画となった。 『ダークナイト』 [ ] 2008年の死後に公開された『』では主人公の宿敵を演じた。 ヒース・レジャーは、一ヶ月間ロンドンのホテルにひとりきりで閉じこもり、ジョーカー独特の声や笑い方を作り上げるなどして圧倒的な役作りで撮影に臨み 、とはまた違ったジョーカー像を創造することに成功し、批評家から高い評価を得た。 この作品で彼は、、など主要映画賞を総なめにした。 故人のアカデミー賞受賞は、以来32年ぶり2例目となる。 アカデミー授賞式には亡き本人に代わり、両親と姉が出席。 父親のキム・レジャーは、「息子の演技を評価していただき、ありがとうございます」と礼を述べた。 また、関係者にも感謝の意を伝え、「息子は映画の世界を愛していました」とメッセージを送った。 また、同助演男優賞の中では史上4番目(28歳と324日)の若さでの受賞となった。 死亡時、監督作『』の撮影途中であったため、を演じた『ダークナイト』が遺作になるものとみられていたが、親友の、、が代役の出演を快諾して製作の続行が可能になり、無事に完成し公開された。 なお、本作でのヒースの演技はカット・加工されることなく予定通り使用された。 さらに、ヒースの代役を務めた3人は出演料のすべてを娘のマティルダに寄付した。 監督活動 [ ] ヒース・レジャーは映画監督業にも興味があり、生前いくつかのでは監督をつとめている。 2006年には、オーストラリアのヒップホップアーティストN'faのシングル「Seduction Is Evil She's Hot 」 やのシングル「Morning Yearning」のを監督した。 突然の死 [ ] 住んでいたアパートに置かれた献花 、ヒースは映画『』の完成を待たずに、の自宅アパートで遺体で全裸の状態で発見された。 28歳没。 前年11月頃からとなり、「とても疲れているのに二時間程しか眠れない」と映画『ダークナイト』出演に際してのインタビューでは服用を公言している。 また、インタビュー時期は自身の婚約解消と別居が重なる時期でもあった。 当時はにもかかっており、薬の併用摂取(特定の薬物を過剰摂取したわけではない)による急性薬物中毒による事故死だった。 1月26日にで、2月9日に地元の学校で葬儀が行われた。 私生活 [ ] 2001年から2002年までは、2002年から2004年まではと交際。 『』で共演した女優と2005年に婚約。 同年10月28日に長女マティルダ・ローズが誕生したが、2007年9月に婚約解消。 その後は 、 、 とも交際の噂があった。 評価 [ ]• 映画評論家のは、雑誌『』誌上での『ブロークバック・マウンテン』のレビューにおいて、「レジャーの壮麗な演技は、まさに演技における奇跡である」と述べ、「レジャーは彼(イニス)がどう動くか、どんな喋り方や動き方をするかを理解しているだけではなく、どう呼吸するかまで理解している」と評した。 作家、音楽・映画批評家、詩人のは、『』紙上での『ブロークバック・マウンテン』のレビューにおいて、「レジャー氏の演技は、やの最良の演技に匹敵するくらい、偉大な演技である」と評した。 は、ヒース・レジャー死去直後の2008年、主演男優賞の受賞スピーチにおいて、自分に映画界復帰の気持ちを与えてくれた俳優としてヒース・レジャーの名前を挙げ、「『ブロークバック・マウンテン』での彼の演技は、比類なく、完璧でした」と語り、「映画の最後のあのトレーラーの場面は私が今まで見た全てのシーンのどれにも引けを取らないほど感動的でした」と述べて、賞をヒース・レジャーに捧げた。 マスコミとの確執・あがり症 [ ]• マスコミ及びパパラッチ嫌いであり、『』の撮影現場にいたパパラッチにつばを吐いたことがきっかけ(ヒース側は否定)で 、2006年1月にで行われた『ブロークバック・マウンテン』のプレミアのレッドカーペットで、パパラッチに水鉄砲で水をかけられた。 『パトリオット』の最初のオーディションは、前作の出演から期間が空いていたこともあり、完全にしどろもどろになって失敗してしまった。 レジャーは2001年に、「僕は本当にオーディションがダメなんだ」「ほんとに、本当にダメなんだよ。 ひとに判断されるっていうのが。 すごく意識しすぎてダメになってしまう。 リラックスできなくて、ガチガチになる。 声も緊張して固くなる。 演技してるってことを意識しすぎてしまうんだ。 なにしろ目の前に座っている女性が、『撃タレタクナカッタラ、言ウコトヲ聞ケ』とかなんとか、紙に書いてある台詞を棒読みで読み上げるんだから。 すごくやりにくいよ! 本当にいやなんだ」と語っている。 幸いキャスティング担当者が彼に女性ファンが多いことを知っていて、監督を説得して再挑戦させた。 