イタチ 住宅街。 イタチの食べ物

イタチの食べ物

イタチ 住宅街

本当に怖い害獣被害 被害は突然やってくる!恐ろしい害獣の生態 近年住宅街などで増加している害獣の被害、被害件数が多い生き物はハクビシン・イタチ・アライグマの3種です。 ハクビシンはかつて天然記念物とまで言われていた生き物ではありますが今では数が莫大に増え、農作物を食害したり、住宅の屋根裏や軒下に住みつき糞害にこまらされたりという被害が急増しています。 アライグマやイタチもペットとして飼われていたものが野生化するなどして日本中に増えていき害を与えるようになりました。 ハクビシン イタチ アライグマ 生息地 日本国内では沖縄県を除く全都道府県で被害があります。 日本国内では沖縄県を除く全ての都道府県で被害報告があります。 特に中部・関西・中国地方での目撃例が多いとされています。 日本中すべての都道府県で目撃・被害例が報告されています。 特徴 胴体は細長く体長は約60cm。 長い尾を持ち、色は全体的にねずみ色である。 頭は黒色で鼻から頭頂部にかけて白い線が入っているのが特徴で、そのため白鼻芯(ハクビシン)と呼ばれています。 ハクビシンやアライグマと比べ少し小柄で体長は30cm前後である。 身体のほとんどが茶色の毛で覆われており、目の周りは黒色である。 とても細身の体格でどんな狭い穴でも簡単に入れてしまいます。 イタチやハクビシンよりも太めの体型で、大きいものは1mを超えるものがおりタヌキとよく間違えられる。 全体的に茶色い色をしており、縞模様になった大きな尻尾が特徴です。 習性 雑食の生き物で、野菜などの植物性のものや昆虫など動物性のものも何でも食べてしまう。 家族でねぐらを作る習性があり、一度住みつくと長くなり、同じ場所に糞をする習性がある。 冬眠をせず1年十繁殖をし、1度の出産で複数の子供を産むという繁殖力の高さが特徴です。 雑食性で、野菜も虫もなんでも食べてしまう。 民家や倉庫などを好んでねぐらとしてしまう習性があり、出産は年に1度ではあるが、1度に5頭以上産むため、繁殖力は高い。 また、警戒すると肛門から悪臭を放します。 野菜も虫もなんでも食べる雑食性で、河川や用水路など水の近くに生息することが多い。 建物の屋根裏や軒下を好んでねぐらにして年に1度5頭ほどの出産をする。 また、見かけによらず凶暴で、警戒時は長い爪で引っかいたり咬みつくこともあります。 関西ではイタチ、関東ではハクビシンの被害が急増中! 沖縄県を除くすべての都道府県で被害報告があるイタチやハクビシンですが、傾向として関西や中国地方ではイタチ、関東や東北ではハクビシンの被害が多いようです。 どちらの害獣も生態はほぼ同じで、雨風がしのげて温暖な住宅や倉庫などの屋根裏に侵入し繁殖をします。 昔はお寺や農家の被害だけだったのですが、イタチやハクビシンは都市に対応し、一般住宅にも住みつくようになってしまいました。 これらの害獣は一度ねぐらと決めた場所には定住してしまい、対策をしない限り出ていくことはありません。 そのねぐらで繁殖を繰り返し、糞も同じ場所にする修正があるためどんどん糞の被害が広がり匂いや菌などの被害がひどくなります。 屋根裏の物音が最初ネズミだったと思っていたら実はハクビシンでネズミとは比べ物にならない大量の糞があったという被害例が多く報告されており、少しでも屋根裏に違和感を感じたら、害獣駆除の専門業者にすぐに見てもらうことをお勧めします。 まずは農家や家庭菜園などの野菜や果物といった作物を食害するという被害はよく聞かれるかと思います。 しかし農家でなく家庭菜園もしていない一般の住宅でもとても恐ろしい被害があるのです。 害獣は食害だけでなく糞や寄生虫などの被害のほうが恐ろしいと言われています。 民家の屋根裏や軒下に住みつくようになってしまった害獣は同じ場所に糞をする修正があり、放っておくと恐ろしい糞の量になります。 溜まった糞は異臭を放ち、菌をまき散らします。 天井裏から部屋の壁に糞や尿が染み出してしまい大掛かりなリフォームをしなくてはならなくなった例も多くあります。 また、害獣にはダニやノミが常に寄生していますので、自宅の畳や布団などにどんどん繁殖してしまうという2次被害も多く報告されています。 害獣はとても危険!近寄らずに駆除専門業者にすぐ相談しましょう。 アライグマ・ハクビシン・イタチといった害獣は見た目とは裏腹にとても凶暴で危険です。 発見しても近づかないようにしましょう。 これらの種類の生き物はみな鋭い牙や爪を持っており、繁殖期や警戒時には攻撃的で近づくものに咬みついたり引っかいたりしてきます。 引っかかれたりしてできた傷から害獣が持つ菌が入り感染症も起こす可能性もありますし、咬みつかれた場合狂犬病を発症してしまう可能性もあるのです。 また、これらの害獣にはノミやダニが寄生しているので近寄るべきではありません。 小さなお子さんがいるご家庭や食品などを扱う倉庫や工場などでの被害が多発しており、かわいそうだからと放っておいた結果被害が大きくなってしまったという例が多くあります。 一見かわいらしく見える生き物でも実は恐ろしい害を持っているハクビシン・アライグマ・イタチといった害獣は気配を感じたらすぐに害獣駆除の専門業者に相談することをお勧めします。

次の

不思議な小動物をみた…

イタチ 住宅街

日本に住むイタチの種類と生態 現在、日本では主に2種類のイタチが生息しています。 在来種のニホンイタチ ニホンイタチは、本州や四国や九州の自然に生息するイタチで、体の色は「茶色や暗褐色」です。 食性は主に動植物で、ネズミ・鳥・両生類・魚を食べます。 外来種のチョウセンイタチ チョウセンイタチは、1950年ごろに朝鮮から船に乗って日本に侵入してきたイタチです。 体の色は「黄褐色」で、毛が筆に使われることもあり、その筆は高級品として扱われています。 チョウセンイタチは都市部で増えてきています。 食性はネズミ・鳥・魚・甲殻類など食べますが、秋にはカキなどの果物も食べます。 ニホンイタチに比べて、植物質を多く食べます。 ニホンイタチと比べて、チョウセンイタチの方が尾が長いのも特徴です。 イタチのオスとメスの違い イタチはオスとメスで体色に変わりはありませんが、大きさが明らかに異なります。 5~2倍の大きさになります。 なぜここでイタチのオスとメスの違いを比べているかというと、実はイタチのメスは「法律によって保護されていて、捕獲を禁止されている」からです。 最後にイタチの駆除や対策について紹介していきますが、メスは捕獲が禁止されていると理解してください。 イタチが家に出てしまったときの被害 屋根裏で物音がする。 家の中が何かくさいにおいがする。 もしかしたらイタチが家に住みついているかもしれません。 家に住みついてしまったイタチは、いったいどのような被害を人間に与えるのでしょう? イタチが起こす影響・被害• ・民家の屋根裏に侵入し、夜間走り回って騒音を出す• ・糞や尿のにおいによる衛生環境の悪化• ・人間の出した生ゴミを漁られる• ・農作物や家畜が荒らされる• ・ペットへの被害• ・ハエやダニ、ノミの大量発生• ・普段は夜行性だが、雨上がりや空腹時には昼にも出てきて襲う とにかく臭いにおい! イタチが家に侵入したとき、正気が保てないほどの強烈な悪臭がすると言われています。 においによる被害もあるのが大変困りものです。 イタチの肛門腺には、とても臭い分泌物がたまっています。 フンや尿ににおいをつけて、仲間とコミュニケーションをとります。 また、身の危険を感じたとき、強烈な悪臭を分泌します。 イタチは天井裏や床下に住みつくことが多いです。 イタチは同じ場所に糞尿をする性質です。 つまり、住みつかれると天井裏や屋根裏がイタチのトイレになってしまうのです。 そのにおいが取れずに苦しまされるという被害も出てきてしまいます。 放置すると病原菌に感染!? 野生動物であるイタチは、人間にとって有害な「病原菌やウィルス」を持っている可能性が高いです。 イタチは「サルモネラ菌」や「ペスト菌」といった病原菌を持っているかもしれません。 人間の体内に菌が入って、腹痛や下痢、嘔吐といった食中毒を起こすことも考えられます。 それは屋根裏に住みついているイタチの糞尿が、家の隙間から落ちてきて菌に感染する恐れもあるので注意です。 イタチ被害は、ときに私たちの健康を脅かすこともあるということを覚えておきましょう。 被害を確認したら、できるだけ早く対処することがポイントになります。 イタチの駆除方法と効果的な対策 イタチをどうやって捕獲したらいいのか。 駆除するためには何が必要なのか。 また、イタチに出会う前に対策できることはないのか、イタチ対策について知る必要があります。 イタチの駆除は自分でできる? 実はイタチを駆除するために、保健所と市町村の役場に申請をする必要があります。 「捕獲許可証」が交付されれば、イタチの駆除・捕獲をすることが可能です。 また、イタチの種類で紹介したように、メスのイタチは法律で捕まえることができません。 捕獲することができるのは、オスのイタチのみです。 許可がおりてから、イタチの好きなエサを罠に仕掛けてイタチを捕まえていきます。 イタチ駆除は追い出すこと、が基本! イタチを駆除するには、保健所と市町村の役場に申請しなければならないことがわかり、手続きなどが大変だということは分かりました。 自分でイタチを駆除・捕獲ができなくても、イタチを追い出すことで対策することはできます。 屋外で使用する場合、忌避剤は固定のタイプをオススメします。 スプレー式や、燻霧式の忌避剤では効果を出すことはできません。 屋根裏のイタチを追い出したい場合は、屋根の上まで届く燻煙式の忌避剤を使用します。 イタチが家のどの隙間から入ってくるのかを、状況を考えて忌避剤を設置します。 侵入場所が不明な場合、巣のある場所に設置します。 天井裏ならば、中央に設置します。 イタチは強い光を当てられると、人間に見つかったと危機を感じて逃げ出します。 強い光を当てることは、イタチを追い出すのに効果的な対策です。 イタチを見つけたら光を当ててその場から追い出すことも可能ですが、常にイタチを寄せ付けないようにしたいです。 その場合は、いらなくなったCDをぶら下げて光を反射し続けることによって、イタチを近づけさせないことが可能です。 残った糞尿からハエが集まって、強烈なにおいにより生活にストレスを感じ、お住まいの環境に悪影響を与えます。 木造住宅の場合、腐敗してしまうことも考えられます。 尿をした場所にカビが生えてしまって、木材の腐敗が始まってしまい住宅の損壊につながる危険性もあるので注意が必要です。 「糞尿と巣の撤去」 イタチはまとまった場所に排泄物を残します。 イタチの駆除を行った後も、二次被害としてにおいが残らないためにも、撤去作業は必要です。 また、排泄物を残したままだとイタチが戻ってくる場合があります。 これはイタチの縄張り意識が高く、自分の縄張りだと思って入ってくるからです。 「清掃・消毒」 排泄物を撤去しても、強烈なニオイは残ってしまいます。 においが残らないように清掃して、消臭していきましょう。 また、その付近には菌が残っていることがあるので、まわりもしっかりと雑菌消毒する必要があります。 「侵入口を封鎖する」 イタチを駆除したとしても、また戻ってしまっては意味がありません。 再侵入の被害を防ぐためにも、侵入口を封鎖していきます。 イタチが入りそうな隙間を金属ネットや網などの、目の細かいものを利用しイタチの侵入口を封鎖します。 「建物の補強」 イタチの糞尿によってカビが発生してしまい、木材が破壊されることがあります。 カビやシミを直していきたいのですが、屋根裏の場合もあるため一般の家庭で個人で行うのは難しいかもしれません。 困ったときは業者に相談しよう イタチを駆除するためには、まず保健所と市町村に許可を取ることが必要です。 また、野生動物であるイタチは病原菌を持っており、たいへん危険です。 二次被害の後処理も考えると、とても個人でできる範囲をこえているかもしれません。 もし、イタチが家に住みついて困ってしまった場合は、専門のに相談してみるのも一つの対策方法になります。 まとめ イタチを家で見つけてしまった、住みついているのが分かってしまった場合、駆除・対策することはできます。 イタチの種類や特徴、メスかオスかの確認をして、正しく対処すれば自分で対応することもできなくはありません。 ただ、個人では完璧に駆除することはたいへん難しいかもしれません。 駆除できずストレスを感じたり、病気にかかってしまっては大変です。 駆除・対策できないと感じたら専門の業者に頼ってみてはいかがでしょうか? イタチに関する記事はこちら.