二度目のオーディションのときには、のちに『ブロークバック・マウンテン』で共演することになるも参加していた。 このときのオーディションでは見事に勝ち進んで、最後はとの対決を制して役を手に入れた。 第12回(2005年度)で、ヒース・レジャーは、アンサンブル演技賞にノミネートされていた『ブロークバック・マウンテン』の紹介のために、ジェイク・ジレンホールと舞台に上がった。 このとき、彼は緊張のあまり腰に手を当て、落ち着きなく、ときに意味のないくすくす笑いを発するなど挙動不審な行動を行った。 この様子を『』紙が「明らかにゲイの人たちをからかっていた」と報道した。 この報道に慌てたレジャーは直接新聞社に電話して、自分の「(stage fright)」について告白した。 そして「自分はたくさんの人を前にすると緊張するんだ」「自分の神経質さに対して大変申し訳なく、謝罪したい気持ちです。 もし自分のあがり症のせいで、この映画や映画のテーマ、またこの映画の製作にたずさわった人たちを侮辱したと誤解されたのなら、それは本当に恐ろしいことです」と弁解した。 また、腰に手を当てていたことも「子供の頃からのクセなんだ。 母親に聞いてもらってもいい。 たぶん緊張してそんなことをするんだと思う。 自分はひどく落ち着きのない人間で、たえず動き回っていて、じっと座ったり立ったりしていることができないんだ」と語った。 トーク番組やバラエティショーに出るのも苦手としていた。 人気トーク番組『』に出演したとき、本人いわく「『ヘイ! ジョークを思いついたよ! 』なんて言わずに、ただそこにくそまじめに座って緊張して、ごく普通の人間みたいにしていたら、退屈で気の利かないやつって書かれたよ」とのこと。 逸話 [ ]• 『パトリオット』で共演したとは親交があったものの、『ブロークバック・マウンテン』の出演を機にレジャーとの関係が疎遠になった。 ギブソンはレジャーにゲイの役を演じないように忠告したが、彼がこの忠告を無視して『ブロークバック・マウンテン』への出演を決めたため、両者の関係は冷めてしまったという。 ギブソンは超伝統主義カトリック教徒として知られ、道徳的にも極めて保守的な信条の持ち主であったため、レジャーが同性愛者の役柄を演じるのは受け入れがたかったと見られる。 ギブソンの代表作『』シリーズのの制作企画が2001年~2003年頃にあった時、『パトリオット』以来の共演の可能性があった。 ギブソンが演じた主人公マックスのDNAを受け継ぐ「息子」としての新しいマックス役で、ギブソン演じるマックスが過去のフラッシュバックで登場する形で共演するとされていた。 また2014年に監督はレジャーをキャスティングしようとしていた事を認めている。 『』の出演オファーを1度は断るも、その後、自分から直接テリー・ギリアム監督のもとに出向いて前言を撤回。 「係でもいいから参加させてほしい」と頼んだ。 ゲイの自転車乗り役 1997 スコット・アーウィン ゲスト出演 コナー 主演 主な受賞 [ ]• 2008年度 『』• 2005年度 主演男優賞 国外 『』• 2005年度 Reader's Choice Award for Best Actor 『ブロークバック・マウンテン』• 2008年度 主演男優賞 国外 『ダークナイト』• 2008年度 『ダークナイト』• 2008年度 『ダークナイト』• 2007年度 ロバート・アルトマン賞 『』• 2008年度 『ダークナイト』• 2005年度 ベスト・キス賞(と共に) 『ブロークバック・マウンテン』• 2008年度 悪役賞 『ダークナイト』• 2005年度 主演男優賞 『ブロークバック・マウンテン』• 2008年度 助演男優賞 『ダークナイト』• 2008年度 助演男優賞 『ダークナイト』 関連書籍 [ ]• ヒース・レジャー追悼写真集(、2010年) 脚注 [ ] []• クリス・ロバーツ『ヒース・レジャー追悼写真集』上原裕美子訳、ブルース・インターアクションズ、2010年、p. Wills, Dominic 2008年. 2008年4月22日閲覧. "The Ledger name was well-known in , the family having run a foundry that provided much of the raw material for the famous Perth to... The Sir Frank Ledger Charitable Trust, named after Heath's great-grandfather, was renowned for granting funds to the area's universities, paying for visiting lecturers and scholarships for gifted students. 2011年2月5日閲覧。 2007年12月16日, at the. Duralde, Alonso「ヒース・レジャー-インタビュー『この愛を100%信じて演じた』」『yes』第2号、インフォレスト、2006年、 pp. 7-8。 クリス・ロバーツ『ヒース・レジャー追悼写真集』上原裕美子訳、ブルース・インターアクションズ、2010年、p. rollingstone. com• クリス・ロバーツ『ヒース・レジャー追悼写真集』上原裕美子訳、ブルース・インターアクションズ、2010年、p. クリス・ロバーツ『ヒース・レジャー追悼写真集』上原裕美子訳、ブルース・インターアクションズ、2010年、p. 101。 Time Out London Time Out. 2011年1月28日閲覧。 クリス・ロバーツ『ヒース・レジャー追悼写真集』上原裕美子訳、ブルース・インターアクションズ、2010年、p. 103。 Dan Jolin January 2008. 223: 87—88. 2008年7月8日閲覧。. Dan Jolin July 2008. 229: 92—100. 2008年8月18日閲覧。. Olly Richards 2007年11月28日. 2008年8月18日閲覧。 AFPBB News 2008年2月19日. 2008年2月21日閲覧。 Inertia Catalogue. inertia. net 2006年10月28日. 2007年9月14日時点のよりアーカイブ。 2008年3月5日閲覧。 Andrew Drever 2006年8月21日. The Age Melbourne: theage. com. au : p. 2008年3月5日閲覧。 Lyall, Sarah 2007年11月4日. 2008年8月18日閲覧。 Starpulse Entertainment News Blog. starpulse. com 2007年2月14日. 2008年3月5日閲覧。 James Barron 2008年1月23日. The New York Times nytimes. com. 2008年4月27日閲覧。 timesonline. 2008年1月23日. 2008年4月27日閲覧。 Sewell Chan 2008年2月6日. The New York Times cityroom. blogs. nytimes. com. 2008年2月6日閲覧。 、 Associated Press 2008年2月6日. MSNBC Entertainment msnbc. msn. com. 2008年3月17日閲覧。 シネマトゥデイ 2007年9月4日. 2007年9月20日閲覧。 news. com. au Herald Sun. 2008年1月24日. 2008年1月26日閲覧。 Robert Stansfield 2008年1月24日. Scottish Daily Record. 2008年1月26日閲覧。 MovieWalker 2008年1月21日. 2008年1月23日閲覧。 Janet Fife-Yeomans 2008年1月25日. The Daily Telegraph. 2008年2月6日閲覧。 2005年12月1日. rollingstone. com. 2011年1月22日閲覧。 2005年12月9日. 2011年1月22日閲覧。 Billington, Alex. FIRSTSHOWING. NET. 2011年1月22日閲覧。 World Entertainment News Network 2006年1月12日. 2008年1月23日閲覧。 Australian Associated Press 2006年1月14日. 2008年1月23日閲覧。 クリス・ロバーツ『ヒース・レジャー追悼写真集』上原裕美子訳、ブルース・インターアクションズ、2010年、p. Elizabeth Snead 2006年1月30日. The Dish Rag. 2008年1月23日閲覧。 Elizabeth Snead 2006年2月3日. The Dish Rag. 2008年1月23日閲覧。 The Age Melbourne: theage. com. 2006年2月12日. 2007年8月17日閲覧。 March 2006. Rolling Stone 996 : p. NYDailyNews. com. 2008年1月24日. 2011年2月2日閲覧。 2008年1月25日. 2011年2月2日閲覧。 外部リンク [ ]• - (英語).

次の