次の

イタチの生態と住宅への侵入被害

イタチ 住宅街

イタチに棲みつかれないように予防するには 生ゴミやエサになりそうなものを屋外に放置しないようにしましょう。 棲みつかれる前に侵入口になるおそれがある3cm以上の隙間はふさいでおきましょう。 木登りが得意なので侵入経路にならないように庭木の枝は剪定しておきましょう。 イタチに棲みつかれてしまった場合は イタチは天井裏や床下などに棲みつき被害をもたらします。 原則として捕獲は鳥獣保護法で禁止されています。 捕獲には保健所、市町村役場に申請する必要があり、罠を使用する場合は免許も必要になります。 保健所、市町村役場に申請して捕獲が必要と判断されれば捕獲許可証が交付されます。 イタチを自分で追い出す方法 臭いで駆除することが可能です。 漂白剤や酢でも一定の効果がありますが駆除するためには効果が出るまで何度も散布しないといけません。 強い臭いを発する木酢液やクレゾール石鹸液は駆除の効果が高いです。 しかしこれらは医薬品になりますので使用上の注意をよく読んでご使用ください。 また点滅灯とアルミホイルを天井裏や床下に設置し夜間に点灯する方法も駆除に効果があります。 しかし火事の原因になるおそれがありますので、設置するときは燃えやすいものが周辺にないことを十分確認してください。 燻煙剤、動物忌避剤も有効です。 イタチを自分で捕獲する方法 エサ場や通り道に捕獲するための罠とエサを設置します。 エサは罠に固定しておきましょう。 罠に滞在する時間を長くすることができるので捕獲の成功確率がアップします。 一定期間、罠を設置しても効果がないときは設置場所を変更しましょう。 必ず1日1回は現状確認しましょう。 捕獲した場合は迅速に対応してください。 イタチを確実に駆除するなら 自分での予防や対策だと手間がかかり、確実に駆除できない場合もあります。 イタチを確実に駆除したい人は業者に依頼することをおすすめします。 それは一度捕獲に失敗すると、警戒心が強まりさらに捕獲が難しくなるからです。 くらしのマーケットではを明確な料金表と口コミで比較し、予約することができます。

次の